ボート&オートレース好きの自閉症者ですが、何か?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、好きなボートレース(旧「競艇」)とオートレースのこと、自身の障害のことを中心につづります。

第95回全国高校ラグビー決勝戦観戦記・後編

 キックオフまで待っている最中、スタンドの観客の入りを観察していました。メインスタンドは開門から1時間ほどですでに8割がたが埋まっており、それから30分ほどでもうほぼ満杯になっていました。バックスタンドも徐々に観客が増えていき、最終的に9割がた埋まり、サイドスタンドもかなりの客の入りとなりました。今はこれほどまでに、ラグビーが世間の注目を集めているのです。
 13:45ごろにようやく出場選手の発表がおこなわれました。そのあと選手たちもグラウンドに姿を現して、観客から拍手と歓声が沸き上がりました。いよいよ試合が始まろうとしています。
 14:00がやってきました。主審の笛が鳴り、いよいよ全国高校ラグビー決勝戦、東海大仰星 vs 桐蔭学園、キックオフです。

 先制したのは仰星。試合開始3分ほどでトライを決めました。しかし桐蔭も負けじと、ペナルティゴールにトライ・ゴールを重ね逆転し、一時はリード。すると今度は仰星がお返しのごとくトライ&ゴールを決め再逆転。そんな混戦・接戦を繰り広げて前半終了。この時点までのスコアは、

 東海大仰星 19-17 桐蔭学園

 わずか1ゴール差です。これはまだまだわかりません。
 そして後半開始。ここで仰星の猛攻が始まりました。次々とトライを重ねていく仰星。点差を大きく広げていきました。その後試合終了が近づく後半20分ごろ、仰星がダメ押しにも思えるトライを決め、スコアは37-17となりました。
 これはもう仰星の勝ちか、と思いましたが、ここから桐蔭は意地を見せます。後半25分ごろにトライ&ゴール。これで37-24。しかし試合時間は残り少ない状況。仮にひとつトライ&ゴールを決められたとしても追いつけません。それでも桐蔭はあきらめず攻めていきました。
 ラグビーではプレイ中に試合終了時間が来ても、一連のプレイが止まるまでは試合が続行されます。桐蔭もまた、終了時間後のプレイ続行において必死の攻めを見せました。たとえトライを決めてもゴールを入れても、相手に追いつくことなく試合は終わってしまいます。それでも前へ前へと進んでいきます。その結果、桐蔭は最後の意地でトライを決めました。そのあとのゴールも成功しました。
 これで一連のプレイは止まりましたので、ノーサイド(試合終了)! 試合結果は、

 東海大仰星 37-31 桐蔭学園

 東海大仰星の優勝となりました。試合後、両チームの選手たちがお互いにひとりずつ、握手を交わしていました。これぞノーサイド精神です。
 今回、私は初めて全国高校ラグビーの決勝戦を生で見ましたが、こんなにも見て熱い気持ちになる、また感動を呼ぶ試合を目にできて、ああ今日本当に見に行ってよかった、と思うことしきりなのでした。

 ↓試合後の閉会式の様子。
 hanazono_rugby29.jpg

 ここに並んでいる選手たちのうちの何人かが、2019年ラグビーワールドカップ日本大会で、桜のジャージを着てブレイブブロッサムズ(*1)の一員となるのでしょう。
(*1 ラグビー日本代表の通称。「チェリーブロッサムズ」とも呼ばれる)
 ラグビーワールドカップ日本大会、この花園も会場のひとつとなっています。


 最後に、ベタですがお決まりのフレーズをば。「One for all,all for one!」

第95回全国高校ラグビー決勝戦観戦記・前編

 2016年1月11日、私は大阪府東大阪市にある、花園ラグビー場へと行ってまいりました。
 この日おこなわれるのは、第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会の決勝戦。東海大仰星(大阪第1)と桐蔭学園(神奈川)の対戦です。私、今まで花園へ高校ラグビーを見に行ったことは何度かあるのですが、決勝戦はまだ一度も生で見たことがなかったのです。そういうわけで、今回が初の決勝戦観戦となりました。

 花園ラグビー場の鉄道最寄駅は、近鉄奈良線の東花園駅。以前も書きましたが再度。最寄駅は「東花園」であって、隣の「河内花園」ではありません。この点にご注意を。
 また、現在では東花園駅の高架化工事が完了したため、上り下りともに同じ場所にホームがあります。(正確には、元あった場所に戻った)
 ↓こちらがその東花園駅の入口。
 hanazono_rugby22.jpg

 実は、2015年に近鉄花園ラグビー場は近鉄の手から離れて東大阪市へ譲渡されたため、現在の名は「東大阪市花園ラグビー場」となっているのです。そのため上の写真では「近鉄」の部分が隠されています。
 ↓これは3年前の同じ場所の写真。
 hanazono_rugby1

 駅を出れば、↓このようなゴールポストとボールのオブジェがお出迎え。東大阪市のマスコット「トライくん」も、変わらぬ姿でお出迎えです。
 hanazono_rugby23.jpg
 hanazono_rugby24.jpg

 なお、東花園駅の周辺にはコンビニやスーパーマーケット、マクドナルドがあります。花園ラグビー場内でも食べ物は販売されていますが、行く前にここで食料を調達しておくのも、ひとつの手ではないかと思います。
 東花園駅から北へ「スクラムロード」と呼ばれる道をまっすぐ進んでいけば、花園中央公園にたどり着きます。この公園内に、花園ラグビー場はあります。
 ↓看板がこのように変わっていました。
 hanazono_rugby25.jpg

 で、↓こちらは2年前の面構え。
 hanazono_rugby16.jpg

 ↓入場ゲート前広場では、MBS毎日放送のマスコットキャラクター、らいよんちゃんの人形が。昨年大いに話題となった「五郎丸ポーズ」をとっています。
 hanazono_rugby26.jpg

 毎日放送は、毎年全国高校ラグビー決勝の全国生中継を放送しています。それゆえのらいよんちゃんです。毎日放送、昔は決勝だけでなく、準々決勝・準決勝も全国生中継していたのですよねえ。しかし現在は決勝のみ。

 この日の試合は14:00キックオフ。開門および入場券販売開始は12:00となっていました。私は席を確保しようと早めに出かけて11:30ごろには到着したのですが、この時点でもう入場券売り場に長蛇の列。昨年からラグビーの人気が上がりだしてきていることが、これに現れていました。
 12:00が来て開門・入場券販売。私は入場すると、メインスタンドへと行って席を確保。そこから見た花園のグラウンドは↓こんな感じ。
 hanazono_rugby27.jpg
 hanazono_rugby28.jpg

 このグラウンドで、いよいよ高校日本一を決める試合がおこなわれるのです。14:00のキックオフまで、じっくりと待つのでした。

(後編へ続く)

続・2014年お正月も花園ラグビー場へ!

 元日に続いて、またしても近鉄花園ラグビー場へ、全国高校ラグビーを観に行きました。
 ↓元日訪問時の記事。

 2014年お正月も花園ラグビー場へ! 2014-01-01
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-691.html

 この時期もっとも近場で楽しめる場所がここなのですよ、私にとっては。なので再び花園へと向かったのであります。

 この日、1月3日におこなわれるのは準々決勝ということで、元日よりもたくさんの客が花園へと詰めかけていました。ベスト8のうち、大阪の代表が3校とも残っていることも要因でしょう。
 元日の記事でも書きましたが、準々決勝は次の組合せ。

 東福岡 ‐大阪朝鮮
 天理  ‐桐蔭学園
 報徳学園‐東海大仰星
 大阪桐蔭‐秋田工

 では、これらの試合の結果とともに、すべてを観戦した私の感想をつづるといたしましょう。


 ・東福岡 30-24 大阪朝鮮

 大接戦でした。
 大阪朝鮮は「点を取られたら取り返す」かのごとく果敢に攻めていきましたが、やはり優勝候補の一角の意地が勝ったか、東福岡が勝利をもぎとりました。
 大阪朝鮮は善戦したのですが、それもむなしく敗れてしまいました。しかし優勝候補をかなり苦しめた試合だったと思います。


 ・天理 14-26 桐蔭学園

 天理は一時リードしていたときもあったのですが、結局は桐蔭学園の勝ちでした。
 天理で特に目立ったのが、送球を受け損ねて落とすという場面が何度もあったこと。ノックオンも多かったようです。素人目ですが、やはりこれが敗因ではないかと。


 ・報徳学園 17-66 東海大仰星

 関西勢同士、かつ大阪代表が出る試合ということで、この試合がいちばん客の入りの多い気がしました。
 この試合、先制トライを決めたのは報徳でした。これでもしかすると報徳が勝つこともアリかも?と思いましたが、やはり優勝候補の仰星、そう簡単には勝たせてはくれませんでした。
 仰星は1試合で10トライを決める猛攻ぶり。この日いちばんの実力を見せつけていました。


 ・大阪桐蔭 41-3 秋田工

 最後の試合は大阪桐蔭が圧倒的な強さを見せつけました。
 大阪桐蔭は秋田工に序盤のペナルティゴールしか得点を許さず、鉄壁の守りで相手をノートライに抑えました。加えて後半はトライのラッシュ。ノーサイド間際にもトライ+ゴールを決めてダメ押ししました。


 準々決勝全試合終了後、グラウンドにて準決勝の組合せ抽選がおこなわれました。準決勝の組合せは次の通り決まりました。

 東福岡 ‐東海大仰星
 大阪桐蔭‐桐蔭学園


 なんと、東西の「桐蔭」が対戦することとなりました。この組合せが決まった瞬間、観客席ではいっせいにどよめきが起こりました。そりゃ「桐蔭」同士という、多くのファンがひそかに期待していたであろう対戦となったのですから。
 第1試合の東福岡‐東海大仰星は、もうこれが実質の決勝戦の色彩を帯びていますねえ。激しい闘いとなりそうな予感です。


 ……と、正月休みを利用して、2度も花園へと行ってしまった私のお話でした。
 ちなみに準決勝以降は、もう行きません。だってもうそのとき私は通常通り仕事ですから。お屠蘇気分もそろそろ切り替えて、またいつもの日常に戻る準備をいたしませう。


(おまけ)
 ↓花園名物の「ラグビーまん」を販売している店にあった絵。
 hanazono_rugby21.jpg

 これはドラマ『スクール☆ウォーズ』の滝沢賢治でしょうかね。

2014年お正月も花園ラグビー場へ!

 新年あけましておめでとうございます。
 最近このブログ、更新頻度が少なくなってはいますが、記事を上げるときは上げますので、どうかご勘弁願います。
 また、ツイッターでならばほぼ毎日何かをつぶやいていますので、よろしければそちらもご覧ください。

 http://twilog.org/ebifuraihan


 さて、年も改まった1月1日、私は昨年同様に近鉄花園ラグビー場まで行き、全国高校ラグビーの試合を観戦しました。この日おこなわれたのは3回戦の8試合。
 花園ラグビー場の最寄り駅、近鉄奈良線・東花園駅の前には↓この像があります。
 hanazono_rugby15.jpg

 東大阪市のマスコットキャラクター、トライくんです。東大阪市は花園ラグビー場のある市ということで「ラグビーのまち」を前面に押し出しているのです。
 そしてやってきました、近鉄花園ラグビー場。文字の上に鳩が止まっています。
 hanazono_rugby16.jpg

 実に1年ぶりに↓このグラウンドを目にすることとなりました。
 hanazono_rugby17.jpg

 この日は第1と第3、それぞれのグラウンドで4試合ずつがおこなわれました。勝ったチームが準々決勝進出です。
 ラグビーというスポーツは、はたから見ると「ケンカ交じりの球の奪い合い」と言うにふさわしいです。いえ、決して悪く言っているのではないのです。それこそがラグビーの魅力ということです。そういえば、ラグビーは現在の和訳だと「闘球」でしたっけ。昔は「ラ式蹴球」と呼んでいたような気がしますが。
 それはさておき。私は主に第1グラウンドの試合を観戦しましたが、どの試合も迫力満点、選手たちの気迫がビンビンと伝わってくる試合の連続でした。これはグラウンドの周囲に柵や金網がなく、それだけ直にプレイを目の当たりにできることが大きいでしょうね。

 では、この日おこなわれた3回戦8試合の結果。

 東海大仰星 63-0 名護
 東福岡   42-19 日川
 大阪朝鮮  36-7 目黒学院
 天理    12-10 流経大柏
 桐蔭学園  41-10 春日丘
 長崎南山  12-14 秋田工
 報徳学園  20-20 石見智翠館
 (トライ数の多い報徳の勝利)
 佐賀工   17-34 大阪桐蔭

 全試合終了後、第1グラウンドにて準々決勝の組合せ抽選会がおこなわれ、1月3日におこなわれる準々決勝の組合せは、次のように決まりました。

 東福岡 ‐大阪朝鮮
 天理  ‐桐蔭学園
 報徳学園‐東海大仰星
 大阪桐蔭‐秋田工

 1月3日もヒマなので、またこの日も花園へ行って観戦してやろうと思います。

 
 最後に、この日花園でいただいたスタジアムグルメの話をば。
 入場ゲート前の売店テント内にて、↓この「ラグビー弁当」1,000円が販売されていました。
 hanazono_rugby18.jpg
 中身は↓このようになっております。
 hanazono_rugby19.jpg
 真ん中に大きめのカツが乗っており、かなりボリュームがあります。また周囲には色とりどりの野菜類、カツの下にはご飯、ご飯の上には薄焼き卵の細切り・ボイルキャベツがのっています。

 そしてこの↓「ラグビーまん」1個300円。
 hanazono_rugby20.jpg
 一見珍しそうですが、何のことはありません。単に豚まんが楕円形になっただけの話です。

 そして、花園は生駒おろしがモロに吹いてきて寒い場所ということで、アルコール類も多数あります。
 ビールに日本酒の燗、焼酎湯割り(この焼酎は「楕円」という銘柄です)、さらに珍しいものでは「ホットワイン」なるものまでもあるのです。文字通りワインを温めたもので、赤・白どちらかを選べます。
 私もこのホットワイン、いただきました。温かいワインというのもなかなかいけて、また体も温もったのですが、これが1杯500円というのは、ちと高い気がしましたねえ。なお、ホットワインはボトル1本単位でも販売されています。1本1,500円。


 というわけで、今年の正月もまた花園で楽しんだ話でした。さらに今年は1月3日にもまた花園へと行きます。今度は準々決勝観戦レポートとなります。

お正月は花園ラグビー場へ!・後編

 今回のような訪問記のときには、決まってそこで食べたものの話となるのが、このブログの特徴です。なのでその流れに沿って、近鉄花園ラグビー場での食べ物の話といきましょう。

 ↓こちら、メインスタンド内のレストランにて販売されていた「リコ・ギア オールブラックラーメン」800円。
 hanazono_rugby6
 ラグビートップリーグ・近鉄ライナーズの選手、リコ・ギア選手にちなんだ品だとか。ギア選手はニュージーランド出身。ニュージーランドといえば、代表の通称はオールブラックス。ゆえに「黒」を強調したラーメンというわけです。
 スープは黒醤油をベースとしており、具材はワカメ・キクラゲ・黒い貝・焼き海苔と、黒い色のものが占めます。なるとも黒だったのには驚きました。さらに麺も黒なのです。黒くないのはチャーシュー・ゆで卵・ネギだけです。レストラン店頭の説明書きによりますと、この麺は竹炭を使って黒くしているとのことです。
 何か面白そうだと思って注文し食べてみましたが……まあ、これは単なる客寄せの品でしかない代物でしたねえ。味はさほど珍しいものでもありませんでしたし。ま、アイデアとしては及第点といったところでしょうか。
 レストランにはこのほか、スコッチエッグがカレーの上に乗った「トライカレー」や、天ぷらと肉ががっつりと乗った「スクラムうどん」というメニューもあります。

 観戦しながら食事がしたいならば、↓こちら「李陽(リヤン)バーガー」300円。
 hanazono_rugby7
 こちら、近鉄ライナーズの李陽選手にちなんだ品です。中国出身の同選手であるがゆえ、中華饅頭生地で厚切りチャーシューをはさんだものとなっています。
 それと↓この「花園ドッグ」300円。
 hanazono_rugby8
 hanazono_rugby9
 このホットドッグは、チリソースかカレーソース、どちらか好きなほうを選べます。
 ファーストフード系なら、↓こんなのも。「フランカーポテト」250円。
 hanazono_rugby10
 紙袋の中にフライドポテトが入っています。なぜ紙袋入りなのか? それは袋の中のポテトにスパイスを加えて、袋を振ってスパイスを混ぜるためです。つまり「振らんか」に引っ掛けたわけですね。

 ちょっとしたおやつが欲しいなら↓「ラグビーカステラ」400円。カスタードクリームとアンコの2種類があります。
 hanazono_rugby11
 そのラグビーカステラを販売している売店では、↓この「フカヒレスープ」300円も販売されています。
 hanazono_rugby12
 花園ラグビー場では、基本試合がおこなわれるのは主に寒い季節ということで、販売されている食べ物は温かいものが多いです。フカヒレスープもそのひとつ。
 あと、日本酒のお燗もあります。これがまた温まるのですよねえ。ちなみにアルコール類は日本酒のほか、ビールや焼酎もあります。

 花園に来た記念に、何かお土産がほしいと思ったならば「花ラグ饅頭」はいかがでしょう。東花園駅から花園ラグビー場へと行く道の途中にある和菓子屋『絹屋』の名物の品です。
 hanazono_rugby13
 ↓こちらがその「花ラグ饅頭」6個で700円。
 hanazono_rugby14
 この饅頭は中のアンコが緑色です。エンドウ豆で作ったアンコだそうで。何でも花園ラグビー場の芝生をイメージしたそうなのです。

 以上、新年の花園ラグビー場訪問記でした。

お正月は花園ラグビー場へ!・前編

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 元日、正月休みの私は暇をもてあましていました。住之江も尼崎も、この日は開催なしときています。でもこの暇を何とか有効に使いたいのです。
 ならばどこへ行こうか。思いついた場所は、大阪府東大阪市にある近鉄花園ラグビー場でした。現在ちょうど全国高校ラグビー大会がおこなわれている場所です。この大会、元日でも試合をおこなうことを私は知っていたのです。そういうわけで、いざ花園まで。

 花園ラグビー場の最寄りの鉄道駅は、近鉄奈良線の東花園駅です。まあ「近鉄」花園ラグビー場ですから。
 ここで近鉄を利用して花園ラグビー場へといらっしゃる方に、ふたつほどご注意を申し上げます。
 ひとつは「下車駅は“東”花園である」こと。ここの西隣にある河内花園駅ではありません。もっとも、これに関しては電車内放送で「次は東花園。花園ラグビー場前です」との旨が言われますし、東花園駅の駅名標には駅名の下に小さく「近鉄花園ラグビー場前」と書かれていますので、そうそう間違えることはないかと思います。
 もうひとつは「現在の東花園駅は、奈良方面と難波方面とでホームが離れている」こと。奈良方面は東側、難波方面は西側にあり、まったく別々の場所となっています。現在駅高架化工事をしている関係でこうなっているのですが、帰り道にくれぐれも入る場所を間違えないようにしてください。
 その東花園駅の駅舎には、↓ラグビーボールの浮き彫りが施されているのです。
 hanazono_rugby1

 駅から北へ北へとしばらく歩いていきます。そうすると目の前に広大な広場が見えます。この広場をさらに同じ方向に歩いていけば、花園ラグビー場です。
 hanazono_rugby2

 hanazono_rugby3

 グラウンドは↓このような縞模様の青々とした芝。ここは南側(入場ゲート側)のインゴールです。
 hanazono_rugby4


 さて、この日おこなわれたのは3回戦8試合。このうち4試合がメイングラウンドである第1グラウンドで、もう4試合が第3グラウンドでおこなわれました。なお、入場券の半券を持っていれば、第1と第3は自由に行き来できます。

 この日の8試合の中で、特に印象の残った試合が2試合ありました。
 まずは伏見工vs深谷。後半、18-12と伏見工がリードしていたところ、試合終了間際に深谷がトライを決めてゴールも決めて、18-19と逆転。しかししかし、そのあと伏見工がまさに土壇場で速攻トライを決めて再逆転。結果、23-19でノーサイド。最後まであきらめない気持ちが伏見工に強く出ていた気がしました。
 そして常翔学園vs佐賀工。どちらも全国大会の常連校です。どちらが勝ってもおかしくないと思いましたが、フタを開けてみれば、常翔はとにかく前に!前に!出る攻めで、この試合計7トライをあげる強さを見せつけました。ディフェンスでも、佐賀工にひとつのトライも許さない鉄壁の守り。その結果は48-0。常翔の圧倒的な力での勝利でした。このぶんだと優勝も狙えそうに思えます。
 で、1月3日の準々決勝では、この伏見工と常翔学園とが対戦することとなったのです! これこそもう、どちらが勝ってもおかしくない試合ですねえ。

(後編に続く)


(おまけ)
 ↓こちら、メインスタンド内の男子トイレのサイン。
 hanazono_rugby5
 ラグビーボールを持っています。芸が細かいですね。


(補足 2015-12-27)
 東花園駅は高架工事が完了して、現在は上下線とも同じ位置にホームがあります。
 また、近鉄花園ラグビー場は現在、「東大阪市花園ラグビー場」と名称が変わっています。

 

 | HOME | 

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるボートレースとオートレースのファン。あと、たまに競輪も。
オートレース大阪ができて、関西にもオートレース熱発生の予感。
大の酒好き。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 高機能自閉症へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (165)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (132)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (1)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (11)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (1)
オートレース/レース場訪問記 (45)
船橋 (10)
川口 (7)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記 (54)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム (5)
QVCマリンフィールド (6)
花園ラグビー場 (6)
シティライトスタジアム (18)
ヤンマースタジアム長居 (4)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (18)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (33)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (83)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん