FC2ブログ

2020-07-25

福井競輪場訪問記・2

 福井競輪場へとやってきた私。入場すると先着600名へのサービスとして、福井銘菓「羽二重餅」のプレゼント、そしてスピードくじを渡されました。私のくじの結果は3等。今回の周年記念特製クオカードをもらいました。
fukui_kr7.jpg

 羽二重餅、生菓子なので早いうちにありがたくいただきました。
 福井競輪場、入場して少し進めば「中央広場」へと入ります。この中央広場は広々とした空間で、ここに投票所・払戻所が集まっており、天井には光が入るアーケードがあります。屋内でもこれだけ広い空間ならば、あまり「密」とはならないかも、そんなことを思いました。そしてこれまた昨今の事情ゆえ、中央広場内には消毒液があちこちに置かれていました。
 ↓これがその中央広場の天井。
fukui_kr8.jpg

 ここに掲げられた幕に登場しているのは、地元福井のエース格、脇本雄太選手。今回の記念にも出場しています。
 脇本選手は本来ならば、今時分開催されていたはずの東京オリンピックの自転車競技ケイリンに日本代表として出場する予定でした。しかし開催延期となってしまい、ゆえに今回の福井記念に出場となりました。
 世界で戦うほどの実力の持ち主である脇本選手。今回の優勝候補です。
 ↓これが福井競輪場のバンク。ここは400mです。
fukui_kr9.jpg

 福井競輪場の車券は富士通フロンテック仕様です。
fukui_kr10.jpg



 さて、遠方のスタジアムや公営競技場に来て私がやることといえば「場内探索」! けっこう細かいところを探りたくなるものです。
 で、今回もありました。写真だけで味わいあるネタが。
fukui_kr11.jpg

 これですこれです! 昭和の時代、街の看板によく使われていた字体です。公営競技場は多くが昭和の色を残す空間なので、これの現存率が高いのです。それにしても、今どき「懐中物」などという言葉は日常的に使われませんよね。広い意味で財布のことなのですが。
 続いて↓こういうのも。この「為」の字の形が、いかにも昭和の時代と思わずにいられません。
fukui_kr12.jpg

 あと↓こんなのも。「務」の字をそう書くのには、初めて出くわしました。
fukui_kr13.jpg

 あともうひとつ。救護所の戸に貼られていたお知らせ。
fukui_kr14.jpg

 平成16年といえば、今から16年前(西暦2004年)。そのときのお知らせがいまだにここに貼られているときています。
 古い時代の名残を肌で感じ取れる公営競技場。今回の福井もその期待を裏切りませんでした!

(続く)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード