ボート&オートレース好きの自閉症者ですが、何か?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、好きなボートレース(旧「競艇」)とオートレースのこと、自身の障害のことを中心につづります。

バスケットボール新リーグJPBL、階層分け正式決定!

 2016年10月から開幕する、バスケットボール新プロリーグJPBLの1部・2部・3部の階層分けが、今日正式に決まりました。内訳は1部18チーム・2部18チーム・3部9チーム。初年度から1部・2部がかなりの大所帯となりました。
 さらに、今日のバスケ協会の記者会見において、1部・2部をそれぞれ東・中・西の3地区に分けることも発表されました。つまり1地区6チームのカンファレンス制導入です。対戦相手の地区が同じか異なるかで、試合数に違いを持たせるものと思われます。

 1部・2部・3部それぞれの振り分けは、次のとおりです。(★は今日追加発表されたチーム)

・JPBL1部 全18チーム

(東地区)
★レバンガ北海道(NBL)
 秋田ノーザンハピネッツ(bj)
 仙台89ERS(bj)
 リンク栃木ブレックス(NBL)
 千葉ジェッツ(NBL)
 トヨタ自動車アルバルク東京(NBL)

(中地区)
★日立サンロッカーズ東京(NBL)
 東芝ブレイブサンダース神奈川(NBL)
★横浜ビー・コルセアーズ(bj)
★新潟アルビレックスBB(bj)
★富山グラウジーズ(bj)
 浜松・東三河フェニックス(bj)

(西地区)
 アイシンシーホース三河(NBL)
 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(NBL)
★滋賀レイクスターズ(bj)
 京都ハンナリーズ(bj)
 大阪エヴェッサ(bj)
 琉球ゴールデンキングス(bj)


・JPBL2部 全18チーム

(東地区)
 青森ワッツ(bj)
★岩手ビッグブルズ(bj)
★パスラボ山形ワイヴァンズ(NBDL)
 福島ファイヤーボンズ(bj)
★サイバーダインつくばロボッツ(NBL)
★群馬クレインサンダース(bj)

(中地区)
★東京エクセレンス(NBDL)
★アースフレンズ東京Z(NBDL)
★信州ブレイブウォリアーズ(bj)
 豊田通商ファイティングイーグルス名古屋(NBDL)
 バンビシャス奈良(bj)
★西宮ストークス(NBL)

(西地区)
★島根スサノオマジック(bj)
★広島ドラゴンフライズ(NBL)
 高松ファイブアローズ(bj)
★大分・愛媛ヒートデビルズ(bj)
★熊本ヴォルターズ(NBL)
★レノヴァ鹿児島(NBDL)


・JPBL3部 全9チーム

★埼玉ブロンコス(bj)
 大塚商会アルファーズ(NBDL)
★東京海上日動ビッグブルー(NBDL)
★東京サンレーヴス(bj)
★東京八王子トレインズ(NBDL)
★金沢武士団(サムライズ)(bj)
 アイシン・エイ・ダブリュ アレイオンズ安城(NBDL)
 豊田合成スコーピオンズ(NBDL)
★ライジング福岡(bj)



 1部チームの顔ぶれを見ると、ものの見事に東日本にチームが偏在する格好となってしまっています。中国・四国・九州地方が完全に空白地域。この地域にあるチームはすべて2部・3部に甘んじました。
 そして1部と2部、2部と3部とで昇格・降格もあるとのこと。現在のところ1部にいない中国・四国・九州のチームも、いずれ1部に上がってくることが考えられます。そうなると、所属地区が前年とは変わるチームが出てくるということが頻繁になってきそうです。

 今回、リーグが3地区制となったということは、おそらく各地区の1位チーム+2位で最も成績のよいチームの4チームで、プレーオフをおこなうものと思われます。または2位チーム上位2チーム同士が対戦して勝ったほうがプレーオフ進出、ということも考えられます。

 まあとにかく、JPBLの具体像はひとまず出来上がったといったところでしょう。あとはいかにしてこの新リーグを大衆に訴えかけるか、ですね。
 JPBLはちょうど野球NPB・サッカーJリーグのシーズンオフの時期におこなわれるという絶好のアドバンテージがあります。そのうえ室内競技なので、天候に左右されることがなく集客面でも有利です。特にシーズン時に厳しい寒さと雪のある北日本でプロスポーツが開催されるのは、相当大きなものがあるでしょう。

 はたしてJPBLがNPB・Jリーグと肩を並べるほどのものとなれるかどうか、今後に期待です。

尼崎 夕刊フジオレンジカップ

●2015年8月22日 尼崎 
 夕刊フジオレンジカップ 5日目準優勝戦


 ・的中レースは……なし!!


 何ということでしょう。今日はひさびさに尼崎の一般戦で舟券勝負といったのに、まさかまさかの的中なし。これで前回からの連敗は17にまで伸びてしまいました。
 3日後に開催される蒲郡のボートレースメモリアルは、都合で舟券勝負をすることができません。なので次に舟券勝負をするのは、今回と同じく尼崎で開催となるヤングダービーとなります。今度は連敗を止めてみせます。

 この日の尼崎ではイベントで「浪速のモーツァルト」こと、キダ・タローさんのトークショーもありました。
 キダさん、齢80を超えていてもまだまだ元気なご様子で、司会者と掛け合い漫才のようなトークを展開していました。加えて、アカペラ合唱グループも登場して、キダさん作曲の楽曲をアカペラで披露するステージにもなっていました。「アホの坂田の歌」「出前一丁CMソング」「かに道楽CMソング」そして尼崎市制70周年記念の歌「尼崎市民家族の歌」も歌われました。ちなみに今年は尼崎市制100周年です。
 今回は生でキダさんのお姿を拝見できただけでも、よしとします。


(おまけ)
 ボートレース尼崎場内に貼られていた、多摩川周年記念のポスター。今回も静波まつりが登場です。
amagasaki_br32.jpg

 ↓こちらは昨年のもの。
amagasaki_br31.jpg

ちょいと気になる松戸競輪

 最近、松戸競輪がちょいと気になりつつあります。何を唐突にと思われたでしょうから、そうなるまでのいきさつをご説明いたします。

 ことの始まりは、とある日に見た東京ドームでの野球テレビ中継。フェンス広告に「松戸けいりん」の文字があるのを見つけたことからでした。
 そこで一度松戸競輪の公式サイト(↓)を見てみようと同サイトを開くと、トップページにマスコットキャラクターと思しきキャラの姿が。

 http://www.matsudokeirin.jp/

 これこそがその通り、松戸競輪のマスコットキャラクターで「マッピー」という名前とのこと。なかなか愛らしくかわいいキャラクターをマスコットにしているなと感じ、ここから松戸競輪のことが気になり始めました。
 松戸競輪場のバンクは333m。俗に「33(サンサン)バンク」と呼ばれている仕様です。私は今までいくつかの競輪場へと行ったことがありますが、そのすべてが400mバンクでした。この33バンクである点も気になってきました。
 さらに、松戸競輪は『走れ!自転車』というテーマソングもあるといいます。

 松戸競輪テーマソング「走れ!自転車」
 https://www.youtube.com/watch?v=oGiQoWoK8gU

 競輪場の雰囲気を高らかに歌い上げた、なかなかにすばらしい曲です。歌っているのは子門真人さん。関東では松戸競輪のラジオCMでこの曲が流れるそうです。この歌は私のお気に入りになり、さらに松戸競輪が気になることとなりました。

 そしてそして、最近になって松戸競輪場は施設の一部をリニューアルしたとのこと。サイト内の写真で見た限りですが、内部がきれいになっていることはわかりました。
 マッピーの詳細なプロフィールもわかりました。マッピーは地球から333光年離れたパインズ・ドア星雲のスパハピ星の王女。地球に来たとき誤って梨畑に突っ込んでしまったために、頭部が梨と合体してしまった……という設定だそうです。「松戸」を英語にして「パインズ・ドア」ということですね。
 あと、松戸競輪場を所有している松戸公産株式会社は、東京ドームグループ傘下の会社ということもわかりました。だから東京ドームのフェンスに広告があったわけです。

 そういうわけで、最近気になっている松戸競輪。開催日程を調べてみると……何と! 9/19~9/23の間に、GIオールスター競輪が開催されるではありませんか! この期間は連休と重なっています。ならばこの機会に一度松戸競輪場へと行ってみようかな、といったことを考えています。

夏の高校野球、ひとつ提案

 今年も夏の恒例行事、全国高校野球選手権大会が阪神甲子園球場にて開催されています。それはよいのですが、最近ではこの全国高校野球に対して
「炎天下で長時間試合をさせるのは、いかがなものか」
 という声が多くなってきています。
 確かにそれはその通りです。炎天下での試合は選手が熱中症を引き起こしやすくなりますし、また観ている客も熱中症になる事例が多くなってきていると聞きます。ヘタをすれば死に至る恐れもある熱中症。なのでこれは決してよい状況とはいえないでしょう。何らかの策を講じる必要があります。

 熱中症を避けるための策として、一部の人たちからはこういった声を聞きます。
「高校野球は甲子園でなく、京セラドーム大阪でやるといい。ここなら熱中症になることはないから」
 確かに、京セラドームなら空調がきいていますから、ここで熱中症となることはまずないでしょう。しかしここで高校野球を開催すると、ひとつの問題が生じるのです。それは「球児たちがグラウンドの土を持って帰れない」ことです。
 甲子園では、敗れたチームの球児たちが甲子園の土を取って持ち帰るのが通例。その場面がテレビでも放映されます。このグラウンドに来たこと、そしてこのグラウンドでプレイしたことを思い出として、土を持って帰るのです。
 しかし京セラドームは全面人工芝。持ち帰る土がないのです。まさかマウンドやベース周辺の土を持ち帰るわけにはいきませんし。やはり思い出の品であるグラウンドの土を持って帰れるという点で、高校野球の開催地から甲子園は外せないと思うのです。

 では、開催地を甲子園にしたままで、どのように熱中症対策をするのか? これについて、私がひとつ提案です。それは……

 開催地を甲子園だけではなく、同じ兵庫県にある、ほっともっとフィールド神戸を第2会場とすることです。

 ほっともっとフィールドは甲子園と同じく、グラウンドに土と天然芝が使用されています。外野のみならず内野にも天然芝が敷かれている点が甲子園とは異なりますが、条件は甲子園とほぼ同じといえるでしょう。それにここならば、試合後グラウンドの土を持って帰ることができます。
 そして、試合を甲子園とほっともっとの2場で同時におこなうのです。1日4試合をやるならば、これらをそれぞれで2試合ずつおこなうこととなります。そのそれぞれの2試合を、日差しのきつくない時間帯におこなうのです。考えられるとすれば、朝8時からと夕方16時ごろからとする、または夕方16時から始めて2試合目をナイターとする、といったところでしょう。
 開会式は通例どおり午前中に甲子園でおこない、その日の試合は、夕方に甲子園とほっともっとで開催。時間があるので、甲子園からほっともっとへの移動はじゅうぶん可能でしょう。準々決勝までは2場開催として、準決勝からは甲子園での単独開催ということにします。
 そうなると、テレビ中継はどうするのか。これはNHKとABC朝日放送、2局が甲子園とほっともっと、それぞれの試合を全国中継していけばよいでしょう。現在でも関西では、NHKとABCが高校野球を同時に中継しています。これがそれぞれ異なる会場での中継となれば、2局での中継が有意義なものとなります。


 ……とまあ、今回は高校野球にひとつ提案をしてみました。それにしても主催者である朝日新聞は、こういった炎天下での試合の問題が上がっているというのに、開催方法の改革を提言するということはしないのでしょうかねえ。

 | HOME | 

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるボートレースとオートレースのファン。あと、たまに競輪も。
オートレース大阪ができて、関西にもオートレース熱発生の予感。
大の酒好き。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 高機能自閉症へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (165)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (132)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (1)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (11)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (1)
オートレース/レース場訪問記 (45)
船橋 (10)
川口 (7)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記 (54)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム (5)
QVCマリンフィールド (6)
花園ラグビー場 (6)
シティライトスタジアム (18)
ヤンマースタジアム長居 (4)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (18)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (33)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (83)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん