FC2ブログ

2021-02-13

奈良競輪場へふたたび・後編

 2021年2月11日、奈良競輪場の周年記念。
 発売締め切り5分前に『ヤマトナデシコ七変化』が流れるのは変わりません。この音楽を聞くたびに『ヤマトナデシコ七変化』の歌詞を口ずさんでしまいます。
 競輪では例によってもっぱら2車単で買っていく私。車券勝負の結果は……

●2021年2月11日 奈良
 開設70周年記念 GIII春日賞争覇戦 初日


 ・的中レース
  1R  2車単  320円
  4R  2車単  360円
  5R  2車単  930円
  11R 2車単  170円

 ・回収率:74.2%

 うーむ、見たところボートレースの舟券勝負をしたときのような結果となってしまいました。的中したのがすべてアタマだったとは。
 今回奈良競輪場で車券を買って気づいたこと。車券の正式名称は一般に「勝車投票券」と思っていたのですが……
nara_kr20.jpg

 奈良の場合は「勝者投票券」だというのです。
 また、場内を歩いていて目についた、この成績掲示板。
nara_kr21.jpg

 このデジタル時代に、いまだにこういうアナログの掲示板が残っているときています。しかも、これが過去の遺物というならまだしも、実は今なお運用されているのです。まあそれでも、これはこれで「昭和の古い時代を思わせて、その時代を生きているような気分に浸らせる」というものではあるので、完全否定はしません。

 今回行った奈良競輪場、観客のヤジが相当激しかったですね。競輪場はただでさえヤジが大きく響く空間なのですが、奈良のそれは相当激しいものだと、実際に生観戦して認識しました。こういう「泥臭さ」にあふれるファンに支えられ、奈良競輪は70年も続いているのだろうな、そんなことを思いました。
 奈良競輪場、別名「奈良県営賭博場」、また機会があったら行ってみたいと思います。

 奈良競輪場をあとにした私は、近鉄大和西大寺駅近くでイタリアンを食したのであります。
nara_kr22.jpg

2021-02-11

奈良競輪場へふたたび・前編

 2021年2月11日、私は奈良県奈良市にある奈良競輪場へと行ってまいりました。実に3年ぶりの訪問となります。
nara_kr13.jpg

 いやー、3年たってもここの施設のボロさは変わりませんね。そんなボロさあふれる奈良競輪場で今回おこなわれるのは「開設70周年記念 GIII春日賞争覇戦」もう70年にもなるのですね、ここ。
nara_kr14.jpg

 きれいな飛天ちゃんです。
 今回は新型コロナウィルス流行中ということで、上限2,500人の入場制限つき有観客開催となりました。そうなると早いうちに開門に合わせて行くのが一番。入場口ではスポーツ新聞の無料配布サービスがありました。これがあるとは知らず、私は事前にスポーツ紙を買ってしまいましたよ。

 1Rの発走までまだ時間があるので、ひとまず腹ごしらえを。今回は記念開催ということで、いくつかの店が出張販売に来ていました。
 まずは、トンコツラーメン。
nara_kr15.jpg

 モツ焼き。
nara_kr16.jpg

 公営競技場の定番ソウルフード、焼きそば。これは通常から奈良競輪場で販売されているもの。奈良のは青海苔の代わりに焼き海苔がのっています。
nara_kr17.jpg

 餃子。チューハイもいっしょに。宝酒造のカンチューハイは発売35周年。
nara_kr18.jpg

 大判焼きか、回転焼きか、今川焼きか、はたまた御座候か、これの呼び名はいろいろです。
nara_kr19.jpg

 ……とまあ、いろいろと食べて、いざ車券勝負です!

(後編へ続く)

2020-07-27

福井競輪場訪問記・おまけ編

 福井競輪場から福井駅前へと戻った私は、まだ時間があるということで、しばらく福井駅前周辺でゆっくりと過ごすことにしました。
 駅前の商業施設には福井県のおみやげや特産品を扱った店があり、その中に「福福茶屋」という郷土料理の店が入っていました。ちょい飲みもできるとのことで、私は迷うことなく入りました。
「福福茶屋」では、↓生ビール「恐竜ジョッキ」が販売されています。
fukui_kr20.jpg

fukui_kr21.jpg

 このデカさ! さらにジョッキには恐竜の骨の絵も描かれており、まさに「恐竜ジョッキ」というわけです。
 そして福井といえば、これですね! ソースカツ丼! カツ3枚がのった大盛りをたのみました。
fukui_kr22.jpg

 かなりのボリュームでしたが、完食しましたよ。
fukui_kr23.jpg


 出発までもう少し時間があったので、今度はJR福井駅構内にある地酒スタンドに立ち寄ってみました。
 この地酒スタンド、ちょい飲みができる他に、福井の地酒3種を一度に味わえるコースがあります。コースは3通り。すなわち全部で9種の地酒が用意されています。
 私、この地酒コース3通りをいっぺんに注文し、地酒9種をまとめて味わうことを敢行したのでした! せっかくの遠出なのですから、何かいつもとは違うことをやってみたいものです。
 ↓これらが、地酒9種。
fukui_kr24.jpg

 上段左:「白岳仙」 同中:「雪きらら」 同右:「梵」
 下段左:「花垣」 同中:「明乃鶴」 同右:「福千歳」
 右側上:「白龍」 同中:「黒龍」 同下:「鳥浜」

 これらを少しずつ味わいながら飲んでいって、私が個人的に気に入ったのは「梵」。飲んでみて口当たりがよいと感じました。
 地酒9種を一度に味わえて、私はただただ大満足!
fukui_kr25.jpg

 ほろ酔いでいい気分となって、私は帰りの特急サンダーバードに乗車したのでした。


2020-07-26

福井競輪場訪問記・3

●2020年7月23日 福井 
 GIII開設70周年記念 不死鳥杯 初日


 ・的中レース
  6R 2車単  320円
  9R 2車単  160円

 ・回収率:30%


 今回の福井記念は「密」となるのを避ける目的もあって、全レース7車立て・1日9レースでの開催となりました。しかしそれでも的中させることは容易ではなく、上記のレースを当てるのがやっとでした。
 この日の最終レースとなる9Rに、福井のエース脇本雄太選手が登場しました。脇本選手は最終周バックストレッチで弾丸のような走りを見せて先頭に立ち、それをそのまま維持して見事1着! 東京オリンピック代表としての貫禄を見せつけました。
 私はここで脇本選手の生の走りをこの目で見て、ただただシビレてしまったのでした。


 では最後に、恒例の場内の食べ物紹介を。
 福井といえば名物の食べ物は「おろしそば」ここ福井競輪場内でも販売されていました。
fukui_kr15.jpg

 でも、福井を代表する食べ物はせいぜいこれぐらいで、もうひとつの名物「ソースカツ丼」は、あいにく福井競輪場では販売されていませんでした。ただし、一口カツや卵でとじたカツ丼は販売されています。
 福井競輪の常設食堂、あまり目ぼしいものはないようでした。そのうえ値段が高めでした。

 今回は記念開催ということで、いくつかのキッチンカーが出張販売に来ていました。
 大野市で豆腐を作っている農場が販売していた、おからドーナツ。甘さが少なく食べやすかったです。
fukui_kr16.jpg

 焼き鳥も販売されていました。
fukui_kr17.jpg

 これ、カップの内側にビニール袋が敷かれていて、これならタレがカップから染み出す心配がありません。こういう気配りができるのは、客にとってプラスの印象を受けます。
fukui_kr18.jpg

 あと、この日の福井競輪では、午後に先着200名にアイスキャンデー無料配布がおこなわれました。私もちゃっかり、もらいました。
fukui_kr19.jpg

 福井競輪場訪問記はひとまずここで終わりとなりますが、あとひとつ「おまけ編」を書いて締めといたします。

2020-07-25

福井競輪場訪問記・2

 福井競輪場へとやってきた私。入場すると先着600名へのサービスとして、福井銘菓「羽二重餅」のプレゼント、そしてスピードくじを渡されました。私のくじの結果は3等。今回の周年記念特製クオカードをもらいました。
fukui_kr7.jpg

 羽二重餅、生菓子なので早いうちにありがたくいただきました。
 福井競輪場、入場して少し進めば「中央広場」へと入ります。この中央広場は広々とした空間で、ここに投票所・払戻所が集まっており、天井には光が入るアーケードがあります。屋内でもこれだけ広い空間ならば、あまり「密」とはならないかも、そんなことを思いました。そしてこれまた昨今の事情ゆえ、中央広場内には消毒液があちこちに置かれていました。
 ↓これがその中央広場の天井。
fukui_kr8.jpg

 ここに掲げられた幕に登場しているのは、地元福井のエース格、脇本雄太選手。今回の記念にも出場しています。
 脇本選手は本来ならば、今時分開催されていたはずの東京オリンピックの自転車競技ケイリンに日本代表として出場する予定でした。しかし開催延期となってしまい、ゆえに今回の福井記念に出場となりました。
 世界で戦うほどの実力の持ち主である脇本選手。今回の優勝候補です。
 ↓これが福井競輪場のバンク。ここは400mです。
fukui_kr9.jpg

 福井競輪場の車券は富士通フロンテック仕様です。
fukui_kr10.jpg



 さて、遠方のスタジアムや公営競技場に来て私がやることといえば「場内探索」! けっこう細かいところを探りたくなるものです。
 で、今回もありました。写真だけで味わいあるネタが。
fukui_kr11.jpg

 これですこれです! 昭和の時代、街の看板によく使われていた字体です。公営競技場は多くが昭和の色を残す空間なので、これの現存率が高いのです。それにしても、今どき「懐中物」などという言葉は日常的に使われませんよね。広い意味で財布のことなのですが。
 続いて↓こういうのも。この「為」の字の形が、いかにも昭和の時代と思わずにいられません。
fukui_kr12.jpg

 あと↓こんなのも。「務」の字をそう書くのには、初めて出くわしました。
fukui_kr13.jpg

 あともうひとつ。救護所の戸に貼られていたお知らせ。
fukui_kr14.jpg

 平成16年といえば、今から16年前(西暦2004年)。そのときのお知らせがいまだにここに貼られているときています。
 古い時代の名残を肌で感じ取れる公営競技場。今回の福井もその期待を裏切りませんでした!

(続く)


2020-07-24

福井競輪場訪問記・1

 2020年7月23日、私は福井県福井市にある福井競輪場へと行ってまいりました。
 新型コロナウィルスの動向がまだ気になるご時世ではありますが、公営競技場も徐々に観客を入れるようになってきており、福井競輪は開設70周年記念競走を観客あり且つ連休中に開催と、施行者にとっては運が向いている開催となったのでした。
 そして私は、実にひさびさに遠方のスタジアムまで足を運んでの訪問記執筆となりました。ようやくこのブログの主旨にのっとった内容を書けます。

 大阪からJR特急サンダーバードに乗って、福井駅まで。福井駅周辺は将来新幹線が通るということで開発が進んでいました。
fukui_kr1.jpg

 西口前広場を見ると、以前はJR福井駅から少し離れた場所にあった福井鉄道の電停が、駅近くまで延伸されていました。
fukui_kr2.jpg

fukui_kr3.jpg

 ↓こちらは、以前福井駅前電停があった場所。軌道に石畳が敷かれていることに、電停の名残を感じます。
fukui_kr4.jpg

 まずは西口の様子をご紹介しましたが、福井競輪場へ行く無料バスが出るのは反対側の東口からです。なので東口へと回って行くことに。東口は新幹線ホーム工事中で、こちらはまだ開発途中といったところ。東口バスターミナルの乗り場の中に、競輪のマークが描かれた場所があります。そこから無料バスが出ます。
 この無料バスに乗って約10分。福井競輪場に到着しました。
fukui_kr5.jpg

 ここは道路に面した場所にあり、入場門前に広場はありません。
 今回この福井競輪場でおこなわれる競走は「GIII開設70周年記念 不死鳥杯」
fukui_kr6.jpg

 入場料50円が必要です。それに加え、昨今の事情により入場時はマスク着用必須、さらに係員により体温の測定がおこなわれました。マスクなしや体温37.5℃以上はそこで門前払いです。もちろん私はマスクを着用しています。あとは体温がどうか一抹の不安はありましたが、結果は36.1℃で問題なくクリア。堂々と入場ゲートをくぐれます。
 さて、ゲートの先にはどんな世界が目の前に現れるのか――

(続く)
 

2019-08-18

名古屋競輪場訪問記・3

 名古屋競輪場の場内の食べ物は、わりと充実したほうだと感じました。名古屋メシも期待を裏切らずあります。
 1Fにある『Food's Shop 758』が、名古屋競輪場の主たる供食空間です。ここであらゆる食べ物がバラエティ豊かに販売されています。
nagoya_kr11.jpg

 まずは、名古屋近辺の公営競技場には定番のように販売されている、どて丼。
nagoya_kr12.jpg

 豚汁とお新香もついてきます。これで650円は手頃な値段です。豚汁はやはりこの地域の特徴なのか、味噌の味が濃かったです。
 名古屋メシといえば、忘れちゃいけない味噌串カツ。
nagoya_kr13.jpg
 これはビールを片手に食べると最高です。名古屋競輪場はビールと日本酒が販売されています。
 このほか、寿司や刺身定食も販売されており、今時分の暑い季節だと、カットされて冷やされたスイカまでもあります。
 
 ↓こちら、バックストレッチ側にある台湾ラーメンの店『味仙』の看板。
nagoya_kr14.jpg

 その『味仙』が、今回ここ名古屋競輪場まで出張販売に来ていました。そこで販売されていた、塩台湾ラーメン。
nagoya_kr15.jpg

 以前、常滑へ行ったときに食べた『味仙』の台湾ラーメン。その時食べたのはスープが醤油ベースでした。今回は少し異なる味を体験してみたいと思い、塩をいただきました。醤油と比べるとあっさりめでしたが、それでもピリ辛で食べると汗が噴き出てきます。
 ちなみに、↓これが通常の台湾ラーメン。スープの濃さの違いがおわかりでしょう。
tokoname_br43.jpg

 それと、みたらし団子の店も出張販売に来ていまして、3本買って食べました。
nagoya_kr16.jpg

 名古屋のみたらし団子は、このように1串に団子が5個ささっているのが特徴です。このみたらし団子、さきに紹介した『ぴすとっ☆』動画の中で、ぴすとちゃんが食べていましたね。
nagoya_kr17.jpg


 今回行った名古屋競輪場、名古屋駅からさほど離れていない場所にあり、交通の便はわりとよいほうです。大都市の中にある都市型競輪場といえます。名古屋の隠れた名所といってよいでしょう。
 ここへ来る客は、いわゆる「濃い」ファンが多いようで、バンクに向けてヤジが激しく飛びます。実際私もここで生の名古屋弁でのヤジを耳にしました。この「濃い」空間、一見の客は多少敷居が高いかもしれませんが、思い切って敷居をまたいでみれば、今までに体験したことのない空間を体験できるかもしれませんよ。

2019-08-17

名古屋競輪場訪問記・2

 名古屋競輪場、今回はオールスター競輪開催ということで、イベント広場ではさまざまなイベントがおこなわれました。
 まず、愛知支部の選手たちが飲み物やグッズを販売する『ふとももカフェ』
nagoya_kr7.jpg

 広場内には↓こういった奇妙なものも。
 nagoya_kr8.jpg

 これは2013年にKEIRINグランプリで優勝した、愛知の金子貴志選手の脚を原寸大の模型にしたものです。
 ステージ上では、タレントの早坂好恵さんのトークショー開催。
nagoya_kr9.jpg

 このほか、ステージではお笑いコンビ「どりあんず」のライブや、女子プロ野球チーム愛知ディオーネの選手と競輪愛知支部の選手とのバットリフティング対決もおこなわれました。

 続いて、今回の車券勝負について。例によって、2車単のみで買っていきました。その結果は……

●2019年8月14日 名古屋競輪
 第62回オールスター競輪GI 初日


 ・的中レース(8・9・10Rは購入せず)
  1R 2車単   280円
  4R 2車単  1,820円
  5R 2車単  1,610円

 ・回収率:206.1%

 4R・5Rと続けて的中してから、無駄に金を使わないようにと8Rから10Rは見とし、最後の11Rドリームレースで集中して勝負する作戦に出ました。しかし11Rは的中とはならず……それでも結果は収支プラスとなったので、それはそれでよかったとしましょう。

(続く。次で終わり)


(おまけ)
 名古屋競輪場内のトイレに、↓こんな貼り紙が。
nagoya_kr10.jpg

 公営競技場のトイレ、狙いが定まらず便器そばの床が汚れていることが多いのですよねえ。
 ちなみに、名古屋競輪場ではトイレのことがなぜか「洗面所」と表記されます。

2019-08-16

名古屋競輪場訪問記・1

 2019年8月14日、私は名古屋市中村区にある名古屋競輪場へと行ってまいりました。
 なぜ唐突に名古屋へと行ったのか? それはここ名古屋にて、8月14日から競輪の重賞『第62回オールスター競輪GI』が開催されるからなのです。ファン投票で選出された選手たちが集う祭典。注目度が高い競走です。

 名古屋競輪場は中村公園の中にあり、名古屋市営地下鉄東山線の「中村日赤」駅または「中村公園」駅が最寄り駅です。どちらから徒歩で行っても所要時間にさほど変わりはありませんが、名古屋駅からだと中村日赤駅のほうが運賃が安くすみます。なので私も中村日赤駅で下車して、名古屋競輪場を目指すのでした。
 その中村日赤駅の入り口が↓これ。
nagoya_kr1.jpg

 通常、地下鉄の駅の改札は階段を下りて地下にあるものですが、ここの場合は地上に改札があり、改札を通ってから地下に進む形式をとっています。こういう形式の地下鉄駅は初めて見ました。
 中村日赤駅1番出口から出て左に進むと、中村スポーツセンターへの案内標識がありますので、それに従い進んで行きます。しばらくすると「名古屋競輪場→」の案内標識が見えます。右に曲がって行き、中村スポーツセンターの横を通って公園にさしかかったら、その公園に入り中を抜けていきます。するとたどり着けました。名古屋競輪場。
nagoya_kr2.jpg

nagoya_kr3.jpg

 名古屋競輪場といえば、今から7年前に↓こういった動画を公開して話題となったところでもあります。

 ぴすとっ☆ PVアニメーション


 この動画のサムネイルに、まさに名古屋競輪場の正面入り口が出ています。
 ↓こちら、名古屋競輪場の案内図。ここは400mバンクです。
nagoya_kr4.jpg

 イベント広場の隅っこには、↓こういった滑り台がありました。
nagoya_kr5.jpg

 これ、上記『ぴすとっ☆』の動画の中に出てきたものと、少しばかり似ている気がします。
nagoya_kr6.jpg

(続く)

2019-01-20

和歌山競輪場訪問記・おまけ編

 2019年1月13日、和歌山競輪場へ行った帰り、私は関西国際空港へと立ち寄りました。ふと飛行機を見てみたくなったのが理由です。
 和歌山市駅から南海電車で泉佐野まで行き、そこで空港線に乗りかえて関西空港駅まで。駅を降りればすぐそこが第1ターミナルおよびエアロプラザです。
 空港のターミナルビルというのは、一種の商業施設の一面も有しているものです。ゆえにさまざまな商店、さまざまな飲食店が立ち並んでいます。ですが、ひとまずこれらへ行くのは置いといて、まずエアロプラザ1階から出ている第2ターミナル行きの連絡バスへと乗ることにしました。私、まだ関空の第2ターミナルがどのようなものなのか、見たことがなかったのです。
 連絡バスは第2ターミナルに到着。
wakayama_kr16.jpg

 思ったよりも小さい規模の建物だと感じました。
 第2ターミナルの国際線ターミナル内では↓このようにガチャが多数設置されていたのでした。
wakayama_kr17.jpg

 ガチャとは何かを説明する動画も流されていました。これは外貨の両替は紙幣のみで硬貨は両替できないため、残った硬貨を使わせるために設置されているものだそうです。確かに海外旅行へ行ったときの渡航先の硬貨は、帰国したら「ただのメダル」でしかありませんからね。

 それから第1ターミナルへと戻り、今度は展望ホールへと行きます。第1ターミナルバス乗り場の1番乗り場から、展望ホール行きの連絡バスが出ます。
 展望ホールで夜中の関空での離発着をしばらく見ていましたが、やはりこの季節、ずっと外にいるのはキツいです。ましてや関空は海上。吹く風もハンパなく冷たいです。
 そういうわけで、展望ホール内のレストランへと引っ込みました。ちょうど何か食べたいと思っていたので好都合です。そのレストランには「体験機内食」なるメニューが。飛行機内で提供される機内食をイメージした定食を食べられるというのです。
 幸い残り1食だけとなっていた体験機内食にありつけました。↓これです。
wakayama_kr18.jpg

 機内食というのは、メインディッシュが飛行機内のレンジで温められて提供されます。この写真では右下の皿がそれにあたります。鶏肉のマスタードソースです。このほかパンにサラダ、チョコレートケーキがあります。そしてナイフ・フォーク・スプーンがプラスチック製。ムードは満点です。
 あくまでこの体験機内食は「気分」を味わうものに過ぎませんが、これを食べながら海外旅行の飛行機に乗っている自分を想像するのも、悪くはないと思います。


プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード