fc2ブログ

スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

ドルフィンズアリーナ 2022-04-30 名古屋D vs琉球 +名古屋メシの旅・5

 2022年4月30日、ドルフィンズアリーナ名古屋ダイヤモンドドルフィンズvs琉球ゴールデンキングス。
nagoya2022_23.jpg

 第1クォーターは琉球の攻めが優勢で、名古屋Dはなかなか攻めに出られない展開。琉球のリードで第1クォーターを終えます。
 第2クォーターはお互いが攻めては守るの繰り返しで、両者とも点を多く入れられず、名古屋D 25-31 琉球 とロースコアで前半を終えます。
 前半どちらかというと勢いに欠けていた名古屋Dでしたが、第3クォーターに入ってから奮起しだします。3ポイントシュートラッシュで点を積み重ね、あれよあれよといううちに逆転。勝利の兆しが見えてきました。
 第4クォーター、琉球も負けじと攻めに攻めていきます。しかし名古屋Dも応戦。激しい攻防が繰り広げられ試合終了。結果は、
 
  名古屋D  琉球
 1Q   16  20
 2Q    9   11
 3Q   26  10
 4Q   22  26
       73  67

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズが6点差の接戦を制しました!
 琉球、負けはしましたがけっこう相手を苦しめる展開に運んでいて、名古屋Dは勝ったものの選手は脅威を感じたのではないでしょうか。琉球は全体的にプレーに荒さが目立った印象でした。琉球にアンスポーツマンライクファウル(スポーツマンらしくない行為を働く反則)を犯した選手がいましたし。
 それでも名古屋Dが西の王者相手に勝ったのは大きいと思います。これで名古屋Dはチャンピオンシップに向けてはずみがついたことでしょう。
 あと、試合を見ていてちょっと笑ったこと。ドルアリでは名古屋Dがフリースローを決めると「すずらん鍼灸接骨院」のCMメロディが流れるのです。
 ↓こちらを参照。

 すずらん鍼灸接骨院グループ PV
 https://www.youtube.com/watch?v=qXtb6bvzw30

 この動画の終わりの「♪すずらん鍼灸接骨院」のメロディが場内に流れます。観客はそれに合わせて手拍子を打ちます。当たり前のようにおこなわれていたので、思わず笑ってしまいました。
 なお、すずらん鍼灸接骨院グループは名古屋Dのスポンサーのひとつです。

 今回初めてドルフィンズアリーナへと行きましたが、場内は想像以上の盛り上がりでした。ドラゴンズとグランパスの人気が大勢を占めるこの土地で、はたして名古屋ダイヤモンドドルフィンズの注目度はいかほどのものかと思っていましたが、なかなかどうして、ドルフィンズだって人気と注目を集めていて、名古屋を熱くさせている存在です。
 そしてあと2ヶ月と少したてば、同じ場で今度は大相撲名古屋場所。名古屋は熱くなり続けそうです。

 興奮冷めやらぬまま帰路についた私は、近鉄特急電車内で天むすをいただき、名古屋メシの締めとしたのでした。
nagoya2022_32.jpg

ドルフィンズアリーナ 2022-04-30 名古屋D vs琉球 +名古屋メシの旅・4

 2022年4月30日、ドルフィンズアリーナ名古屋ダイヤモンドドルフィンズvs琉球ゴールデンキングス。試合開始までの間場内探索をしていたら、珍しい飲み物を販売しているのに出くわしました。それは「名古屋赤味噌ラガー」
nagoya2022_24.jpg

 盛田金しゃちビールという会社が製造している、名古屋の地ビール。なんと赤味噌を副原料にしているビールとのこと。これは試してみたくなったので、1杯買って飲みました。
nagoya2022_25.jpg

 赤味噌並みにけっこう濃い味。ですが味噌そのものの味はしません。ただ飲んでいて感じるかすかな甘みは味噌らしいかな、という感想です。
 ひととおり場内探索を終えると、私はいったん場外へ出ることにしました。ドルアリは場外にキッチンカーが数台出張してきています。そのうちのひとつで買ったのが↓赤身牛寿司。
nagoya2022_27.jpg

 あぶり牛肉をネタにして、おろしポン酢をかけた寿司です。他にもキッチンカーはありましたが、何せ私はこれ以前に団子とあんかけスパゲッティを食べていますので、ここでは赤身牛寿司を食べるのが限界でした。
 キッチンカーが止まるスペースの近くには、名古屋Dの選手バスが。
nagoya2022_28.jpg

 その隅っこに、コアラのキャラクターが。
nagoya2022_29.jpg

 一瞬「中日ドラゴンズのマスコットキャラクター、ドアラの親戚か?」と思いましたが、もちろんそれは違います。このコアラは三菱電機女子バスケットボール部「コアラーズ」のマスコット。ここといいドラゴンズといい、名古屋でコアラがマスコットになるのは、単に日本で初めて動物園にコアラがお目見えしたのが名古屋だったからです。
(余談ですが、お菓子の「コアラのマーチ」は、元々名古屋にコアラがやってきたことに便乗した商品です)

 試合開始が近づき、チアチームがコートに現れパフォーマンスを披露。これはどこも同じです。
nagoya2022_30.jpg

nagoya2022_31.jpg

 名古屋Dのチアチームは「ダイヤモンドルージュ」という名です。
 この日は一日アンバサダーとして、歌手の伊藤千晃さんが登場。伊藤さんは地元名古屋出身。コート上でアリーナDJとトークを交わし、会場を盛り上げていました。伊藤さんはドルアリの名古屋Dの試合を生で見るのは、今回が初めてとのことです。
 そうこうしているうちに、いよいよ試合開始です!
(続く。次で終わり)

ドルフィンズアリーナ 2022-04-30 名古屋D vs琉球 +名古屋メシの旅・3

 2022年4月30日、私は名古屋市中区にあるドルフィンズアリーナへと行ってまいりました。
 開場前に名古屋城見物を楽しんで、開場時間に合わせてアリーナへと向かいます。前も書きましたが、ドルフィンズアリーナは名古屋城のすぐ近くにあるのです。
 これがドルフィンズアリーナの外観。
nagoya2022_20.jpg

 バスケットボールBリーグ・名古屋ダイヤモンドドルフィンズが本拠地としているドルフィンズアリーナ。正式名は愛知県体育館。毎年7月に大相撲名古屋場所が開催される場といえば、わかる方も多いかと思います。名古屋場所開催の時期、Bリーグはシーズンオフ。なので名古屋Dは気兼ねなくここを使えるわけです。
 ドルアリ場内はこうなっています。
nagoya2022_21.jpg

 かなりの広さと観客席数を持つアリーナです。さすが名古屋場所が開催される場所なだけあります。名古屋場所開催時には、上の写真のセンターサークルあたりが土俵の位置となるでしょうか。また天井の大型映像装置も吊り屋根に変わりますね。
 ↓こちらは1階席からの眺め。名古屋場所のマス席も同じような眺めでしょうね。
nagoya2022_22.jpg

 考えてみれば、名古屋場所初日はこの試合の日からあと2ヶ月と10日です。

 さて、この日ここドルアリでおこなわれる試合は、

B1リーグ
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
    vs
琉球ゴールデンキングス

 名古屋Dは三菱電機バスケットボール部を前身とするチームで、プロチームとなってからも三菱電機のご加護の元に活動しています。それゆえユニフォームの胸スポンサーは当然三菱電機です。そして三菱だから社章にちなんで「ダイヤモンド」です。
 名古屋D、2021-22シーズンは西地区3位以内が確定し、チャンピオンシップ進出が決定しました。Bリーグでは発足以来上位に君臨し続ける、かなりの強豪チームです。
 一方、相手の琉球。こちらは「西の王者」といってよいチーム。なにせBリーグ発足以来連続で地区優勝。2021-22シーズンも西地区優勝を果たし、当然チャンピオンシップ進出です。
 今回の試合、いわばチャンピオンシップ前哨戦といえる戦い。どちらもこれに勝てば、チャンピオンシップに向けて弾みがついてくるでしょう。その意味からも、両者とも負けられない戦いです。

 試合開始までの間、私は例によって場内探索。そしてなんやかんやと飲み食いをする、いつものパターンです。
 場内探索していたら、↓こういう像がありました。
nagoya2022_26.jpg


 木彫りの力士像。これは2015年に、名古屋場所開催50周年を記念して作られたもの。力士像も名古屋Dのユニフォームを着て、名古屋Dを応援しています。
(続く)


ドルフィンズアリーナ 2022-04-30 名古屋D vs琉球 +名古屋メシの旅・2

 名古屋の栄で一夜を過ごして翌朝、いざドルフィンズアリーナへと向かいます。栄から北上すればたどり着けます。
 途中にはヒサヤオオドオリパークがあり、その中には名古屋の象徴ともいえる塔、中部電力MIRAI TOWERが。
nagoya2022_10.jpg


 ドルアリまでの道の途中には、ふたつの風格ある歴史的建造物に出くわすことができます。まずはこちら、愛知県庁。
nagoya2022_11.jpg


 愛知県庁のすぐ隣には、これがあります。名古屋市役所。
nagoya2022_12.jpg

 このふたつの行政機関、名古屋城に近い場所にあります。それを意識しての建物の形でしょうか。
 それからさらに北へと歩くと、名古屋城東門前に到着。実はドルアリは名古屋城のすぐ近くに位置しているのです。なので案内標識も名古屋城東門と同列です。
nagoya2022_13.jpg

 ドルアリ開場までまだ時間があるので、それまで名古屋城見物を楽しむことにしました。
nagoya2022_14.jpg

 名古屋城天守閣。あらためて見るとやはり立派という他ありません。金のシャチホコをズームで撮影。
nagoya2022_15.jpg

 この日、名古屋城敷地内ではお祭りイベントがおこなわれていて、多数の屋台が立ち並んでいました。私はそこでみたらし団子を買って食べました。
nagoya2022_16.jpg

 名古屋のみたらし団子は5個串に刺さっているのが特徴。城という場所、なぜか団子がよく似合うのですよね。時代劇でもよく登場する食べ物ですし。
 まだ時間があるので、今度は名古屋城そばの「金シャチ横丁」で、これまた名古屋メシのあんかけスパゲッティをいただきました。
nagoya2022_17.jpg

 ちなみに、この量でも一番少ない「スモール」です。

 ドルアリ開場時間が近づいてきました。↓これはドルアリの案内板で、名古屋城見物に行く前はこうでしたが……
nagoya2022_18.jpg

 名古屋城見物を終えて同じ場所に行くと、案内板がこのように変わっていました。
nagoya2022_19.jpg

 どうやら名古屋ダイヤモンドドルフィンズの試合開催のときには、この仕様となるようです。
 では、いざドルフィンズアリーナへと入場です!
(続く)

ドルフィンズアリーナ 2022-04-30 名古屋D vs琉球 +名古屋メシの旅・1

 2022年4月29日から30日、私は名古屋へ1泊2日の旅行に出かけました。連休を利用しての旅ですが、その目的はふたつ。
  • 4月30日ドルフィンズアリーナで開催の、B1リーグ名古屋ダイヤモンドドルフィンズvs琉球ゴールデンキングスの試合を観戦する
  • 名古屋メシを食べられるだけ食べて楽しむ
 1日だけだとふたつとも目的を果たすことは困難です。そこで今回は日数を2日にして、夜の時間は主に名古屋メシを楽しみ、翌朝から昼は試合観戦+名古屋メシの流れでいこうと考えました。

 大阪から名古屋へは↓この近鉄特急ひのとりで行きました。今回が初めての乗車です。
nagoya2022_1.jpg

 このひのとり、車内に挽きたてコーヒーの自動販売機があります。この自動販売機からはただの湯も出すことができ、それは無料です。「ただ」の湯だけに。
nagoya2022_2.jpg

nagoya2022_3.jpg

 コーヒーと思わせておいて……実は、たまごスープでした!
nagoya2022_4.jpg

 コーヒー自販機のすぐ横に、お茶うけの菓子や紅茶・ココアを販売する自販機があり、そこでたまごスープの素も販売されています。スープや紅茶・ココアは前述のコーヒー自販機の湯を利用します。
 このサービスは新幹線にはありません。近鉄特急は速度で新幹線に劣る分、料金の安さとこういったサービスで勝負しているのがうかがえます。

 近鉄名古屋駅に到着すると、すぐさま地下鉄で栄まで移動。翌日ドルフィンズアリーナに移動しやすいように、近くの栄で一泊することにしました。宿に行く時刻までの時間、名古屋の夜を飲み食いして楽しむとします。
 まずは味噌煮込みうどん。
nagoya2022_5.jpg

 名古屋の味噌文化を代表する食べ物といえます。固めにゆでたうどんは歯ごたえがあります。
 味噌煮込みうどんを食べ終わり、栄の地下街を歩いている途中に↓こういう階段を発見。
nagoya2022_6.jpg

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズです。こういう形でPRです。栄の地下街の中にある名鉄栄町駅の前には、名古屋Dのポスターが多数貼られていました。けっこう地元での人気は高いようです。
 さて、次にいただくものはというと、エビフライ! 共食いと言わんでおくんなせえ。
nagoya2022_7.jpg

 余談ですが、中学校の国語教科書に収録されている三浦哲郎氏の小説『盆土産』は、エビフライが主題の話です。この話を読むと、無性にエビフライが食べたくなります。
 あと、味噌串カツも。これは酒のツマミにも最高です。
nagoya2022_8.jpg

 名古屋の栄、ここは名古屋でも有数の繁華街のようで、文字通り「栄」えている、そんな印象を受けました。栄には「一番出口のれん街」というところも。
nagoya2022_9.jpg

 ここは狭い通路に店舗がひしめき合っている構造の飲み屋街です。横丁の飲み屋のような雰囲気を感じます。狭い空間ゆえにどこも混雑。今回ここで飲み食いすることは見送りました。
 今夜は栄で一泊。翌日、ドルフィンズアリーナへと向かいます。
(続く)


おおきにアリーナ舞洲 2022-04-02 大阪vs三遠・後編

 2022年4月2日、おおきにアリーナ舞洲のB1リーグ大阪エヴェッサvs三遠ネオフェニックス。
maishima_arena98.jpg

 三遠ネオフェニックスは愛知県豊橋市に本拠地を置いており、静岡県浜松市を準ホームとしているチームです。豊橋のある三河と、浜松のある遠江。両者を合わせて「三遠」です。
 三遠ネオフェニックス、Bリーグ参加前は「浜松・東三河フェニックス」というチーム名でした。略称が「浜松・東三河」では長すぎるとリーグから意見があり、それで現行名に変更したいきさつがあります。
 大阪と三遠は、ともにかつて旧・bjリーグ所属。なのでこれまで多数の対戦を重ねてきています。その両者の対戦です。

 試合開始前、チアダンスチーム「BT」がパフォーマンスを見せてくれます。
maishima_arena99.jpg

maishima_arena100.jpg

 チアといえば、この日は箕面自由学園のチアリーディング部と吹奏楽部がやってきて、彼らもまたコート上でパフォーマンスを披露したのでした。箕面自由のチア部は、毎度アクロバティックなパフォーマンスを見せてくれます。

 さて、試合はどうなったかといいますと……

    大阪  三遠
 1Q   34  13
 2Q   22  23
 3Q   22  19
 4Q   20  25
       98  80

 大阪エヴェッサがホームで勝利を収めました。全体的に試合は大阪ペース。三遠も途中から巻き返そうとしていましたが、第1クォーターの大量失点が大きく、及びませんでした。
 なおこの試合で、私は初めてコートサイド席に座って観戦をしました。いつもと違う感覚を味わってみようと。一度だけでしたが、迫力あるダンクショットを間近で見ることができました。これだけでも収穫でしたね。


(おまけ)
 この試合がおこなわれた4月2日は「世界自閉症啓発デー」でもあります。ゆえにおおきにアリーナ内にもそのポスターが貼られていました。
maishima_arena97.jpg

「セサミストリート」のキャラクター、ジュリアが出ています。ジュリアは自閉症であるという設定です。
 毎年、世界自閉症啓発デーでは青色をシンボルカラーとしてアピールをしていきます。上の写真でBTが青い光の中でダンスを踊ったのも、その一環だったのでしょうか?(多分違うと思う)

おおきにアリーナ舞洲 2022-04-02 大阪vs三遠・前編

 2022年4月2日、私は大阪市此花区にあるおおきにアリーナ舞洲まで行ってまいりました。私がここへ行くのは2019年10月以来、約2年半ぶり。その間新型コロナウィルス流行があり、Bリーグも一部の試合を中止にしたりシーズンを途中中止にしたりといろいろあり、私もいつしかおおきにアリーナから足が遠のいていたのでした。
 約2年半ぶりに訪れたおおきにアリーナ。
maishima_arena87.jpg

 舞洲でもサクラが咲いていました。しかしここは強い風が吹くことが多いので、すぐに花が散ってしまいそうですね。
maishima_arena88.jpg

 さて、場内へと入ります。この場内の様子は変わりないようです。
maishima_arena89.jpg

 Bリーグは2026-27シーズンからリーグ再編をおこない、新B1を入れ替えなしのトップリーグに変える予定にしています。新B1に入る条件のひとつにアリーナの規模がありますが、このおおきにアリーナを本拠地としているならば、大阪エヴェッサは新B1ほぼ当確といっていいでしょう。
 この日ここでおこなわれる試合は、
maishima_arena90.jpg

 B1リーグ
大阪エヴェッサ
   vs
三遠ネオフェニックス

 試合開始までまだ時間があるということで、恒例の食べまくりといきましょう。
 まずはおおきにアリーナではおなじみ、手羽トロ唐揚げ。
maishima_arena91.jpg

 鶏の手羽元の肉を揚げた唐揚げです。これは健在でしたが、もうひとつの名物だった「バスケ串」(鶏肉とつくねを串に刺した焼き鳥)は、もう販売されなくなったようです。
 揚げ餃子。揚げたてを食べることができました。
maishima_arena92.jpg

 たこ焼き。かつておおきにアリーナへ出張販売に来ていた「会津屋」は、もう撤退したようです。
maishima_arena93.jpg

 スポーツ観戦にピッタリの食べ物といえば、やはりホットドッグです。
maishima_arena94.jpg

 そしてそして、アイスクリームの「サーティワン」が出張販売に来ていました。
maishima_arena95.jpg

 これ、新幹線車内で販売されているもの同様に、カチカチに凍っていました。こういう場合、しばらく両手でカップを持っておき、周囲が柔らかくなったところをスプーンですくって食べるのがコツです。
 そして、締めはレッドアイ。
maishima_arena96.jpg

 では、腹がふくれたところで、いざ試合観戦といきます。

(前編に続く)

西宮市立中央体育館 2021-12-04 西宮vs山形・後編

 2021年12月4日、西宮市立中央体育館の西宮ストークスvs山形ワイヴァンズ。
nishinomiya70.jpg

 今回登場の山形ワイヴァンズ、飛竜ワイヴァンの名をチーム名としている、大変勇ましさを感じるチームです。ここのユニフォームの胸スポンサーはヤマザワ。山形県を中心に展開しているスーパーマーケットです。
 場内には紫の服を着た山形ブースターの姿もちらほらと。ようこそ西宮へ!

 試合のオープニングはおなじみ、ストークスチアのみなさんによるダンス!
nishinomiya71.jpg

nishinomiya72.jpg

nishinomiya73.jpg

 さて、試合のほうはどうなったかといいますと、

    西宮  山形
 1Q   21  14
 2Q   17  22
 3Q   32  15
 4Q   16  10
       86  61

 西宮ストークスがホームで勝利でした! 一時期山形が勢いを見せて逆転した場面もありましたが、西宮はその後すぐに持ち直し、ホームの意地で得点ラッシュ。最終的に25点差をつけての勝利となりました。

 試合が終わった後、私はもうしばらく西宮に滞在し、市内にある豚汁の専門店へと入りました。
 nishinomiya74.jpg

nishinomiya75.jpg

 豚汁の専門店というのも珍しいですが、その豚汁がとにかく具だくさん。これは豚汁というより、味噌ベースのおでんといってよいのではないでしょうか。
 あと、たこ焼きの「会津屋」が西宮にもありました。↓これの左側7個は、中にすじ肉が入った「ラヂオ焼き」で、右側7個は通常のたこ焼きです。
nishinomiya76.jpg

 会津屋のたこ焼き・ラヂオ焼きは生地に味がしみ込んでいるので、ソースをつけなくても十分おいしいのです。これをツマミにして酒を飲める空間が、会津屋にはあります。ふと思いましたが、たこ焼きを酒のツマミにするのは、ひょっとして関西だけの文化でしょうか?
 それにしても、最近はスタジアム訪問記が半ばグルメレポートを兼ねたものと化していますねえ。

西宮市立中央体育館 2021-12-04 西宮vs山形・前編

 2021年12月4日、私は西宮市立中央体育館へ、ひさびさにBリーグの試合を見に行きました。今回見る試合は、

B2リーグ
 西宮ストークス vs 山形ワイヴァンズ

 試合開始は17:00。それまでまだ時間があるのと、今時分アリーナで飲食の販売をしていないことで、近くの回転寿司屋に行って腹ごしらえをすることにしました。
nishinomiya60.jpg

nishinomiya61.jpg

nishinomiya62.jpg

 サーモン・マグロ・漬けマグロ・ハマチ・ホタテ・ウナギ。私が寿司屋に行くときは、決まって注文するネタです。
 飲み物で焼酎を注文できるのですが、↓このように飲み方が細分化されています。
nishinomiya63.jpg

 私は断然、焼酎を何も入れずに飲む派です。焼酎そのものの風味を味わうのが好きなのです。
 さて、腹がふくれてほろ酔い気分になったところで、西宮市立中央体育館へと向かいましょう。
nishinomiya64.jpg

 この構えを見るのもひさびさです。入場口では、この日が山形との対戦ということで、山形からいらっしゃった観光PRの方々が↓こういったものを配っていました。
nishinomiya65.jpg

 左側にあるのは「雪若丸」山形の米です。パックに1合入っています。入場口で配られるパンフレットと米、尾花沢スイカの箱に入って運ばれてきていたのでした。
nishinomiya67.jpg

 山形ワイヴァンズは天童市にあります。ゆえに天童市のガイドブックも配布されていました。
nishinomiya68.jpg

『3月のライオン』です。同作品は将棋を題材としています。天童は将棋駒の生産が盛んな「将棋の街」そのつながりです。
 ひさびさの観戦、今回は1階席です。
nishinomiya66.jpg

nishinomiya69.jpg

(後編に続く)

ロートアリーナ奈良 2021-09-12 奈良vs岡山・後編

 2021年9月12日、ロートアリーナ奈良でおこなわれた、Bリーグプレシーズンマッチ・バンビシャス奈良vsトライフープ岡山。
naraden_arena70.jpg

 この日はトライフープ岡山のマスコット・トライプもロートアリーナまで来ていました。コートでシカッチェと共演です。
naraden_arena71.jpg

naraden_arena72.jpg

 シカッチェとトライプのフリースロー合戦もありました。
naraden_arena73.jpg

 バンビーナスのチアパフォーマンス! やはりバスケの試合では、これを見ないと観戦した気になりません。
naraden_arena74.jpg

naraden_arena75.jpg

 さて、試合のほうはどうなったかといいますと……

    奈良  岡山
 1Q   13  20
 2Q   13  23
 3Q   11  23
 4Q   20  17
       57  83

 B3の岡山が、B2の奈良に圧勝という結果でした! 岡山は序盤から攻めのプレイで着実に点を取る試合運び。一方の奈良は、そんな勢いのある岡山を前に防戦気味という印象でした。
 プレシーズンとはいえ、岡山はB2のチームに勝ちました。もしかすると、今の岡山の実力だとB2リーグでも十分に戦えるのではないか、そう感じます。しかしその前に、B3リーグで昇格相当の成績を残すことが必要です。
 2022-23シーズンで、岡山と奈良の両者がレギュラーシーズンで戦う日が実現することを、ただただ期待するばかりです。

 試合終了後、近鉄奈良駅近くで「天スタ」天理スタミナラーメンをいただいて、帰路についたのでした。
naraden_arena76.jpg

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


ステキに!ブースター

輝く笑顔のふたり 前編・大人への一歩

輝く笑顔のふたり 後編・歯医者さんの魔法

いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ

続・いざなわれてファジアーノ

クリニカ・メモリーズ 前編

クリニカ・メモリーズ 後編

↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (167)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (152)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (7)
舟券勝負2018 (5)
舟券勝負2019 (4)
舟券勝負2020 (3)
舟券勝負2021 (2)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (161)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (10)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (12)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (12)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (18)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (5)
オート車券勝負2018 (3)
オートレース/レース場訪問記 (61)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (17)
山陽 (5)
飯塚 (9)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (51)
岸和田 (9)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
奈良 (6)
和歌山 (4)
名古屋 (3)
福井 (4)
西武園 (3)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (52)
シティライトスタジアム2016 (15)
シティライトスタジアム2017 (15)
シティライトスタジアム2018 (10)
シティライトスタジアム2019 (6)
シティライトスタジアム2020 (2)
シティライトスタジアム2022 (4)
スタジアム訪問記/阪神甲子園球場 (28)
スタジアム訪問記/花園ラグビー場 (12)
スタジアム訪問記/NPB・JWPL (22)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (6)
わかさスタジアム京都 (2)
スタジアム訪問記/Jリーグ (36)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (6)
パナソニックスタジアム吹田 (10)
大分銀行ドーム (4)
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム (4)
Bリーグアリーナ訪問記 (65)
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) (7)
サンエイワーク住吉スポーツセンター (2)
西宮市立中央体育館 (12)
京都市体育館(ハンナリーズアリーナ) (7)
ロートアリーナ奈良(ならでんアリーナ) (9)
おおきにアリーナ舞洲(府民共済SUPERアリーナ) (15)
ジェイテクトアリーナ奈良 (3)
ジップアリーナ岡山 (2)
グリーンアリーナ神戸 (3)
ドルフィンズアリーナ (5)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (20)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (37)
食べまくり! (20)
その他いろいろ (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Template by たけやん