FC2ブログ

2018-09-12

Bリーグアーリーカップ2018関西atエディオンアリーナ大阪・3

 2018年9月8日、Bリーグアーリーカップ2018関西。この日エディオンアリーナでおこなわれた試合は3試合。それらの結果と感想。

・第1試合 ソウル三星サンダース vs バンビシャス奈良

   ソウル  奈良
 1Q   30  14
 2Q   26  12
 3Q   26  30
 4Q   16  23
       98  79

 まずは前日の1回戦の敗者同士の対戦。いわば「最下位決定戦」は、ソウルが前半に圧倒的な力を見せつけて、前半終了時に30点差をつけました。奈良は後半に追い上げました。後半だけなら奈良のほうが点を多く取っていたのですが、いかんせん前半に点を取られ過ぎたのが大きく響き、追い上げは及びませんでした。
 この試合、さすがに日本のプレシーズンの試合を観にわざわざ韓国から来るソウルのブースターはいないだろうと思っていましたが、ゴール裏に少ないながらもソウルブースターが見えました。ハングルで書かれた応援ボードもありましたし。もしかすると、大阪の鶴橋から来た人たちだったかもしれません。


・第2試合 西宮ストークス vs 琉球ゴールデンキングス

    西宮  琉球
 1Q   11  15
 2Q   19  36
 3Q    9  25
 4Q   14  25
       53  101

 準決勝の1試合目、もうとにかく琉球がすべてにおいて圧倒していました。シュートミスが目立つ西宮に比べ、琉球は確実にゴールを決めていき、3点シュートも頻繁に決めていっていました。それが3ケタ得点につながり、琉球と西宮、B1とB2の差をまざまざと見せつけられた格好となったのでした。
 この試合のゴール裏の客の入りを比較してみると、明らかに琉球ブースターのほうが多く入っていました。彼らの一部は大阪市大正の方々でしょうか。西宮はここ大阪に近い場所なのに、琉球よりもブースターの入りが少ないのは、少々寂しい気がしました。


・第3試合 大阪エヴェッサ vs 滋賀レイクスターズ

    大阪  滋賀
 1Q   12  15
 2Q   21   3
 3Q   20  20
 4Q   22   9
       75  47

 準決勝2試合目、この試合がこの日のメインイベントといえるでしょう。地元大阪と、リーグでは同地区の滋賀。今シーズンもこの両者での争いが繰り広げられることとなります。それだけにゴール裏の客の入りも、前の2試合に比べ多くなっていました。大阪も滋賀も同じくらいの入りでした。
 第1クォーターの展開を見て、これは接戦になりそうだと思いましたが、フタを開けてみれば大阪が勢いを見せつけての勝利。特に第2クォーターで滋賀に3点しか取らせなかった驚異のディフェンスが目をひきました。
 ちなみに、この組み合わせは昨年のアーリーカップ準決勝と同じだったのですが、昨年は滋賀が勝っていたのです。今年は大阪の勝利。見事なリベンジでしたね。

 翌日、琉球と大阪との間で決勝戦がおこなわれ、琉球が勝利。琉球は昨年に引き続き2連覇をなしとげました。
 それにしても、関西より西のBリーグチームは、琉球の他に抜きんでて実力のあるチームが見当たらないのですよね。完全に東高西低の構図となっています。ここはぜひとも琉球のみならず西の他チームに奮起してもらいたいところです。
 Bリーグ2018-2019シーズンは、もうすぐ始まります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード