FC2ブログ

2019-09-17

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・後編

 2019年9月15日、おおきにアリーナ舞洲でのアーリーカップ2019関西。第1試合開始前にコート上で様々な催しがおこなわれましたが、その中で、箕面自由学園チアリーダー部による演技披露がありました。これが見ている側を釘付けにするものでした。
 ↓箕面自由学園チアリーダー部のみなさん。かなりの大人数です。
maishima_arena66.jpg

 ポンポンで文字を作る場面も。
maishima_arena67.jpg

 箕面自由学園チアリーダー部のみなさんがやるのは単なる応援にとどまらず、そこから進化した形で体操競技に匹敵するアクロバティックな演技。これの出来のよさを競い合う「競技チアリーディング」なのです。
 競技チアリーディングでは見る者を引きつける演技のひとつ、↓リフティング。
maishima_arena68.jpg

 こうして上へと持ち上げられた人間が跳ね上がり、宙返りしながら下にいるメンバーに受け止められます。そのたびに場内は拍手喝采! 試合前に箕面自由学園チアリーダー部のみなさんが大いに盛り上げてくれて、これから試合を見る側の士気を奮い立たせてくれました。

 そうこうしているうちに、第1試合の開始時刻が迫ってきました。この日は2回戦が2試合おこなわれます。それぞれ勝ったほうが翌日の決勝へ進出です。
 その第1試合の対戦は、

バンビシャス奈良 vs 琉球ゴールデンキングス

 前日、奈良は滋賀レイクスターズと対戦して勝利、B2がB1を下しての2回戦進出となりました。その奈良が強豪琉球を迎え撃ちます。
 結果は、

    奈良  琉球
 1Q   23  28
 2Q   11  20
 3Q   15  24
 4Q   17  19
       66  91

 琉球が圧倒して勝利。やはりB1とB2の差はここで大きく出てしまったようです。

 第1試合と第2試合の間に、コート上でのイベントとして、今回のアーリーカップ関西参加6チームの各マスコットが集まり、彼らが3x3(3人対3人でおこなうバスケットボールの小型版)をおこなうというものがありました。
 着ぐるみのマスコットにバスケをさせること自体に無理があると思いますが、まあこれも余興のうちでしょう。で、この3x3は結局どのマスコットもシュートを入れることができないまま終了とあいなりました。
 ↓マスコットたちが一堂に集合!
maishima_arena69.jpg

 左端から、
  • 今回の大会冠スポンサー・ベラジオ:えがおん
  • 京都ハンナリーズ:はんにゃリン
  • 大阪エヴェッサ:まいどくん
  • 西宮ストークス:ストーキー
  • バンビシャス奈良:シカッチェ
  • 滋賀レイクスターズ:マグニー
  • 琉球ゴールデンキングス:ゴーディー

 そんな愉快な時間が過ぎれば、第2試合の開始が近づいてきました。第2試合は、

大阪エヴェッサ vs 京都ハンナリーズ

 今回アーリーカップに初参加となる京都と、地元大阪の対戦。そのためか、観客の数が第1試合のときよりも多くなっていました。特に増えていたのは、京都ブースター。やはりアーリーカップでの最初の試合を見てみたい思いが強いのでしょう。
 この試合の結果は……
 
    大阪  京都
 1Q   30  18
 2Q   16  26
 3Q   23  16
 4Q    8   18
       77  78

 なんとなんと、1点差での決着。両チーム一進一退の展開を見せて、その末に勝利を手にしたのは京都でした。
 この試合、各クォーターがいずれも「どちらかが大きく点差をつけてリードする」展開となり、それがシーソーゲームの様相をなして、最終的に京都の勝ちとなった、そんな印象を受けました。

 今回からアーリーカップ関西では2日目の5位決定戦がなくなり、多少物足りなくなるかなと思いましたが、とんでもないです。1試合少なくなっても、見るほうを十分に魅了させてくれました。特に第2試合では。この日おおきにアリーナで大いに楽しませてくださった選手たちに感謝です。
 さあ、今年もBリーグのシーズンが始まります。2019-2020シーズン、4度目のシーズンです。

 なお、翌日の決勝・琉球vs京都は京都が勝利。見事アーリーカップ初参加初優勝を成し遂げたのでした。

2019-09-16

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・前編

 2019年9月15日、私は大阪市此花区舞洲にある、おおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。
 ここで開催されるのは、今やバスケットボールBリーグ開幕前の恒例行事となったアーリーカップ。全国6地区に分かれ、各地区6チームによるトーナメント戦。関西は昨年まで難波のエディオンアリーナが会場でしたが、今年はおおきにアリーナでの開催となりました。
 今年のアーリーカップ関西、昨年までと同様に琉球ゴールデンキングスが関西として参加、さらに昨年までアーリーカップに不参加だった京都ハンナリーズが、今年ようやく参加です。これで関西の体裁は保てることとなりました。

 やってきました。おおきにアリーナ舞洲。
maishima_arena59.jpg

 この日は開場が11:30の予定でしたが、約5分ずれ込み。入場すると、各チームのチアたちが一斉に観客をお出迎えです。
 そして、入場ホールには↓このような絵が。
maishima_arena60.jpg

 アニメ『あひるの空』のキャラが、アーリーカップ関西参加チームのユニフォームを着ています。今回アーリーカップは『あひるの空』とコラボして、東北・関東・北信越・東海・関西・西日本の各地区において、このような参加チームユニフォーム姿を披露しています。
 ひさびさに目にする、アリーナ内の光景。
maishima_arena61.jpg

maishima_arena62.jpg


 さて、いつものように観戦前に何か食べさせていただくとしましょう。
 まずはおおきにアリーナでの試合ではおなじみ、手羽トロ唐揚げとバスケ串。
maishima_arena63.jpg

 やっぱりこれは欠かせません。
 続いてこれまたおなじみ、『会津屋』のたこ焼き。
maishima_arena64.jpg

 ソースなしで食べるたこ焼き。これを食べるなら、やはり開場から時間のたっていないときが最適です。焼きたてにありつけますから。
 さらに鶏皮ギョウザも。つくね串つきで。
maishima_arena65.jpg

 鶏の皮で包んだギョウザ。鶏皮自体が柔らかくまた油が染み出てくるので、中の肉と調和しての「重ね味」となります。これ、今回おおきにアリーナで初めて目にしましたが、ぜひレギュラー販売してほしいですね。

 この日の第1試合開始は14:00。開場からかなり時間が空いていますが、その間にコート上では様々な催しがおこなわれたのでした。中でも圧巻だったのが……それは後編でつづるとします。
(後編に続く)

2019-04-15

おおきにアリーナ舞洲 2019-04-13 大阪vs琉球・後編

 2019年4月13日、おおきにアリーナ舞洲での大阪エヴェッサvs琉球ゴールデンキングス。
 この日試合前には、なんとあの和田アキ子さんがおおきにアリーナへ来場したのです!
maishima_arena53.jpg

maishima_arena54.jpg

 ……失礼しました。この方は和田アキ子さんではなく、モノマネ芸人のMr.シャチホコさんです。登場と同時に和田さんのマネで『古い日記』を歌唱。違和感ないほどに声が似ていました。

 この日の試合では、観客にリップルライトが配られました。手首に着け、いろいろな色の光を発するムード盛り上げグッズ。そのリップルライトについての詳細は↓こちらの記事をご参照ください。

 府民共済SUPERアリーナ訪問記・3 2018-02-13
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1006.html

 試合開始が近づくと、照明が落とされた場内ではリップルライトが光り、大きな風船まで弾んでいくという何とも幻想的な空間が造り上げられていったのでした。
maishima_arena55.jpg

 その幻想を目にすれば、まもなく試合開始。大阪vs琉球ということで、オリオンビール片手に観戦です。
maishima_arena56.jpg

 タイムアウトの時には、この日の試合が「キンチョウ虫コナーズ」プレゼンツということで、チアの皆さんがキンチョウの宣伝パフォーマンスをする一幕もありまして。
maishima_arena57.jpg

 そして、試合の経過と結果は、

    大阪  琉球
 1Q   16  12
 2Q   14  26
 3Q   14  13
 4Q   22  11
       66  62

maishima_arena58.jpg

 伝統の一戦は、大阪エヴェッサの勝利でした!
 序盤は大阪がリードしたものの、その後すぐに琉球が逆転、前半は琉球ペースでした。ところが大阪は後半になると巻き返しました。堅いディフェンスで相手に簡単に点を取らせず、その一方で着実に得点を重ね、第4クォーターでは一気に攻めていって逆転に成功。そのまま勝利となったのでした。
 なお、この日の入場者数は3,770人でした。

 Bリーグ2018-2019シーズンの試合を観戦するのは、今回が最後となります。次に観戦することとなるのは、9月におこなわれるアーリーカップ関西。今年はここ、おおきにアリーナ舞洲が会場となります。
 そこで気になることがひとつ。今年のアーリーカップのときに出店する飲食の屋台は、果たしていくつあるのか。というのは、おおきにアリーナは周辺に飲食店がなく、近くにコンビニが1軒あるだけなので、開催時の飲食販売をしっかりとする必要があると思うのです。アーリーカップの場合、大会2日目には3試合が連続しておこなわれます。観客の中には3試合連続で観戦するという人もいるでしょう(私もそのひとりです)。そういう人たちのために、アーリーカップ関西では飲食の販売について、よーく考えていただきたいと思うのです。

2019-04-14

おおきにアリーナ舞洲 2019-04-13 大阪vs琉球・前編

 2019年4月13日、私はおおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。この日ここでおこなわれるのは、

B1リーグ 大阪エヴェッサ vs 琉球ゴールデンキングス

 この対戦は「伝統の一戦」と呼ばれます。なぜかというと、大阪と琉球はBリーグの前身ともいえるbjリーグに、2005年発足時からそろって参加しているからです。いわばライバルの関係。その関係はBリーグとなってからも変わりません。
 とはいっても、大阪はやっとの思いでB1残留を決めたばかり、対する琉球はすでにB1西地区優勝を決めているときており、この日の試合は消化試合の様相。果たして、どのような試合運びとなるのやら。

 いつものようにJR桜島駅で降りましたが、駅の前に↓こんな大きな建物が!
maishima_arena41.jpg

 これは新しいホテルのようです。USJの客を取り込むのでしょうか。そしてまだ気が早いですが、大阪万博の客も見込んでいるのでしょうか。
 このホテル建築の影響で、舞洲行きのバス停の位置が移動していました。この舞洲行きのバス、おおきにアリーナで試合があるときには、いつも満杯になるのですよね。この点を早いところどうにかしてもらいたいところです。
 着きました。おおきにアリーナ舞洲。
maishima_arena42.jpg

maishima_arena43.jpg

 あらためて、この日の試合。
maishima_arena44.jpg

 この試合の冠スポンサーは「キンチョウ虫コナーズ」というわけで、入場時に「キンチョウ虫コナーズ」の現物をいただいたのでした。
maishima_arena45.jpg

 ゲームプログラムにも「伝統の一戦」の文字が躍っています。
maishima_arena46.jpg

 それといっしょに、なぜか↓このチラシが。
maishima_arena47.jpg

 劇場版『響け!ユーフォニアム』のチラシです。

 さて、例によって試合前に燃料補給といきましょう。
 まずはおなじみ、バスケ串。
maishima_arena48.jpg

 これ、刺さっている手羽トロもつくねもウマいのです。これはアリーナの外と中、両方で販売されていますが、外のほうができたてをいただくことができます。(中では火が使えず、外で調理したものを中に持っていく形となるため、いくらか冷めてしまう)
 今回は琉球との試合ということで、沖縄フードの屋台も出店していました。その中の沖縄焼きそば。
maishima_arena49.jpg

 麺がソーキそばです。私はこれを泡盛のロックといっしょにいただきました。このほかにもサーターアンダギーやブルーシールアイスクリームも販売されていました。
 そして忘れちゃいけない、会津屋のたこ焼。今回は「元祖ラヂオ焼」もいっしょにいただきました。
maishima_arena50.jpg

 ラヂオ焼というのは、たこ焼同様に粉をまん丸に焼いたものですが、中身が牛スジ肉とコンニャクです。↓これがラヂオ焼の中身。
maishima_arena51.jpg

 実はこのラヂオ焼のほうが、たこ焼より先に誕生したのです。ラヂオ焼の中身に使う材料が足りなくなり、代わりにタコを入れて焼いたのが、たこ焼の始まり。それからたこ焼のほうがはるかにメジャーな存在となったのでした。
 あとは手羽トロ唐揚げでじゅうぶん満足。
maishima_arena52.jpg

 燃料補給は完了です。では次回は試合観戦といきます。

(後編へ続く)

2019-03-27

ジェイテクトアリーナ奈良訪問記・おまけ編

 2019年3月23日、ジェイテクトアリーナ奈良を訪問した私ですが、せっかく奈良県橿原市まで来たということで、時間があったので橿原市の名所、神武天皇陵と橿原神宮も訪問しました。両方ともジェイテクトアリーナからはわりと近い場所にあります。またこの両者は、大和三山のひとつである畝傍山のふもとにあります。
 まずは神武天皇陵へ。
kashihara_nara11.jpg

kashihara_nara12.jpg

 神武天皇は初代の天皇。そのお方がこの橿原の地に眠っています。この神武天皇に始まって現在に至るまで皇統は代々受け継がれ、今年5月からは第126代目の天皇が即位されます。

 神武天皇を祀っているのが、橿原神宮です。
kashihara_nara13.jpg

 右下の大きな絵馬は↓これです。
kashihara_nara14.jpg

 ここで私は願かけをしました。それは
「二度と事故に遭いませんように!」
 2月28日に交通事故に遭った私。そう願うほど精神的にショックだった出来事だったのですよ。はい。


 

2019-03-26

ジェイテクトアリーナ奈良訪問記・後編

 2019年3月23日、ジェイテクトアリーナ奈良でのB2リーグ・バンビシャス奈良vs島根スサノオマジック。
 島根スサノオマジックは現在、B2西地区で首位を走っています。しかしB1に昇格するのに必要なB1ライセンスが継続審議となっており、場合によってはB1ライセンスが交付されずプレーオフに進出しても昇格できない可能性が出てきました(プレーオフ出場はB1ライセンスの有無に関係なし)。ここはぜひともB1ライセンスが交付されてほしいものです。
 また、バンビシャス奈良もライセンス継続審議です。もっとも、こちらは最初からB2ライセンス申請ですが。この両者のライセンス判定結果、4月9日に出る予定です。

 チームが好調であるからか、島根ブースターの皆さんがここ橿原にけっこう集まっていました。そしてこの日は島根のマスコットキャラクター、すさたまくんもやって来ました。
kashihara_nara10.jpg

 すさたまくん、1階観客席の島根ブースターのところへと行って、交流していました。

 さて、試合のほうはどうなったかといいますと……

    奈良  島根
 1Q   15  17
 2Q   16  19
 3Q    7   19
 4Q   22  15
       60  70

 西地区首位の実力は伊達ではありませんでした。奈良は第3クォーターで点を取れなかったのが響きましたね。第4クォーターでそれを挽回しようとしていましたが、時すでに遅し、というのが率直な感想です。
 この日ジェイテクトアリーナ奈良への入場者数は1,376人。橿原のバスケファンはこぞって入場してきたことでしょう。
 そして試合後は互いのブースターによるエール交換。奈良ブースターから
「ゴーゴー、マジック! ゴーゴー、マジック!」
 それに呼応するように、島根ブースターから
「レッツゴー、バンビシャス! レッツゴー、バンビシャス!」
 バスケの場合、お互いのブースターがさほどギスギスしておらず、穏やかな雰囲気を感じます。そういったことから、このようなエール交換がおこなわれるのでしょう。こういう雰囲気は大事にしていくべきです。
 

2019-03-24

ジェイテクトアリーナ奈良訪問記・前編

 2019年3月23日、私は奈良県橿原市にあるジェイテクトアリーナ奈良へと行ってまいりました。この日ここでおこなわれる試合は、

B2リーグ バンビシャス奈良 vs 島根スサノオマジック

 です。バンビシャス奈良が今回、橿原でホームの試合を開催します。
 奈良県橿原市。ここは橿原神宮と神武天皇陵があるところ。橿原神宮は初代天皇である神武天皇が祀られている神宮です。その地でバンビシャス奈良が迎え撃つのは、島根スサノオマジック。神武天皇の祖であるスサノオノミコトの名を冠するチームが橿原で試合を戦うのです。さながらこの試合「神話試合」ということになるでしょうか。

 ジェイテクトアリーナ奈良の鉄道最寄り駅は、近鉄橿原線の畝傍御陵前駅。同じ近鉄の橿原神宮前駅からでも行けないことはありませんが、最も近いのは畝傍御陵前駅です。
 畝傍御陵前駅を出ると↓この案内が。
kashihara_nara1.jpg

 これに従って行けば、ジェイテクトアリーナ奈良へたどり着けます。
 はい、たどり着けました。
kashihara_nara2.jpg

kashihara_nara3.jpg

kashihara_nara4.jpg

 このジェイテクトアリーナ奈良、奈良県立橿原公苑の中にあります。なのでここは橿原市ではなく、奈良県の所有です。橿原公苑の中にはジェイテクトアリーナの他、野球場佐藤薬品スタジアムや陸上競技場があります。
 あらためて、この日のジェイテクトアリーナの試合。
kashihara_nara5.jpg

 その内部は、このようになっています。
kashihara_nara6.jpg

 2階席はベンチのような形状となっていまして、背もたれがゴツゴツと背中に当たる座席の仕様でした。

 さて、試合開始までまだ時間があるということで、その間に何をするかといえば……場内の食べ物を食べることです。
 今回はラーメン屋が2店、出張販売に来ていました。
 ↓こちら、麺屋『NOROMA』と『ちかみちらーめん』がコラボして販売の、味噌ラーメン。
kashihara_nara7.jpg

 濃厚な味噌スープです。コクがあるスープに魚粉がかかってアクセントとなって、味わいが倍増しとなったこのラーメン。スープを飲み干してしまいました。それだけの旨さがあった一品。チャーシューも厚切りで、ガッツリ食べたいという人にはもってこいのラーメンでした。
 もうひとつ、『麺や清流』では鶏塩ラーメンが販売されていました。
kashihara_nara8.jpg

 こちらはアッサリ系のラーメン。そしてこのラーメンには「なると」がのっています。昔のラーメンには必ずといっていいほどのっていた具、なると。今ではそれはないほうが多くなっています。なるとはラーメンの味を引き立たせる具ではありませんし、使われなくなるのも必然というのが自然の流れなのでしょう。
 ラーメンを2杯も食べて、しばらくした後にハラミ丼も食べてしまったのでした。この品はバンビシャス奈良の試合ではいつも販売されているものです。
kashihara_nara9.jpg

 いつものことながら、食い意地が張った私であります。

(後編に続く)


2019-02-12

西宮市立中央体育館 2019-02-10 西宮vs群馬・後編

 2019年2月10日、西宮市立中央体育館での西宮ストークス vs 群馬クレインサンダーズ。
 群馬クレインサンダーズの「クレイン」は鳥の「ツル」の意味。群馬県の形がツルに似ていることに由来します。また群馬県は雷が多く発生する地域ということで「サンダーズ」です。ちなみに似た名前の川崎ブレイブサンダースは「サンダー“ス”」ですが、群馬のほうは「サンダー“ズ”」です。

 さて、試合はどうなったかといいますと、

    西宮  群馬
 1Q   18  21
 2Q   25  19
 3Q   27  21
 4Q   23  22
       93  83

 西宮ストークスの勝利です!
 序盤は群馬に得点を許すことが目立った西宮、第1クォーターではリードされたものの、第2クォーターで勢いづき逆転に成功。その後もディフェンスで点を取らせずボールを取り返すプレイを多く見せ、最終的に10点差をつけての勝利でした。
 この日西宮市立中央体育館への入場者数は1333人。連休中とあってか、けっこう入ったようです。群馬ブースターの方々も少ないながら来ていましたし。
 西宮ストークス、この次のホームゲームは神戸で開催とのことです。相手は八王子ビートレインズ。
nishinomiya43.jpg

 今まで神戸でBリーグの試合が開催されたこと、なかったのですね。会場の神戸常盤アリーナ、所在地が神戸高速線・山陽電車の西代駅の近くとアクセスがよいですね。
 試合終了後、出口ではストークスチアの皆さんがチョコレートを渡してくれたのでした。
nishinomiya44.jpg

 そういえば、バレンタインの季節でしたね。

 その後、私は阪急西宮ガーデンズへと行きました。↓かつて西宮球場があった場所ということで、近くには「球場橋」という橋があります。
nishinomiya45.jpg

 阪急西宮ガーデンズではスントゥブをいただき、寒い中冷えた体は存分に温まったのでした。
nishinomiya46.jpg


2019-02-11

西宮市立中央体育館 2019-02-10 西宮vs群馬・前編

 2019年2月10日、私は西宮市立中央体育館へとBリーグの試合を見に行きました。
 この日ここでおこなわれる試合は、

西宮ストークス vs 群馬クレインサンダーズ

 です。

 群馬クレインサンダーズ、ここは現在B2東地区で首位を走っているチームです。そんな相手を迎え撃つB2中地区3位の西宮ストークス、前日の試合では敗れてしまいました。果たしてこの日の試合ではその雪辱を晴らすことができるでしょうか。

 西宮市立中央体育館、この日は寒波の到来で気温が低く冷たい風が吹いていました。それゆえ↓風で横断幕がゆがんでいました。
nishinomiya38.jpg

 この日の西宮市立中央体育館、ストークスバーでは「飲み放題」を実施。1200円払えばビール・ハイボール・チューハイのほか、ソフトドリンク飲み放題です。
 今回の飲み放題、1200円出したことの証明として↓このように手首にピンクの紙テープを巻いてくれました。
nishinomiya39.jpg

 これをストークスバーで見せて飲みたいものを注文すればよいのです。なお、寒い季節ということで、ストークスバーのメニューにはコーンスープやホットココアもありました。
 飲み放題で早速ビール等のアルコールを飲みいい気分となった私。そのツマミにいただいたのは、牛タン串・フランク・揚げ餅。
nishinomiya40.jpg

nishinomiya41.jpg

 フランクは店の人が焼いているときに中の串を折ってしまったとのことで、それのお詫びの印に無料で揚げ餅を添えてくださいました。得した気分です。

 さて、腹が満たされたところで、コートへ目を向けるといたしましょう。
 この日の前座試合は、西宮ストークスU-12 vs 大阪エヴェッサU-12。将来Bリーグで活躍するかもしれない小学生たちの試合です。この試合では24秒ルールが30秒ルールとなっていました。まあ小学生ですからね。結果は、西宮U-12 24-40 大阪U-12。  そして試合前には西宮ストークスブースターである歌手、サーカスフォーカスがストークスチアとともに歌を披露。
nishinomiya42.jpg
 
 気分が盛り上がってきたところで、さあ試合開始です!

(後編へ続く)


2019-02-04

おおきにアリーナ舞洲 2019-02-02 大阪vs三河・後編

 2019年2月2日、おおきにアリーナ舞洲での大阪エヴェッサ vs シーホース三河。今回の試合の冠スポンサーとなっているのは、マザーフーズです。マザーフーズは「手羽トロ唐揚げ」を販売する会社で、大阪エヴェッサの試合のときに出張販売に来ます。
 ↓これがその手羽トロ唐揚げ。
maishima_arena37.jpg

 肉が柔らかく、汁気があっていけます。これはビールのツマミにもってこいの品。
 あと、大阪の試合ではおなじみのバスケ串。これもマザーフーズが販売する品です。
maishima_arena38.jpg

 今回の試合、青い服を着たシーホース三河のブースターもけっこう来場していました。刈谷から大阪は、そう遠くない距離ですからね。おそらくこの日来た三河ブースターの大半は、試合終了後大阪に一泊し、翌日大阪観光といくのでしょう。

 この日の試合は「八尾市民デー」ということで、試合前に八尾市長があいさつ。そのあと八尾市のアマチュアダンスグループによるダンスの披露。次にあるヒップホップグループ(名前忘れた)のパフォーマンス、そして大阪エヴェッサチアチーム「BT」が登場し、新曲の披露。↓ダンスを踊りながら歌うBTのみなさん。
maishima_arena39.jpg

 まるでアイドルグループのようです。このほか、ハーフタイムには女性3人組ヒップホップグループ(これも名前忘れた)のステージもあり、試合以外でもにぎやかなコートでした。

 さて、肝心の試合はどうだったかといいますと……

    大阪  三河
 1Q   17  27
 2Q   20  21
 3Q   19  27
 4Q   22  23
       78  98

maishima_arena40.jpg

 シーホース三河がアウェイで20点差をつけての勝利でした。
 もうとにかく、大阪は序盤から圧倒されていた印象。大阪はシュートミスが目立ち、フリースローを2本とも外すなど、攻撃に粗さが目立っていました。一方の三河は着実に得点を重ねていて、ここに差が出たかな、という印象です。
 この日の入場者数は3,401人。大阪エヴェッサは収容人員の多いアリーナを本拠地にしていることも手伝って、わりあい多めの客を集めていますね。

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード