FC2ブログ

2019-11-24

B-1グランプリ in 明石へ行って食べまくった!

 2019年11月23日、私は兵庫県明石市で開催された「B-1グランプリ in 明石」へと行ってまいりました。
 B-1グランプリとは、日本全国のあらゆるご当地グルメ、いわゆる「B級グルメ」と呼ばれる食べ物が大集合する催しで、今年は明石での開催でした。私の食欲の秋はまだ終わりません。これに行く以外の選択肢はありませんでした。

 やってきました、明石。
akashi_b-1gp1.jpg

 これは明石駅北口。ゆえに逆光です。明石駅はJRと山陽電車がお互いに近い場所にあります。
 今回のB-1グランプリは、会場が明石駅北側の明石公園内にある「お城エリア」と、明石駅南側の市役所周辺にある「海峡エリア」に分かれています。まずはお城エリアへ。
akashi_b-1gp2.jpg

akashi_b-1gp3.jpg

 このB-1グランプリでは、場内の食べ物はすべて事前に購入するチケットでの販売です。ドリンク類以外は現金での購入ができません。私は3,000円分チケットを購入して、いざ食べまくりです。 

 最初にいただいたのは、長野県伊那市の「伊那ローメン」
akashi_b-1gp4.jpg

 羊肉とキャベツが具の焼きそばに、少しばかり酢のきいたタレをかけた麺。伊那市でしか味わえないグルメだそうです。

 続いて、岩手県岩泉町の「いわいずみ炭鉱ホルモン鍋」
akashi_b-1gp5.jpg

 食べていて「これは公営競技場のモツ煮込みに近い味だ」と感じました。寒い地方ではこれは温まるでしょうね。

 岩手県久慈市の「久慈まめぶ汁」
akashi_b-1gp6.jpg

「まめぶ」とは、クルミと黒砂糖を小麦粉の団子で包んだもので、そのまめぶを根菜・キノコといっしょに醤油ベースの汁で煮込んだものです。団子が少し溶け出しているのか、汁にとろみがついていました。私は個人的に、黒砂糖の味は余計かなと思いました。

 三重県亀山市の「亀山みそ焼きうどん」
akashi_b-1gp7.jpg

 赤みそで味をつけた焼きうどん。赤みそは焼けると香ばしい匂いがしてきます。味はピリ辛風味で、これは酒と合う食べ物です。そんなわけで、私はチケット500円分出してドリンクコーナーで生ビールを買ってしまいました。

 では今度は南側へと進み、海峡エリアへと行きましょう。
 海峡エリアでまずいただいたのは、静岡県富士市の「富士つけナポリタン」
akashi_b-1gp8.jpg

 麺をトマトソースにつけて食べるスパゲティ。ソースは酸味がきいていて、麺によくからみ調和していました。トマトソースの中には細切りの鶏肉とチーズが入っています。

 最後は愛媛県今治市の「今治焼豚玉子飯」
akashi_b-1gp9.jpg

 半熟の目玉焼きと焼豚がご飯の上に乗り、そこに甘辛のタレがかかっています。玉子が半熟なので玉子かけご飯のようになり、焼豚が柔らかく玉子によく調和して食べやすい一品。なんでもこの品は地元の賄い飯として発祥したとのこと。
 そういえば、地元のサッカーチーム・FC今治は来年からJ3リーグに参入ですね。

 ……と、今回は明石で食べに食べまくりました。同時に全国にはこういったご当地グルメがあるのだと知ることにもなりました。
 このあと夕方にちょいと一杯ひっかけたのですが、さすがに明石で食べすぎたので、ツマミはキムチとトマト。軽いものにしたのでした。
akashi_b-1gp10.jpg


(追伸)

 ↓こちらが今回のB-1グランプリの公式ガイドブック。
akashi_b-1gp11.jpg

 当日食べまくっているときには気づかなかったのですが、この表紙絵、よく見てみると身体に障害を抱えている人たちが描かれています。

 白杖を持っている、目の不自由な人。
akashi_b-1gp12.jpg

 車いすに乗っている人。
akashi_b-1gp13.jpg

 手話を使っている、耳の不自由な人。
akashi_b-1gp14.jpg

 今回のB-1グランプリを、このような障害を持った人たちでも楽しめる催しにしていきたいというメッセージが込められていたのでした。実際、会場には手話通訳の人がいましたし。

2019-05-05

令和元年5月4日は吹田で満喫・カレーEXPO編

 元号が平成から変わった令和元年(2019年)5月4日、連休中であるこの日、私は大阪府吹田市にある万博記念公園へと行ってまいりました。万博公園で何を楽しむのかといいますと、
  • 公園内で開催される『カレーEXPO』に行く
  • パナソニックスタジアム吹田で開催される、J1リーグ・ガンバ大阪vsFC東京の試合を観戦する
 このふたつです。午前中から昼過ぎにかけてはカレーEXPOで、午後はパナスタで過ごします。いわばこの日は吹田で休日を満喫するというわけです。

 大阪モノレール万博記念公園駅を下車して、万博公園内に入場します。入場するとまず正面に見えるのは↓この太陽の塔。
panasonic_st40.jpg

 この地で万博が開催されてから、来年で50周年。それだけの間、この塔は吹田のシンボルとして立ち続けました。
 太陽の塔の東側を行き「東の広場」まで。そこがカレーEXPOの会場です。
panasonic_st41.jpg

panasonic_st42.jpg
 会場では↑のパンフレットが渡され、ここに今回のカレーEXPOに出店しているカレーの店、全32店舗の紹介が載っています。当然これらを1日ですべて食べることなど不可能。ましてや私の場合はこのあとパナスタへも行くので、ここで食べるカレーは最小限にとどめておく必要があります。なので絞りに絞って、自分の好みのカレーを選ばなければなりません。
 カレーEXPOはチケット制で、カレールーハーフサイズ500円×2枚と、ライス300円×1枚を購入します。すなわち、このチケットで味わえるカレーは2種類だけ。私はパンフレットを凝視し、32店舗のうち選ぶ2種類をどれにするか模索。悩みに悩んだ結果、次のふたつに決めました。
  • 『カトマンドゥカリーPUJA』の「三田ビーフのマサラキーマカリー」
  • 『ダイヤモンド・ビリヤニ』の「ダイヤモンド・チキン・カレー」
 ライスブースでライスとチケットを引き換えたあと、これらふたつのブースに並びます。両方合わせて30分くらいは待ったでしょうか。なんとかお目当てのカレーを手に入れました。
panasonic_st43.jpg

 この写真の下にあるのがマサラキーマカリー、上にあるのがダイヤモンド・チキン・カレーです。さっそくいただきます。
 まず食べてみたのはキーマカリー。口に入れた瞬間は甘味のほうを感じますが、それは徐々に辛味へと変化していきました。おいしいカレーにはよく見られる「味の時間差攻撃」です。この甘味と辛味のバランスのよさが、おいしさを引き出しているのです。辛味といっても比較的おだやかで、食べやすくなっています。
 次にチキンカレーを味わいます。こちらはいきなりガツンとスパイスの辛味がやってくる「刺激系」のカレー。辛さもこちらのほうが強めでした。いっしょに煮込まれている鶏肉が柔らかく、カレーによく調和していると感じました。

 何も飲み物なしでカレーを食べたため、何か飲み物が欲しくなったところに、↓これを販売しているブースがありました。
panasonic_st44.jpg

 ビールのカールスバーグ。ここではコップに注ぐなどせず、直接ビンをラッパ飲みです。野外ではこれがウマく感じられるのですよねえ。

 この日がパナスタで試合開催ということもあって、会場ではガンバ大阪サポさんたちの姿もちらほら見かけました。この日の試合開始は16:03なので、それまでの時間の有効利用にはもってこいですね。ちなみにFC東京サポさんの姿は見かけませんでした。やはりアウェイとなると、見知らぬ土地での広範囲の行動は控える心理が働くのでしょうか。加えて万博公園はものすごく広く、カレーEXPO会場からパナスタはかなり歩く必要がありますし。
 


 そういうわけで、午前中から昼過ぎにかけてはカレーEXPOを楽しんだ私であります。このあとはパナスタへと向かいます。

(続く)

2018-03-04

ファジフーズの食べ物を『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqoursに紹介させてみた


 以前私は↓こういう記事を書いたことがあります。

 ファジフーズの食べ物を『ラブライブ!』μ'sに紹介させてみた
 2016-08-09
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-900.html

 それで今度は、シリーズ作品である『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するAqoursの9人にも、同様にオススメファジフーズを紹介させてみたいと考えて、今回まとめてみました。μ'sのときと同じく、各メンバーの好みになるべく合わせています。



 高海千歌のオススメ:ソフテリア甘夏みかん
citylight_st58.jpg

 千歌
「私の大好きな甘夏みかんがコーンフレーク・ソフトクリーム・オレンジソースとユニット結成! おいしさが増して、これは奇跡だよ!!」


 桜内梨子のオススメ:ローストビーフサンド
citylight_st156.jpg

 梨子
「モチモチ食感のパンにローストビーフとレタスとポテトサラダ。まるでハーモニーを奏でているかのような夢の競演がされているサンドイッチね」


 松浦果南のオススメ:も貝の海鮮塩焼きそば
citylight_st157.jpg

 果南
「海とともに育った私にとって、この焼きそばは故郷の味。あっさりした味に魚介類がよく合うね。も貝なんて知らなかったけどね」


 黒澤ダイヤのオススメ:白玉ぜんざいソフト
citylight_st158.jpg

 ダイヤ
「ぜんざいにソフトクリーム。一見ミスマッチの両者ですが、これは意外といけますわ。クリームがとけやすいので、お召し上がりは早めがよいですわ」


 渡辺曜のオススメ:うどんとそばのちゃんぽん焼
citylight_st82.jpg

 曜
「焼きうどんと焼きそばがいっぺんに味わえるなんて、うれしいじゃん! 私が作るヨキソバに負けじとも劣らない一品。ヨーソロー!」


 津島善子のオススメ:温羅の金棒
citylight_st159.jpg

 善子
「フッフッフッ、日本古来の魔の化身である鬼の武器がモチーフとは、この堕天使ヨハネの欲望をかきたてるじゃないの。見事な黒さだわ!」


 国木田花丸のオススメ:ファジきっチキンと勝つカレー
citylight_st56.jpg

 花丸
「ガッツリ食べたいオラにとっては、この大きなチキンカツがのったカレーはうれしいずら~。カツは箸で食べたほうがいいかもずら~」


 小原鞠莉のオススメ:サーロインステーキ丼
citylight_st160.jpg

 鞠莉
「ソフトなビーフステーキに和風おろしソースとガーリックがかかってシャイニー! うちのホテルのメニューにも、ぜひ採用したい一品デース」


 黒澤ルビィのオススメ:ベーコン&ポテトセット
citylight_st161.jpg

 ルビィ
「ルビィの大好きなフライドポテト。厚切りのベーコンがつくのがうれしいな。Aqoursのみんなでシェアしていっしょに食べたいな」


 はい、今回も『ラブライブ!』シリーズを知らない方にとっては、何が面白いのかわからない独りよがりな記事となりました。でもやっぱりつい書いてみたくなるのですよ、私の場合。これ書くために、わざわざファジフーズで実際にこれらを自分で食べたぐらいですからね。

2016-08-09

ファジフーズの食べ物を『ラブライブ!』μ'sに紹介させてみた

 ここで何度か紹介した、Jリーグ・ファジアーノ岡山のスタジアムグルメ、ファジフーズ。先日、その食べ物の数々を紹介したのですが、ただ淡々と食べ物の写真と説明を並べただけで、どこかしら面白味に欠けるなあ、と感じたのでした。
 そこで! 私は思いつきました。このファジフーズの食べ物を、アニメ『ラブライブ!』に登場するスクールアイドルユニット、μ'sのメンバー9人に紹介させる形にしてみれば、面白味を帯びるのではないかと。
『ラブライブ!』は以前、ファミリーレストラン『ココス』とのコラボ企画があり、そこではμ'sメンバーによるオススメメニューの紹介がなされていたのでした。それに倣う形で、私が勝手にμ'sメンバーそれぞれにファジフーズの紹介をさせてみました。なるべくメンバー全員の好みに合うようなオススメにしました。


 高坂穂乃果のオススメ:ファジ丸ドッグ
 citylight_st40.jpg
 穂乃果「いやー、ほどよく焼かれたパンがうまい! 太くてパリッとしたソーセージと、カレー味の炒めキャベツがはさまって、いい風味だー!」

 南ことりのオススメ:千屋牛バーガー
 citylight_st39.jpg
 ことり「厚めのバンズに千屋牛の焼き肉がはさまれてるの。肉の香りが口に広がるよ。さらにトマトとレタスもはさんであって、ヘルシーだよ」

 園田海未のオススメ:津山ホルモンうどん
 citylight_st19.jpg
 海未「何よりタレの味がおいしさを引き出している一品ですね。歯ごたえのあるホルモンとうどんにからんで、やみつきになりそうな味です」

 小泉花陽のオススメ:デミカツ丼
 citylight_st37.jpg
 花陽「岡山の有名なB級グルメですっ! デミグラスソースの絶妙な甘味と酸味が豚カツにマッチ。デミはご飯にもけっこう合うんですぅ」

 星空凛のオススメ:ファジ丸トントンラーメン肉多め
 citylight_st38.jpg
 凛「凛好みのトンコツラーメンにゃー! 厚切りのチャーシューが3枚もドカーンとのっていて、ラーメン好きの凛はうれしい限りだにゃー!」

 西木野真姫のオススメ:ファジ牛ステーキカレー
 citylight_st14.jpg
 真姫「ぜいたくにもカレーに牛肉のステーキをのせた一品よ。ま、まあ私はステーキなんて普段からよく食べているんだけど……最高ね!」

 矢澤にこのオススメ:桃太郎クレープ
 citylight_st41.jpg
 にこ「生クリームに白桃と吉備団子が入ったクレープだけど、まあシンプルな品ね。この程度の代物で、はしゃぐようなこと……大ありよ!」

 絢瀬絵里のオススメ:ソフテリア コーヒーゼリー
 citylight_st42.jpg
 絵里「ソフトクリームの下にコーヒーゼリーとコーンフレークが入ったスイーツよ。私の好きなチョコソースがかかって、程よい上品な甘さね」

 東條希のオススメ:熟成千屋牛の牛串
 citylight_st17.jpg
 希「焼肉好きのウチにとっては、牛肉の串焼きはたまらん一品やね。他にも鶏串や豚串、豚タン串もあって、もうウチを誘惑しとん?」


 ラブライバーではない皆さんには、何が面白いのかわからなかったかもしれません。ええ、最初から独りよがりの記事であることは重々承知のうえですよ、これ書いたのは。そこはひとつご理解願います。

2016-07-28

エビフライ飯のファジフーズコレクション

 サッカーJ2リーグ・ファジアーノ岡山が提供しているスタジアムグルメ「ファジフーズ」
 kan_sta6.jpg

 これまで訪問記にて何度かその紹介をしてきましたが、そこで食したファジフーズがある程度の数となってきましたので、ここで一挙にそのファジフーズの数々を紹介することとします!
 まずは定番のメニューから。↓津山ホルモンうどん。 岡山のご当地B級グルメです。私が最初に食べたファジフーズは、これでした。
 citylight_st19.jpg

 ↓デミカツ丼。これまた岡山のB級グルメ。
 citylight_st37.jpg

 ↓ファジ牛ステーキカレー。
 citylight_st14.jpg

 カレーを販売しているブースでは、↓「カレー(華麗)に勝つ」も販売されています。
 kan_sta9.jpg

 ↓千屋牛の牛串。
 citylight_st17.jpg

 ↓豚串と豚タン串。
 citylight_st18.jpg

 ↓ファジ丸トントンラーメン肉多め。
 citylight_st38.jpg

 ↓千屋牛バーガー。
 citylight_st39.jpg

 ↓ファジ丸ドッグ。
 citylight_st40.jpg

 ……と、ここまでかなりガッツリ系の食べ物が続いたので、ここでスイーツ系を取り上げて和らげましょう。
 ↓桃太郎クレープ。
 citylight_st41.jpg

 ↓ソフテリア コーヒーゼリー。
 citylight_st42.jpg

 続いて、ファジバーにて販売されている、アルコール類をば。カクテル中心。
 ↓「ファジの神風」
 kan_sta11.jpg

 ↓「ファジレッド」=レッドアイです。
 citylight_st50.jpg


 ここからは「その日の試合のときだけありつける」限定メニューです。その日の対戦相手にちなんだ品がほとんどです。
 ↓アビスパ福岡戦のときに販売されていた、明太そばめし。
 kan_sta8.jpg

 ↓同じく福岡戦のときの限定カクテル「うまかもん」
 kan_sta10.jpg

 ↓FC町田ゼルビア戦のときの限定メニュー、ファジの春パスタ。
 citylight_st15.jpg

 ↓同じく町田戦のときの限定メニュー、昭和な揚げパン。
 citylight_st16.jpg

 ↓町田戦限定カクテル「東京カクテル」
 citylight_st20.jpg

 ↓北海道コンサドーレ札幌戦限定カクテル「青い恋人」
 citylight_st43.jpg

 こうしてまとめてみると、あらためてファジフーズの品数の豊富さ・充実度の高さを再認識できますね。

2016-01-05

エビフライ飯のカレーコレクション

 新年あけましておめでとうございます。2016年も当ブログをよろしくお願いします。

 さて、2016年最初の記事は、食べ物関連といきます。
 昔、お正月のときに流れるカレーのCMで「おせちもいいけど、カレーもね」というコピーがありました。こういった言葉が宣伝文句となるほどに日本人に愛好されている食べ物、カレー。というわけで、今回は私がこれまで食べたカレーの数々を、ここに一挙に載せてしまいます。

 まずは阪神甲子園球場ではおなじみ、甲子園カレー。
 koshien23.jpg

 西武プリンスドームで販売されている、ライオンズカレー。ポテトサラダつきです。
 seibu_d6.jpg

 東京・秋葉原へ行ったときに食べた『ベンガル』のビーフ角切りカレー。
 edogawa_br29
 edogawa_br30

 同じく秋葉原にある『ホームメイドカレー タイム」のビーフカレー。
 edogawa_br32

 ボートレース住之江1F食堂のカツカレー。なぜか味噌汁つき。
 curry1.jpg

 ボートレース尼崎2F『水明』のカツカレー。
 curry2.jpg

 同じくボートレース尼崎にて、出張販売に来ていた『CoCo壱番屋』のビーフカレー。
 curry3.jpg

 新大阪駅1Fにある『ビッラルさんのモジャカレー』のビーフカレー+チーズ。
 curry4.jpg

 JR大阪駅エキマルシェ内にある『キャンプ』の一日分の野菜カレー。ここはカレーがフライパンに盛られて出てくる豪快な店です。
 curry5.jpg

 ボートレース蒲郡で販売されている、エビフライカレー。共食いです(笑)。
 gamagori_br16.jpg

 最近オートレース大阪へ行くようになってから、よく食べている『カレーハウスT&A』のカレー。上からロースカツ+チーズ、ハンバーグ+チーズ、からあげ+チーズ。私はカレーにチーズをトッピングするのが好きなのです。
 curry6.jpg
 curry7.jpg
 curry8.jpg

 これから挙げるふたつは、ライスではなく麺ですが……まずは岸和田競輪場の天カレーうどん。
 kishiwada3

 次に、ボートレース津のカレー中華。 
 tsu_br24.jpg

 そして、トリを飾るのは、金沢『ゴーゴーカレー』の、ロースカツカレー特大! 写真も特大です!
 kanazawa2.jpg


 そういうわけで、いきなりのカレー写真連発から始まった、2016年の当ブログなのでした。

2015-12-28

金沢にて本場の「ゴーゴーカレー」を食す

 先日、石川県金沢市へと行く機会がありました。
 金沢には「金沢カレー」と呼ばれる、ご当地B級グルメがあります。金沢カレーは現在、金沢のみならず全国的な広まりを見せているのですが、その火つけ役となった店が、JR・IRいしかわ鉄道金沢駅の駅ビル内にあります。それは「ゴーゴーカレー」。ここの本店はまた別の場所にあるのですが、それでも金沢発祥の店であることに変わりはありません。
 kanazawa1.jpg

 ↓これが「ゴーゴーカレー」の、ロースカツカレー特大。
 kanazawa2.jpg
 これに金沢カレーの特徴が集約されています。
  • 皿が金属製
  • ルウが濃厚でドロリとしている
  • ルウがライス全体にかかっている
  • キャベツの千切りが付け合わせについている
  • カツはルウの上に乗せ、ソースがかかっている
  • フォークで食べる
 特に「フォークで食べる」というのは、よく考えられていると思いました。キャベツの千切りやカツを食べるときは、スプーンよりフォークのほうが断然食べやすいのです。
 このカレーのルウは、辛さの中にも微妙な甘さが含まれていて、コクのある味わいとなっています。そしてこのルウが、ライス全体にかかっているのが何よりうれしいではありませんか。

 実を言いますと、このゴーゴーカレーを食べたのは、今回が初めてではありません。以前、東京・秋葉原の地にて食べたことがあります。↓これがそのときのことをつづった記事。

 ボートレース戸田訪問記・6(+おまけ) 2011-08-13
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-396.html

 私はこのとき初めてゴーゴーカレーを食べたのですが、不覚にも食べるほうに夢中になってしまい、肝心のカレーの写真をとるのを忘れるという失態を犯したのでした。いやそれだけウマかったということでして。
 なので非常に遅ればせながら、今回お写真披露となったのであります。

 機会があったら、また食べたいですね、ゴーゴーカレー。ちなみに今のところ大阪には店舗がないのですよ……


(おまけ)
 kanazawa3.jpg

 JR・IRいしかわ鉄道金沢駅の、新幹線改札口。ここも本当に新幹線が通る地となったのですね。

2015-05-24

エビフライ飯の煮込みコレクション

 これまで私が遠方の公営レース場へと行ったときに、かなりの割合で食べているものがあります。それは、もつ煮込み・ホルモン煮込みといった「煮込み」。公営レース場で販売していることが多く、また酒の肴にちょうどよいので、私は決まって食すのです。
 そこで、これまで私が主に公営レース場で食べてきた煮込みの数々を、ここに一挙に取り上げてまとめてみました。

 ↓ボートレース平和島。これが最初に公営レース場で食べた煮込みでした。
 heiwajima_br18.jpg

 ↓ボートレース江戸川。ここは2種類あります。左が牛もつ煮込み、右が豚もつ煮込み。
 edogawa_br25 edogawa_br26

 ↓ボートレース多摩川。
 tamagawa_br19

 ↓ボートレース若松。ここでは唯一のあっさりスープ。
 wakamatsu_br12

 ↓船橋オートレース場。これが提供されるのも、あと1年足らず……
 funabashi_ar15.jpg

 ↓飯塚オートレース場。
 iizuka_ar12
 ここの場合はご飯の上にかけて、ホルモン丼にもできます。
 iizuka_ar13


 ↓川口オートレース場。2パターン。
 kawaguchi_ar17.jpg

 kawaguchi_ar5

 ↓伊勢崎オートレース場。
 isesaki_ar9.jpg

 ↓立川競輪場。
 tachikawa_kr9.jpg

 あと、公営レース場ではありませんが、↓立川屋台村パラダイス
 tachikawa_kr14.jpg

 自分でもあきれてしまうほどの、煮込み好きの私。こうしてまとめてみて、随分と食べてやがるなあ……とあらためて思うのでした。

2015-05-23

麺類が好きだ! Part2

 以前ここにて書いた「麺類が好きだ!」(http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-765.html)の第2弾です。では、今回も見るだけで腹いっぱいになっていただきましょう!

 ↓『亀王』の油そば
 kio_abura.jpg

 ↓ラーメン『むさし』の醤油とんこつラーメン
 musashi_shoton.jpg

 ↓ラーメン『来来亭』のこってりラーメン
 rairai_kotteri.jpg

 ↓東京都立川市へ行ったとき立ち寄った、ラーメン屋『揚州商人』のタンタン麺
tachikawa_tantan.jpg
 このとき、ついでに↓チンタオビールもたのんでしまいました。
chintao.jpg

 ↓JR高崎駅構内の立ち食いそば屋の、かき揚げそば
 takasaki_soba.jpg

 ↓西武プリンスドームで食べた「ひちょりのチョリ麺」
seibu_d5.jpg

 ↓『竹國うどん』のかけうどん
 tachikawa_kr6.jpg

 ↓立川競輪場内『ごはんや』のミートソーススパゲティ
 tachikawa_kr8.jpg


 今回は以上です。

2015-01-11

麺類が好きだ!

 前回に引き続き、食べ物ネタといきます。
 私は食べ物の中でも、とりわけ麺類を好んで食べる傾向があります。これまで旅打ちに限らず、遠出をしたときにはけっこうな率で麺類を食べている私であります。
 今回はそんな麺好きの私が、これまでに食べてきて写真におさめた麺類を取り上げていきます。

 まずはラーメン系。
 ↓福岡に本店を置き、現在では全国展開もしているラーメン店『一蘭』のラーメン。3パターン。
 ichiran1.jpg
 ichiran2.jpg
 ichiran3.jpg
『一蘭』の特徴は、まず注文時に麺の固さ・スープのこってり度・秘伝のタレの有無等を選ぶ注文用紙に記入をすること、そして客席に仕切りがあり(一部店舗は仕切りなし)目の前にはのれん。これでラーメンを味わうことに集中させるためだそうです。

 ↓尼崎の隠れた名物となっている、尼崎あんかけチャンポン。以前尼崎ボートで出張販売していたときに食べました。
 amagasaki_br3

 ↓名古屋メシのひとつでもある、台湾ラーメン。
 tokoname_br28.jpg

 ↓津ボート場で販売されている、カレー中華。とろみのついたカレースープで食べるラーメンです。
 tsu_br24.jpg

 ↓前回もご紹介した、姫路駅で販売されている「えきそば」これはラーメンのカテゴリに入るものとみなします。
 ekisoba.jpg

 ↓阪神甲子園球場すぐ近くにある『甲子園ラーメン』の甲子園ラーメン。スープにピリ辛さがあります。
 koshien5

 ↓有名チェーン店『王将』のスタミナラーメン。このときは餃子といっしょに。
 ohsho_stamina.jpg

 ↓『河内らーめん 喜神』の担々麺。チャーハンといっしょに。
 tantan.jpg


 視覚だけでもけっこう濃厚な気分となったところで、まだまだいきます。今度は焼き麺系。
 ↓福岡の屋台では多く販売されている、焼ラーメン。
  iizuka_ar3

 ↓住之江ボートで人気の『ライフク』の焼そば。ノーマルとコロッケ添えの2パターン。
 suminoe_br6
 suminoe_br20.jpg

 焼そばといえば、これも忘れてはいけない↓浜松オートレース場の「当たり焼きそば」
 hamamatsu_ar11.jpg

 ↓ホルモンうどん。中でも津山ホルモンうどんが有名です。
 marugame_br20.jpg

 ↓船橋オートレース場内にて販売されていた、あんかけ焼きそば。
 funabashi_ar16.jpg
 しかし、船橋オートの廃止にともない、これもいずれ消えてしまう運命なのですね……


 ここまで見ただけで腹いっぱいになった方もいらっしゃるかもしれません。そこで次はあっさりとした、うどん系の紹介です。
 うどんといえば、さぬきうどん。↓さぬきうどんの有名店『あたりや』の「あつあつうどん」
 marugame_br9.jpg

 ↓同じくさぬきうどんの有名店『たも屋』の「ひやかけうどん」
 marugame_br26.jpg
 上記ふたつのうどんは、丸亀ボートでの「さぬきUDON祭」にていただきました。

 さぬきうどんといえば、この食べ方も忘れてはいけません。↓かまたまうどん。
 kamatama.jpg
 
 ↓うどんの亜種で、名古屋メシのひとつ・きしめん。 天むすといっしょに。
 tokoname_br14.jpg

 ↓柔らかくゆでた麺に、たまり醤油のタレをからめて食べる、伊勢うどん。
 isejingu4

 ↓味噌煮込みうどん。これは四日市競輪場で販売されていたもの。
 yokkaichi_kr11

 ↓鳴門ボート場内で販売されていた、鳴門うどん。麺が細いわりにコシがあります。
 naruto_br28


 最後に、大分県宇佐市に行ったときに食べた「だんご汁」をご紹介いたします。だんご汁といっても、実質は太いうどんなのです。なのでこれも麺類に相当します。
 ↓これがだんご汁。
 usa1.jpg
 味噌仕立ての汁に、幅広のうどんが入っています。この写真では、ご飯とを合わせた「だんご汁定食」となっています。
 このだんご汁がある地元のJR宇佐駅では↓こういったものが見られます。
 usa2.jpg
 usa3.jpg
 この地は八幡様の総本山、宇佐神宮のある地なのです。
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード