FC2ブログ

2012-05-06

大阪府と京都府の境近くにラーメン「一蘭」進出!

 私が以前このブログで取り上げた、ラーメン店「一蘭」。この一蘭が、4月下旬に新しい支店を開店しました。
 場所は京都府八幡市、国道1号線の「洞ヶ峠」交差点付近。この洞ヶ峠、地元では1号線上での大阪府と京都府の境の目安の場所として知られています。もっとも、ここは正確には八幡市で、境の真上というわけではないのですが。
 ここの支店名は「京都八幡国道1号線沿い店」だそうです。長いです。まあ「京都洞ヶ峠店」では、おそらく地元の人にしか、どこにあるのかわからないでしょうからねえ。

 実は私、月に2~3回洞ヶ峠を通る機会がありまして、昨日がその機会のあった日でした。
 なので入りましたよ、はい。8日前にも小倉で一蘭ラーメンを食べましたが、それでも入りましたよ。ええ、たぶん私は一蘭の信者なのでしょう。

 店内に入って食券を買って、店員からオーダー用紙を渡されてそれに記入、そして空いた席について記入したオーダー用紙を出す。これが一蘭での注文の流れですが、私が入ったときには、初めてなのか用紙を渡されてどうするのかと戸惑っているお客さんがいました。確かに初めての人には、この特殊なやり方は衝撃的でしょうからね。無理もありません。
 私はもうこれまでに何度も一蘭に行っていて慣れてはいますが、初めて入ったときは衝撃的で戸惑いましたしね。

 まあ、私が通る道の途中に一蘭ができたのは、ファンとしては大変ありがたい限りです。
 ただ、京都八幡国道1号線沿い店には難点がひとつ。それは飲む水を給水機のところまで行って汲む必要がある、という点です。
 他店舗では、席ごとに蛇口が設置されていて、席を立たずに水を汲んで飲めますが、ここは違うのです。水を汲みに行く回数を少しでも減らすようにするためか、グラスが他店舗より大きめでした。

 あと、京都八幡国道1号線沿い店は24時間営業、年中無休です。いつでも食べられます。
 朝の時間帯は客の入りが少なく、並ばずに食べられますので、狙い目ですよ。


 それともうひとつ。ここは場外舟券場ボートピア京都やわたから約800メートルの場所です。
 ボートピアから一蘭まで歩いて行くには少し距離がありますが、舟券勝負後に一蘭に立ち寄る客も中にはいることでしょうねえ。


(参照記事)
 一蘭については↓こちらに詳しく書いています。

 ボートレース福岡訪問記・1
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-447.html

2012-05-05

ボートレース下関訪問記・おまけ編

 ボートレース下関での全レースが終了したあと、私はこのまま帰るのは惜しいと思い、長府駅から電車で下関駅まで行きました。下関の中心街まで行って、少しばかり観光していこうと考えたのです。

 下関駅を降りて、歩いて5分ほどのところに、下関港国際ターミナルがあります。
 shimonoseki_br14

 ここから韓国の釜山および中国の青島への定期船が運航しています。そうしたことから、ターミナル内のポスターも3カ国語です。
 shimonoseki_br15

 ↓こちらは運航会社のひとつである、関釜フェリーの船の模型。
 shimonoseki_br16

 下関港国際ターミナルを出ると、↓このような塔が見えました。
 shimonoseki_br17

 あそこからなら下関の街を一望できるはずだと思い、すぐさま足をこの塔へ向かわせました。
 そしてやってきました。この塔の名前は「海峡ゆめタワー」近くで見れば、こんな感じ。
 shimonoseki_br18

 最上階30階の高さからは、思った通り下関の街はもちろん、対岸の門司・小倉の街までも見えました。
 ↓これが塔の最上階から見た関門橋。
 shimonoseki_br19

 さっき行った下関港国際ターミナルは、塔の最上階からだと↓このように見えます。
 shimonoseki_br20

 ここに停泊していたのは、韓国の船でした。船首にハングル文字が書かれていたので、間違いありません。

 これだけ見て、私は帰路につくこととしました。
 下関駅からまず向かう先は、関門海峡を渡って小倉駅です。え? なぜ帰るのに逆方向の小倉に行くのかって? それはそうしたほうが、結果的に早く効率的に帰ることができるからです。
 新下関駅では停車する新幹線列車は少なく、来るまでかなり待たされてしまいます。そのうえ「こだま」と一部の「ひかり」「さくら」しか停車しません。これは私が行きで新下関駅を利用したときに気づかされました。
 その点、小倉駅なら「のぞみ」「みずほ」も含めて、全列車が停車します。私が向かう駅は新大阪ですので、それならば小倉駅から乗ったほうが速い列車に乗れて、はるかに便利というわけです。
 そういうわけで、行きの反省を生かした形で、小倉駅から「のぞみ」に乗って大阪へ戻りました。


 さて、ここまででまだ行っていない場は、多摩川・若松・芦屋の3場となりました。
 できれば今年中に全場制覇を達成したいですが、どうも今のところ難しそうです。こちらにもいろいろと都合がありましてね。
 まあでも、あわてることはないでしょう。行けるときがきたら行くとします。

2012-05-04

ボートレース下関訪問記・4

 ボートレース下関場内の食べ物は、まあ行けばマシなものにありつける、といったところでしょうか。数はわりと豊富なほうでしたが、全体的にこれといって売りになるようなものは、見当たりませんでした。また、全体的に値段が高めでした。
 売りになるものと強いて言うならば「くじらバーガー」がそれにあたるでしょうか。↓これです。1個250円。
 shimonoseki_br10

 これだけでは中身がわかりませんので、上のバンズをはがしてみました。
 shimonoseki_br11

 クジラのカツが挟まれており、上にソースとマヨネーズがかかっています。
 これ食べてみましたが、正直「これは本当にクジラ肉なのか?」と感じました。肉自体はやわらかく食べやすいのです。しかし私の中では、クジラ肉は固めで臭みがあるというイメージがありましたゆえ、それとは違う食感だったことからそう感じたのです。どうやら最近のクジラ肉は、やわらかく臭みを取り除かれているようです。
 このくじらバーガー、中央スタンド1階の喫茶コーナー「マリンカフェ」にて販売されています。「マリンカフェ」ではこのほかに、普通のハンバーガーやホットドッグ、ピザにホットケーキも販売されています。
 中央スタンド1階には「マリンカフェ」のほか、うどん・そば・丼・おでん・大判焼きの「さくら」と、カレー・ピラフ・日替わりランチの「ちゅうりっぷ」があります。
 ↓こちら「ちゅうりっぷ」のビーフカレー。サラダもついて550円。
 shimonoseki_br12

 まあ普通のカレーの味でしたね。サラダがつくのはありがたいですが。

 中央スタンドの3階に上ると、わりあい大きな食堂があります。店の名前は「福寿」です。
 ここのメニューのひとつに「福寿ランチ」があります。この福寿ランチ、値段が900円と多少はるのですが、それだけの満腹感と満足感がある品です。
 ↓これがその福寿ランチ。
 shimonoseki_br13

 内容は、ハンバーグ・魚フライ・エビフライ2本・目玉焼き・切干大根・サラダ・フルーツ(オレンジ)・ご飯・味噌汁。大変バラエティに富んだおかずです。腹が減っているときにこれはありがたい限り。肉・魚・野菜がバランスよく組み込まれており、栄養のバランスもよし。私も空腹時にこれを注文して食べて、大変満足いきました。
 ただ、これのおかずに入っている目玉焼き、実は店頭のサンプルではオムレツだったのですよねえ……まあ同じ卵であることに変わりはありませんが、詐欺だと思われないためにもここは「目玉焼きです」とのお知らせを出しておくといったことをするべきだったと思います。
 でもまあ、この福寿ランチはおすすめできる品です。

 なお、ここBR下関では、アルコール類はいっさい提供されません。ノンアルコールビールが300円で販売されているだけです。


 BR下関の訪問記はここまでですが、次回は「おまけ編」として、BR下関の全レース終了後のことをつづっていきます。

2012-05-03

発達障害を「存在してはならないもの」定義する条例案だと?

 大阪府の地方政党「大阪維新の会」が、大阪市議会に家庭教育支援条例(案)を提出したとのことで、↓こちらにその内容が掲載されていました。

 http://osakanet.web.fc2.com/kateikyoiku.html

 第4章の第15条~第19条は発達障害に関する条項となっているのですが、ここに一見して疑問を抱かざるを得ない条文があるのです。

「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され」
「わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり」

 この箇所です。これだけでも「発達障害は親の育て方の悪さが原因で起こる」といった誤解を広めかねない一文。さらに第4章全体がいかにも発達障害を「存在してはならないもの」と定義したうえで書かれたように思えてなりません。何せ「発達障害の“予防”」などと書かれていますからね。
 よくわからないのが、上記の「伝統的子育て」という言葉。これはいったい、具体的に何をするということなのでしょうか? 条例案前文に
「かつて子育ての文化は、自然に受け継がれ、父母のみならず、祖父母、兄弟、地域社会などの温かく、時には厳しい眼差しによって支えられてきた」
 と書かれていますが、そうすることが「伝統的な子育て」にあたるのでしょうか? しかしこれだけでも、具体的なものは見えてきません。あまりに漠然としすぎています。

 また、もしこの条例案が通ったならば、危惧すべきことがあります。発達障害当事者やその親を社会から孤立させかねない、ということです。
 条例によって「親の愛情不足が原因」ということがお墨付きにされることで、発達障害の子を持つ親は世間で「吊るしあげ」の対象とされてしまいかねません。またその子も「悪い親」とレッテルを張られた親から生まれたことで、その子もまた悪いとレッテルを張られ、学校でいじめ被害に遭い、また就職も制限されてしまう事態となる可能性もあります。
 結果、発達障害当事者とその親は世間でつまはじきにされ、居場所を失い、下手をしたら親子ともどもそろって自殺、などということにつながりかねません。

 そういうことからも、この条例案の条文はおおいに問題あり、といえます。


 ……と、そんなことを思っていたら、↓こんな本があることがわかりました。

 発達障害を予防する子どもの育て方―日本の伝統的な育児が発達障害を防ぐ
 著者:澤口俊之・片岡直樹・金子保  発行:メタモル出版

 http://www.amazon.co.jp/dp/4895957276

 維新の会が今回の条例の参考文献としたのは、もしかしてこの本なのでしょうか?
 そうでないとしても、この本の著者は「発達障害子育て要因説」「発達障害の“予防”」を流布しているという点で、維新の会と意を同じくしていると思わざるを得ませんね。


(追記)
 大阪維新の会代表・橋下徹大阪市長はツイッターにて、
「親の愛情不足を発達障害の原因とすることは問題あり。賛同できない。科学的でない」
 と発言していました。
 どうやら維新の会の考え方=橋下氏の考えというわけではないようです。

(追記2 2012-05-08)
 上記条例案は、白紙撤回されたとのことです。

2012-05-02

ボートレース下関訪問記・3

 ボートレース下関では、場内アナウンスで「2」は「に」と読まれます。たいていの場では「ふた」と読まれますが、下関では「に」でした。ちなみに平和島でも「に」です。
 あと、下関の発券機について。ここの発券機、マークカードを入れて記入に不備がなくても「内容がよろしければ発行ボタンを押してください」と音声が出て、発行ボタンを押す必要があるのです。つまり発行前に一度、買うのはこれでよいかと確認を求めてくるというわけです。多くの場は記入に不備がない場合、自動で発行されるのですが、ここはこういった方式をとっています。
 まあこれは賛否両論でしょうねえ。
「自分の思っていたのと違う番号を誤ってマークすることもあるので、確認を求められるのは助かる」
 という人もいれば、
「早く買いたいのに、いちいち発行ボタンを押せと言われてイラつく」
 という人もいるでしょう。


 今回はGI競走ということもあり、イベントステージでは様々な催しがおこなわれました。
 まずはお笑いコンビ「銀シャリ」の漫才ライブ。銀シャリは吉本興業所属で、鰻和弘さん(ボケ担当)と橋本直さん(ツッコミ担当)のふたり組。
 漫才では、まず鰻さんが全国に数人しかいない珍苗字であることを逆手に取った名前ネタでつかみ。病院等で名前を呼ばれるとき、苗字を勝手に分断されて「魚さん」と呼ばれたというネタなどを披露していきました。
 その次に鰻さんが「最近ことわざに興味がある」という話に移り、知っていることわざを次々と挙げていくのですが、これがまたボケの連発。「犬も歩けバーに当たる」「猿モンキーから落ちる」「-(マイナス)を聞いて+(プラス)を知る」など。そのつど橋本さんが激しくツッコむという展開でした。
 ちなみにこの銀シャリ、出走表のイベント情報では「良きお笑いの伝統を受け継ぐ『古風な漫才師』が登場!」と謳われていました。

 そのあとにおこなわれたのは、中国雑技のショー。下関市と友好都市である中国・青島市から来た芸人さん(名前忘れた)が、曲芸を披露してくれました。
 ここで披露したのは、椅子をふたつ重ねてその上に腕2本だけで直立不動となる芸。その椅子も、ただ重ねるだけではありません。わざと2段目の椅子を傾けて不安定な状態にして、今にも崩れ落ちそうな状態で、自分の体を腕だけで支え逆立ちとなるのです。見ているほうがハラハラしてきます。
 もうひとつ、この芸人さんの腰回りほどの直径しかない鉄の輪に、尻から入って抜け出すという芸も披露していました。

 こういったイベントを目にすることも、私が遠方のレース場に行く際の楽しみです。

(続く)


(おまけ)
 ↓こちら、BR下関のマスコットキャラクター、シーボー&シーモ。
 shimonoseki_br8

 あと、場内には↓こんな張り紙が。
 shimonoseki_br9

 場内で唾をはく人が多いということでしょうかねえ。 

2012-05-01

ボートレース下関訪問記・2

 ボートレース下関の競走水面は、海水コースということで、比較的広くとられていました。周囲を見渡せば、クレーンや工場群、倉庫群が目に入り、あらためてここが港に近い場所であることを感じ取れます。
 そしてここBR下関の水面そばは、けっこう広くスペースがとられています。後方はスタンド建物が「ひさし」の役目をしており、雨の日でもこのひさしの下で、直接水面を見ることができます。ただ、水面そばの柵からコースまで、やや離れているかなと思います。
 離れているといえば、ピットから2Mまでの距離もまた、けっこう離れているように見えました。その2M側、望遠レンズを装備したカメラを構える人たちが集まっていまして、その全員がシャッターチャンスを待ち構える様子が見て取れました。おそらくピットからの距離が長い分2M側が広くなっていて、撮影する側にとってはこれが絶好の撮影環境となっているのでしょう。水面上に余裕があれば、被写体に絞ってレンズを向けやすくなるでしょうから。

 BR下関の競走水面を見たなら、いやでも目につく↓この大きな電光板および映像装置。
 shimonoseki_br5

 何かこれ、無駄に大きいだけのような気がします。映像画面は中央部だけで、両側は着順やスタートの可否、2連単オッズを表示する電光板です。
 特に左側の電光板、これがその大きさの割に、表示項目が少ないときています。ここで表示されるのは、現在のレース番号・スタートの可否・返還艇・確定着順・2連単の配当額、これだけです。
 この大きさなら、もっと多くの項目を表示することは可能でしょうに。まず3連単の配当額の表示がほしいですね。それに加えて、現在の気温や水温、風向や風速、波高などもあると、この大きさを無駄なく使えると思うのですが、いかがでしょう。


 では次に、恒例の大時計観察といきます。
 まず↓こちらが表側から見た大時計。
 shimonoseki_br6

 で、↓こちらはその大時計を裏から見たところ。
 shimonoseki_br7

 一見、表も裏も同じ仕様と思えるのですが、実はこれが違うのです。表と裏とで、明白な違いがあります。この写真ではわかりにくいのですが。
 その答え。裏側には「遮蔽板」がないのです。通常大時計は、1分針(白の針)の15秒前~0秒の目盛りの間45度の部分に遮蔽板があります。これで1分針が隠れて、15秒前は12秒針(オレンジの針)だけが見える状態となります。裏側にはそれがない、ということです。これまで見てきた大時計にはない仕様です。
 なお、針の動き自体は表も裏も同じです。

(続く)
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード