FC2ブログ

2021-04-06

グリーンアリーナ神戸訪問記・3

 あらためて、2021年4月3日グリーンアリーナ神戸で開催される試合。
greenarena_kobe12.jpg
 西宮ストークス、現在B2西地区で堂々1位。すでにB2プレーオフ出場を決めています。次に目指すは地区優勝。そのためには残り少ない試合、なんとしてでも勝ちを重ねていきたいところです。

 今回の試合、ゲームプレゼンターとなる企業はTOA。音響装置を製作している企業です。
 ↓これが、そのTOA製のスピーカー。
greenarena_kobe13.jpg

 このスピーカー、アリーナ全体に体に響くほどの音声を発する特製のものだそうです。さてどんな音を感じ取れるのでしょうか。
greenarena_kobe14.jpg

 しばらくすると、音楽とともに両チームの選手紹介。先ほど紹介したTOA製のスピーカーから、本当に体に響き渡る音が発せられたのでした。これなら否が応でも興奮してしまいます。
 試合開始前に、TOAの社長がごあいさつ。そして試合開始!
 第1クォーター・第2クォーターはお互いにディフェンスに阻まれ点を取りあぐねていた印象。ゆえにスコアも接戦。西宮の4点リードで前半を終えました。
 ↓タイムアウト時には、ストークスチアとともにストーキーもダンス。
greenarena_kobe15.jpg

 ハーフタイムには、ストークス公式応援ソングを歌う「サーカスフォーカス」のライブステージ。
greenarena_kobe16.jpg

greenarena_kobe17.jpg

 これには観客が大盛り上がり。TOA製スピーカーの効果もあって、体感ライブを味わえました。
 ライブ後、ストークスチアによって、この日も↓この横断幕が。
greenarena_kobe18.jpg

 第3クォーター、西宮が攻めに出ました。積極的に点を取りに行き、点差を広げていきました。その勢いは第4クォーターでも衰えず、最終的に12点差をつけて、西宮ストークスの勝利でした!

    西宮  奈良
 1Q   19  18
 2Q   15  12
 3Q   21  16
 4Q   21  18
       76  64

 試合後、ストークスの選手・スタッフたちが観客にごあいさつ。
greenarena_kobe19.jpg

 今回は初めてグリーンアリーナ神戸で観戦しましたが、ストークスが新アリーナに移転した暁には、今回のような雰囲気を味わえるのでしょうかね。 2024年開業を予定しているとのことなので、気が早い話ではありますが。
 観戦後、私は三宮へと戻り、そこで酒をいただいてから再び「三宮一貫楼」に立ち寄り豚まんを買い、帰宅してからこれを温めて食べたのでした。
greenarena_kobe20.jpg



2021-04-05

グリーンアリーナ神戸訪問記・2

 神戸総合運動公園内での腹ごしらえが終わり、いざグリーンアリーナ神戸へ。ここはほっともっとフィールド神戸の南側にあります。途中の道には、桜のアーチが。
greenarena_kobe7.jpg

 花見気分を味わったなら、見えてきました。グリーンアリーナ神戸。正面入り口前の階段には、このようなペイントが。
greenarena_kobe8.jpg

greenarena_kobe9.jpg

 さっそく中へ入るとしましょう。↓これがグリーンアリーナ神戸の内部。
greenarena_kobe10.jpg

 キャパの大きさが遠目でもわかります。↓こちら、1階席からの眺め。今回も1階席で観戦です。
greenarena_kobe11.jpg

 さて、これだけの大規模なアリーナが兵庫県内にあるにもかかわらず、なぜ西宮ストークスはここをホームアリーナにしなかったのか?と疑問を抱いた方がいらっしゃるかもしれません。実は「しなかった」のではなく「できなかった」のです。
 ストークスは当初、グリーンアリーナ神戸をホームアリーナにしようと考えていました。しかしここを使用するのはバスケットボールだけではありません。バレーボールもハンドボールもバドミントンも卓球もフットサルもこのアリーナを使用します。他競技も頻繁に使用する場所なので、バスケだけがホームとすることを神戸市が承認しませんでした。そのため、新アリーナ建設の話が持ち上がっていた西宮市を本拠地としたのです。B1ライセンスの規格でない西宮市立中央体育館をしばらく使用し、いずれ新アリーナに移転するつもりで。
 ところが、西宮市が発表した新アリーナ計画はB1ライセンスの条件を満たすものではありませんでした。そうなると、このまま西宮にいてはB1ライセンスは交付されません。そこでストークスは最近になって、将来神戸へ移転することを発表しました。阪神高速京橋IC近く、新港第二突堤に新アリーナを建設する計画もともに発表されました。
 グリーンアリーナはやはりホームとしては使用できないことになります。実際、グリーンアリーナでBリーグの試合が開催されるのは、今回が初めてのことといいますから。それだけ開催する余地が今までなかったということです。
(続く。次で終わり)


 

2021-04-04

グリーンアリーナ神戸訪問記・1

 2021年4月3日、私は神戸市須磨区にあるグリーンアリーナ神戸へと行ってまいりました。この日ここでおこなわれるのは

B2リーグ
 西宮ストークス
   vs
 バンビシャス奈良

 この試合を観戦です。

 グリーンアリーナ神戸は神戸総合運動公園内にあります。すなわち、ほっともっとフィールド神戸と同じ敷地内にあるということです。
 三宮から神戸市営地下鉄西神・山手線に乗り、総合運動公園駅で下車。駅を出れば道しるべがありますので、公園内で迷うことはないでしょう。
greenarena_kobe1.jpg

 しかし、今回はすぐにアリーナへは向かいません。まずその前に公園内のベンチに座り、春風に吹かれながら腹ごしらえといきます。そこで食べたものはというと↓これです。
greenarena_kobe2.jpg

greenarena_kobe3.jpg

『三宮一貫楼』の豚まんです。現在、試合会場での飲食販売が中止となっているということで、総合運動公園に向かう前に三宮でこれを買っておいたのです。ビールといっしょにいただきます。
 豚まんは肉に汁気がたっぷりとあり、皮も歯ごたえがあってモチモチ。2個食べれば十分腹を満たせます。
 あともうひとつ。駅のコンビニで↓これが売られていたので、懐かしくなってつい買ってしまいました。
greenarena_kobe4.jpg

 カルビーのプロ野球チップス。選手のカードがオマケでついてくる有名な品です。ポテトチップスもまたビールによく合うのですよねえ。
 プロ野球チップスはオマケのカードを目的に買う人がほとんどです。実際、カードを全種集めてアルバムに保存しているという人は数多くいます。で、中にはカードだけを取って、本体のポテトチップスを食べずに捨てるという不届き者が残念ながら存在しています。
 私はそんなことは決していたしません。↓きちんと全部いただきました。量は少なかったですが。
greenarena_kobe5.jpg

 さて、食べ終わったらいよいよカードの中身を見るとしましょう。さあ誰と誰が出てくるか……ジャン!!
greenarena_kobe6.jpg

 ジャイアンツ戸郷翔征選手とライオンズ森友哉選手でした。まあわりといいのが出たのではないでしょうか。

 では、腹ごしらえが終わったところで、グリーンアリーナへと向かうといたしましょう。

(続く)

2021-03-22

西宮市立中央体育館 2021-03-20 西宮vs仙台・後編

 2021年3月20日、西宮市立中央体育館でのB2リーグ西宮ストークスvs仙台89ERS。
 試合開始前には、恒例のチアたちによるダンス。
nishinomiya56.jpg

 時刻は17:00となって、試合開始!
 この試合、西宮も仙台も、点を取りつ取られつの連続で、僅差のままで試合が進んでいきました。激しいボールの奪い合いが繰り広げられ、大接戦の展開。熱い闘いに、見ているほうも興奮してきました。
 ハーフタイムには、チアたちが↓このような横断幕を披露。
nishinomiya57.jpg

「リーグやクラブを支える皆さまありがとう!!」です。昨シーズンは新型コロナウィルス流行のあおりを受け、シーズン途中で中止となってしまったBリーグ。今シーズンはリーグやクラブの努力およびブースターたちの支えもあって、終わりまで完遂できそうです。
 さて、この日の試合の結果は……

    西宮  仙台
 1Q   21  17
 2Q   20  26
 3Q   20  17
 4Q   30  24
       91  84

 西宮ストークスがホームで、息詰まる大接戦を制しました! 試合後、西宮の選手・首脳陣のみなさんが観客にごあいさつ。
nishinomiya58.jpg

 西宮は次の日の試合にも勝利。地区優勝が近づいてきたでしょうか。
 試合終了後、私は途中西宮市内のラーメン屋『夢屋台』に立ち寄り、濃厚豚骨ラーメンをいただいて帰途についたのでした。
nishinomiya59.jpg

2021-03-21

西宮市立中央体育館 2021-03-20 西宮vs仙台・前編

 2021年3月20日、私は兵庫県西宮市にある西宮市立中央体育館へと行ってまいりました。2019年2月に訪問して以来、実に約2年ぶりの訪問です。
 昨今のウィルス対策の一環として、西宮市立中央体育館では飲食の販売をおこなっていないとの情報を聞きました。なので今回は、前もって近くの飲食店で食べてから体育館へ行くことにしました。
 体育館から南に少し行ったところにある回転寿司店『にぎり長次郎』に入ります。ここは注文にタッチパネルを導入しています。最近の回転寿司はこういった形態のところが多くなっていますね。口頭で注文しなくてよいので、これもまたウィルス対策の一環といえます。
nishinomiya47.jpg

nishinomiya48.jpg

 私はマグロが大好きです。ある程度寿司をいただいて満足したところで店を出て、いよいよ体育館へと向かいます。
 なお、体育館の周辺には『にぎり長次郎』の他にも、ラーメンの『来来亭』やパン屋神戸屋直営の喫茶店などがあります。

 来ました。西宮市立中央体育館。
nishinomiya49.jpg

 今日ここでおこなわれる試合は、

B2リーグ
西宮ストークス vs 仙台89ERS

nishinomiya53.jpg

 89ERSは「エイティナイナーズ」と読みます。仙台市は1889年に市制施行、1989年に政令指定都市移行ということで「89」が仙台に縁深い数字であることに由来するチーム名です。私は今回、この仙台89ERSを初めて見ることとなります。
 応援ボードには仙台89ERSのマスコット、ティナの姿が。
nishinomiya50.jpg

 今回、私は1階席で観戦です。やはり迫力が2階席とは段違いです。
nishinomiya54.jpg

nishinomiya55.jpg

nishinomiya51.jpg

nishinomiya52.jpg

 仙台といえば、先日宮城県では大きな地震が発生しました。東日本大震災から10年の年に、再びの大きな地震。住民のみなさんはさぞかし不安でいらっしゃることでしょう。そんな住民のみなさんを勇気づけたいとの思いが、仙台89ERSの選手にはあるはずです。なので西宮ストークスにとっては、かなり手ごわい相手となることでしょう。
 対する西宮ストークス、現在B2西地区首位。地区優勝へ向けて確実に勝利を重ねていきたいところでしょう。
 そんな両者が対戦する、この日の試合。開始前から息詰まる展開が予想できます。そしてそれは、まさに現実のものとなったのでした。
(後編へ続く)

2020-12-07

2020-12-05 ならでんアリーナ 奈良vs愛媛・後編

 2020年12月5日、ならでんアリーナのバンビシャス奈良vs愛媛オレンジバイキングス。この試合は「奈良地方法務局presents」ということで、イメージキャラクターの人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが、試合前にコートにシカッチェとともにお目見え。
naraden_arena55.jpg

 そして、チア「バンビーナス」のパフォーマンス!
naraden_arena56.jpg

 今回アリーナ内では食事禁止、さらに飲酒も禁止。ただしフタのついた入れ物に入ったソフトドリンクは、アリーナ内に持ち込めます。なので酒の代わりに、カフェラテとカフェモカを飲んで観戦するとします。
naraden_arena57.jpg

 今回バンビシャス奈良が対戦する愛媛オレンジバイキングス。ここはチーム創設当時は「大分ヒートデビルズ」というチーム名で、大分県別府市に本拠地を置いていましたが、Bリーグの発足とともに愛媛に移転し現チーム名に変更しました。通称は「バイクス」です。
 両者とも旧bjリーグに所属していたので、これまでけっこうな数の対戦を重ねてきています。

 さて、奈良テレビの生中継もおこなわれたこの試合、結果は……

    奈良  愛媛
 1Q   12  22
 2Q   17  20
 3Q   22  19
 4Q   22  22
       73  83

 残念ながら、奈良はテレビ中継で勝利を飾ることができませんでした。奈良はやたらシュートミスが目立ったのと、序盤の失点が響いてしまった感があります。

 試合が終わり、まだこのまま帰るのは惜しいので、奈良市内のとある酒場へと入りました。ならでんアリーナで酒を飲めなかった分、ここで飲むとします。
 合わせて、このナポリタン焼きそばと、
naraden_arena58.jpg

 厚揚げ麻婆豆腐もいただきました。この麻婆豆腐、激しい辛さが効いていて、食べただけで体が熱くなってきました。
naraden_arena59.jpg

 日本酒の燗がうまい季節となりましたが、燗酒がお銚子でなく↓このような金属製容器に入っていることもあります。
naraden_arena60.jpg

 これはこれで、武骨な感がしていいものです。金属のほうが保温性もよいですし。


(おまけ)
 近鉄奈良駅近くの商店街にて、かわいいアマビエを発見しました。
naraden_arena61.jpg

2020-12-06

2020-12-05 ならでんアリーナ 奈良vs愛媛・前編

 2020年12月5日、私は奈良県奈良市にあるならでんアリーナへ行ってまいりました。
naraden_arena43.jpg

 この日ここでおこなわれるのは、

バンビシャス奈良
    vs
愛媛オレンジバイキングス

naraden_arena44.jpg

 愛媛、私は初めて目にします。
 アリーナのそばには、地元のテレビ局奈良テレビの中継車が停まっていました。
naraden_arena45.jpg

 この日、奈良テレビがならでんアリーナの試合を生中継するのです。試合開始は17:05。それに合わせて、17:00から放送開始です。地元局だからこそできる、わが街のチームの試合中継です。
 10ヶ月ぶりに入ったならでんアリーナ。今回は2階席から観戦。
naraden_arena46.jpg

 入場時に↓このプレゼントがありました。
naraden_arena47.jpg

 セノビック。バンビシャス奈良のメインスポンサーとなっている、ロート製薬の製品です。もうすでに体の成長が止まっている私には不要の品ですねえ。まあでも、もらっておきました。
 場内には↓こういったものも。
naraden_arena48.jpg

 これ、この日対戦する両者のマスコットが、アイロンビーズで描かれているのです。
 ゲームプログラムを見ると、今回の試合は「奈良地方法務局presents」とのこと。
naraden_arena49.jpg

naraden_arena50.jpg

 12月に「人権週間」があるということで、奈良地方法務局が冠となっています。人権週間ということで↓このキャラクターも来場していました。
naraden_arena51.jpg

 人権啓発イメージキャラクターの「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」です。キャラクターデザインは、やなせたかし先生。生前こういうお仕事もなさっていたのです。

 さて、まだ試合開始まで時間があるということで、例によって何か食べるとしましょう。
 まずはきのことベーコンのピザ。
naraden_arena52.jpg

 続いて鶏そぼろ丼。
naraden_arena53.jpg

 ならでんアリーナ、ウィルス感染リスクを抑えるために、アリーナ内での食事が禁止となっていました。なのでこれらはすべて、寒い外で食べました。奈良は冷え込みますねえ。
 なお、ならでんアリーナで飲食物を買うと、奈良のシカのエサ代に還元されます。今回も私は、シカたちの食事を支えてあげました。
 飲食ブースでは、列で距離を取るようにとの呼びかけが。ならでんアリーナの場合は、シカの足跡です。
naraden_arena54.jpg

(後編に続く)

2020-10-12

2020-10-10 ハンナリーズアリーナ 京都vs秋田・後編

han_arena28.jpg

 2020年10月10日、ハンナリーズアリーナでの京都ハンナリーズvs秋田ノーザンハピネッツ。アリーナ内で、秋田の選手たちが練習を始めました。
han_arena29.jpg

 秋田のチームカラーはクレイジーピンク。なので応援するブースターの皆さんもピンクの服を着ています。観客席の一角では、秋田ブースターたちが少数ながらも来場し、場内でピンクが映えていました。
 今回ここで試合をする秋田ノーザンハピネッツ。秋田は高校バスケの強豪校・能代工に代表されるように、バスケが盛んな土地。そこを本拠地としています。東北地方には6県すべてにBリーグのチームがありますが、B1は秋田だけ。いわばBリーグにおける「東北の雄」だといえるでしょう。
 余談ですが、秋田ノーザンハピネッツのエンブレムには、米どころゆえか稲穂が描かれています。

 しばらくすると、京都のチアチーム「はんなりん」によるチアパフォーマンス! やはりこれがないと始まりません!
han_arena30.jpg

 海を渡ってきたサムライ!
han_arena31.jpg

 はんニャリンもいっしょにチアパフォーマンス!
han_arena32.jpg

 今シーズンは新型コロナウィルス流行を受けて、感染拡大防止のために声だし応援一切禁止となっています。なので観客はそのかわりとして、手拍子やメガホン等を使って音を立てての応援をすることとなります。

 さて、試合結果は……

    京都  秋田
 1Q   19  27
 2Q   17  21
 3Q   19  24
 4Q   16  18
       71  90

han_arena33.jpg

 この試合、京都は秋田に圧倒されたという印象でした。
 あと、今シーズンからハンアリでは京都がフリースローを成功させると、ゲーム「スーパーマリオ」でコインを取ったときの効果音が場内に「コイーン!」と響くようになっていました。これは面白い試みです。そういえば、スーパーマリオを作った任天堂は、京都に本社がありますね。

2020-10-11

2020-10-10 ハンナリーズアリーナ 京都vs秋田・前編

 2020年10月10日、私は京都市右京区にあるハンナリーズアリーナへと行ってまいりました。いよいよ2020-21シーズンが始まった、バスケットボールBリーグの試合を見るためです。
 Bリーグ、2019-20シーズンは新型コロナウィルス流行のあおりを受け、シーズン終盤で中止。このシーズンは「チャンピオン該当クラブなし」の扱いとなってしまいました。新しいシーズン、今度は最後まで、チャンピオンシップ決勝まで完遂となってほしいものです。
 ハンアリの最寄駅、阪急京都線西京極駅にある、臨時改札口。
han_arena17.jpg

 西京極にはハンアリのほか陸上競技場や野球場があり、これらで大きな大会が開催され客が多数利用する場合に、この臨時改札口が使用されます。かつてはサッカーJリーグの京都サンガF.C.が西京極陸上競技場を本拠地としていて、その観客がここをよく利用していたのですが、サンガは亀岡市にできた新スタジアムへ移転しました。なのでここが使われることはもう少なくなるでしょう。かつてサンガと京都ハンナリーズの試合が同日におこなわれていたことも、今では懐かしく感じられます。
 駅からアリーナまでの途中には「誠」と書かれた、新撰組を思わせるのぼり。
han_arena18.jpg

 さて着きました、ハンナリーズアリーナ。今日ここでおこなわれる試合は、
han_arena19.jpg

B1リーグ
京都ハンナリーズ
   vs
秋田ノーザンハピネッツ

 両者ともかつてはbjリーグに所属していた同士、ゆえにこれまで数多くの対戦を重ねてきています。私は秋田の試合を目にするのが、今回初めてのこととなります。
 足元にはこのように、間隔を開ける呼びかけの貼り紙。
han_arena20.jpg

 さらに↓このようなものも。
han_arena21.jpg

 京都ハンナリーズのマスコット、はんニャリンの足型でしょうか。
 はんニャリン、↓このようにウィルス感染対策の呼びかけもしています。
han_arena22.jpg

 もうすっかり京都の顔ですね。

 さて、試合開始までまだ3時間近くあるということで、まずはアリーナ外の屋台にて、腹ごしらえをすることとしました。
 オム焼きそば。というよりは、半熟玉子のせ焼きそばといったほうがいいですね。
han_arena23.jpg

 こちらは、とろとろパイカ飯。
han_arena24.jpg

 ご飯の上に、京丹後ポークの豚バラ軟骨肉を乗せたものです。この肉は希少部位で、箸で簡単に裂けてしまうほど軟らかいのです。
 こういったものを食べていると、ビールのひとつでも欲しくなるものですが、あいにく現在はアルコール類販売休止中。アルコール類を飲むと大声を出す傾向が強くなって、それが感染拡大につながる恐れがあることによる、やむない措置です。
 なので、そのかわりとしてブレンドコーヒーを1杯。
han_arena25.jpg

 私はミルク1、砂糖なしで飲むのが好みです。

(後編へ続く)


(おまけ)
 京都ハンナリーズについているスポンサーの中に「ハンナリース」という字面の似ている企業があります。
han_arena26.jpg

 ↓これがそのハンナリースの広告幕。
han_arena27.jpg

「点( ゛)取ろうぜ!!」つまり、ハンナリーズから濁点を取ってハンナリース。そして「得点を取ろうぜ」の意味も含む、秀逸なコピーであります。

2020-02-27

2020-02-23 岡山スポーツ観戦2本立て・ジップアリーナ編後編

 2020年2月23日、ジップアリーナ岡山。この日ここでおこなわれる試合はB3リーグの

トライフープ岡山 vs 東京八王子ビートレインズ

 東京八王子ビートレインズは、東京都の西部に位置する八王子市に本拠地を置くチームで、京王電鉄の終点があり高尾山がある市として知られています。1シーズンのみですが、B2に昇格したこともあります。そういうチームとの対戦です。

 試合開始前には↓このキャラクターが場内に現れ、場を楽しませていました。
zip_arena6.jpg

 名前は「トライプ」です。恐竜のトリケラトプスをモチーフにしたキャラクターです。この日は午前中~昼にかけてCスタスタジアム前広場にもいて、そこでファジ丸と愉快な共演をしていたのでした。

 場内に次々とCスタの試合を観戦してからやってきた観客が押し寄せてくると、ベンチにいるアシスタントヘッドコーチが、ひとつ提案をしました。試合開始前の選手入場の際に、ファジアーノ岡山のチャントのひとつ「俺らが岡山」を歌おうということになったのです。
「俺らが岡山」これは、とんねるずの楽曲『炎のエスカルゴ』の節で歌うチャントです。
♪ラーララララー 俺らが岡山ー
 ラーララララー 俺らが岡山ー

 これが選手入場の際に、本当に歌われたのです。2階自由席の半分ほどをファジサポが占めていたこともあり、場内の観客はノリノリで「俺らが岡山」を歌っていました。

 さて、試合はどうなったかといいますと、

    岡山  八王子
 1Q   27  20
 2Q   19  22
 3Q   29  17
 4Q   21  29
       96  88

 トライフープ岡山の勝利です! これで同じ日に勝利を収めていたファジアーノ岡山に続いての勝利です。
 おそらくですが……この日ジップアリーナへ押し寄せた、Cスタで試合を見た客たち。この客たちがファジの勝利で気分よくなっていて、ジップでも楽しい気分で試合を見られたことが大きいのではないかと思います。もしこの日ファジが負けていたなら、大半の客は「まあついでにバスケ見るか」とのあきらめの気分や「頼む! トライフープは勝ってくれよ」とのギスギスした気分が入り込んでしまい、盛り上がりを見せはしなかったでしょう。そして勝ちにつながりはしなかったでしょう。
 この日ジップアリーナに入場した観客は2,432人。Cスタの観客を無料招待したことは、やはり大きかったですね。

 2020年2月23日は、岡山チームがともに勝利という、すばらしい結果を残したのでした!

 翌日の山陽新聞、スポーツ面はファジとトライフープの勝利を喜々と取り上げていました。
zip_arena7.jpg

zip_arena8.jpg

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード