FC2ブログ

2010-02-08

ジャガイモ焼酎

 先日私は北海道へ行ってきたのですが、そこで私は「ジャガイモ焼酎」なるものを見つけました。
 ブランド名は『ひぐま』。北海道の酒造メーカー、北の誉が製造している焼酎です。

 私が普段よく飲む「イモ焼酎」は、厳密には「サツマイモ焼酎」のことです。ですので、サツモイモとジャガイモ、ふたつの「イモ焼酎」はどこがどう違うのか、これは比べてみたいと思い、購入した次第です。

 帰宅してから、さっそく『ひぐま』を試飲してみました。香りはやや青臭さがあります。これはどうも、ジャガイモの皮の部分に近い感触です。味はほのかに甘さがあります。サツマイモ焼酎ほどのクセはなく、わりあいすっきりと飲めます。
 焼酎の中でも、比較的私の好みに合ったもののように感じられました。


 話は変わりますが……私の場合、旅行というものは「酒飲み放題行事」と化すのです。
 私は旅行に行くと、強烈に酒を飲みたい衝動に駆られます。いつもと違う時間を過ごしていると、普段の感覚がマヒしてくるのか、ハメを外し尋常でない量の酒をガバガバ飲みがちになるのです。それが原因で、翌日二日酔いし旅行の楽しみが半減する、といった憂き目を見たことが、過去数回あります。
 ま、幸い今回は、そうはなりませんでしたがね。

2010-02-04

そっけないですね

 先日亡くなられた戸部けいこさんの作品『光とともに…』が連載されていた漫画誌『フォアミセス』のページが、最新号発売ということで更新されていたのですが……

 秋田書店『フォアミセス』のページ
 http://www.akitashoten.co.jp/CGI/autoup/listput.cgi?key=list&bunrui=013

 いつもどおりに内容を淡々と紹介しているだけで、戸部さんや『光とともに…』に関することは、一切書かれていませんでした。
 せめて、戸部さんに対する哀悼の言葉くらい掲載してもよいのでは? 同誌の売り上げに大いに貢献した方でしょうに。

(追記:上記は2010年3月号のことを書いたものです。翌月発売の4月号では、丁寧な追悼文が掲載されていました)

 話は変わりますが、私は明日から私用で北海道へ行きます。2月7日には戻る予定です。

2010-02-03

生々しい現場を目撃しました

 今日、私は仕事で京都に行っていたのですが、そこで非常に生々しい現場を目撃しました。

 場所は京都市内某所にあるガソリンスタンド。そこはコーヒーショップ・ドトールを併設しているところでした。
 私は昼ごろにそこを通りがかったのですが、赤色回転燈が光っているのが見えたので、事故か何か起こったのだなと思いました。それは確かに事故でした。それも私の想像を上回る。

 何と、タクシーがドトールの店内に車ごと突っ込んでいたのでした。

 現場には警察の車、それと救急車が2台来ており、場所がガソリンスタンドということで消防車も出動していました。そういった状況から、これは相当けが人が出たな、そう察しました。
 スタンドの周囲にはテープが張られ、立ち入り禁止の状態に。周囲には人だかりができ、報道のテレビカメラも来ていました。とにかく場は騒然でした。


 あとでニュースを見てわかりましたが、けが人は4人で、いずれも命に別状はないとのこと。安心しました。
 そしてこのタクシーの運転手は、ブレーキとアクセルを間違えて踏んでしまったらしいです。わずかのミスが、大きな事故につながってしまうのですね。

 私もオートバイをよく運転する者です。事故を起こさぬよう、また遭わぬよう、安全運転を心掛けたいものです。

2010-02-02

マイノリティ・イン・マイノリティ

 今さら書くまでもありませんが、このブログのタイトルにもあるとおり、私は競艇と酒が好きです。かつ私は、高機能自閉症という発達障害を抱えている人間です。

 休みで何も予定がないときは大抵競艇場に行きますし、普段でもネットで競艇ネタ探しをしたり、動画サイトで面白そうな競艇関連動画を見つけては見たりします。
 また、私はほぼ毎日酒を飲みます。ビールなら1日1リットルは軽く飲めますし、今こうして記事を書いている間でも、イモ焼酎の湯割りをチビチビ飲んでいます。

 しかし、どうも発達障害当事者で私のような人は、ごく少数派のような気がするのです。
 他の発達障害当事者の方々のブログを見ていると、全般的に「ギャンブルはしない、または嫌い、ないしは興味がない」」「酒は嫌い、または飲めない」という方が多いようなのです。それゆえか、まだこのブログには発達障害当事者と名乗る方からのコメントがありません。
 
 そういえば、このブログを始めてもうかれこれ9か月となりますが、これまでに閲覧者によるコメントはわずかに4件。リンクを希望してくる方もまだ出てきていません。
「競艇」「酒」「自閉症者」この3つの言葉でドン引きされているのかもしれません。そりゃ、見方によっては「変」に思われる自閉症者と呼ばれる人間で、ギャンブルを楽しみ酒をあおるとくれば、これは周囲から距離を置かれる要素をじゅうぶんに含んでいるといえるでしょう。

 でも、私はそれでも構いません。

 むしろ私は開き直って「マイノリティ・イン・マイノリティ(少数派の中の少数派)」として生きてやろうと思います。
 自分を決して埋没させぬよう、誇り高くありたい。私はそう考えます。ですから、これからも私は競艇場に行きますし、酒も飲みます。そして自分が自閉症であることを否定することもしません。

 誇りあれ! マイノリティ・イン・マイノリティ!
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード