スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

浜松オートレース場4度目の訪問・後編

 浜松オートレース場まで来たということで、当然のごとく車券勝負もしました。例によって、2連単のみを1レース2点ずつ買っていきます。
 しかし……どうしたことか、今回はまったく当たらなかったのです。比較的的中率の高い2連単であるにもかかわらず。
 とにかくこの日はどのレースも荒れに荒れまくったのです。なにせ本命が全然来ない。そんなわけで、この日の浜松は高配当が相次ぎました。
 そういった状況で迎えた10R。このレースの本命は、ほぼアタマに来ることが確実視されている選手。なので私は、その選手をアタマに買っていきました。
 そして10R開始。本命選手が後方からの追い上げを見せたかと思いきや……何とまさかの落車!! 同時に他2選手も落車! このレースは3車が落車となってしまう大荒れの展開となってしまいました。結果、本命がコケたことでこの10Rは超高配当。3連単は20万を超えていました。
 こんな展開を目にしてしまったことで、私は
「ああ、今日はもう運に恵まれていない日だ」
 と悟り、最終レースを待たずに10R限りで切り上げることとしたのでした。
 車券が当たらなかったのは悔しかったですが、今回は競輪とのコラボ企画で楽しめたので、それでよしとします。


 次に、恒例の場内食べ物披露。浜松オートへ来たなら、やはり定番↓当たり焼きそば。
 hamamatsu_ar11.jpg
 ソースをかけて、自分好みの味にして食べましょう。ソースをかけないと味が薄いです、これ。

 ここからは、今回に限って出店していた屋台の食べ物です。まずは↓浜松餃子。
 hamamatsu_ar12.jpg
 浜松に来たら、ついつい食べてしまうのであります。ラー油をかけるとうまい!
 ↓厚切りベーコンステーキ串。
 hamamatsu_ar13.jpg
 ビール片手にこれをかぶると最高なのですが、浜松ではアルコールはいっさい販売されていません。あしからず。
 今回出店していた屋台の中には、群馬からここ浜松までやって来た、たこ焼き屋の移動販売車もありました。群馬には伊勢崎オートレース場があります。なので店頭には伊勢崎の選手を映したDVDの紹介が掲げられ、それの販売もしているようでした。
 そのたこ焼き屋では「もつ煮」も販売されていました。レース場のソウルフードで私も好きなもつ煮。ひとついただきました。
 hamamatsu_ar14.jpg
 煮汁に唐辛子がきいているもつ煮です。これなら七味を振りかける必要がありません。唐辛子ベースのもつ煮も断然アリ!です。


 以上、浜松「レースの秋・食欲の秋」レポートでした。


(おまけ)
 JR浜松駅新幹線コンコース内にて、↓こういった広告を見かけました。
 hamamatsu_ar15.jpg
 ここに描かれている妖精なのか宇宙人なのか謎なキャラクター、後で調べてみたら、結構面白いことをしている会社のキャラであるとわかりました。それについては、また別の記事にて書くことにします。

浜松オートレース場4度目の訪問・前編

 2014年11月24日、私は浜松オートレース場へと行ってまいりました。
 ここの訪問はもう4回目となるため、さすがに訪問記を書こうにもネタ切れ感が漂ってきました。そういうわけで、今回はわりと簡潔な内容となることを、あらかじめご了承ください。

 JR浜松駅を降りて北口方向へ。地下道へ降りて、広場にさしかかったところで「D」の道へ。そこにある↓この階段を昇れば、無料連絡バスの乗り場です。
 hamamatsu_ar9.jpg
 さすがに4回目ともなると、もうすっかり覚えてしまっていますね。
 そしてバスの中の乗客は相変わらずの高い老齢率。走行中に前日のレースのリプレイが車内テレビで放映され、終わった頃にちょうどよく浜松オートレース場へと着くようになっています。
 hamamatsu_ar10.jpg

 この日浜松オートでおこなわれた競走は「ルーツアロマブラック杯 GI第56回秋のスピード王決定戦」GIという大きな競走であることから、場内イベントも数多くおこなわれました。お笑いコンビ「ウェストランド」のライブや、浜松オートレースヴィーナス「ARISA」さんのトークショー、さまざまな食べ物屋台の出店などなど。
 その中で、この日特に目をひいたイベント。それはここ浜松オートから遠くない場所にある、豊橋競輪とのコラボレーション企画の数々でした。

 まずおこなわれたのが、走路でのオート選手と競輪選手の自転車対決。これには特別に、前出のARISAさんも参加。そしてオート代表2人(うち1人女子)と、競輪代表1人。計4人でハンデつきの自転車レースです。
 ARISAさんはノーハンデ。ただし乗る自転車はママチャリ。オート代表は女子選手がハンデ20m、男子選手が同40m、そして競輪代表は60m後方からのスタート。結果は競輪代表がハンデをものともせずに1着でした。

 次におこなわれたのは、オートレースvs競輪の異種競技対決。オートバイと自転車とが走路で対決です。
 この対決、オートはゴールまで600m、競輪は300mの位置からのスタートというハンデがつけられました。これだけのハンデがあっても、さすがにオートのほうが速いやろと思っていましたが、結果はなんと競輪の勝ち。恐るべき競輪選手のパワーを見せつけられました。

 競輪とのコラボは、これらイベントだけにとどまりませんでした。この日の浜松オートの9R以降は、競輪選手がピストに乗って、出場選手たちの試走の先導を務めたのです。先導は競輪では普段からある仕事。それをこのオートレースで、試走ではあるもののやってしまうというのです。これもなかなか面白い試みです。
 もっとも、やはり速度が段違いなためか、先導の競輪選手が出てからかなり距離を置いて1番車が走り出したように見えました。


 オートレースも競輪も、統括する団体は同じJKA。だからこそ今回のオート競輪コラボはできたものと思われます。こういう異種競技間の交流は、もっともっと盛んになってほしいですね。

(後編に続く)

浜松オートレース場3度目の訪問・4

 今回訪問した浜松オートレース場、SG開催ということもあってか、イベントもいろいろとおこなわれました。
 まず走路内観戦。これについては以前書きましたので詳細は省略します。
 あと、この日はお笑いコンビ・次長課長が来場し、トークショーがおこなわれました。次長課長のふたりは優勝戦の予想もして、優勝戦後の表彰式にも同席しました。シャンパンファイトも優勝者・浦田信輔選手とともにやりました。

 そして、こういったイベントでは恒例といってもいい「B級グルメ大集合」もおこなわれ、あらゆるB級グルメの出店が集合し、かつその近くでは次長課長のトークショーがあったことで、この日の浜松オートレース場はさながら「冬祭り」の様相でした。
 そのB級グルメの中で、私が初めて食したものがあります。それはこの↓「八戸せんべい汁」400円。
 hamamatsu_ar7.jpg
 ダシ汁に鶏肉・白菜・ゴボウ・ダイコン・ニンジン・ネギが煮込まれ、かつこの中にせんべいを入れた代物です。
 当初私は、この中に入っているせんべいはダシ汁でふやけてトロトロなのではないかと思っていたのですが、とんでもない。せんべいはダシ汁に浸っても、ねばりのある歯ごたえがあったのでした。容易に歯で噛み切れませんでしたからね。これに使われているせんべいは、特別なもののようです。
 そして、いまやB級グルメの代名詞となりつつある、ホルモンうどん400円。↓
 hamamatsu_ar8.jpg
 やはりこれ、からめているタレがうまいのですよ。はい。なのでついつい食べてしまいます。
 そういえば、次長課長はふたりともホルモンうどん発祥の地・岡山の出身なのですが、郷土のB級グルメが出店していることに関しては、トークでは何もふれていませんでしたねえ。
 このほか、牛タン・牛肉・豚肉の串焼き、甲府のもつ煮、浪江の焼きそば、たい焼きなどが出店していました。

 今回のB級グルメ出店とは別に、浜松オートレース場で常時販売されている食べ物の中では、浜松の名物と謳われている「当たり焼きそば」300円がもっとも有名でしょう。こちら↓
 hamamatsu_ar6.jpg

 これ、味が薄めにつけられていまして、各自でソースを好きなだけかけて味を好みのものとする形式となっています。というより、ソースをかけないと味が薄いことこの上ないのです。
 なお、この焼きそばを注文すると、サービスでつみれ汁がついてきます。以前行ったときにはなかったサービスです。いつからこのサービスがついたのでしょうか? でもまあ、寒いときにはありがたいですね。

 なお、浜松オートレース場ではアルコール類はいっさい販売されません。ここは車でないと行けない場所なので、それも致し方ありませんね。


 以上、浜松オートレース場3度目の訪問記でした。

浜松オートレース場3度目の訪問・3

 浜松オートレース場でおこなわれた、SG第27回全日本選抜オートレース。最終日2月11日の最終レース12Rは優勝戦。出場選手は次のとおり。(敬称略)

 高橋貢
 木村武之
 青山周平
 中村雅人
 荒尾聡
 佐藤貴也
 浦田信輔
 前田淳


 人気は青山選手に多く集まっていました。このほか実績のある高橋選手、地元浜松所属の木村選手、昨年暮れのスーパースター王座決定戦で優勝した中村選手、「調子いい」と語って試走で好タイムをあげていた浦田選手、こういったところが人気の中心となっており、この5人のうちの誰が優勝してもおかしくない状況でした。
 私はこの優勝戦、青山選手の勝利を信じ、2連単 ・  ・  ・ の4点を購入しました。

 そしていよいよ優勝戦の始まり。オートレースでは最長の距離となる10周(5,100m)を走る戦いです。
 スタートから先頭に飛び出したのは木村選手。それに続くは青山選手。しかし青山選手は後から来た中村選手に抜かれ、続いて高橋選手にも、さらに浦田選手にも次々と抜かれていってしまい、大きく後退しました。
 その一方で、驚きの快進撃を見せたのが浦田選手でした。レース中盤からぐんぐんと追い上げていって、レース後半にさしかかったところで、前の木村選手と中村選手を捕らえて一気にインから差してトップに躍り出ました。これぞオートレースならではの逆転劇です。
 結果、浦田選手がそのままトップでフィニッシュ。優勝しました。場内の観客からはいっせいに拍手が沸き起こりました。
 私が買った車券はハズレてしまいましたが、寒い中これだけの熱い戦いを見せてくれたことで、もうそれだけで満足でした。

 このあと表彰式がイベントプラザにてあり、浦田選手は競走車に乗って表彰式会場までやって来ました。
 モータースポーツではおなじみのシャンパンファイト。オートレースでもおこなわれました。この場に居合わせていたのは「浜松オートレースヴィーナス」ARISAさん、この日トークショーで来ていたお笑いコンビ・次長課長、そして開門時に客たちを出迎えていた家康くんでした。賞金授与では浜松市長も登場。市長自らの手で、賞金小切手の大型ボードを授与していました。
 浦田選手、今回の優勝が通算100回目の優勝となるとのことです。記念すべき100回目がSG。そしてこの優勝戦の日は、息子さんのお誕生日であると。花を添えに添えまくりましたね。

(続く。次で終わり)

浜松オートレース場3度目の訪問・2

 浜松オートレース場入場口にて浜松市のマスコットキャラクター・家康くんのお出迎えを受けると、私はすぐさまインフォメーション前へと向かいました。
 この日はイベントのひとつとして「走路内観戦」があるのです。抽選で20名が3Rの模様を走路の内側から観戦できるというものです。私は非常に興味深く感じましたので、来たらさっそくこの抽選に挑戦してやろうと、レース場に到着する前から考えていました。抽選はインフォメーション前でおこなわれるため、来るなりすぐにそこへ向かったというわけです。
 勇んで抽選に挑んだ私でしたが……結果はむなしくもハズレ。まあ、またいつか機会があると信じます。

 走路内観戦にハズレたならば、車券勝負で楽しむとしましょう。今回は1Rから12Rまで、すべて2連単のみで勝負していくことにしました。
 この日は節の最終日。つまり最終レースは優勝戦です。しかもSG。私はオートの優勝戦をまだ生で見たことがなかったので、ぜひとも一度この目で見てみたい思いでいっぱいでした。なので最後まで存分に車券買って、見て楽しもうと考えるのは必然でした。最後まで見ずに帰れるか、と。

 で、この日の私の車券勝負の結果、いつものテンプレートにのせて書くとします。


●2014年2月11日 浜松 
 ヤマダ電機杯 SG第27回全日本選抜オートレース 最終日


 ・的中レース
  4R 2連単   460円
  5R 2連単   680円
  7R 2連単   360円
  8R 2連単   340円
  11R 2連単  1,790円

 ・回収率:117.1%


 まあまあ、よかったのではないかと思っています。普段買いなれていないオートで、わずかではあるものの収支プラスにできたのですから。
 最終12R優勝戦については、次回詳しく書きます。


 ところで、↓こちら今回の全日本選抜オートレースの宣伝ポスター。
 hamamatsu_ar5.jpg

 例によってここに登場しているのは、森且行選手。今回は浜松の楽器館および浜名湖フラワーパークでの撮影でした。
 それにしても森選手、もう今年で40歳となるのに、まだまだ「イケメン」として通るのですから、伊達に元ジャニーズではありませんね。

(続く)

浜松オートレース場3度目の訪問・1

 2014年2月11日、私は静岡県浜松市中区にある浜松オートレース場へと行ってまいりました。といっても、今回ここを訪れるのは3度目のこと。しかし今回の浜松訪問は、以前とは違った印象でした。それは今回の浜松開催がSG競走だったからです。
 今回浜松で開催されるのは「SG全日本選抜オートレース」私の住む場所からもっとも近い場所にある浜松で、SG競走が開催されるときました。こんなチャンスはそうそうないと、今回浜松まで行った次第です。

 浜松までは新幹線に乗って行くことになりますが、その新幹線を浜松駅で下車してコンコースに降りると、↓このような企業ブースがあるのです。
 hamamatsu_ar1.jpg

 hamamatsu_ar2.jpg

 鈴木自動車(スズキ)と河合楽器。この2社、どちらも浜松に本社を置いている企業です。浜松はオートバイと楽器の生産で有名な街。それを支えている主たる企業が、この2社といえるでしょう。
 スズキブースに展示されているこのバイクは、隼とスカイウェイブ。現在のスズキバイクの代表格ともいえる車種です。
 そしてそして、オートレースの競走車に使われるモーターは、このスズキが開発し製造しているのです。ということは、浜松オートレース場はそのお膝元ということになります。

 浜松の二大産業の姿をこの目であらためて確認したのち、私はオートレース場までの連絡バス乗り場まで向かいました。
 もし浜松駅からオートレース場まで無料連絡バスを利用する場合の行き方を、ここでご説明いたします。浜松駅の北口へと向かい、一度地下道へと入ります。地下道を歩いていき「D旭地下道」へと行きます。ここに「浜松オートレース場 浜名湖競艇場」と案内が書かれている階段があります。ここを上ればバス乗り場にたどり着けます。
 今回はSGということもあってか、以前行ったときよりもはるかに客が多くいました。連絡バスの第1便は9時40分からと聞いていたのですが、客が早い時間から数多く来ていたことで、出発を早めていました。しかし、どんなに客が多くなっても、その老齢率の高さは大して変わりありませんでしたねえ。
 バス乗り場には出走表が置かれています。私もこれを取って、バスに乗りました。席に座って出走表を開き、前日のレース結果に目をやると、驚くべきものが。
 hamamatsu_ar3.jpg

 2014年2月10日の浜松オート3Rで、3連単の配当が1,573,480円の超高配当となったというのです。この車券を買った人、おそらく1人か2人しかいないでしょう。
 ちなみに浜松オートの連絡バスは、車内のテレビにて前日のレースの模様を放映してくれます。なのでこの高配当レースも流れました。客たちが口々に「100万車券」と連呼していました。

 そうこうしているうちに、浜松オートレース場に到着。ひさびさに見る正門です。
 hamamatsu_ar4.jpg

 ちょうど開門時刻となったころに到着でした。私は入場前に予想紙『大浜名』を買い、場内へと入りました。なお、入場は無料です。(余談ですが『大浜名』はボートレース版もあります)
 入場すると、そこでは浜松市のマスコットキャラクター、家康くんが多くの客にカメラを向けられていたのでした。

(続く)

浜松オートレース場へ、再び

 実に、丸1年ぶりに、浜松オートレース場へと行ってまいりました。
 1年ぶりに聞く、体ごと響くエンジン音。独特の形をした競走車に乗る選手たちは、金網越しに近くで見るととても迫力のある雰囲気でした。

 オートレースに対する印象は、昨年の訪問記で書いたので省略しますが、そのときには気がつかなかったことに、今回気づいたことがいくつかありました。
 まず、観客の老齢率が異様に高い! 私は浜松駅から無料バスでレース場まで行ったのですが、そこに乗っていた人たちが、見るからにお歳を召した方々ばかり。何だか自分が場違いなところに来ているような感覚に陥りました。
 老齢率が高いといえば、選手もまたそうでした。以前少しばかり「オートは60歳以上の選手がざらにいる」と書いたことがあります。今回もそれは見事に証明されていました。50~59歳の選手は17人で、60歳以上の選手は15人! 最高齢は67歳で、ふたりいました。これだと、オート版の「名人戦」などあっても、普段のレースとあまり変わらなそうですねえ。
 で、これはあくまで私の勝手な推察ですが、オートのファンに老齢者が多いのは、自分たちと同じくらい年をとっている人たちがバイクにまたがり高速で走って戦う姿を見て、勇気や元気をもらっているからではないかと思うのです。観客の中では若い部類に入るこの私でさえも、ベテラン選手たちがかくも長く現役レーサーを続けていることに驚くとともに、勇気づけられましたし。

 また、レース場内ではうどん・そばを売っている場所がありまして、私はそれに関して気になることがありましたので、1杯注文して食べました。
 何が気になったのかと言いますと……ダシ汁です。関東は濃い口ベースで、関西はうす口ベース。ならば、両者の中間に位置している浜松のうどん・そばのダシ汁はいったいどうなのか、と。確認したところ、濃い口とうす口の中間といったところでした。ダシ汁も中間の位置づけだったのですね。


 さて、今回も昨年同様、車券勝負をしました。ではその結果報告……あまりしたくありませんが。

●2010年5月1日 浜松オートレース 
 第45回報知新聞社杯 1日目


 ・的中レース(1R~11R)
  4R 3連複  670円
     (着順
  7R 3連複  160円
     (着順


 ええ、まあ、上記のごとき有様でしたよ。
 今回、私は3連複と3連単の合わせで買っていったのですが、3連単のほうがちっとも当たりませんでした。3連複はふたつ当たりはしたものの、しょぼい配当で……11R終了時点で見事に収支がマイナス5,000円に達し、そこで終了となりました。
 正直、予想が難しいのです。最初から最後まで、抜きつ抜かれつの攻防が繰り返され、ゴールまでもつれる展開が多いです。こういった展開を予想して的中させる人がいることは、見事と言うしかないです。
 まあ、今回は入場料5,000円あまりのモータースポーツを観戦に来た、と思うことにします。実際モータースポーツは大きなレースだと、観戦料がそのぐらいするらしいですし。


 帰りのバスの中で、客のひとりが「明日は浜名湖(ボートレース)へ行く」といった話をしているのが聞こえました。浜松の人は、ボートとオート、両方を楽しめる場所に住んでいるのですね。
 では私も、今度は4週間後に浜名湖に行きましょうか。なぜ4週間後か? 決まっているでしょう、笹川賞ですよ!

番外編・浜松オートレース場訪問記(4)

 さて、本日からSG笹川賞が福岡で始まったのですが……あと1回だけ、オートレースの話をお送りします。


 浜松オートレース場の名物と呼ばれているのが「当たり焼きそば」(1皿300円)です。まあ見た感じ普通の焼きそばなのですが、売り場にソースの入れ物が置かれています。これを焼きそばに好きなだけかけて、各々の好みで食べてください、ということのようです。実際、何もかけずにそのまま食べたら、味が薄く感じられました。

 また、この日は「遠州風お好み焼き」なるものが、1枚300円で売られていました。どのようなものなのか見てみたかったので、購入しました。お好み焼きというよりチヂミに近い外観で、まるでクレープのように薄く焼かれていました(クレープそのものよりは厚みがありましたが)。そしてこれにソースが塗られ、四つ折にされ、紙に包まれて売られているのです。
 このお好み焼きはキャベツが入っておらず、たとえるなら「生地がモチモチ食感になったチヂミ」といったところです。しかし、これはこれでなかなかいける味だな、と感じました。


 さて、今回はオートレース場に行ったときのことを4回にわたって書いてきました。
 このオートレース場と呼ばれる施設は、全国でも6場しかありません。伊勢崎・川口・船橋・山陽・飯塚、そして今回行った浜松の6場です。
 前も書きましたが、ごらんの通り、関西にはオートレース場がないのですね。全6場のうち、3場が関東に集中しています。そのため、関西在住者はオートレースに行くとなると、必然的に「旅打ち」となります。
 まあ、オートレースは他の公営レースと比べても、レース場の絶対数が少ないので、結果「旅打ち」の人が多くなるのではないでしょうか。今回行った日も、旅打ちに来た人はかなり多かったかもしれません。休みの日で、しかも連休の初めの日でしたし。

 とにかく、今回はとても興奮する、楽しい体験ができたような気がします。今も思い出しただけで、あの独特のエンジン音がよみがえってきます。
 あー、この興奮を関西の人たちに伝えるために、せめて南港あたりに場外車券売り場でもあればいいのに。


 浜松オートレース場訪問記は、今回で終わりです。ありがとうございました。

番外編・浜松オートレース場訪問記(3)

 それでは、競艇の舟券勝負のときのように、今回の勝負結果を報告します。

●浜松オートレース 2009年5月2日
 オートレース情報ライブバトル 第1日
(2R~9R)

 ・的中レース
  2R 2連単    1,370円
  9R 2連単     490円
     3連単  1,710円


 最初の2Rで、なんとなく購入した2連単が的中。これは幸先よいぞ、と思いました。が、それもつかの間、その後は8Rまで、とことん外し続けました。
 おまけに、4R購入時にはマークカード記入に不備があったために、投票機がカードと代金を戻してきました。こういった事態にめったに遭遇しない私ですので、あわててしまい、戻ってきた金を置いたままにしてカードだけ取って場を離れてしまうという、とんでもなく無用心なことをしてしまいました。すぐにそばにいた警備員さんが気づいて、私の金を預かって渡してくださり、事なきを得ましたが、もちろん警備員さんからはきつく注意を受けました。反省。

 9R開始前になり、今日は日帰りで大阪へ戻る必要があるため、このレースで最後にしようと考えました。まあ、それまでことごとく外し続けて、嫌気が差していたことも要因なのですが……
 せめて最後くらいは当てたい、これで外したら気落ちしたまま浜松を後にすることになる、そう思いながら、真剣に予想をしていきました。
 そこで私は、思い切った決断をしました。今日は2連単のみで勝負しようと考えていたのですが、合わせて3連単も買うことにしたのです。理由は簡単。6レース連続で外し、それまで収支が大きくマイナスになっていたので、せめて少しだけでもプラスに転じさせたいと思ったからです。リスクは大きいですが、リターンもまた大きい作戦に、私は踏み切ったのです。
 この決断が、よい結果をもたらすこととなりました。レースの結果は。私は2連単と3連単を買っていました。両方的中で、合わせて2,200円の戻りとなりました。

 ほんのわずかでしたが、収支はプラスにできました。よって、気分のよい状態で打ち止めとできまして、晴れやかに浜松オートレース場をあとにできたのでした。

(まだまだ続く)

番外編・浜松オートレース場訪問記(2)

 オートレースはいろいろ競艇と違う点がある、と前回書きました。では、それら違う点を挙げていきます。

 まず、オートレースはスタート時に、距離によるハンデがつけられます。客観的に見て、実力があると思われる選手をスタート線から後方の位置に据えてレースを始める、ということです。今回見た中には、ハンデが最大90メートルあるレースもありました。
 しかし、これだけのハンデをつけられた選手でも、レース後半になると怒涛の追い上げを見せて上位に食い込む、という展開がほとんどでした。「終盤の大逆転」が期待できるというわけです。

 今回は幸い天候は晴れで、路面が乾燥した状態でのレースとなりましたが、場合によっては雨などのために、路面が濡れた状態でレースがおこなわれることもあります。そうなると走行に大きく影響してきます。路面乾燥時と湿潤時とで状況は大きく異なりますから、レース結果も変わってくる可能性が高くなるわけです。
 この点は、基本的に陸上をコースとしている競馬・競輪(室内バンク除く)も同じことがいえますが。

 また、競艇は1レース6枠なのに対し、オートは8枠。競艇よりも2枠分多いです。しかしこの2枠の違いが大きいのです。
 競艇の場合、2連単の組み合わせ数は30通り、3連複のそれは20通りと、2連単のほうが組み合わせ数が多くなっています。つまり、的中率は2連単のほうが低い(すなわち配当が高い)というわけです。そのため、3連単の押さえとして買うならば、3連複よりも2連単を買う傾向が大きくなります。
 ところがオートの場合、2連単は56通り、3連複も56通りと同数です。オートでは、2連単と3連複は数字のうえでは的中率が同じになるのです。ただ、これはあくまで数字のうえで、当てやすさは順位に関係しない3連複のほうが勝っているのではないかと思います。となると、オートでは3連単の押さえは3連複のほうを選択する傾向があるのではないかと思われます。
(あくまで私の推察で、実際はどうなのか、オートに関しては疎いので詳しくわかりません。ご了承願います)
 また、3連単にいたっては、競艇が120通りなのに対し、オートは336通り。実に2.8倍の組み合わせ数です。枠が2つ増えただけで、これだけの違いが生じてくるのです。

 こういったことから、私は初めてオートの車券を買うのに、いきなり3連単はムチャではないか、と思いました。ですので私は今回、2連単で買っていくことにしました。
 ……が、実はその思いを終盤で破ることとなります。それは後日書くことにします。

(まだ続く)

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (166)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (136)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (5)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (13)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (3)
オートレース/レース場訪問記 (47)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (28)
スタジアム訪問記/その他 (57)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (4)
わかさスタジアム京都 (2)
花園ラグビー場 (6)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (4)
Bリーグ観戦記 (8)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (19)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (32)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (86)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん