FC2ブログ

2019-08-18

名古屋競輪場訪問記・3

 名古屋競輪場の場内の食べ物は、わりと充実したほうだと感じました。名古屋メシも期待を裏切らずあります。
 1Fにある『Food's Shop 758』が、名古屋競輪場の主たる供食空間です。ここであらゆる食べ物がバラエティ豊かに販売されています。
nagoya_kr11.jpg

 まずは、名古屋近辺の公営競技場には定番のように販売されている、どて丼。
nagoya_kr12.jpg

 豚汁とお新香もついてきます。これで650円は手頃な値段です。豚汁はやはりこの地域の特徴なのか、味噌の味が濃かったです。
 名古屋メシといえば、忘れちゃいけない味噌串カツ。
nagoya_kr13.jpg
 これはビールを片手に食べると最高です。名古屋競輪場はビールと日本酒が販売されています。
 このほか、寿司や刺身定食も販売されており、今時分の暑い季節だと、カットされて冷やされたスイカまでもあります。
 
 ↓こちら、バックストレッチ側にある台湾ラーメンの店『味仙』の看板。
nagoya_kr14.jpg

 その『味仙』が、今回ここ名古屋競輪場まで出張販売に来ていました。そこで販売されていた、塩台湾ラーメン。
nagoya_kr15.jpg

 以前、常滑へ行ったときに食べた『味仙』の台湾ラーメン。その時食べたのはスープが醤油ベースでした。今回は少し異なる味を体験してみたいと思い、塩をいただきました。醤油と比べるとあっさりめでしたが、それでもピリ辛で食べると汗が噴き出てきます。
 ちなみに、↓これが通常の台湾ラーメン。スープの濃さの違いがおわかりでしょう。
tokoname_br43.jpg

 それと、みたらし団子の店も出張販売に来ていまして、3本買って食べました。
nagoya_kr16.jpg

 名古屋のみたらし団子は、このように1串に団子が5個ささっているのが特徴です。このみたらし団子、さきに紹介した『ぴすとっ☆』動画の中で、ぴすとちゃんが食べていましたね。
nagoya_kr17.jpg


 今回行った名古屋競輪場、名古屋駅からさほど離れていない場所にあり、交通の便はわりとよいほうです。大都市の中にある都市型競輪場といえます。名古屋の隠れた名所といってよいでしょう。
 ここへ来る客は、いわゆる「濃い」ファンが多いようで、バンクに向けてヤジが激しく飛びます。実際私もここで生の名古屋弁でのヤジを耳にしました。この「濃い」空間、一見の客は多少敷居が高いかもしれませんが、思い切って敷居をまたいでみれば、今までに体験したことのない空間を体験できるかもしれませんよ。

2019-08-17

名古屋競輪場訪問記・2

 名古屋競輪場、今回はオールスター競輪開催ということで、イベント広場ではさまざまなイベントがおこなわれました。
 まず、愛知支部の選手たちが飲み物やグッズを販売する『ふとももカフェ』
nagoya_kr7.jpg

 広場内には↓こういった奇妙なものも。
 nagoya_kr8.jpg

 これは2013年にKEIRINグランプリで優勝した、愛知の金子貴志選手の脚を原寸大の模型にしたものです。
 ステージ上では、タレントの早坂好恵さんのトークショー開催。
nagoya_kr9.jpg

 このほか、ステージではお笑いコンビ「どりあんず」のライブや、女子プロ野球チーム愛知ディオーネの選手と競輪愛知支部の選手とのバットリフティング対決もおこなわれました。

 続いて、今回の車券勝負について。例によって、2車単のみで買っていきました。その結果は……

●2019年8月14日 名古屋競輪
 第62回オールスター競輪GI 初日


 ・的中レース(8・9・10Rは購入せず)
  1R 2車単   280円
  4R 2車単  1,820円
  5R 2車単  1,610円

 ・回収率:206.1%

 4R・5Rと続けて的中してから、無駄に金を使わないようにと8Rから10Rは見とし、最後の11Rドリームレースで集中して勝負する作戦に出ました。しかし11Rは的中とはならず……それでも結果は収支プラスとなったので、それはそれでよかったとしましょう。

(続く。次で終わり)


(おまけ)
 名古屋競輪場内のトイレに、↓こんな貼り紙が。
nagoya_kr10.jpg

 公営競技場のトイレ、狙いが定まらず便器そばの床が汚れていることが多いのですよねえ。
 ちなみに、名古屋競輪場ではトイレのことがなぜか「洗面所」と表記されます。

2019-08-16

名古屋競輪場訪問記・1

 2019年8月14日、私は名古屋市中村区にある名古屋競輪場へと行ってまいりました。
 なぜ唐突に名古屋へと行ったのか? それはここ名古屋にて、8月14日から競輪の重賞『第62回オールスター競輪GI』が開催されるからなのです。ファン投票で選出された選手たちが集う祭典。注目度が高い競走です。

 名古屋競輪場は中村公園の中にあり、名古屋市営地下鉄東山線の「中村日赤」駅または「中村公園」駅が最寄り駅です。どちらから徒歩で行っても所要時間にさほど変わりはありませんが、名古屋駅からだと中村日赤駅のほうが運賃が安くすみます。なので私も中村日赤駅で下車して、名古屋競輪場を目指すのでした。
 その中村日赤駅の入り口が↓これ。
nagoya_kr1.jpg

 通常、地下鉄の駅の改札は階段を下りて地下にあるものですが、ここの場合は地上に改札があり、改札を通ってから地下に進む形式をとっています。こういう形式の地下鉄駅は初めて見ました。
 中村日赤駅1番出口から出て左に進むと、中村スポーツセンターへの案内標識がありますので、それに従い進んで行きます。しばらくすると「名古屋競輪場→」の案内標識が見えます。右に曲がって行き、中村スポーツセンターの横を通って公園にさしかかったら、その公園に入り中を抜けていきます。するとたどり着けました。名古屋競輪場。
nagoya_kr2.jpg

nagoya_kr3.jpg

 名古屋競輪場といえば、今から7年前に↓こういった動画を公開して話題となったところでもあります。

 ぴすとっ☆ PVアニメーション


 この動画のサムネイルに、まさに名古屋競輪場の正面入り口が出ています。
 ↓こちら、名古屋競輪場の案内図。ここは400mバンクです。
nagoya_kr4.jpg

 イベント広場の隅っこには、↓こういった滑り台がありました。
nagoya_kr5.jpg

 これ、上記『ぴすとっ☆』の動画の中に出てきたものと、少しばかり似ている気がします。
nagoya_kr6.jpg

(続く)

2019-01-20

和歌山競輪場訪問記・おまけ編

 2019年1月13日、和歌山競輪場へ行った帰り、私は関西国際空港へと立ち寄りました。ふと飛行機を見てみたくなったのが理由です。
 和歌山市駅から南海電車で泉佐野まで行き、そこで空港線に乗りかえて関西空港駅まで。駅を降りればすぐそこが第1ターミナルおよびエアロプラザです。
 空港のターミナルビルというのは、一種の商業施設の一面も有しているものです。ゆえにさまざまな商店、さまざまな飲食店が立ち並んでいます。ですが、ひとまずこれらへ行くのは置いといて、まずエアロプラザ1階から出ている第2ターミナル行きの連絡バスへと乗ることにしました。私、まだ関空の第2ターミナルがどのようなものなのか、見たことがなかったのです。
 連絡バスは第2ターミナルに到着。
wakayama_kr16.jpg

 思ったよりも小さい規模の建物だと感じました。
 第2ターミナルの国際線ターミナル内では↓このようにガチャが多数設置されていたのでした。
wakayama_kr17.jpg

 ガチャとは何かを説明する動画も流されていました。これは外貨の両替は紙幣のみで硬貨は両替できないため、残った硬貨を使わせるために設置されているものだそうです。確かに海外旅行へ行ったときの渡航先の硬貨は、帰国したら「ただのメダル」でしかありませんからね。

 それから第1ターミナルへと戻り、今度は展望ホールへと行きます。第1ターミナルバス乗り場の1番乗り場から、展望ホール行きの連絡バスが出ます。
 展望ホールで夜中の関空での離発着をしばらく見ていましたが、やはりこの季節、ずっと外にいるのはキツいです。ましてや関空は海上。吹く風もハンパなく冷たいです。
 そういうわけで、展望ホール内のレストランへと引っ込みました。ちょうど何か食べたいと思っていたので好都合です。そのレストランには「体験機内食」なるメニューが。飛行機内で提供される機内食をイメージした定食を食べられるというのです。
 幸い残り1食だけとなっていた体験機内食にありつけました。↓これです。
wakayama_kr18.jpg

 機内食というのは、メインディッシュが飛行機内のレンジで温められて提供されます。この写真では右下の皿がそれにあたります。鶏肉のマスタードソースです。このほかパンにサラダ、チョコレートケーキがあります。そしてナイフ・フォーク・スプーンがプラスチック製。ムードは満点です。
 あくまでこの体験機内食は「気分」を味わうものに過ぎませんが、これを食べながら海外旅行の飛行機に乗っている自分を想像するのも、悪くはないと思います。


2019-01-19

和歌山競輪場訪問記・3

 記念競走・和歌山グランプリがおこなわれた和歌山競輪では、様々なイベントが催されました。その中のひとつが、ものまね芸人「なりきり聖子」さんによるものまねショーでした。
 ↓こちら、ステージでのなりきり聖子さんのお姿。
wakayama_kr10.jpg

wakayama_kr11.jpg

wakayama_kr12.jpg

wakayama_kr13.jpg

 風が強くてカツラが飛びそうになり、手で押さえる一幕もありました。
 このとき、なりきり聖子さんが演じたものまね対象は、松田聖子さん・松任谷由美さん・中島みゆきさん・テレサテンさん・MISIAさん。短い時間の中でこれだけのものまねを演じてのけました。後ろのテーブルに小道具を置き、ものまね対象が替わるごとにその対象に見合った小道具をつけてのステージでした。


 では次に、和歌山競輪場内の食べ物について。
 和歌山競輪場では、食事ができる場所は1か所のみです。場内の食堂1か所に集約されています。
 ↓これは、その食堂で「和歌山ラーメン」と称して販売されていたラーメン。
wakayama_kr14.jpg

 あれ? 確か和歌山ラーメンはスープが豚骨醤油ではありませんでしたっけ? これは明らかに醤油ラーメンです。店内に掲げられた「和歌山ラーメン」の文字につられてしまった格好ですね。まあでも、味はまあまあよかったので、ここは大目に見るとしましょう。
 食堂ではこのほか、公営競技場ではゲンかつぎメニューとして定番のカツカレー・カツ丼も販売されています。
 ↓今回、出張販売で来ていた中華惣菜の屋台で販売されていた、シウマイ。
wakayama_kr15.jpg

 これ、1個の大きさがかなり大きい代物でした。↑の写真の下方に10円硬貨を置いています。これで大きさがどのくらいかがわかるかと思います。このシウマイも酒のツマミにはもってこいの品です。今回出張販売にきていた屋台群の近くでは、酒盛りする客が目について「青空居酒屋」の様相をなしていました。
 ここ和歌山競輪場はアルコールには大変おおらかで、生ビールをはじめ日本酒やハイボールも販売されています。このようにアルコールを販売できるのは、車よりも電車で来場する客が多いからなのでしょう。
 今時分のような寒い時期には、日本酒は燗で販売してくれます。いくら比較的温暖な気候の和歌山といえども、冬はやはり寒いですからね。


 というわけで、和歌山競輪場訪問記の本編はこれで終わりですが、このあと私は帰り道に「ある場所」に立ち寄りましたので、次回は「おまけ編」として、そのある場所の訪問記をつづっていくとします。

2019-01-15

和歌山競輪場訪問記・2

 ↓こちら、和歌山競輪場の案内図。
wakayama_kr6.jpg

 ここは400mバンクです。
 北側に「わかちゃんホール」という、場外発売場を思わせる雰囲気のホールがあります。発売窓口はメインスタンドにもありますが、多くの客はわかちゃんホールへ行っていた様子でした。
 ↓これが和歌山競輪マスコットキャラクターの、わかちゃん。
wakayama_kr7.jpg

 和歌山の特産品、みかんをモチーフとしたキャラクターです。
 あらためて、今回の和歌山での開催競走。
wakayama_kr8.jpg

「激しい胸の高鳴り
 高ぶる心
 魂の鐘が鳴り響くとき
 勝利はわが手の中に
 いざ夢に向かって全力疾走」
 力強さを感じさせる宣伝文句です。
 こちらは和歌山でなく、奈良競輪の記念の宣伝絵ですが、なかなか見る側をひきつける絵ではありませんか。
wakayama_kr9.jpg

 わかちゃんホールへ入ってみて中を見渡すと、建物の骨組みに木が使われていることに気がつきました。このわかちゃんホールは和歌山競輪場では比較的新しく造られた施設のようで、施設内に温かみを持たせようとの考えから木を使った、というところでしょうか。
 私はこういう類の「木の建物は温かみがある。コンクリートは冷たい」という表面的なものの見方しかできない考え方が嫌いでして、もしそのような考えの元でわかちゃんホールが建てられたのならば、私は逆に軽蔑してやりたい思いに駆られます。ま、ここで車券を買いはしますが。
 で、さきほど「客の多くがわかちゃんホールへと行く」と書きましたが、その理由は簡単なことでした。単に「わかちゃんホール内ならば空調がきいている」からでした。メインスタンドの発売窓口は、ほとんど吹きさらしでしたからね。

 今回の和歌山競輪、周年記念ということで、さまざまなイベントもおこなわれました。そのひとつが「なりきり聖子」さんという、ものまねタレントによるステージでした。が、これは次回書くとします。

(続く)

2019-01-14

和歌山競輪場訪問記・1

 2019年1月13日、私は和歌山県和歌山市にある和歌山競輪場へと行ってまいりました。この日開催されたのは「GIII開設69周年記念 和歌山グランプリ」の3日目。準決勝がおこなわれる日です。

 今回、私は和歌山まで南海電車に乗って行きました。特急「サザン」だと、なんば駅から和歌山市駅まで1時間で行けます。↓これがその「サザン」のお姿。
wakayama_kr1.jpg

wakayama_kr2.jpg

 普通の電車のような姿をしていますが、これでもれっきとした特急なのです。なお「サザン」は自由席の場合は運賃のみで乗車できますが、指定席に座る場合は別途指定席料金が必要となります。当然その分、指定席のほうが断然座り心地はいいです。私は和歌山まで1時間電車に乗るということで、ゆったりと座って過ごしたい思いから、指定席を選びました。
 電車は終点・和歌山市駅に到着。和歌山競輪場はこの和歌山市駅の近くにあります。
 なお念のために申し上げますが、和歌山競輪場の最寄り駅は「和歌山市駅」です。JRの和歌山駅ではありません。この点ご注意願います。ちなみに、JR和歌山駅からは和歌山市駅まで電車が走っています。
 和歌山競輪場周辺には↓このような標識が。
wakayama_kr3.jpg

 競輪開催日に駐車禁止の規制をかけるようです。その開催日が詳細に掲示されていて実にわかりやすいです。
 やってきました、和歌山競輪場。
wakayama_kr4.jpg

 この日は入場者に先着順で「ふるまい鍋」が配られました。
wakayama_kr5.jpg

 寒い時期にこれは温もります。
 ではさっそく、和歌山競輪場の場内を探索するといたしましょう。

(続く)


2018-02-27

奈良競輪場訪問記・3

 それではここで、奈良競輪場内で販売されていた食べ物をいくつかご紹介いたします。
 今回は記念競輪開催ということで、イベントの一環として広場にて「肉ニクフェスティバル」なるものがおこなわれました。そこで販売されていた、モツ焼きと牛タン。
nara_kr8.jpg

nara_kr9.jpg

 競輪場のようなワイルドな者たちが集まる場所には、こういった肉類は非常によく合います。場内で肉をジュウジュウと焼く音と焼けるにおいを感じ取ったならば、もうこれは食べてやるほかありません。
 それと広場の屋台では↓このちゃんこ鍋も販売されていました。
nara_kr10.jpg

 寒いときにはこういったものがいいですね。特に奈良は内陸で冬は冷え込みますから。
 次に、場内の常設食堂をちょいとのぞいてみますと、メニューに「木の葉丼」なるものがあるのを発見。これは何ぞやと思い、入って注文してみました。↓これがその木の葉丼。
nara_kr11.jpg

 ネギと細切りのカマボコを卵でとじた具をのせた丼でした。同じ系統で玉子丼・親子丼・他人丼もあります。
 奈良競輪場の常設食堂は、これといって売りとなるものはないものの、昔ながらの町食堂の雰囲気。酒類も販売されているので、居酒屋がわりにして酒を飲んでいる客もちらほら見られました。寒い時期にはありがたく、燗酒も販売されています。
 あと場内の給茶コーナーには↓こういったものが。
nara_kr12.jpg

 緑茶のみならず梅こぶ茶までも。
 そして真ん中にご注目。リンゴ風味の水が給茶機で提供されているのです。しかも冷たいものと温かいものとがあります。温かいリンゴ水はどんな味なのか? 多少の不安は感じたものの、一度挑戦してみようと意を決し、紙コップを置きリンゴ水の「あたたかい」ボタンを押しました。
 コップに注がれたリンゴ水をまずひと口。…………今まで感じたことのない気持ちの悪さが口いっぱいに広がりました。いかにも化学的な味のするリンゴの香りがしてきて、とてもおいしいとは言えない代物でした。捨てる場所がなかったのでガマンして全部飲みましたが、しばらく気持ち悪さが続くハメとなりました。もうこりごりです。今後奈良競輪場へ来ても、温かいリンゴ水は二度と飲みません。それほどヒドイものでした。
 あとで給茶機をよく見ると、リンゴ水のところに「無果汁」と書かれているのですね。どうりで化学的な味がしたと思いました。


 というわけで、今回もレースを見て車券を買ってイベントを見て食べて、いつもどおりの訪問記でした!

2018-02-26

奈良競輪場訪問記・2

 奈良競輪場のバンクは1周333m、いわゆる「33バンク」です。見たところかなりこぢんまりとした印象です。400m・500mは競技用バンクの印象を受けますが、33はいかにも「片田舎の自転車レース場」という雰囲気を感じます。それはそれで味がありますが。

 車券発売の締め切り5分前になると、場内に音楽が流れます。これはどの場でもそうですが、ここ奈良の場合は5分前に「アマリリス」、そのあと「ヤマトナデシコ七変化」のメロディが流れてくるのです。
「ヤマトナデシコ七変化」は、1984年にキョンキョンこと小泉今日子さんが歌っていた曲。それが奈良では採用されています。なぜなのか謎ですが、察するに「ヤマト=大和の国=奈良」の連想ではないかと見ています。あと、マスコットの飛天ちゃんの姿がヤマトナデシコを思わせるからではないかとも。
 私、この日1Rから12Rまで奈良競輪場内にいて、その間12回にわたってこの曲が流れてきたため、そのたびに「♪ヤマト~ナデ~シコ七変化っ」とつい口ずさんでしまい、脳内でひたすら「ヤマトナデシコ七変化」が流れ続けたのでした。

 キョンキョンの往年の名曲を聞きながらの車券勝負となった今回は、記念競走の最終日。有名選手が集まる記念競走ということもあってか、場内イベントも盛りだくさんでした。
 特設ステージでは「スピーチーズ」のライブや、マジシャン花吹雪紫音さんのショー、そしてアホの坂田こと坂田利夫さんが出演するお笑いライブもおこなわれました。ちなみに私、坂田さんを生で見たのは今回が初めてです。
 また多目的ホールでは、競輪選手の南潤選手のトークショー、安福洋一さんによる予想会、ヤマコウこと山口幸二さんと競輪小僧さんによるトークショー、競輪専門のCATVチャンネル・スピードチャンネルの番組収録、こういったイベントが続けておこなわれたのでした。

 さて、肝心の車券勝負はどうだったのかと申しますと……

●2018年2月25日 奈良 
 GIII開設67周年記念 春日賞争覇戦 最終日


 ・的中レース
  9R 2車単  260円
  10R 2車単  280円
  12R(決勝)
     2車単  850円

 ・回収率:57.9%

 ……という結果でした。
 今回優勝したのは、地元奈良の三谷竜生選手。地元ファンの期待にこたえての勝利です。2着は三谷竜生選手の兄・三谷将太選手、3着は京都の稲垣裕之選手。近畿の3選手が上位3位を占めました。
 最終レースで三谷兄弟のワンツーを予想して見事的中。最後に当てたことで、今回の奈良での車券勝負は気持ちよく場をあとにすることができたのでした。

(続く。次で終わり)


 

2018-02-25

奈良競輪場訪問記・1

 2018年2月25日、私は奈良県奈良市にある奈良競輪場へと行ってまいりました。今回、奈良競輪場では「開設67周年記念 春日賞争覇戦」がおこなわれ有名選手が多数出場するということで、訪問に行った次第です。

 奈良競輪場の最寄り駅は近鉄京都線の平城駅ですが、南隣にある同じく京都線・奈良線の大和西大寺駅からも無料連絡バスが出ています。しかし大和西大寺駅からでも歩いて行けない距離ではありません。そういうわけで、私は大和西大寺駅から歩いて行ったのでした。
 そうして奈良競輪場に到着。ここは秋篠寺の近くにあります。
nara_kr1.jpg

nara_kr2.jpg

 この奈良競輪場、正式には「奈良県営競輪場」という名なのです。つまり競走を主催するのは奈良県というわけです。
 あらためて、この日開催される競走。
nara_kr3.jpg

 奈良競輪場のマスコットは↓この「飛天ちゃん」
nara_kr4.jpg

 天女をイメージしたキャラクターです。

 それではさっそく、場内をあちらこちらと回ってみることにします。
 奈良競輪場、全体的に施設は古く、よく言えば「昔と変わらぬ雰囲気」悪く言えば「ボロくて汚い」まあ、競輪場はこういうところが多いですが。
 ↓こんな場所がありました。
nara_kr5.jpg

nara_kr6.jpg

「自衛警備隊」に「警察警備本部」……こういう組織が存在するということは、いったい過去にここでどんな騒ぎが起こっていたのでしょうか。さすがに今では警備隊や警察が多数乗り出すような騒ぎは起きないと思いますが。
 場内の北側の隅には、小さな神社がありました。
nara_kr7.jpg

 これは稲荷大明神、いわゆる「おいなりさん」のようです。ここに鎮座して競輪場の守り神となっているのでしょう。

 (続く)
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード