ボート&オートレース好きの自閉症者ですが、何か?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、好きなボートレース(旧「競艇」)とオートレースのこと、自身の障害のことを中心につづります。

エビフライ飯のちょいと岡山散歩

 2017年4月29日にシティライトスタジアムで岡山vs湘南戦を観戦したあと、時間がまだ余っていたので、岡山市内をちょいと見て回ろうと考え、↓これに乗りました。
 okayama_sampo1.jpg

 okayama_sampo2.jpg

 岡山市中心部を走る路面電車、岡山電気軌道。路面電車がある都市の中ではいちばん規模が小さいと言われています。これの東山行きに乗り「城下」電停まで。100円で行けます。そこから東へと歩いていくと、後楽園および岡山城があるのです。
 その道中の公衆トイレには↓このような看板が。
 okayama_sampo3.jpg

「ここはトイレじゃ」日本語訳がなぜに岡山弁なのでしょう。
 さらに歩いていけば、見えてきました。岡山城。
 okayama_sampo4.jpg

 okayama_sampo5.jpg

 この岡山城、外観が黒いことから「烏城(うじょう)」とも呼ばれます。
 岡山城から南へと歩いていけば、↓この大層な造りの建物へとたどり着きます。
 okayama_sampo6.jpg

 これは岡山県庁。道路をはさんだ反対側には、岡山県立図書館があります。私はその図書館へと入り、山陽新聞に掲載されたファジアーノ岡山関連の記事をいくつか閲覧したのでした。
 県庁から今度は西へと歩いていきます。路面電車の軌道を越えてさらに西へ歩けば、たどり着くのは表町商店街。天満屋百貨店はじめ、数々の商店が立ち並ぶ場所です。
 その表町にて、↓これをいただきました。
 okayama_sampo7.jpg

 岡山のソウルフード「えびめし」です! この黒い秘密のソースで味付けされた米が、クセになるうまさ。岡山へ観光にいらっしゃった際には、ぜひ食べてみることをおすすめします。あとシティライトスタジアムへ観戦にいらっしゃるアウェイサポのみなさん、この「えびめし」は、ファジフーズでは販売しておりませんので、あらかじめお知り置きを。
 表町商店街の書店では、↓こういった本が売られていました。
 okayama_sampo8.jpg

 この中には、ファジアーノ岡山に関する記述もありました。
 天満屋から表町商店街のアーケードを北へと歩いていくと、再び城下電停へと戻ります。ここからまた路面電車に乗って岡山駅前へ。電停では、湘南ベルマーレのユニフォームを着た方がいました。きっと試合後岡山市内観光をしているのでしょう。岡山だとこれが比較的楽にできますね。
 岡山駅の近くには、近年イオンモールができたということで、初めてそこに入ってみました。さすが岡山県下最大規模の商業施設といわれるだけあります。ここは1日ではとても全部回りきれないでしょう。
 そのイオンモールの男子トイレには、↓このようなかわいい絵が。
 okayama_sampo9.jpg

 ピーチちゃん・レモンちゃん・ピオーネちゃん・オリーブちゃん、だそうです。どれも岡山で生産されている果物ですね。
 そろそろ岡山駅へ行こうとイオンモールの地下に降り地下道を行っていると、↓こんな広告が。
 okayama_sampo10.jpg

 トマト銀行のカードローンが「キューリ」……ひたすらわけのわからない名づけですね。そういえば昔「成すがままなら、キュウリはパパ」なんて引っかけ言葉がありましたねえ。ふと思い出しました。

 そういうわけで、今回は岡山市内をちょい散歩したとき目にしたものをまとめてみました。たまにはこういうのもいいですよね。



Cスタ 2017-04-29 岡山vs湘南・後編

 2017年4月29日、シティライトスタジアムでおこなわれた、ファジアーノ岡山vs湘南ベルマーレ戦。試合の前にはステージでトークショーがおこなわれました。
 この日登場したのは、元日本代表の武田修宏さん。聞き手は地元OHK岡山放送で『ファジ☆スタ』の司会も務めている、堀靖英アナウンサー。実はこの日、OHKが試合の生中継を放映するのです。その解説が武田さんです。
 citylight_st110.jpg

 約15分の短い間のトークショーでしたが、武田さんのファジへの展望やちょっとした裏話などが聞けました。ちなみに武田さん、トークの冒頭でこんなことを。
「最近は岡山というと、海寄りへ行くことが多い」
 そうです。武田さんは地上波ボートレース中継の司会を務めていらっしゃる方。海寄りというのはボートレース児島のこと。最近の武田さんはボートのイメージのほうが強く、逆にこのトークでサッカーの話をしている方が違和感覚えるくらいでした。元日本代表なのですがね。

 そうこうしているうちに、試合開始が近づいてきました。
 citylight_st111.jpg

 アウェイ席に掲げられた横断幕の中に、神奈川県の地図の一部が淡緑色に塗られているものがありました。これは「湘南」の範囲を表したものでしょうか。湘南という地域名はよく目にしますが、具体的な範囲がどこまでなのかがあやふやな印象なのですよね。となると、この地図で示された範囲は正しい「湘南」であるといえるのか、これも怪しいですね。
 そういえば、湘南ベルマーレはJリーグ加盟当初、湘南の名前で参加しようとしましたが、当時Jリーグから「湘南という地域名はどこまでか曖昧なのでダメ」とお達しを受けたため「ベルマーレ平塚」と改称して参加した過去があります。でものちに、湘南の名前が復活しました。

 いよいよ試合開始。相手の湘南は日本リーグ時代フジタサッカー部として君臨、Jリーグ2年目から参加の歴史あるチーム。ファジとは格が違います。それでもそれを跳ね返すほどの力を、ファジには見せつけてもらいたいところです。
 試合の流れは、
  • 前半18分、湘南MF岡本拓也選手がゴール。湘南が先制点。
  • 前半はアディショナルタイム3分。岡山 0-1 湘南で前半終了。
  • 後半はアディショナルタイム4分。
  • 後半47分、試合終了間際に湘南DF杉岡大暉選手がダメ押しのゴール。
 結果は、
ファジアーノ岡山 0-2 湘南ベルマーレ

 ファジは2点差をつけられる負けを喫しました。
 試合終了後、湘南の選手たちはアウェイ席へと行き、そこで選手とサポーターがいっしょになって勝利のダンスを踊っていました。おそらくアウェイでの勝ちだと、なおのことうれしい気分で踊れたことでしょう。
 この試合で負けたファジは、順位が14位から16位へと下がり、一方の湘南は5位から3位へと上がりました。1年でJ1へ戻る可能性も出てきています。ファジのほうはというと、もう今年は残留争いのほうに必死になりそうな気配です。

 あと、今回の試合は13:00開始ということで、早い時間に試合が終わったことで時間が余ったため、私は岡山市内をふらりと散歩してみました。そのときの様子は、また別の記事にて。

Cスタ 2017-04-29 岡山vs湘南・前編

 2017年4月29日、私は前回4月23日に引き続いてシティライトスタジアムへと行きました。今回のファジアーノ岡山の対戦相手は、神奈川県平塚市に本拠地を置く湘南ベルマーレです。
 citylight_st102.jpg
 citylight_st103.jpg

 今回はいきなりこの日のファジフーズの紹介といきましょう。
 この日は「肉バトル」と称して、肉をたっぷり使ったメニューが目白押しでした。それらの大半は限定メニューでしたが。
 ↓こちら、そのうちのひとつ、タンシチュー丼。
 citylight_st104.jpg
 citylight_st105.jpg
 
 ご飯とシチューは別々で提供されました。食べるときに自分でシチューをご飯にかけるわけです。そうしないとご飯が汁気を吸ってしまって、味が落ちますからね。
 これはタン肉が柔らかくて、シチューもコクがあってご飯によく合っていました。これはレギュラーメニューにしてほしいところですね。
 続いて、↓こちらも肉バトル参加メニューの、干し肉とヨメナカセのスパイシーコンボ。
 citylight_st106.jpg

 ヨメナカセはファジフーズのレギュラーメニューですが、今回の肉バトルに参加しています。これは「酒をおともに食べてくれ」といわんばかりの食べ物。そうなると、必然的に酒が欲しくなるものです。
 そこで、↓今回の湘南戦にちなんだカクテル「湘南ブルースカイ」
 citylight_st107.jpg

 これを飲めば、湘南の潮風に吹かれた気分……にはなりませんでした。
 お次は↓トントンラーメン肉たっぷり。
 citylight_st108.jpg

 チャーシューがいつもより多くのっているトントンラーメン。今回に限って、この肉たっぷりは醤油かトンコツのどちらかを選ぶことができました。私はトンコツで。
 いつものトントンラーメン肉多めよりチャーシューが多くのっていました。ただ、肉多めと価格を同じに設定しているためか、チャーシューが厚切りではなかったのです。まあこれは目をつぶるとします。
 最後は肉バトル参加メニューではありませんが、ホルモンうどん。
 citylight_st109.jpg

 定番メニューですが、やはりついつい食べたくなります。そしてこれも肉が使われているので、肉バトルに参加の扱いでもよかったのではと思います。

 ところで、今回のファジの対戦相手である湘南の本拠地、BMWスタジアムでも「ベルマーレフードパーク」と呼ばれるスタジアムグルメが存在しています。ファジフーズと同じく屋台店舗形式をとっています。
 この日は連休の初日ということもあってか、けっこうな数の湘南サポさんが来場されていました。普段ベルマーレフードパークに親しんでいる湘南サポさんたち、岡山のファジフーズを体験してみて、どう感じたでしょうかね? 「うち(湘南)より充実している、負けた」と感じたか、はたまた「噂のファジフーズもたいしたことないな、うちの勝ち」と感じたか。

 さて、肉・肉・肉と肉食動物になった気分に浸った今回のファジフーズを満足するほどいただいて、岡山vs湘南の試合観戦といくとしましょう!

(後編に続く)

Cスタ 2017-04-23 岡山vs山形・3

 2017年4月23日のシティライトスタジアム、この日少数ながらも山形サポさんたちは応援に駆けつけてきていました。
 citylight_st101.jpg

 この写真は試合開始約1時間前に撮影したもので、実際はこれよりも多くの山形サポさんがアウェイ席に座っていました。
 で、つくづく思うのですが、Cスタは「完全なゴール裏席」があまりに貧弱なのですよねえ。一方は段がついているだけ、もう一方はイスでなく芝生。ゆえにアウェイ席がこの写真の位置となっている次第です。北側のゴール裏はすぐそばが道路なので拡張できないという事情があるので仕方ありませんが、南側はイスを設置するぐらいのことができないものでしょうか。
 Cスタはアクセスが抜群によいという長所があるのですが、肝心のスタジアムがこういった状況なので、新専用スタジアムがあればいいなあと思うのです。


 さて、この日の試合はどうだったかといいますと……
  • 前半4分、岡山・喜山康平選手がこぼれ球を押し込みゴール。岡山が先制。
  • 前半はアディショナルタイム2分。岡山 1-0 山形で前半終了。
  • 後半7分、山形が痛恨のオウンゴール。岡山が2点リードとなる。
  • 後半31分、山形・中山仁斗選手のゴール。1点差に詰め寄る。
  • 後半アディショナルタイムは4分。
 結果は、 ファジアーノ岡山 2-1 モンテディオ山形

 やりました!! ファジがホームで勝利! 実は私、これまでCスタでは5回生観戦しましたが、いずれもファジが引き分けか負け。しかし6回目のこの日、ついについに!ファジの勝ち試合をこの目で見ることができたのでした! いや本当よかったです。これまで生観戦していつもファジが勝てなかったので、自分が疫病神なのではないかと思ってしまったほどだったので。
 とはいっても、この試合決してファジは楽に勝てたわけではありませんでした。前半こそファジ優位の試合運びだったものの、後半は明らかに山形ペース。ゆえに1点返されました。シュートの数も山形のほうが多かったですし、ファジは下手をすると勝ち点を2減らす恐れもありました。そんな状況下でなんとか勝てたファジ。順位は16位から14位に上がりました。一方の山形は10位のまま上がらず下がらず。
 あと、この試合で山形の選手がひとり、足をケガしたらしく担架で運ばれるということもありました。大事に至っていないことを祈ります。
 この日の試合の入場者数は8,104人。連休前だとこんなものでしょうか。次の試合は4月29日、同じくCスタでvs湘南戦です。

Cスタ 2017-04-23 岡山vs山形・2

 それでは、次に恒例のファジフーズの紹介です。2017年4月23日のファジフーズは、どんなものがあったのか。

 まずは、↓この日の限定メニュー、エビフライ丼。
 citylight_st96.jpg

 わはははは。エビフライ飯を名乗る私が、似た名前の「エビフライ丼」を食べたときました。これぞまさに共食い!? それはさておき、これはご飯の上にエビフライ2尾がのっているだけでなく、ご飯の中にもタレで味つけされた小さなエビが入っていました。これ、レギュラーメニューに昇格しないでしょうかねえ。

 ↓今年から新メニューとして加わった、ホルモン唐揚げコンボ。
 citylight_st97.jpg

 ホルモンの唐揚げとフライドポテトがいっしょになった品。ホルモンうどんでおなじみのホルモンを唐揚げにするという発想はありませんでした。これは酒のツマミにするのにもってこいの品。特にビールがよく合います。しかもこれは今年からのレギュラーメニュー。Cスタへ行けば確実にありつけます。

 ↓こちらも限定メニューの、どんどん焼き。
 citylight_st98.jpg

 このどんどん焼き、山形のご当地B級グルメだそうです。これをわかりやすく表現すると「モチモチ生地のお好み焼きを棒にグルグル巻きにした」ものです。食べてみましたが、ついている具が少ないせいか何かもの足りない感じ。山形では本当に、これが人気の食べ物なのでしょうか?

 ↓千屋牛ラーメン。
 citylight_st99.jpg

 今までファジフーズでラーメンというと、ファジ丸トントンラーメンばかりを食べていた私ですが、今回は趣向を変えてこちらを食べました。スープはあっさり醤油。チャーシューの代わりに千屋牛の肉がのっています。

 ↓ソフテリアミックスベリー。
 citylight_st100.jpg

 これ、よく見るとボートレースのターンマークに似てると思いませんか? 私はそう思いました。ボートレース児島とのコラボをやっていたならば、展示される競走用ボートをバックにこのソフテリアの写真を撮影できたのですがねえ。

 ……というわけで、今回もいろいろと食べまくった私だったのでした。まだまだ未体験のメニューは数多くあります!

(続く。次で終わり)


Cスタ 2017-04-23 岡山vs山形・1

 2017年4月23日、私はシティライトスタジアムへと行ってまいりました。今年2度目の訪問です。
 この日のCスタの試合は、ファジアーノ岡山 vs モンテディオ山形。この時点でファジはJ2で16位、山形は同じく10位です。
 citylight_st92.jpg

 いつものように岡山駅から北へと歩き、岡山県総合グラウンドへ。↓これはグラウンド入り口にある案内図の一部ですが……
 citylight_st93.jpg

 以前も申し上げましたが、この野球場はもうあまり使われることがないでしょうから、ここをサッカー専用スタジアムに改装することはできないものでしょうか。ただもし仮にサッカースタに改装するとなると、形状の都合上北西にある駐車場を一部犠牲にしないといけないかもしれません。もしくは周囲の木々を一部撤去となるか……あるかないかわからないことで「もしも」を考えても仕方ないですね。
 同じくグラウンド入り口のすぐ近くにあるジップアリーナでは、この日関西学生体操選手権大会が開催されていたのでした。
citylight_st94.jpg

「関西」なのに、なぜ岡山で開催されるのか謎です。ま、それはさておき、いざCスタへと歩いていきます。

 citylight_st95.jpg

 この日の対戦相手、モンテディオ山形の「モンテディオ」とは「山の神」という意味です。出羽三山を神に見立てたことが由来です。地元では「モンテ」と呼ばれて親しまれているそうです。この点は「ファジ」と同じですね。
 ここに描かれているのは、山形のマスコット「ディーオ」(左)と「モンテス」(右)。力強そうな印象のマスコットです。
 山形は現在はJ2ではあるものの、以前はJ1の経験もあるチーム。それだけに、この日の試合は少々の苦戦が予想されます。しかし、ここはファジに何としても頑張って勝ってもらいたいところ。

 うらじゃ踊りvs花笠踊り、白桃vs桜桃、岡山と山形の対決にもいろいろあります。そしてこの日はファジvsモンテ。その対決が火蓋を切ろうとしています!

(続く)

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・3

 シティライトスタジアム内に入場する際、入場ゲートで↓こういったものが配られていました。
 citylight_st90.jpg

 これは、この日2017年3月5日の山陽新聞にはさまれていた、ファジアーノ岡山のホーム開幕特集。岡山の地元紙・山陽新聞はファジに対する入れ込みがハンパではないです。何せファジのスポンサーのひとつですからね。

 さて、キックオフが迫ってきまして、バックスタンドでは恒例のビッグフラッグが掲げられました。
 citylight_st91.jpg

 いいですねえ。これを見ると、いつも試合前に心がたかぶってきます。そんなわけで、ファジアーノ岡山vsロアッソ熊本、キックオフです!

 さて、試合はといいますと、前半はファジが優位に試合を進めていたものの、得点に結びつけることができずに0-0で終了。ちなみに、この試合前半はアディショナルタイムがありませんでした。
 そして後半。2分にファジFW豊川選手がゴールを決めて、待望の先取点。この虎の子の1点を守り切れば、ファジは勝てます。
 そして、もしこの試合でファジが勝ったなら、私は初めてファジの勝ち試合を目にすることができるのです。何せ私、今まで観戦したファジの試合は、いつも負けか引き分け。いまだ勝ちとなったことがないのです。それだけに期待は大きくなりました。
 後半も終わりに近づき、アディショナルタイム3分が知らされ、そのアディショナルタイムに突入した、そのときです。相手熊本がファジの守りのスキをついて、まさかまさかの土壇場での同点ゴール。私、もうこれには唖然茫然。勝てると思った試合が、最後の最後で急展開。
 結局、この試合は

 ファジアーノ岡山 1-1 ロアッソ熊本

 引き分けに終わりました。もうとにかく残念無念。今回こそようやく勝ち試合を目にできると思ったのに……まだジンクスは続くこととなります。
 この試合で勝ち点1を取ったファジ、第2節終了時点で順位は17位。次こそ勝利をもぎ取りたいところです。
 ちなみに、この試合の入場者数は10,286人。ホーム初戦で1万超えはできました。できるならこれがホーム全試合続いてほしいところです。

 今年も、行けるときにファジの試合を観に行こうと思います。

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・2

 ここCスタへ来たなら、忘れちゃいけない「ファジフーズ」! はい、今回もガッツリ食べましたよー。では、今回食したフーズを紹介いたします!

 まずは、今年からの新メニュー、ちゃんぽん焼。
 citylight_st82.jpg

 これ、焼そばと焼うどんがいっしょになったものです。2種類の麺を味わえる欲張りメニュー。もしかすると、Cスタで名古屋戦のときには、限定メニューで「きしめん」がさらに加わる「トリプルちゃんぽん焼」が販売されるのでしょうか?

 次に、今回の熊本戦限定メニュー、馬っしぃ~メッシ。
 citylight_st83.jpg

 ごはんの上に馬肉と温泉卵がのっています。馬肉がもう少し多ければよかったですね。

 お次はこちら。ヨメナカセと干し肉のコンボ。
 citylight_st84.jpg

 ヨメナカセとは牛の大動脈のことで、岡山県の津山地方の郷土料理だそうです。この写真のトレイの左側に寄っているのがヨメナカセ。右側が干し肉炒めです。これは酒のツマミにピッタリの品ということで、酒類を販売している「ファジバー」で販売されています。
 ヨメナカセ、今回初めて食べましたが、とにかくこれは歯ごたえのある一品。スルメのような食感で、これは酒が進みます。ただこれ、食べ続けるとアゴがだるくなってきますね。

 続いてファジ丸トントンラーメン肉多め。私のお気に入りファジフーズメニュー。
 citylight_st85.jpg

 やっぱりCスタへ来ると、ついつい食べたくなってしまいます。今年も変わらずスープがうまい。ただ、今年から紅ショウガをのせるのが強制的となっていたので(昨年までは客が自由に取ってのせられた)、私は注文時「紅ショウガなしで」と伝えました。私、紅ショウガが苦手なのです。なのでさっきの馬っしぃ~メッシの紅ショウガも、取り除いて食べました。

 さて、ここまで食べたところでデザートといきましょう。ソフテリアコーヒーゼリー。
 citylight_st86.jpg

 これ、甘さひかえめで食べやすいので好きです。
 以上が、今回私が食したファジフーズでした。


 では、今度はスタジアム周辺を見てみることにいたしましょう。
 入場券売り場では↓この冊子が窓口に置かれていました。
 citylight_st87.jpg

 これに目を通しておけば、試合開催日の流れが把握できるでしょう。初心者のみなさんはぜひご覧あそばせ。
 グッズ売り場では↓こんなものが。
 citylight_st88.jpg

 これは岡山弁で「すごくJ1行きたいから~!」という意味です。
 あと、ファジステージではこの日が熊本との対戦ということで、案の定来ていました。↓くまモン!
 citylight_st89.jpg

 くまモンはどこに行っても人気者。それをあらためて認識したのでした、はい。

 さて、スタジアム周辺で楽しんだら、いよいよ本日のメインイベント、試合観戦です!

(続く。次で終わり)

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・1

 2017年3月5日、私はひさびさにシティライトスタジアムへと行ってまいりました。
 私エビフライ飯、昨年11月に足をケガしてずっと遠出ができない状況が続いていましたが、その足もほぼ回復し、今回ようやくひさびさの遠出となりました。やはり自由に自分の足で動けるのは素晴らしいことですねえ。

 この日はJ2リーグ2017年シーズン第2節で、ファジアーノ岡山のホームCスタでの初戦となります。相手はロアッソ熊本。
 第1節ではアウェイで名古屋グランパスに2-0で敗れてしまったファジ。ホーム初戦で今度は勝ちたいところであります。

 ↓岡山駅改札口前では、いつものように案内広告。
 citylight_st77.jpg

 今は熊本から新幹線1本で岡山まで行けるときています。
 Cスタまでのファジロード道中にある、奉還町商店街の入り口には↓今年もファジの順位を掲示する幕が。
 citylight_st78.jpg

 ファジ、前節は2点差をつけられての敗戦だったために順位が下位となり、出だしはビリから2番目……いや、これから上がってくるのです! きっとそうです!
 そして同じく道中にあるトマト銀行では、↓このような広告が。
 citylight_st79.jpg

 ファジがJ1昇格したら利率が上乗せされる「ファジアーノ岡山応援定期預金」に加え、ファジ仕様の通帳・キャッシュカードも登場です。ファジサポはこぞってトマト銀行に口座作りに来そうですね。

 岡山県総合グラウンド内に入ると、見えてきましたシティライトスタジアム。有森裕子さんの像の背中も見えます。
 citylight_st80.jpg

 ↓今年の写真撮影パネル。
 citylight_st81.jpg

 このCスタの、お祭りのような空間が、今年もやってきたのです。

(続く)






Cスタ 2016-10-23 岡山 vs 金沢・3

 2016年10月23日 シティライトスタジアム ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢、試合経過は次のとおり。(試合経過テキスト中敬称略)
  • 前半43分、岡山DF岩政がこの試合イエロー2枚受けて退場。岡山はこの先10人で戦うことに。
  • 前半はアディショナルタイム2分。お互いゴールを決められず、0-0で前半を終了。
  • 後半4分、岡山MF矢島がゴールを決め先制点。岡山 1-0 金沢
  • 後半30分、金沢DF太田がゴール。同点に。岡山 1-1 金沢
  • 後半アディショナルタイムは3分。
  • 後半49分、金沢MF熊谷が終了間際に逆転のゴール。岡山 1-2 金沢
  • 金沢逆転ゴールのあと、試合終了。
 試合結果は、

ファジアーノ岡山 1-2 ツエーゲン金沢

 なんとファジ、土壇場でまさかまさかの逆転負けを喫してしまいました。
 この試合、見ていて明らかに金沢のほうが積極的な攻めに入っていました。これはやはり、最下位でJ3降格の危機にあることで、残留のために全力を注ぐ意地を見せているのではないか、そんな印象を受けました。金沢はこの試合に勝って最下位を脱出、20位となり残留圏内にまで上がりました。
 一方のファジ、最下位相手に敗れるという不覚。この日5位の清水は勝って3位に上がり、ファジは5位に落ち、自動昇格はほぼ絶望的となりました。気がつけば、6位の京都が背後に近づいてきています。1週間後の10月30日、ファジはその京都とアウェイで対戦です。主力が出場停止となっている状況で、果たして昇格争いに残れるかどうか。

 この日Cスタにいらっしゃった金沢サポのみなさん、いい思い出ができましたね!
 citylight_st75.jpg

 さて、次回のファジのホームゲームは、11月6日の水戸ホーリーホック戦となります。その日は「ボートレース児島デー」を実施するとのこと。
 citylight_st76.jpg

 スタジアム前広場にて、競走用ボートの展示もあるそうです。茨城県にはボートレース場がないですから、当日観戦にいらっしゃる水戸サポのみなさんは、競走用ボートを初めて見るという方が多いのではないでしょうか。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるボートレースとオートレースのファン。あと、たまに競輪も。
オートレース大阪ができて、関西にもオートレース熱発生の予感。
大の酒好き。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 高機能自閉症へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (165)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (132)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (1)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (13)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (3)
オートレース/レース場訪問記 (47)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (24)
スタジアム訪問記/その他 (36)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム (5)
QVCマリンフィールド (6)
花園ラグビー場 (6)
ヤンマースタジアム長居 (4)
Bリーグ観戦記 (5)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (18)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (30)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (84)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん