fc2ブログ

スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

おおきにアリーナ舞洲 2023-10-08 大阪vs富山・後編

 2023年10月8日、おおきにアリーナ舞洲の大阪エヴェッサvs富山グラウジーズ。
maishima_arena120.jpg

 前回も書きましたが、富山グラウジーズはかつて大阪エヴェッサと同じくbjリーグに加盟していたチームです。チーム名の「グラウジーズ」は、富山県の県鳥であるライチョウのことです。
 試合開始約1時間前になって、場内の照明が落とされました。これから選手紹介、そしてチアチームのダンスです。
maishima_arena121.jpg

maishima_arena122.jpg

 Bリーグの試合は、やはりこれがないと始まりません!
 さて、試合はどうなったかといいますと……
maishima_arena123.jpg

 大阪エヴェッサの勝利でした。富山は試合中盤で追い上げを見せたもののあと一歩及ばず、でした。
 この日のおおきにアリーナの入場者数は4740人! けっこう席が埋まっていたので、そのぐらいはいっているだろうと思いました。連休中ということもあって、富山ブースターさんたちも多く入ったようです。
 今年は確実にW杯をきっかけにBリーグに興味を持ったという人が多いはずですから、これからBリーグは大いに盛り上がっていくことでしょう!

おおきにアリーナ舞洲 2023-10-08 大阪vs富山・前編

 2023年10月8日、私は大阪市此花区にあるおおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。
 10月となり、いよいよバスケットボールBリーグ2023-24シーズンが開幕しました。今年は開幕前にバスケ男子日本代表がワールドカップで善戦し、パリ五輪出場を決めたことでバスケに大いに注目が集まっていますj。となると、Bリーグに昨シーズン以上に観客が集まることは必至。今まで以上の盛り上がりを見せそうな予感です。

 さて、今年4月以来のおおきに訪問となる今回、ここでおこなわれる試合は

B1リーグ
大阪エヴェッサ vs 富山グラウジーズ

 
 旧bjリーグに所属していた同士、これまで数多くの対戦を重ねてきた両チームです。
maishima_arena113.jpg

 入場口階段近くに、このようなモニュメントが。ボールが岩の中に埋まっています。
maishima_arena114.jpg

 いざ入場。昨シーズンは入場口が1階でしたが、今シーズン再び2階に戻りました。私はいつもBリーグの試合観戦のときはモバイルチケットにしています。昨シーズンまではモバチケ提示で紙のチケットが発行されていましたが、今シーズンからそれが廃止になったようです。
 アリーナ内部。大型映像装置が新しくなっており、またメイン側左手に新しく映像装置が設けられています。
maishima_arena115.jpg

 場内には、このような案内図も掲げられています。観客が多く来ると見越してのことでしょう。
maishima_arena116.jpg

 では試合前に腹ごしらえといきましょう。おおきにアリーナの場内グルメ、昨シーズンよりもキッチンカーや屋台の数が増えており、パワーアップした感があります。
 まずはピザ。ピザーラが出張販売に来ていました。 
maishima_arena117.jpg

 スパイスカレー。このほかタマネギをたっぷり使って作った「淡路島カレー」も販売に来ていました。
maishima_arena118.jpg

 おおきにアリーナといえば、やはりこれです。手羽トロ唐揚げ。ビールといっしょにいただきました。
maishima_arena119.jpg

 胃を満たして、試合開始を待つといたします。

(後編に続く)


おおきにアリーナ舞洲 2023-04-01 大阪vs川崎・後編

 2023年4月1日、おおきにアリーナ舞洲のB1リーグ大阪エヴェッサvs川崎ブレイブサンダース。
 アリーナ中央の映像装置を見ると、一部いつもと異なる点が……
maishima_arena109.jpg

 大阪エヴェッサの名前が「エベッサ大阪」に変わっていて、チームロゴも別のものとなっています。チーム名変更したのか?と思いましたが、よくよく考えてみればこの日は4月1日、エイプリルフール。その一環でのウソでした。
 そしてこの日は事前に「4月1日、大阪府太子町出身のあのサッカー選手がやってくる」との発表がありました。これに該当する選手は前田大然選手ですが、はたしてそれほどの人が本当におおきにアリーナにやってくるのか?と思っていたところ、登場したのは……
maishima_arena110.jpg

 吉本興業所属のお笑い芸人、前田大自然さんでした。はい、これもまたエイプリルフール。
 なお、映像装置のチーム名とロゴは、しばらくすると通常に戻っていたのでした。
maishima_arena111.jpg

 試合前にいつものようにチアチームのダンスパフォーマンス。それとこの日は大阪府の南河内4市町村がPRにやってきていました。それの一環で南河内4市町村、河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村それぞれの長が挨拶。ちなみに、千早赤阪村は大阪府で唯一の村です。

 さて、試合はどうなったかといいますと、
maishima_arena112.jpg

 大阪 64-90 川崎

 大阪は川崎の強さに圧倒される格好となりました。大阪はもうとにかくシュートミスが多すぎで、フリースローも外しすぎ。それが敗因のひとつだと感じました。

 約1年ぶりにバスケを生観戦。やはりプレーを間近で見られるのが魅力ですね。
 Bリーグはあと1ヶ月あまりで2022-23シーズンを終えますが、今年は8月~9月にバスケットボールワールドカップが開催され、沖縄がその会場のひとつとなっています。WBCに続いて盛り上がりそうな予感です!



おおきにアリーナ舞洲 2023-04-01 大阪vs川崎・前編

 2023年4月1日、私は大阪市此花区にあるおおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。ワールド・ベースボール・クラシックでの日本優勝の余波で、世間がセンバツ高校野球だNPB開幕だと野球熱が高まる中、私はあえてバスケを観戦です。
 おおきにアリーナ舞洲、実に1年ぶりの訪問です。
maishima_arena101.png

maishima_arena102.jpg

 今回、ここで対戦するのは
 B1リーグ 大阪エヴェッサ
           vs
        川崎ブレイブサンダース

maishima_arena103.jpg

 川崎ブレイブサンダースは、Bリーグ初年度からこれまで連続してチャンピオンシップに進出している“万年優勝候補”、Bリーグでも屈指の強豪チームです。ただしまだBリーグチャンピオンになったことはありません。

 試合が始まるまでの間、アリーナの外へ出て春の舞洲を感じるとします。舞洲の桜も雅やかに咲いていました。
maishima_arena104.jpg

 そして今回もいろいろと食べます! これが楽しみのひとつ。まずはおおきにアリーナ名物・手羽トロ唐揚げ。
maishima_arena105.jpg

 ピザーラが出張販売に来ていました。ペパロニ×ペパロニ。
maishima_arena106.jpg

 今回、ビーガンハンバーガーなるものが出店していました。ビーガン、つまり動物由来の原材料をいっさい使わない食べ物。そしてこれが、ビーガンチーズバーガー。
maishima_arena107.jpg

 これで植物由来原料100%です。通常のハンバーガーと見た目変わりません。
 そして大阪といえば、たこ焼き。これは外せません。
maishima_arena108.jpg

 今回は川崎ブースターのみなさんも多く舞洲まで来られていたようで、このたこ焼きの列にけっこうな数の川崎ブースターさんが並んでいました。やはり本場の粉もんを味わいたいという思いからでしょう。
 腹いっぱいになったところで、アリーナ内へと戻ります。
(後編に続く)



おおきにアリーナ舞洲 2022-04-02 大阪vs三遠・後編

 2022年4月2日、おおきにアリーナ舞洲のB1リーグ大阪エヴェッサvs三遠ネオフェニックス。
maishima_arena98.jpg

 三遠ネオフェニックスは愛知県豊橋市に本拠地を置いており、静岡県浜松市を準ホームとしているチームです。豊橋のある三河と、浜松のある遠江。両者を合わせて「三遠」です。
 三遠ネオフェニックス、Bリーグ参加前は「浜松・東三河フェニックス」というチーム名でした。略称が「浜松・東三河」では長すぎるとリーグから意見があり、それで現行名に変更したいきさつがあります。
 大阪と三遠は、ともにかつて旧・bjリーグ所属。なのでこれまで多数の対戦を重ねてきています。その両者の対戦です。

 試合開始前、チアダンスチーム「BT」がパフォーマンスを見せてくれます。
maishima_arena99.jpg

maishima_arena100.jpg

 チアといえば、この日は箕面自由学園のチアリーディング部と吹奏楽部がやってきて、彼らもまたコート上でパフォーマンスを披露したのでした。箕面自由のチア部は、毎度アクロバティックなパフォーマンスを見せてくれます。

 さて、試合はどうなったかといいますと……

    大阪  三遠
 1Q   34  13
 2Q   22  23
 3Q   22  19
 4Q   20  25
       98  80

 大阪エヴェッサがホームで勝利を収めました。全体的に試合は大阪ペース。三遠も途中から巻き返そうとしていましたが、第1クォーターの大量失点が大きく、及びませんでした。
 なおこの試合で、私は初めてコートサイド席に座って観戦をしました。いつもと違う感覚を味わってみようと。一度だけでしたが、迫力あるダンクショットを間近で見ることができました。これだけでも収穫でしたね。


(おまけ)
 この試合がおこなわれた4月2日は「世界自閉症啓発デー」でもあります。ゆえにおおきにアリーナ内にもそのポスターが貼られていました。
maishima_arena97.jpg

「セサミストリート」のキャラクター、ジュリアが出ています。ジュリアは自閉症であるという設定です。
 毎年、世界自閉症啓発デーでは青色をシンボルカラーとしてアピールをしていきます。上の写真でBTが青い光の中でダンスを踊ったのも、その一環だったのでしょうか?(多分違うと思う)

おおきにアリーナ舞洲 2022-04-02 大阪vs三遠・前編

 2022年4月2日、私は大阪市此花区にあるおおきにアリーナ舞洲まで行ってまいりました。私がここへ行くのは2019年10月以来、約2年半ぶり。その間新型コロナウィルス流行があり、Bリーグも一部の試合を中止にしたりシーズンを途中中止にしたりといろいろあり、私もいつしかおおきにアリーナから足が遠のいていたのでした。
 約2年半ぶりに訪れたおおきにアリーナ。
maishima_arena87.jpg

 舞洲でもサクラが咲いていました。しかしここは強い風が吹くことが多いので、すぐに花が散ってしまいそうですね。
maishima_arena88.jpg

 さて、場内へと入ります。この場内の様子は変わりないようです。
maishima_arena89.jpg

 Bリーグは2026-27シーズンからリーグ再編をおこない、新B1を入れ替えなしのトップリーグに変える予定にしています。新B1に入る条件のひとつにアリーナの規模がありますが、このおおきにアリーナを本拠地としているならば、大阪エヴェッサは新B1ほぼ当確といっていいでしょう。
 この日ここでおこなわれる試合は、
maishima_arena90.jpg

 B1リーグ
大阪エヴェッサ
   vs
三遠ネオフェニックス

 試合開始までまだ時間があるということで、恒例の食べまくりといきましょう。
 まずはおおきにアリーナではおなじみ、手羽トロ唐揚げ。
maishima_arena91.jpg

 鶏の手羽元の肉を揚げた唐揚げです。これは健在でしたが、もうひとつの名物だった「バスケ串」(鶏肉とつくねを串に刺した焼き鳥)は、もう販売されなくなったようです。
 揚げ餃子。揚げたてを食べることができました。
maishima_arena92.jpg

 たこ焼き。かつておおきにアリーナへ出張販売に来ていた「会津屋」は、もう撤退したようです。
maishima_arena93.jpg

 スポーツ観戦にピッタリの食べ物といえば、やはりホットドッグです。
maishima_arena94.jpg

 そしてそして、アイスクリームの「サーティワン」が出張販売に来ていました。
maishima_arena95.jpg

 これ、新幹線車内で販売されているもの同様に、カチカチに凍っていました。こういう場合、しばらく両手でカップを持っておき、周囲が柔らかくなったところをスプーンですくって食べるのがコツです。
 そして、締めはレッドアイ。
maishima_arena96.jpg

 では、腹がふくれたところで、いざ試合観戦といきます。

(前編に続く)

おおきにアリーナ舞洲 2019-10-27 大阪vs北海道・後編

 2019年10月27日、おおきにアリーナ舞洲でのBリーグ・大阪エヴェッサvsレバンガ北海道。
 今回ここで試合を戦うレバンガ北海道、チーム名は「がんばれ」を逆さ読みにしたものです。これは同じく北海道に本拠地を置く、Jリーグの北海道コンサドーレ札幌と同様ですね(道産子→コンサドーレ)。
 そして、このレバンガ北海道には齢49歳にして今なお現役の選手が在籍しています。その人は折茂武彦選手。折茂選手は選手としてだけでなく、チームの代表も務めています。
 折茂選手は今シーズン限りでの現役引退を表明しています。つまり選手としての折茂選手を見られるのは、2019-2020シーズンが最後。ましてこの大阪でとなると、2019年10月26日・27日の2日間のみです。このチャンスを逃してなるものかと、私は今回おおきにアリーナまで行った次第です。

 私は新しいシーズンとなってからは初めておおきににやって来ましたが、入場方式が昨シーズンとは変わっていました。昨年までは2階に入場口があり、観客は外の階段を上って入場口へと行っていたのですが、今回行ってみると、1階の正面入場口からの入場に変わっていました。
 でも、この変更はいいと思いました。というのは、昨シーズンまでは2階アリーナ外にあるグルメ屋台へ行く際は、いったん退場し再入場する必要があったので、退場時再入場口で左手にハンコを押してもらわなければなりませんでした。しかし1階入場となれば、2階アリーナ外でも「場内」の扱いとなり、わざわざ再入場のハンコを押される必要がなくなりました。出入りの自由度が上がったということになります。

 今回は1階席での観戦としましたが、このようなコート上での演出が、もうとにかく2階席とは迫力が段違いなのです。
maishima_arena81.jpg

maishima_arena82.jpg

maishima_arena83.jpg

maishima_arena84.jpg

maishima_arena85.jpg

 試合のほうはどうなったかといいますと……

    大阪  北海道
 1Q    8  21
 2Q   18  19
 3Q   20  19
 4Q   14  10
       60  69

 レバンガ北海道の勝利でした。
 大阪は第1クォーターで、シュートミスがあまりに多すぎました。ミスした球を北海道が取り返し、それが得点につながるという展開がほとんどでした。
 その後大阪は盛り返してはきたものの、第1クォーターでの失点が最後まで響き、結果負けとなりました。
 なお、折茂選手はこの日結局ベンチにずっといただけで、試合への出場はありませんでした。ですが、1階席から折茂選手の姿を見ることはできましたので、これでよしとします。

 あと、この日の試合を見て知ったこと。レバンガ北海道ブースターのみなさんは、相手のフリースローのときに「ホッカイドー!」と叫ぶ、ということ。通常、ブースターは相手フリースローのときにブーイングを発するものなのですが、北海道の場合は異なるのです。まあ「ホッカイドー!」はブーイングよりは優しい言葉でしょうかね。

 試合からの帰り、私は鶴橋に立ち寄って、石焼ピビンバを食べたのでした。
maishima_arena86.jpg

 おおきにであれだけ食べたのに、まだ食べる私でした。

おおきにアリーナ舞洲 2019-10-27 大阪vs北海道・前編

 2019年10月27日、私はおおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。
 Bリーグは2019-2020シーズンが開幕し、私もこれからいろいろな場所で観戦をしようと考えて、まずは順当におおきにから。
maishima_arena70.jpg

 開場までまだ時間があったので、私はおおきにアリーナの隣にある野球場、大阪シティ信用金庫スタジアムへと足を運びました。
maishima_arena71.jpg

 近くのコンビニで、野球のユニフォームを着ている人がわりと多くいたので、スタジアムで野球の試合があるなと思ったのです。
 実際、試合がありました。何かと思ってスタジアムに近づいてみると、↓このような看板が。
maishima_arena72.jpg

 全国赤十字病(産)院スポーツ大会。この舞洲に全国から赤十字病院の職員が集まって、スポーツ大会をおこなっているようなのです。で、大阪シティ信用金庫スタジアムは軟式野球の会場となっていたのでした。
 トーナメント表を見てみると、これから決勝戦がおこなわれるとのこと。その対戦は、熊本赤十字病院 vs 日赤和歌山医療センター。このように全国大会がおこなわれるほど、日本赤十字社の各機関には運動部が数多く存在しているということなのですね。

 寄り道はこのぐらいにして、昼過ぎにおおきにアリーナ開場です。この日の試合開始は15:00。
maishima_arena73.jpg

 今回、私は初めて1階席で観戦することにしました。実際に1階席からコートを見てみると……やはり2階席よりはコートが近い! その分迫力が増してきている印象。階層が違うだけで、こんなにも見え方が違ってくるのかと思ったのでした。
 この日の試合。
maishima_arena74.jpg

大阪エヴェッサ vs レバンガ北海道

 それでは試合開始前に、例によって腹ごしらえです。
 まずは、今回がレバンガ北海道との試合ということで販売されていた、ジンギスカン。
maishima_arena75.jpg

 羊肉をひさびさに食べました。羊肉は硬めのことが多いのですが、これはわりと柔らかめの肉でした。
 続いては、おおきにアリーナに来たならこれは外せない、おなじみ手羽トロ唐揚げとバスケ串。
maishima_arena76.jpg

 手羽元の肉を唐揚げと串焼きにしていて、いつ食べてもビールのツマミにピッタリです。
 さらに、ホルモン焼までも販売されていました。
maishima_arena77.jpg

 もうこの日は「肉祭り」ですね。
 あと、マルゲリータピザまでも食べてしまいました。
maishima_arena78.jpg

 いやーまさに食欲の秋。私の食欲はとどまるところを知りません。

(後編に続く)


(おまけ)
 2019年10月27日付の日刊スポーツ、NBAウィザーズの八村塁選手の記事を大々的に書いていました。
maishima_arena79.jpg

 その一方で、Bリーグの記事はどうかというと……
maishima_arena80.jpg

 たったこれだけ。八村選手に注目しているのなら、日本のBリーグのことももっと取り上げるべきではないでしょうか。

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・後編

 2019年9月15日、おおきにアリーナ舞洲でのアーリーカップ2019関西。第1試合開始前にコート上で様々な催しがおこなわれましたが、その中で、箕面自由学園チアリーダー部による演技披露がありました。これが見ている側を釘付けにするものでした。
 ↓箕面自由学園チアリーダー部のみなさん。かなりの大人数です。
maishima_arena66.jpg

 ポンポンで文字を作る場面も。
maishima_arena67.jpg

 箕面自由学園チアリーダー部のみなさんがやるのは単なる応援にとどまらず、そこから進化した形で体操競技に匹敵するアクロバティックな演技。これの出来のよさを競い合う「競技チアリーディング」なのです。
 競技チアリーディングでは見る者を引きつける演技のひとつ、↓リフティング。
maishima_arena68.jpg

 こうして上へと持ち上げられた人間が跳ね上がり、宙返りしながら下にいるメンバーに受け止められます。そのたびに場内は拍手喝采! 試合前に箕面自由学園チアリーダー部のみなさんが大いに盛り上げてくれて、これから試合を見る側の士気を奮い立たせてくれました。

 そうこうしているうちに、第1試合の開始時刻が迫ってきました。この日は2回戦が2試合おこなわれます。それぞれ勝ったほうが翌日の決勝へ進出です。
 その第1試合の対戦は、

バンビシャス奈良 vs 琉球ゴールデンキングス

 前日、奈良は滋賀レイクスターズと対戦して勝利、B2がB1を下しての2回戦進出となりました。その奈良が強豪琉球を迎え撃ちます。
 結果は、

    奈良  琉球
 1Q   23  28
 2Q   11  20
 3Q   15  24
 4Q   17  19
       66  91

 琉球が圧倒して勝利。やはりB1とB2の差はここで大きく出てしまったようです。

 第1試合と第2試合の間に、コート上でのイベントとして、今回のアーリーカップ関西参加6チームの各マスコットが集まり、彼らが3x3(3人対3人でおこなうバスケットボールの小型版)をおこなうというものがありました。
 着ぐるみのマスコットにバスケをさせること自体に無理があると思いますが、まあこれも余興のうちでしょう。で、この3x3は結局どのマスコットもシュートを入れることができないまま終了とあいなりました。
 ↓マスコットたちが一堂に集合!
maishima_arena69.jpg

 左端から、
  • 今回の大会冠スポンサー・ベラジオ:えがおん
  • 京都ハンナリーズ:はんにゃリン
  • 大阪エヴェッサ:まいどくん
  • 西宮ストークス:ストーキー
  • バンビシャス奈良:シカッチェ
  • 滋賀レイクスターズ:マグニー
  • 琉球ゴールデンキングス:ゴーディー

 そんな愉快な時間が過ぎれば、第2試合の開始が近づいてきました。第2試合は、

大阪エヴェッサ vs 京都ハンナリーズ

 今回アーリーカップに初参加となる京都と、地元大阪の対戦。そのためか、観客の数が第1試合のときよりも多くなっていました。特に増えていたのは、京都ブースター。やはりアーリーカップでの最初の試合を見てみたい思いが強いのでしょう。
 この試合の結果は……
 
    大阪  京都
 1Q   30  18
 2Q   16  26
 3Q   23  16
 4Q    8   18
       77  78

 なんとなんと、1点差での決着。両チーム一進一退の展開を見せて、その末に勝利を手にしたのは京都でした。
 この試合、各クォーターがいずれも「どちらかが大きく点差をつけてリードする」展開となり、それがシーソーゲームの様相をなして、最終的に京都の勝ちとなった、そんな印象を受けました。

 今回からアーリーカップ関西では2日目の5位決定戦がなくなり、多少物足りなくなるかなと思いましたが、とんでもないです。1試合少なくなっても、見るほうを十分に魅了させてくれました。特に第2試合では。この日おおきにアリーナで大いに楽しませてくださった選手たちに感謝です。
 さあ、今年もBリーグのシーズンが始まります。2019-2020シーズン、4度目のシーズンです。

 なお、翌日の決勝・琉球vs京都は京都が勝利。見事アーリーカップ初参加初優勝を成し遂げたのでした。

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・前編

 2019年9月15日、私は大阪市此花区舞洲にある、おおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。
 ここで開催されるのは、今やバスケットボールBリーグ開幕前の恒例行事となったアーリーカップ。全国6地区に分かれ、各地区6チームによるトーナメント戦。関西は昨年まで難波のエディオンアリーナが会場でしたが、今年はおおきにアリーナでの開催となりました。
 今年のアーリーカップ関西、昨年までと同様に琉球ゴールデンキングスが関西として参加、さらに昨年までアーリーカップに不参加だった京都ハンナリーズが、今年ようやく参加です。これで関西の体裁は保てることとなりました。

 やってきました。おおきにアリーナ舞洲。
maishima_arena59.jpg

 この日は開場が11:30の予定でしたが、約5分ずれ込み。入場すると、各チームのチアたちが一斉に観客をお出迎えです。
 そして、入場ホールには↓このような絵が。
maishima_arena60.jpg

 アニメ『あひるの空』のキャラが、アーリーカップ関西参加チームのユニフォームを着ています。今回アーリーカップは『あひるの空』とコラボして、東北・関東・北信越・東海・関西・西日本の各地区において、このような参加チームユニフォーム姿を披露しています。
 ひさびさに目にする、アリーナ内の光景。
maishima_arena61.jpg

maishima_arena62.jpg


 さて、いつものように観戦前に何か食べさせていただくとしましょう。
 まずはおおきにアリーナでの試合ではおなじみ、手羽トロ唐揚げとバスケ串。
maishima_arena63.jpg

 やっぱりこれは欠かせません。
 続いてこれまたおなじみ、『会津屋』のたこ焼き。
maishima_arena64.jpg

 ソースなしで食べるたこ焼き。これを食べるなら、やはり開場から時間のたっていないときが最適です。焼きたてにありつけますから。
 さらに鶏皮ギョウザも。つくね串つきで。
maishima_arena65.jpg

 鶏の皮で包んだギョウザ。鶏皮自体が柔らかくまた油が染み出てくるので、中の肉と調和しての「重ね味」となります。これ、今回おおきにアリーナで初めて目にしましたが、ぜひレギュラー販売してほしいですね。

 この日の第1試合開始は14:00。開場からかなり時間が空いていますが、その間にコート上では様々な催しがおこなわれたのでした。中でも圧巻だったのが……それは後編でつづるとします。
(後編に続く)

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

X(旧Twitter)

エビフライ飯のX。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


ステキに!ブースター

輝く笑顔のふたり 前編・大人への一歩

輝く笑顔のふたり 後編・歯医者さんの魔法

いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ

続・いざなわれてファジアーノ

クリニカ・メモリーズ 前編

クリニカ・メモリーズ 後編

↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (167)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (152)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (7)
舟券勝負2018 (5)
舟券勝負2019 (4)
舟券勝負2020 (3)
舟券勝負2021 (2)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (163)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (10)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (12)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (13)
尼崎 (6)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (18)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (5)
オート車券勝負2018 (3)
オートレース/レース場訪問記 (64)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (20)
山陽 (5)
飯塚 (9)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (68)
西武園 (3)
立川 (5)
松戸 (4)
平塚 (3)
名古屋 (3)
岐阜 (3)
豊橋 (3)
富山 (4)
四日市 (4)
福井 (4)
奈良 (7)
京都向日町 (3)
和歌山 (4)
岸和田 (10)
玉野 (3)
小倉 (5)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (54)
シティライトスタジアム2016 (15)
シティライトスタジアム2017 (15)
シティライトスタジアム2018 (10)
シティライトスタジアム2019 (6)
シティライトスタジアム2020 (2)
シティライトスタジアム2022 (6)
スタジアム訪問記/阪神甲子園球場 (32)
スタジアム訪問記/花園ラグビー場 (15)
スタジアム訪問記/NPB・JWPL (22)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
わかさスタジアム京都 (2)
京セラドーム大阪 (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
スタジアム訪問記/Jリーグ (39)
フクダ電子アリーナ (6)
レモンガススタジアム平塚 (3)
長良川競技場 (3)
西京極スタジアム (5)
パナソニックスタジアム吹田 (10)
ヤンマースタジアム長居 (4)
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム (4)
大分銀行ドーム (4)
Bリーグアリーナ訪問記 (71)
ドルフィンズアリーナ (5)
京都市体育館(ハンナリーズアリーナ) (7)
おおきにアリーナ舞洲(府民共済SUPERアリーナ) (19)
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) (7)
サンエイワーク住吉スポーツセンター (2)
西宮市立中央体育館 (12)
グリーンアリーナ神戸 (3)
ワールド記念ホール (2)
ロートアリーナ奈良(ならでんアリーナ) (9)
ジェイテクトアリーナ奈良 (3)
ジップアリーナ岡山 (2)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (20)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (37)
食べまくり! (20)
ハミガキ画像ギャラリー (39)
その他いろいろ (101)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Template by たけやん