FC2ブログ

2020-09-22

山陽オートレース場へふたたび・前編

 2020年月9月21日、私は山口県山陽小野田市にある山陽オートレース場へと行ってまいりました。同場へはこれが2度目の訪問となります。
 ↓前回の訪問記。
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1039.html
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1040.html
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1041.html

 今回は連休で日程に余裕があることから、前日の夜にひとまず広島まで行きそこで一泊、翌日山陽オートへと行く、ゆったりとした行程をとりました。
 広島に一泊となると、やはり↓これを食べないわけにはいきません。広島お好み焼き!
sanyo_ar16.jpg

 私の好みは断然、うどん入りです。これ、下の生地が薄いわりに歯ごたえがあるのです。
 広島お好み焼きで満足した私は、そのあとネットカフェへと行き、そこで一泊したのでした。

 朝となり広島を出発。山陽オートレース場を目指します。
 JR山陽本線埴生駅が山陽オートレース場の最寄駅。そこまで行くのに、途中新山口駅で新幹線から乗りかえました。
 その新山口駅では↓この列車が出発しようとしているところでした。
sanyo_ar17.jpg

 SLやまぐち号! 今にいたるまで長い間、観光列車として運行しているSLです。
 実は私も、小学生のころにこのやまぐち号に乗ったことがあります。それはもう36年も前のこと。それがこうして現在でも走っていることを目の当たりにして、懐かしくなると同時に、やまぐち号の記憶が次の世代へと受け継がれていることを認識し、感慨深くなったのでした。遠方に行くと、こういった意外な発見がよくあるのですよね。
 懐かしさに浸りながら、私は埴生駅へ行くために山陽本線の電車に乗りました。
 余談ですが、私がやまぐち号に乗った当時、新山口駅は「小郡(おごおり)駅」という呼び名だったのです。

 そして埴生駅に到着。
sanyo_ar18.jpg

 この駅、山陽オートレース場の他には、周辺に何もありません。まるで山陽オートの客のためにあるような駅です。
 なお、埴生駅からは西へ2駅で長府駅に行けるため、下関ボートの開催日程も掲げられています。
sanyo_ar19.jpg

 再び出会えました、この看板に。 
sanyo_ar20.jpg

 今回山陽オートで開催されるのは「特別GI共同通信社杯プレミアムカップ」ランク上位の選手たちが多数出場する競走です。そして今回の開催は「薄暮開催」昼の12時ごろに始まり、夕方18時30分ごろに最終レース発走という形態です。
 さて、今回の山陽オート訪問では、車券勝負の結果はどうだったのか? それについては後編で。
(後編へ続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード