2009-05-23

番外編・浜松オートレース場訪問記(1)

 5月24日に競艇場へ行くのは、結局やめにしました(理由はもう、各メディアで報じられているとおりなので、あえて書きません)。
 そこで今回は番外編として、「競艇好き」のブログではありますが、以前私が「一度やった」と書いた、オートレースのことを書くことにします。


 行ってきたのは、2009年5月2日。浜松オートレース場です。

 実は私自身、オートレースというものの存在は知っていたものの、実際に見たり車券を買ったりするのは、今回が初めてなのでした。なにせ、関西にはオートレース場がないものですから……関東に3ヶ所もあるんだったら、関西にも1ヶ所ぐらいあってもええやん、と思ってしまいます。

 で、私の住む大阪からいちばん近いオートレース場が、今回訪れた浜松オートレース場というわけです。
 ちなみに、浜松の西にある新居町には、浜名湖競艇場があります。ここは新幹線の車窓から見ることができる競艇場です。今後機会があったら、ここも訪問してみたいと思っています。

 JR浜松駅北口から地下道を通り、そこから地上に出た17番バス乗り場から、浜松オートレース場への無料バスが出ています。ここからは浜名湖競艇場へのバスも出ています。乗り場にはちゃんと出走表も置かれています。

 無料バスで約30分、市街地からやや外れた場所に、浜松オートレース場はありました。ここは航空自衛隊浜松基地の南方にあたる場所です。
 入り口付近では予想紙が3種売られていました。私はそのうちの『大浜名』という予想紙を買い、入場料100円を払って(これはどの公営レースも共通のようです)場内に入りました。

 なにぶんオートレースの車券など買ったことのない私ですので、最初の1Rは車券を買わずに、予想だけしてレースの雰囲気をつかむことにしました。
 レースが始まると、オートバイのエンジン音が、振動となって観客席に響いてくるのです。これに私はしびれてしまいました(実質的にも、心理的にも)。
 その次の2Rからは、いよいよ車券購入! 競艇同様、予想紙の予想を参考にしながら、何を買おうかとと思案していきます。

 しかし、この予想が競艇と比べて難しい。私にはそう感じられました。いろいろ競艇とは違う点があったからです。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード