FC2ブログ

2019-02-12

西宮市立中央体育館 2019-02-10 西宮vs群馬・後編

 2019年2月10日、西宮市立中央体育館での西宮ストークス vs 群馬クレインサンダーズ。
 群馬クレインサンダーズの「クレイン」は鳥の「ツル」の意味。群馬県の形がツルに似ていることに由来します。また群馬県は雷が多く発生する地域ということで「サンダーズ」です。ちなみに似た名前の川崎ブレイブサンダースは「サンダー“ス”」ですが、群馬のほうは「サンダー“ズ”」です。

 さて、試合はどうなったかといいますと、

    西宮  群馬
 1Q   18  21
 2Q   25  19
 3Q   27  21
 4Q   23  22
       93  83

 西宮ストークスの勝利です!
 序盤は群馬に得点を許すことが目立った西宮、第1クォーターではリードされたものの、第2クォーターで勢いづき逆転に成功。その後もディフェンスで点を取らせずボールを取り返すプレイを多く見せ、最終的に10点差をつけての勝利でした。
 この日西宮市立中央体育館への入場者数は1333人。連休中とあってか、けっこう入ったようです。群馬ブースターの方々も少ないながら来ていましたし。
 西宮ストークス、この次のホームゲームは神戸で開催とのことです。相手は八王子ビートレインズ。
nishinomiya43.jpg

 今まで神戸でBリーグの試合が開催されたこと、なかったのですね。会場の神戸常盤アリーナ、所在地が神戸高速線・山陽電車の西代駅の近くとアクセスがよいですね。
 試合終了後、出口ではストークスチアの皆さんがチョコレートを渡してくれたのでした。
nishinomiya44.jpg

 そういえば、バレンタインの季節でしたね。

 その後、私は阪急西宮ガーデンズへと行きました。↓かつて西宮球場があった場所ということで、近くには「球場橋」という橋があります。
nishinomiya45.jpg

 阪急西宮ガーデンズではスントゥブをいただき、寒い中冷えた体は存分に温まったのでした。
nishinomiya46.jpg


2019-02-11

西宮市立中央体育館 2019-02-10 西宮vs群馬・前編

 2019年2月10日、私は西宮市立中央体育館へとBリーグの試合を見に行きました。
 この日ここでおこなわれる試合は、

西宮ストークス vs 群馬クレインサンダーズ

 です。

 群馬クレインサンダーズ、ここは現在B2東地区で首位を走っているチームです。そんな相手を迎え撃つB2中地区3位の西宮ストークス、前日の試合では敗れてしまいました。果たしてこの日の試合ではその雪辱を晴らすことができるでしょうか。

 西宮市立中央体育館、この日は寒波の到来で気温が低く冷たい風が吹いていました。それゆえ↓風で横断幕がゆがんでいました。
nishinomiya38.jpg

 この日の西宮市立中央体育館、ストークスバーでは「飲み放題」を実施。1200円払えばビール・ハイボール・チューハイのほか、ソフトドリンク飲み放題です。
 今回の飲み放題、1200円出したことの証明として↓このように手首にピンクの紙テープを巻いてくれました。
nishinomiya39.jpg

 これをストークスバーで見せて飲みたいものを注文すればよいのです。なお、寒い季節ということで、ストークスバーのメニューにはコーンスープやホットココアもありました。
 飲み放題で早速ビール等のアルコールを飲みいい気分となった私。そのツマミにいただいたのは、牛タン串・フランク・揚げ餅。
nishinomiya40.jpg

nishinomiya41.jpg

 フランクは店の人が焼いているときに中の串を折ってしまったとのことで、それのお詫びの印に無料で揚げ餅を添えてくださいました。得した気分です。

 さて、腹が満たされたところで、コートへ目を向けるといたしましょう。
 この日の前座試合は、西宮ストークスU-12 vs 大阪エヴェッサU-12。将来Bリーグで活躍するかもしれない小学生たちの試合です。この試合では24秒ルールが30秒ルールとなっていました。まあ小学生ですからね。結果は、西宮U-12 24-40 大阪U-12。  そして試合前には西宮ストークスブースターである歌手、サーカスフォーカスがストークスチアとともに歌を披露。
nishinomiya42.jpg
 
 気分が盛り上がってきたところで、さあ試合開始です!

(後編へ続く)


2018-12-17

西宮市立中央体育館、3度目の訪問・後編

 2018年12月15日、西宮市立中央体育館での西宮ストークス vs 青森ワッツの試合。この日は阪神電車がゲームスポンサーとなっていました。入場口では↓阪神電車ロゴ入りバンバンスティックが配布されていたのでした。
nishinomiya34.jpg

 そして、阪神電車プレゼンツということで、野球NPB・阪神タイガースのマスコット、トラッキーおよびタイガースガールズのみなさんもゲストで出演しました。
 試合開始前、トラッキーとストーキーがそろってコート中央に登場!
nishinomiya35.jpg

 同じ西宮に本拠地を置くチームのマスコット同士、夢の共演です。
 また、この日の西宮ストークスはタイガースコラボの意味を込めた黄色のユニフォームを着て試合に臨みます。本来の色は緑ですが。

 ハーフタイムには、ストークスチアとタイガースガールズが合同でチアパフォーマンス。
nishinomiya36.jpg

 ここでもトラッキーとストーキーが共演です。
nishinomiya37.jpg

 トラッキー、いつも甲子園球場でやっているバック転を、ここでも披露していました。


 さて、試合はどうなったかといいますと……

    西宮  青森
 1Q   19  15
 2Q   18  25
 3Q   14  19
 4Q   24  14
       75  73

 西宮ストークスの勝利! 
 西宮は序盤こそリードしていましたが、第2クォーターで逆転を許してしまい、一時は10点以上もの差をつけられました。しかし第4クォーターで西宮が巻き返しました。それまでの試合運びとはうって変わって勢いを見せ、あれよあれよのゴールラッシュ。試合終了まであと1分ほどのところで同点に追いつき、その後残り10秒ほどのところで奇跡の勝ち越しゴール。ドラマは土壇場で待っていました。バスケはこういったことがあるから面白いのですよね。
 今回西宮が対戦した青森ワッツ、やはり青森はあまりに遠方であるためか、西宮市立中央体育館に来ていた青森ブースターはごくわずかでした。なにせフリースロー時のブーイングがまったく響いていませんでしたから。観客の9割超が西宮を応援。青森にとっては今回の試合は完全アウェイと感じたことでしょう。

 あと、今回のようなタイガースとストークスのコラボ、野球でもバスケでも今後どしどし実施してもらいたいですね。

2018-12-16

西宮市立中央体育館、3度目の訪問・前編

 2018年12月15日、私は西宮市立中央体育館へと行ってまいりました。この日ここでおこなわれる試合は、

バスケットボールB2リーグ
西宮ストークス vs 青森ワッツ

 です。

 西宮市立中央体育館、前に訪問したときとは少し入場口の様子が違っていました。
nishinomiya28.jpg

nishinomiya29.jpg

「ストークス主催試合へようこそ」と書かれた横断幕が張られていたのです。ちなみに↓これが前(2018年10月20日)に訪問したときの同じ場所。
nishinomiya16.jpg

 入場すると↓こういったお知らせポスターを発見。
nishinomiya30.jpg

 西宮の試合を兵庫県上郡町で開催するとのこと。2019年1月18日・19日、相手はバンビシャス奈良。「今シーズン最初で最後の関西ダービー」と銘打っています。
 これをご覧になって「え? 西宮と奈良は同じ関西なのに、なんでシーズン2試合しかやらないの?」とお思いになった方がいらっしゃるでしょう。実は西宮と奈良はちょうど「地区の境目」に位置しており、同じ関西でも地区が異なるのです。しかも西宮は中地区、奈良は西地区と、地図を見ると「それは逆だろう」と感じてしまう地区分けとなっています。Bリーグでは異なる地区のチームとは2試合または4試合対戦となっていますので、西宮vs奈良は2試合だけということです。(同じ地区のチームとは6試合)

 試合開始までまだあと2時間ほどありましたので、いつものように腹ごしらえを。混ぜそばと網焼きチキン丼。
nishinomiya31.jpg

nishinomiya32.jpg

 地酒「辛丹波」といっしょにいただきました。なお、この日のストークスバーは飲み放題を実施していませんでした。

 試合開始までの間、場内には音楽が流れるのですが、季節柄クリスマス関連の曲が多く流れていました。ワム!の『Last Christmas』や、山下達郎さんの『クリスマスイブ』など。『クリスマスイブ』といえば、この替え歌をついつい口ずさんでしまいますねえ。
「♪ヒット曲が出ない~ひとりきりのクリスタルキング、さいでんなあ~、お~お~、そうでんなあ~」
 ……失礼しました。
 で、クリスマスが近いこともあって、ストークスチアのみなさんの衣装もクリスマス仕様となっていたのでした。
nishinomiya33.jpg

(後編へ続く)

2018-10-22

西宮市立中央体育館へふたたび・後編

 2018年10月20日、西宮市立中央体育館、西宮ストークス vs Fイーグルス名古屋。
 この日西宮が対戦するFE名古屋は、豊田通商を母体とするチームです。昨シーズンはB2中地区で1位となりましたが、B1ライセンスがないために昇格資格はなし。今シーズン、西宮はこのFE名古屋と同じB2中地区で戦います。なお、Fイーグルスの「F」は「ファイティング」の略です。

 試合前、照明が下りて両チームの選手紹介。ストークスチアが応援のダンスを踊る中、西宮の選手たちが入場してきます。
nishinomiya25.jpg

 続いて、西宮市長がごあいさつ。
nishinomiya26.jpg

 市長、あいさつの言葉の中で
「いつまでもこの体育館でなく、新アリーナへ向けて動いていきたいものです」
 といったことを言っていました。まだ具体的なものは上がっていない、西宮の新アリーナ構想。少なくとも西宮市は建設に前向き検討中であると解釈してよろしいのでしょうか。いずれにせよ、現在の手狭な西宮市立中央体育館よりは新アリーナにしたほうがずっとよいことは確かです。

 さて、試合はどうなったかといいますと……

    西宮  FE名古屋
 1Q   17  10
 2Q   19  21
 3Q    7   29
 4Q   28  22
       71  82

 西宮ストークス、ホームでまさかの逆転負けを喫しました。特に第3クォーターで、西宮はやたらシュートミスが目立ち、得点はわずか7点。その間にFE名古屋は逆転。一気に離されました。第4クォーターで勢いを見せるも時すでに遅し。

 ハーフタイムでは、ハロウィンが近いということで、ストークスチアが仮装してダンスを披露したのでした。
nishinomiya27.jpg

 この試合、私は飲み放題を利用して酒類を飲み続けながらの観戦といきました。私はバスケの試合のときでも「居酒屋観戦」です!


2018-10-21

西宮市立中央体育館へふたたび・前編

 2018年10月20日、私は兵庫県西宮市にある西宮市立中央体育館へと行ってまいりました。
 この日ここでおこなわれるのは、バスケットボールB2リーグ、

西宮ストークス vs Fイーグルス名古屋

 昨シーズンはB1に昇格した西宮ですが、1シーズンでB2へ戻ることとなってしまい、今シーズン再びB1を目指すこととなります。

 この西宮市立中央体育館ですが、鉄道の駅からだとどの駅からも歩きでないと行けない場所にあります。ですが、その中で比較的行きやすいのは、阪神西宮駅からのルートでしょう。ここから札場筋方向へと進み、そのまま北へ北へと歩いて行けばたどり着けます。
 到着しました。西宮市立中央体育館。
nishinomiya15.jpg

nishinomiya16.jpg

 ここへたどり着いたのが15:50。この日一般入場客の入場時刻は16:20。それまで30分の間、待機列に並んで待つとします。
 ようやく入場時刻となり、館内へ入場。西宮ストークスの今シーズンのポスターが貼られていました。
nishinomiya17.jpg

「全力宣言!」これが西宮のスローガンです。入場口前では↓ストーキーがお出迎え。
nishinomiya18.jpg

 ストーキーは兵庫県の県鳥・コウノトリです。
 さっそく場内へ。相変わらず手狭な空間です、ここ。
nishinomiya19.jpg

 さて、この日の西宮市立中央体育館では、アルコール含むドリンク類を販売する「ストークスバー」にて、飲み放題が実施されていたのでした。1200円払えば↓ここに掲載されているドリンクを何杯でも飲めるというものです。
nishinomiya20.jpg

 アルコール類はビール・ハイボール・レモンチューハイの3種類。これらを4杯飲めば元を取れます。これを利用しない手はないと考えた私は、迷うことなく飲み放題に1200円払いました。飲み放題にした場合、↓このように「の」と書かれたカップを渡されます。
nishinomiya21.jpg

 これが飲み放題の証明となり、次に注文するときにはこのカップを差し出します。なので間違って捨ててしまってはいけません。
 結論から書きますと、私はこの飲み放題にて制限時間ギリギリまで、ビール3杯・ハイボール1杯・レモンチューハイ2杯をいただき、見事に元を取ってやったのでした。
 飲むだけ飲んでいると、それと並行して何か食べるものが欲しくなるものです。そこでまずは↓網焼きチキンを。
nishinomiya22.jpg

 やはり肉は酒によく合います。酒池肉林という言葉があるだけに。(え? 意味が違う? ま、そこは堅いこと言いっこなしで……)
 あと、↓この特製チキンカレーもいただきました。
 nishinomiya23.jpg

 このほか、この日のスタジアム前ではベビーカステラや焼きそば、唐揚げなどが販売されていました。

 さて、腹いっぱいになったところで、そろそろ試合開始時刻18:00が近づいてきました。

(後編に続く)

(おまけ)
 この日の試合プログラムに掲載されていた、法律事務所の広告。
nishinomiya24.jpg

 読むとつい考えてしまう、その効果を狙った抜群のセンスの宣伝文句ですね。

2017-05-10

西宮までBリーグの試合を見に行った・後編

 2017年5月6日、西宮市立中央体育館、Bリーグ2部・西宮ストークス vs 東京エクセレンスの試合。
 地元兵庫県西宮市に本拠地を置く西宮ストークス。「ストークス」とはコウノトリのこと。兵庫県の県鳥です。それゆえマスコットの「ストーキー」もコウノトリをモチーフにしたキャラクターです。ストークスは今シーズン、Bリーグ最初のシーズンでは2部でスタートし、着実に勝ちを重ねていってB2中地区優勝。B1昇格まであと一歩というところまで行きました。
 対する東京エクセレンス、東京都板橋区に本拠地を置いています。今シーズンの成績はB2中地区5位。本来ならB2にとどまるままの成績です。しかし現在の本拠地アリーナの収容人員が少ないことや新アリーナ建設の目途が立たないなどの理由で、Bリーグから来シーズンのライセンスが交付されませんでした。これにより準会員扱いとなり、必然的にB2からB3への降格が決定したこととなります。
 見るからに対照的な境遇の両チームの対戦が、この日おこなわれるわけです。

 さて、その前座試合で報徳学園 vs 北陸学院の試合がおこなわれましたが、結果は60-77で北陸学院の勝ち。報徳学園は地元西宮で勝利することができませんでした。ちなみに報徳学園バスケ部は「スパルタンズ」北陸学院には「チャンピオンズ」と、それぞれ愛称がついています。
 前座試合が終わったならば、あとはメインイベント、西宮 vs 東京EXの試合開始を待つばかりです。その間に私は↓これを膨らませました。
 nishinomiya10.jpg

「バンバンスティック」と呼ばれるもので、これは入場時にゲームプログラムといっしょに配られていました。初めはしぼんだ風船のようになっていますが、端からストローを差し込み膨らますことでこのようになります。これをバンバンと叩いて応援することとなります。

 15:00が来て、いよいよティップオフ!!
 nishinomiya11.jpg

 試合は序盤、西宮ペースで進んでいきました。第1クォーターでは終わり際に押されたものの、西宮がリード。しかし第2クォーターで東京EXが反撃に出ます。徐々に点差を縮めていって、一時は東京EXが逆転。その後同点となるものの、また東京EXが勝ち越すの繰り返しで、前半は東京EXが1点のリードで終わりました。1点のリードなどほとんど点差がないに等しいバスケットボール。まだまだこれからどうなるか目が離せません。
 第3クォーターで、それまで押され気味だった西宮が猛攻を見せます。相手のスキをついての攻撃で得点を重ねていき、一気に逆転して4点差をつけました。最終第4クォーターでは両チームとも粘りを見せる格好となりましたが、西宮のほうが一歩勝っていたようです。
 結果は、

   西宮 東京EX
 1Q  21  16
 2Q  10  16
 3Q  24  19
 4Q  29  23 .
 計   84  74


 西宮ストークスが、ホームでレギュラー最終戦を勝利で飾りました。
 この日は最終戦ということで、試合終了後ストークスの選手のみなさんのあいさつがコート上でおこなわれました。総じて「地区優勝が終わりではない、これからB1昇格して、B2優勝していく。みなさん応援よろしくお願いします」という旨のあいさつ。そうです。まだこれからが勝負!です。この先はB2プレーオフという戦いが待ち構えています。
 B2プレーオフ準決勝はホーム西宮で、5月11日・12日に開催となります。相手は東地区優勝の群馬クレインサンダース。2試合制で、これに2勝すればB1昇格確定です(1勝1敗の場合は、2試合目終了後に5分ハーフの第3試合で決着をつける)。まずはこれを目標に選手のみなさんに奮起していただきたいところです。
 一方の東京エクセレンス、来シーズンは残念ながらB2から外れることとなりますが、またいつか再び戻れるときが来ることを願うばかりです。

 今回の西宮市立中央体育館での試合、入場券が完売したとのことですが、それでも入場者数は2,000人近くでした。やはり圧倒的にキャパが少ないです、ここ。特に西宮ストークスは地区優勝してB1昇格の可能性もあることで、今後注目を集めることが予想されます。なので今後、もっとキャパの大きい新アリーナの建設も視野に入れたほうがよいのではないかと思います。

 Bリーグ、これから5月中でチャンピオンシップ、残留・昇格プレーオフ、入れ替え戦とおこなわれ、それで2016-2017シーズンは終わりです。来シーズンは9月から始まります。
 余談ですが、シーズン終了後西宮ストークスの選手の誰かが、甲子園球場の阪神タイガース戦に始球式で呼ばれるかもしれませんね。なんといっても同じ西宮市のプロチーム同士ですからね。


(追記 2017-05-24)
 西宮ストークス、B2プレーオフ準決勝は2連勝で決勝進出、これによりB1昇格を決めました。
 また決勝(1試合勝負)で島根スサノオマジックに勝ち、最初のB2優勝チームとなりました。なお島根スサノオマジックもB1に昇格です。B1の大阪エヴェッサと琉球ゴールデンキングスの間の空白が、これでふたつ埋まることとなります。

2017-05-09

西宮までBリーグの試合を見に行った・前編

 2017年5月6日、私は兵庫県西宮市にある西宮市立中央体育館へと行ってまいりました。ここで何がおこなわれたかといいますと、バスケットボールBリーグ2部(B2)・西宮ストークス vs 東京エクセレンス の試合です。これを観戦しに、私は西宮へと行ったのでした。

 会場の西宮市立中央体育館は西宮中央運動公園の中にあります。ここは電車で行く場合、どうしても駅からある程度歩くこととなります。JR西宮駅、阪急西宮北口駅、阪神西宮駅、このいずれからも少し離れた位置です。
 ↓これがその、西宮市立中央体育館です。
 nishinomiya1.jpg

 nishinomiya2.jpg

「アリーナ」というよりは、いかにも「街の体育館」というたたずまいです。
 運動公園の入り口には、西宮ストークスののぼりが。
 nishinomiya3.jpg

 この日、雨がときどきパラつくなど天気があまりよくなかったにもかかわらず、けっこうな数の人が集まってきていました。連休の最中ということもあるのでしょうし、何よりこの日の試合が西宮ストークスの2016-2017レギュラーシーズン最後の試合ということも大きな要素と思われます。
 入場したなら、係員から↓これを渡されました。
 nishinomiya4.jpg

 おなじみゲームプログラム。実をいいますと、西宮ストークスはこの前日にすでに今シーズンのB2中地区優勝を決めていまして、B1昇格とB2総合優勝を賭けるB2プレーオフへの出場が決定しました。それを反映しての見出しとなっています。
 西宮市立中央体育館、場内は↓このようになっています。
 nishinomiya5.jpg

 見てわかるように、ここはやや手狭に感じられます。なので館内のステージの上にまで観客席を設けているという状況です。この写真を撮影したときは、今日の前座試合である報徳学園高校 vs 北陸学院高校の両校選手たちが練習をしている最中でした。
 なお場内撮影については、↓これが注意点とのこと。
 nishinomiya6.jpg

 フラッシュはプレイ中の選手の目に入って支障をきたすでしょうから、禁止は当然のことです。そして動画撮影は全面禁止にしているところが多い中、時間制限つきで許可しているのは珍しいと感じました。けっこうおおらかですね。

 体育館の外では、屋台とフードカーがいくつか販売に来ていて、私はそこで佐世保バーガーをいただきました。あと、唐揚げも。
 nishinomiya7.jpg

 nishinomiya8.jpg

 そしてそして、ここではうれしいことに「ストークスバー」と呼ばれる、アルコール飲料を販売する場所があるのです。そこで販売されているのはビール・ハイボール・コークハイ・日本酒・カシスオレンジ。どれも1杯300円と良心的な値段。さらにアルコール1杯購入ごとに「うまい棒」がおまけでついてくるのです。この「うまい棒」がまた酒に合うときています。西宮はアルコールにもおおらかときていました。
 nishinomiya9.jpg

 佐世保バーガーと唐揚げ、そして「うまい棒」を酒のお供にして飲み食いしながら、私は前座試合の報徳学園 vs 北陸学院の試合を見るのでした。

(後編へ続く)

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード