FC2ブログ

2013-02-20

寛容の精神を持つよう努める

 寛容の精神を持つよう努める。現在の私が心がけていることです。
 というのは……私はどちらかというと、他人からの雑音(批判・悪口ひっくるめての、周囲からの言葉)を気にしがちで、ついついそれに反応してしまうクセがあるからなのです。
 こういったことはスルーするに限るのですが、それがなかなか難しい。
 この間も、ある人の攻撃的な物言いにムカッ腹が立ち、その人を挑発する言葉をツイッターにて吐いてしまいました。その結果、その人に絡まれてしまったのですが、そこでスルーすればいいものを、私は感情が先に行って言い合いとなってしまいました。
 この一件、私に寛容の精神が欠けていたために引き起こされたことだと認めざるを得ません。そんなわけで、まだまだ寛容の精神がじゅうぶんに形成されていない私です。

 そんな私ですが、実は寛容の精神を培うことに関しては、ドリフターズの高木ブーさんを見習うことにしているのです。
 なぜブーさんなのか? それは過去に、ブーさんが大いなる寛容の精神を見せつけた一件があるためです。
 今からもう、ゆうに20年を超える昔、ロックバンド・筋肉少女帯が『元祖高木ブー伝説』なる曲を世に出しました。冒頭でいきなり「高木ブー!」と叫び、恋人に何もしてやれなかった自分を「まるで高木ブーだ」と形容するという、この歌。ひとつ聞けば、ブーさんをバカにしているとも思える歌詞の内容です。
 しかし、そんな歌に対してもブーさんは「やらせてあげればいい」と、本人自ら承認したのでした。

 この大いなる寛容の精神、私も見習いたいなーととみに感じるのでした。
 まあ私なんぞ、とてもとてもブーさんの域にはたどり着けそうにありませんが……それでもできるだけ、いつでも寛容でいられるようになろうとは思います。


 あ、ちなみに今回の高木ブーさんの話、↓こちらでもちらっと書いています。

 ボートレース芦屋訪問記・3 2012-06-26
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-525.html
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード