FC2ブログ

2020-04-26

エビフライ飯、胃内視鏡検査を受ける

 新型コロナウィルス流行のあおりで、数々のプロスポーツの試合開催が自粛となっています。
 今回はスタジアム感染、もとい観戦ができないことで、別のネタを書くこととします。

 私エビフライ飯は、2020年4月25日に、胃の内視鏡検査を受けました。昨年末から胃に違和感があったことによる検査です。
 今回は、この胃の内視鏡検査をネタに書いていきます。


 胃の内視鏡検査当日、私は朝から何も飲み食いすることなく、検査を受ける医院へと行きました。
 まずは内視鏡でハッキリと見ることができるようにする薬を、待合室で飲みました。次に診療室へと呼ばれ、そこでノドに麻酔をかけるゼリーを口の中に入れられました。そのまましばらく待たされゼリーを吐き出すと、今度はノドに麻酔の薬をスプレーで噴射されました。
 胃の内視鏡検査はノドから内視鏡を入れられるので、こういった処置がなされることは承知していましたが、ここまで徹底しているとは思いませんでした。
 さらに、腕から点滴のように鎮静剤を入れることにより、私は知らないうちに眠りに入り、検査はその間におこなわれました。気がついたら、もうすでに検査は終わっていたのです。なのでひとつも苦痛を感じることはありませんでした。

 検査後、まだ鎮静剤の効き目が残っているため、院内の休憩室で休憩。しばらく体が思うように動かせませんでした。
 ようやく体が落ち着いたら、いよいよ医師から検査結果を聞きます。結果は、
  • 軽度の胃炎
  • ポリープ
  • 十二指腸炎
 でした。ポリープは検査時に除去してもらいました。あとの疾患も薬で治せる程度とのことで、たいしたことなく安心しました。

 このブログは「食」に関しても数多く書いているので、まず胃が健康でなくてはなりません。そういった意味からも、今回の内視鏡検査は意義あるものだったと思っています。

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード