ボート&オートレース好きの自閉症者ですが、何か?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、好きなボートレース(旧「競艇」)とオートレースのこと、自身の障害のことを中心につづります。

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・3

 シティライトスタジアム内に入場する際、入場ゲートで↓こういったものが配られていました。
 citylight_st90.jpg

 これは、この日2017年3月5日の山陽新聞にはさまれていた、ファジアーノ岡山のホーム開幕特集。岡山の地元紙・山陽新聞はファジに対する入れ込みがハンパではないです。何せファジのスポンサーのひとつですからね。

 さて、キックオフが迫ってきまして、バックスタンドでは恒例のビッグフラッグが掲げられました。
 citylight_st91.jpg

 いいですねえ。これを見ると、いつも試合前に心がたかぶってきます。そんなわけで、ファジアーノ岡山vsロアッソ熊本、キックオフです!

 さて、試合はといいますと、前半はファジが優位に試合を進めていたものの、得点に結びつけることができずに0-0で終了。ちなみに、この試合前半はアディショナルタイムがありませんでした。
 そして後半。2分にファジFW豊川選手がゴールを決めて、待望の先取点。この虎の子の1点を守り切れば、ファジは勝てます。
 そして、もしこの試合でファジが勝ったなら、私は初めてファジの勝ち試合を目にすることができるのです。何せ私、今まで観戦したファジの試合は、いつも負けか引き分け。いまだ勝ちとなったことがないのです。それだけに期待は大きくなりました。
 後半も終わりに近づき、アディショナルタイム3分が知らされ、そのアディショナルタイムに突入した、そのときです。相手熊本がファジの守りのスキをついて、まさかまさかの土壇場での同点ゴール。私、もうこれには唖然茫然。勝てると思った試合が、最後の最後で急展開。
 結局、この試合は

 ファジアーノ岡山 1-1 ロアッソ熊本

 引き分けに終わりました。もうとにかく残念無念。今回こそようやく勝ち試合を目にできると思ったのに……まだジンクスは続くこととなります。
 この試合で勝ち点1を取ったファジ、第2節終了時点で順位は17位。次こそ勝利をもぎ取りたいところです。
 ちなみに、この試合の入場者数は10,286人。ホーム初戦で1万超えはできました。できるならこれがホーム全試合続いてほしいところです。

 今年も、行けるときにファジの試合を観に行こうと思います。

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・2

 ここCスタへ来たなら、忘れちゃいけない「ファジフーズ」! はい、今回もガッツリ食べましたよー。では、今回食したフーズを紹介いたします!

 まずは、今年からの新メニュー、ちゃんぽん焼。
 citylight_st82.jpg

 これ、焼そばと焼うどんがいっしょになったものです。2種類の麺を味わえる欲張りメニュー。もしかすると、Cスタで名古屋戦のときには、限定メニューで「きしめん」がさらに加わる「トリプルちゃんぽん焼」が販売されるのでしょうか?

 次に、今回の熊本戦限定メニュー、馬っしぃ~メッシ。
 citylight_st83.jpg

 ごはんの上に馬肉と温泉卵がのっています。馬肉がもう少し多ければよかったですね。

 お次はこちら。ヨメナカセと干し肉のコンボ。
 citylight_st84.jpg

 ヨメナカセとは牛の大動脈のことで、岡山県の津山地方の郷土料理だそうです。この写真のトレイの左側に寄っているのがヨメナカセ。右側が干し肉炒めです。これは酒のツマミにピッタリの品ということで、酒類を販売している「ファジバー」で販売されています。
 ヨメナカセ、今回初めて食べましたが、とにかくこれは歯ごたえのある一品。スルメのような食感で、これは酒が進みます。ただこれ、食べ続けるとアゴがだるくなってきますね。

 続いてファジ丸トントンラーメン肉多め。私のお気に入りファジフーズメニュー。
 citylight_st85.jpg

 やっぱりCスタへ来ると、ついつい食べたくなってしまいます。今年も変わらずスープがうまい。ただ、今年から紅ショウガをのせるのが強制的となっていたので(昨年までは客が自由に取ってのせられた)、私は注文時「紅ショウガなしで」と伝えました。私、紅ショウガが苦手なのです。なのでさっきの馬っしぃ~メッシの紅ショウガも、取り除いて食べました。

 さて、ここまで食べたところでデザートといきましょう。ソフテリアコーヒーゼリー。
 citylight_st86.jpg

 これ、甘さひかえめで食べやすいので好きです。
 以上が、今回私が食したファジフーズでした。


 では、今度はスタジアム周辺を見てみることにいたしましょう。
 入場券売り場では↓この冊子が窓口に置かれていました。
 citylight_st87.jpg

 これに目を通しておけば、試合開催日の流れが把握できるでしょう。初心者のみなさんはぜひご覧あそばせ。
 グッズ売り場では↓こんなものが。
 citylight_st88.jpg

 これは岡山弁で「すごくJ1行きたいから~!」という意味です。
 あと、ファジステージではこの日が熊本との対戦ということで、案の定来ていました。↓くまモン!
 citylight_st89.jpg

 くまモンはどこに行っても人気者。それをあらためて認識したのでした、はい。

 さて、スタジアム周辺で楽しんだら、いよいよ本日のメインイベント、試合観戦です!

(続く。次で終わり)

Cスタ 2017-03-05 岡山vs熊本・1

 2017年3月5日、私はひさびさにシティライトスタジアムへと行ってまいりました。
 私エビフライ飯、昨年11月に足をケガしてずっと遠出ができない状況が続いていましたが、その足もほぼ回復し、今回ようやくひさびさの遠出となりました。やはり自由に自分の足で動けるのは素晴らしいことですねえ。

 この日はJ2リーグ2017年シーズン第2節で、ファジアーノ岡山のホームCスタでの初戦となります。相手はロアッソ熊本。
 第1節ではアウェイで名古屋グランパスに2-0で敗れてしまったファジ。ホーム初戦で今度は勝ちたいところであります。

 ↓岡山駅改札口前では、いつものように案内広告。
 citylight_st77.jpg

 今は熊本から新幹線1本で岡山まで行けるときています。
 Cスタまでのファジロード道中にある、奉還町商店街の入り口には↓今年もファジの順位を掲示する幕が。
 citylight_st78.jpg

 ファジ、前節は2点差をつけられての敗戦だったために順位が下位となり、出だしはビリから2番目……いや、これから上がってくるのです! きっとそうです!
 そして同じく道中にあるトマト銀行では、↓このような広告が。
 citylight_st79.jpg

 ファジがJ1昇格したら利率が上乗せされる「ファジアーノ岡山応援定期預金」に加え、ファジ仕様の通帳・キャッシュカードも登場です。ファジサポはこぞってトマト銀行に口座作りに来そうですね。

 岡山県総合グラウンド内に入ると、見えてきましたシティライトスタジアム。有森裕子さんの像の背中も見えます。
 citylight_st80.jpg

 ↓今年の写真撮影パネル。
 citylight_st81.jpg

 このCスタの、お祭りのような空間が、今年もやってきたのです。

(続く)






Cスタ 2016-10-23 岡山 vs 金沢・3

 2016年10月23日 シティライトスタジアム ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢、試合経過は次のとおり。(試合経過テキスト中敬称略)
  • 前半43分、岡山DF岩政がこの試合イエロー2枚受けて退場。岡山はこの先10人で戦うことに。
  • 前半はアディショナルタイム2分。お互いゴールを決められず、0-0で前半を終了。
  • 後半4分、岡山MF矢島がゴールを決め先制点。岡山 1-0 金沢
  • 後半30分、金沢DF太田がゴール。同点に。岡山 1-1 金沢
  • 後半アディショナルタイムは3分。
  • 後半49分、金沢MF熊谷が終了間際に逆転のゴール。岡山 1-2 金沢
  • 金沢逆転ゴールのあと、試合終了。
 試合結果は、

ファジアーノ岡山 1-2 ツエーゲン金沢

 なんとファジ、土壇場でまさかまさかの逆転負けを喫してしまいました。
 この試合、見ていて明らかに金沢のほうが積極的な攻めに入っていました。これはやはり、最下位でJ3降格の危機にあることで、残留のために全力を注ぐ意地を見せているのではないか、そんな印象を受けました。金沢はこの試合に勝って最下位を脱出、20位となり残留圏内にまで上がりました。
 一方のファジ、最下位相手に敗れるという不覚。この日5位の清水は勝って3位に上がり、ファジは5位に落ち、自動昇格はほぼ絶望的となりました。気がつけば、6位の京都が背後に近づいてきています。1週間後の10月30日、ファジはその京都とアウェイで対戦です。主力が出場停止となっている状況で、果たして昇格争いに残れるかどうか。

 この日Cスタにいらっしゃった金沢サポのみなさん、いい思い出ができましたね!
 citylight_st75.jpg

 さて、次回のファジのホームゲームは、11月6日の水戸ホーリーホック戦となります。その日は「ボートレース児島デー」を実施するとのこと。
 citylight_st76.jpg

 スタジアム前広場にて、競走用ボートの展示もあるそうです。茨城県にはボートレース場がないですから、当日観戦にいらっしゃる水戸サポのみなさんは、競走用ボートを初めて見るという方が多いのではないでしょうか。

Cスタ 2016-10-23 岡山 vs 金沢・2

 シティライトスタジアムに来たならば、当然ファジフーズを食べるのであります。

 まずは、↓この日10月23日限定販売の、焼サンマ。
 citylight_st67.jpg

 これぞ秋の味覚の代表格! サンマをスタジアムグルメで食べられるときました。これを販売したスタジアム、日本中探してもCスタぐらいではないでしょうか? 身に脂がのっていて大満足! 私はこどもの頃、サンマのはらわたの苦味が苦手でしたが、大人になるとこれがウマいと感じられるのですから、不思議です。
 このサンマ、焼き鳥を販売しているテントで販売されていました。焼き鳥を焼く炭火で焼いているのですから、そりゃウマいに決まっています。
 焼き魚を食べたなら、焼き肉も食べたくなるものです(←どういう理屈だ)。そこで↓熟成千屋牛の牛串。
 citylight_st68.jpg

 この日はツエーゲン金沢との対戦ということで、金沢にちなんだメニューが限定発売されていました。それがこの、↓かにめし&治部煮。
 citylight_st69.jpg

 金沢の郷土料理である治部煮。鶏肉2個と油揚げとシイタケの治部煮を、ほぐしたカニを混ぜて炊いたかにめしの上にのせています。治部煮は甘めの味つけがされていますが、添えられているワサビを少しつけると、ピリ辛さが加わって酒のツマミにもってこいの味になります。
 今度はひさびさに食べる、↓津山ホルモンうどん。
 citylight_st70.jpg

 これはいつ食べても、この独特のタレの風味がもうたまりません。
 お次は恒例、ファジバーの限定カクテル。今回はこの、↓「カシスでアッキー!」
 citylight_st71.jpg

 読んで字のごとくカシスを使ったカクテルなのですが、これが秋らしいカクテルなのでしょうか? そしてこれがどう金沢に関係しているのでしょうか? そんな細かいことはいいっこなし、でしょうか?
 ここまで飲み食いしましたが、まだ食べます! ↓ファジ丸トントンラーメン。
citylight_st72.jpg

 今回は肉少な目で。このラーメンのスープ、トンコツなのにあっさりしていて本当にウマいです。
 そして締めは↓ソフテリアコーヒーゼリーで。
citylight_st73.jpg

 いやー今回もたらふく食べました。カロリーオーバーなんのその、私は食べたいときにはとことん食べるのであります。


 ここで話はガラリと変わります。
 Cスタの近くには↓この野球場があります。
citylight_st74.jpg

 これは岡山県野球場。かつてここは、岡山県における野球の主たる開催場でした。高校野球の県予選決勝はここでおこなわれ、プロ野球(NPB)の試合も年1回のペースで開催されていました。
 現在では岡山県の主たる野球開催場は倉敷マスカットスタジアムとなり、高校野球もNPBもそちらへと移りました。なのでもうこの球場はあまり使用されなくなっています。そのうえ老朽化が著しく、スコアボードのボールカウント表示はいまだに「S・B・O」の順序のままです。つまりろくに改修もされていないということ。
 いっそこの野球場がある場所に、新たにサッカー専用スタジアムを建設できないか?と思うのです。現在のアクセスを維持したままで新スタジアムを造るには、もうここが絶好の場所ではないでしょうか。

(続く)

Cスタ 2016-10-23 岡山 vs 金沢・1

 2016年10月23日、今年4回目のシティライトスタジアム行きを敢行しました。
 この日のCスタでの試合は、ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢。第36節終了時点で、ファジはJ2の5位。昇格プレーオフ圏内の6位以内を維持しており、この先の勝ち数によっては自動昇格となる2位もまだ狙える状況です。そのためにも、ここで取りこぼしのないようにしていきたいところです。
 citylight_st63.jpg

 一方の金沢はJ2の22位、つまり最下位です。しかし油断してはなりません。J2最下位チームはJ3へ自動降格となるため、必死になって勝ちに行こうとしているものです。それだけに怖い存在といえます。
 なお、ツエーゲン金沢の表記は「ツエーゲン」であり「ツェーゲン」は誤りです。

 この日はスタジアム前広場で、株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ創立10周年を迎えたということで、その過去10年を振り返るパネル展がありました。
 citylight_st64.jpg

 その中のパネルに↓これがありましたが……「ヴェッセル神戸」とは??
 citylight_st65.jpg

 そして創立10周年を記念して、試合前にはファジOBによる試合がおこなわれました。

 ↓あと、これは上記10周年振り返りブースのそばにあったもの。
 citylight_st66.jpg

 岡山県のマスコット「ももっち」と「うらっち」の、ちょいのぞきバージョンです。現在ではこのふたりと、ファジ丸が岡山県を代表するキャラクターとなっていますね。

(続く)

Cスタ 2016-09-25 岡山 vs 長崎・3

 キックオフが近づいたところに、グラウンドではあっと驚くゲストが登場しました。それは伊原木隆太・岡山県知事。今日この日が「岡山県民応援デー」ということで、岡山県の代表として登場したようです。
 しかしこの伊原木知事、まあテンションが高い、高い! この日雨がパラついていたことで、
「雨の多い長崎から雨までいっしょに連れてきてくださりました!」
 と言ったと思えば、観客を巻き込んでの「ファージアーノッ! ファージアーノッ!」コール。場内は大ウケでした。

 そしていよいよキックオフ! ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎!
 citylight_st62.jpg
(ちょっとしたギャグのつもりです。軽く流していただいて結構です)

 前半、ファジは一瞬ゴールを入れたかと思われた場面がありました。しかしこれはオフサイドの判定でノーゴール。その後互いに相手の守りに阻まれ、攻撃がなかなかうまくいきません。前半はアディショナルタイム2分。両者ともに無得点で前半を終えました。
 後半、両者とも攻めに入ってはいくものの、決定的なものに欠けてなかなか点が入りません。どちらが放つシュートもゴールを外れたりGKに捕られたり。後半はアディショナルタイム4分。そして試合終了。結果は、

 ファジアーノ岡山 0-0 V・ファーレン長崎

 スコアレスドローでした……この試合の入場者数は8,165人。平均入場者数10,000人を目指しているファジですが、この日はあいにく天気が悪く、それが影響して入場者が少なくなってしまったようです。これだと10,000人達成は厳しそうですねえ。

 前回7月16日に私がCスタにて観戦した札幌戦に続いて、またしてもスコアレスドローの試合を目にすることとなってしまいました。これでCスタでの観戦は通算3度目ですが、そのすべてが引き分けの試合。頼みます! 次に私がCスタで観戦するときこそ、勝ち試合となってください!

Cスタ 2016-09-25 岡山 vs 長崎・2

 2016年9月25日のシティライトスタジアム、この日も実にさまざまなイベントがおこなわれていました。
 ステージでは、県立岡山一宮高校の吹奏楽部による演奏の披露。演奏する楽曲の中には、ファジアーノ岡山のチャント(応援のときに歌う歌)のひとつ「バモ・ファジアーノ」もありました。
 同じくステージでは、岡山学芸館高校のチアリーディング部による、チア演技の披露もありました。学芸館チア部はここのみならず、この日の試合のハーフタイムにおいても、グラウンド内にて演技の披露をしていました。このほか、ステージでは大声コンテストもおこなわれました。
 あと目立つイベントとなると、まずは白バイ・パトカーの展示。岡山県警の白バイとパトカーがスタジアム前広場にやってきて、希望者は写真撮影ができるというものでした。こちらは案の定、小さなお子さんを連れた親御さんが多く訪れていました。
 そして、今回はなんと、このスタジアム前広場にて「肝炎検査」を実施するというのです。こういったイベントがスタジアムにておこなわれるのは、異例といえます。ただし、検査を受けられるのは倉敷市以外の岡山県内在住者のみ。県外からやってきた私は検査を受けられませんでした(倉敷市の場合は、受検方法が独自の精度となっていることが理由で、ここでは検査を受けられないとのこと)。

 広場には、↓こういったボードが。
 citylight_st59.jpg

 citylight_st60.jpg

 岡山県内に本拠を置くスポーツチーム、ファジアーノ岡山(サッカーJリーグ)・岡山湯郷ベル(女子サッカーなでしこリーグ)・岡山シーガルズ(バレーボールVプレミアリーグ)の選手たちの写真が合成で集合写真の体をなしており「岡山県全体で一体となる」との思いを伝えています。実はこの日の試合は「岡山県民応援デー」と称されて、それでこのような「TEAM OKAYAMA いま、岡山でひとつに」のキャッチコピーが書かれていたということです。
 このボード、写真の下には自由にメッセージを書き込めるようになっていて、そこでは案の定、ファジのJ1昇格を願うメッセージが圧倒的に多く書かれていました。

 さて、この日のCスタは時折雨がパラつく、あいにくの天気となりました。そんな中でも熱心な長崎サポのみなさんは、ここCスタまで駆けつけてきました。
 citylight_st61.jpg

 ようこそ岡山へ。でも簡単に勝たせて帰しはしません(笑)。

(続く。次で終わり)


Cスタ 2016-09-25 岡山 vs 長崎・1

 2016年9月25日、私はシティライトスタジアムへファジアーノ岡山の試合を観戦に行きました。今年はもうCスタへ行くことはないかもと思っていたのですが、都合がついて行くことができました。

 この日Cスタでおこなわれる試合は、ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎。長崎は現在のところ中位のチーム。ファジとしてはここで取りこぼしのないよう、また着実に勝ち点を積み上げていきたいところです。
 citylight_st53.jpg

 なお、V・ファーレンは「ヴィ・ファーレン」と読みます。「ブイ・ファーレン」ではありません。念のため。

 Cスタに到着すれば、早速ファジフーズを食べるといたしましょう。
 まずは↓これ。ファジ丸トントンラーメン肉多め。
 citylight_st54.jpg
 
 前回Cスタを訪問したときに初めて食べて、抜群においしいと感じたこのラーメン。なので今回リピートです! やはりこれ、スープがおいしいです。今度訪問したときにも、また食べたいですね。それほどの品なので、このトントンラーメン、私としてはファジフーズの中では特にオススメしたい一品であります。

 次に↓長崎戦限定販売の、トルコライスメッシ。
 citylight_st55.jpg

 長崎発祥の食べもの、トルコライスです。ご飯の上にカツ・スパゲティ・錦糸卵がのっています。ちなみに、今回の長崎戦限定メニューの中には、長崎ちゃんぽんの具をカレーにのせた「ちゃんぽんカレー」というのもありました。

 そして、これまで一度もここに掲載する機会がなかったのですが、今回ついにそれを掲載するに至った品。↓これです。
 citylight_st56.jpg

「ファジきっチキンと勝つカレー」これは見ておわかりのように、のっているカツがとにかくデカい! それゆえファジフーズの中でも一、二を争う人気メニューです。これはさすがにボリュームあります! 特に、上記トントンラーメンとトルコライスをいただいた後にこれ食べたものですから、なおさらでした。
 なお、ファジフーズのカレーにはこのチキンカツのほかに、トンカツがのったカレーもあります。ただし、トンカツの場合はチキンカツよりカツの大きさが小さいです。

 ↓長崎戦限定カクテル「ヴィワ美人」
 citylight_st57.jpg

 長崎産のビワ酒を使ったカクテル。少しばかり果肉も入っています。

 デザートは↓ソフテリア甘夏みかん。
 citylight_st58.jpg

 オレンジソースがかかり、下にはコーンフレークと夏みかんが入ったソフテリア。私が前に食べたのはコーヒーゼリーでしたが、ほかにこのフレーバーもあるのです。


 さて、そういうわけでまず最初はファジフーズで腹いっぱいになった私だったのでした。

(続く)

2016年の甲子園ぶっ通し観戦デイ!

 2016年8月11日、私は第98回全国高等学校野球選手権大会がおこなわれている、阪神甲子園球場へと行ってまいりました。昨年の春以来の訪問です。
 私が行った8月11日は、今年2016年から祝祭日「山の日」です。私はこの日ぐらいしか行ける日を確保できそうになかったこと、また年に1回は甲子園を訪れたい思いが強いことから、この日に甲子園へと足を運んだ次第です。
 この日は第1試合の開始が9:30。開門は7:45となっていました。私は開門時刻の約40分前に甲子園に到着しましたが、この時点でもうすでに入場券売り場の前には行列が! しかしその規模は、高架道路から阪神電車甲子園駅の中間点あたりまで。このぐらいの規模ならば、どうやら入場はできそうだと思いながら、私は列に並びました。
 1時間近く並んでようやく入場券を手に入れ入場。今回私は、この日の試合をすべてぶっ通しで見るつもりでしたので、バックネット裏の中央特別自由席を購入しました。
 なお、今年から高校野球において甲子園球場およびその周辺の写真をインターネット上に掲載することが禁止となったとのことで、ゆえに今回は写真を掲載していません。あしからず。

 それでは、この日の試合すべてのダイジェストです。この日は3試合でした。


 第1試合 八王子 1-7 日南学園

 序盤は両者とも無得点のまま試合が進みましたが、5回に日南学園が先取点。6回には一挙5点を取るビッグイニング。計13安打の猛攻を見せた日南学園が勝利。


 第2試合 富山第一 1-0 中越

 この試合が、この日の私にとってのベストゲームでした。
 8回まで両者ともに無得点。しかも富山第一はここまでノーヒット(ただし、エラーやフォアボールでの出塁はあり)。つまり9回表に中越が点を取り、中越のピッチャーが9回ウラに相手打線をノーヒットに抑えたならば、彼はノーヒッターゲームを達成できるわけです。
 しかし9回表中越の攻撃は1点も取れず。ならば延長のうえでノーヒッターを達成するのかと、中越ピッチャーに注目が集まります。
 その注目の9回ウラ、中越ピッチャーは1アウトを取りましたが、その次に富山第一はついにセンター前へツーベースヒットを打ち、ノーヒッターを崩しました。さらにそのあと、劇的なサヨナラタイムリーヒットを放ち富山第一の勝利。
 中越ピッチャー、打たれたヒットはたったの2本。しかしその2本で取られた1点で敗れるという、もう無念としかいいようのない敗れ方でした。


 第3試合 嘉手納 10-3 前橋育英

 3回表に嘉手納が先取点。その回のウラで前橋育英が逆転。5回にも1点を取り6回までは前橋育英が2点リード。
 ところが7回表、嘉手納打線が爆発。ヒットにヒットを重ねて、この回なんと大量8点を取って逆転。文字通りのラッキーセブンとなったのでした。


 暑い中での観戦でしたが、やはりこういった高校球児たちの一投一打を生で見るのは、その一生懸命さ・ひたむきさに心ひかれ、大変さわやかな、すがすがしい気分にさせてくれるものです。毎年この季節の甲子園が「観光地」となるのも、その思いを抱きたい人たちが多いからでしょう。
 さて、この次の甲子園訪問は来年になるでしょう。春になるか夏になるかわかりませんが、1年に一度は絶対に行ってやります。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるボートレースとオートレースのファン。あと、たまに競輪も。
オートレース大阪ができて、関西にもオートレース熱発生の予感。
大の酒好き。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 高機能自閉症へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (165)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (132)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (1)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (12)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (2)
オートレース/レース場訪問記 (45)
船橋 (10)
川口 (7)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記 (54)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム (5)
QVCマリンフィールド (6)
花園ラグビー場 (6)
シティライトスタジアム (18)
ヤンマースタジアム長居 (4)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (18)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (33)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (83)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん