fc2ブログ

スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

福井競輪場訪問記・おまけ編

 福井競輪場から福井駅前へと戻った私は、まだ時間があるということで、しばらく福井駅前周辺でゆっくりと過ごすことにしました。
 駅前の商業施設には福井県のおみやげや特産品を扱った店があり、その中に「福福茶屋」という郷土料理の店が入っていました。ちょい飲みもできるとのことで、私は迷うことなく入りました。
「福福茶屋」では、↓生ビール「恐竜ジョッキ」が販売されています。
fukui_kr20.jpg

fukui_kr21.jpg

 このデカさ! さらにジョッキには恐竜の骨の絵も描かれており、まさに「恐竜ジョッキ」というわけです。
 そして福井といえば、これですね! ソースカツ丼! カツ3枚がのった大盛りをたのみました。
fukui_kr22.jpg

 かなりのボリュームでしたが、完食しましたよ。
fukui_kr23.jpg


 出発までもう少し時間があったので、今度はJR福井駅構内にある地酒スタンドに立ち寄ってみました。
 この地酒スタンド、ちょい飲みができる他に、福井の地酒3種を一度に味わえるコースがあります。コースは3通り。すなわち全部で9種の地酒が用意されています。
 私、この地酒コース3通りをいっぺんに注文し、地酒9種をまとめて味わうことを敢行したのでした! せっかくの遠出なのですから、何かいつもとは違うことをやってみたいものです。
 ↓これらが、地酒9種。
fukui_kr24.jpg

 上段左:「白岳仙」 同中:「雪きらら」 同右:「梵」
 下段左:「花垣」 同中:「明乃鶴」 同右:「福千歳」
 右側上:「白龍」 同中:「黒龍」 同下:「鳥浜」

 これらを少しずつ味わいながら飲んでいって、私が個人的に気に入ったのは「梵」。飲んでみて口当たりがよいと感じました。
 地酒9種を一度に味わえて、私はただただ大満足!
fukui_kr25.jpg

 ほろ酔いでいい気分となって、私は帰りの特急サンダーバードに乗車したのでした。


福井競輪場訪問記・3

●2020年7月23日 福井 
 GIII開設70周年記念 不死鳥杯 初日


 ・的中レース
  6R 2車単  320円
  9R 2車単  160円

 ・回収率:30%


 今回の福井記念は「密」となるのを避ける目的もあって、全レース7車立て・1日9レースでの開催となりました。しかしそれでも的中させることは容易ではなく、上記のレースを当てるのがやっとでした。
 この日の最終レースとなる9Rに、福井のエース脇本雄太選手が登場しました。脇本選手は最終周バックストレッチで弾丸のような走りを見せて先頭に立ち、それをそのまま維持して見事1着! 東京オリンピック代表としての貫禄を見せつけました。
 私はここで脇本選手の生の走りをこの目で見て、ただただシビレてしまったのでした。


 では最後に、恒例の場内の食べ物紹介を。
 福井といえば名物の食べ物は「おろしそば」ここ福井競輪場内でも販売されていました。
fukui_kr15.jpg

 でも、福井を代表する食べ物はせいぜいこれぐらいで、もうひとつの名物「ソースカツ丼」は、あいにく福井競輪場では販売されていませんでした。ただし、一口カツや卵でとじたカツ丼は販売されています。
 福井競輪の常設食堂、あまり目ぼしいものはないようでした。そのうえ値段が高めでした。

 今回は記念開催ということで、いくつかのキッチンカーが出張販売に来ていました。
 大野市で豆腐を作っている農場が販売していた、おからドーナツ。甘さが少なく食べやすかったです。
fukui_kr16.jpg

 焼き鳥も販売されていました。
fukui_kr17.jpg

 これ、カップの内側にビニール袋が敷かれていて、これならタレがカップから染み出す心配がありません。こういう気配りができるのは、客にとってプラスの印象を受けます。
fukui_kr18.jpg

 あと、この日の福井競輪では、午後に先着200名にアイスキャンデー無料配布がおこなわれました。私もちゃっかり、もらいました。
fukui_kr19.jpg

 福井競輪場訪問記はひとまずここで終わりとなりますが、あとひとつ「おまけ編」を書いて締めといたします。

福井競輪場訪問記・2

 福井競輪場へとやってきた私。入場すると先着600名へのサービスとして、福井銘菓「羽二重餅」のプレゼント、そしてスピードくじを渡されました。私のくじの結果は3等。今回の周年記念特製クオカードをもらいました。
fukui_kr7.jpg

 羽二重餅、生菓子なので早いうちにありがたくいただきました。
 福井競輪場、入場して少し進めば「中央広場」へと入ります。この中央広場は広々とした空間で、ここに投票所・払戻所が集まっており、天井には光が入るアーケードがあります。屋内でもこれだけ広い空間ならば、あまり「密」とはならないかも、そんなことを思いました。そしてこれまた昨今の事情ゆえ、中央広場内には消毒液があちこちに置かれていました。
 ↓これがその中央広場の天井。
fukui_kr8.jpg

 ここに掲げられた幕に登場しているのは、地元福井のエース格、脇本雄太選手。今回の記念にも出場しています。
 脇本選手は本来ならば、今時分開催されていたはずの東京オリンピックの自転車競技ケイリンに日本代表として出場する予定でした。しかし開催延期となってしまい、ゆえに今回の福井記念に出場となりました。
 世界で戦うほどの実力の持ち主である脇本選手。今回の優勝候補です。
 ↓これが福井競輪場のバンク。ここは400mです。
fukui_kr9.jpg

 福井競輪場の車券は富士通フロンテック仕様です。
fukui_kr10.jpg



 さて、遠方のスタジアムや公営競技場に来て私がやることといえば「場内探索」! けっこう細かいところを探りたくなるものです。
 で、今回もありました。写真だけで味わいあるネタが。
fukui_kr11.jpg

 これですこれです! 昭和の時代、街の看板によく使われていた字体です。公営競技場は多くが昭和の色を残す空間なので、これの現存率が高いのです。それにしても、今どき「懐中物」などという言葉は日常的に使われませんよね。広い意味で財布のことなのですが。
 続いて↓こういうのも。この「為」の字の形が、いかにも昭和の時代と思わずにいられません。
fukui_kr12.jpg

 あと↓こんなのも。「務」の字をそう書くのには、初めて出くわしました。
fukui_kr13.jpg

 あともうひとつ。救護所の戸に貼られていたお知らせ。
fukui_kr14.jpg

 平成16年といえば、今から16年前(西暦2004年)。そのときのお知らせがいまだにここに貼られているときています。
 古い時代の名残を肌で感じ取れる公営競技場。今回の福井もその期待を裏切りませんでした!

(続く)


福井競輪場訪問記・1

 2020年7月23日、私は福井県福井市にある福井競輪場へと行ってまいりました。
 新型コロナウィルスの動向がまだ気になるご時世ではありますが、公営競技場も徐々に観客を入れるようになってきており、福井競輪は開設70周年記念競走を観客あり且つ連休中に開催と、施行者にとっては運が向いている開催となったのでした。
 そして私は、実にひさびさに遠方のスタジアムまで足を運んでの訪問記執筆となりました。ようやくこのブログの主旨にのっとった内容を書けます。

 大阪からJR特急サンダーバードに乗って、福井駅まで。福井駅周辺は将来新幹線が通るということで開発が進んでいました。
fukui_kr1.jpg

 西口前広場を見ると、以前はJR福井駅から少し離れた場所にあった福井鉄道の電停が、駅近くまで延伸されていました。
fukui_kr2.jpg

fukui_kr3.jpg

 ↓こちらは、以前福井駅前電停があった場所。軌道に石畳が敷かれていることに、電停の名残を感じます。
fukui_kr4.jpg

 まずは西口の様子をご紹介しましたが、福井競輪場へ行く無料バスが出るのは反対側の東口からです。なので東口へと回って行くことに。東口は新幹線ホーム工事中で、こちらはまだ開発途中といったところ。東口バスターミナルの乗り場の中に、競輪のマークが描かれた場所があります。そこから無料バスが出ます。
 この無料バスに乗って約10分。福井競輪場に到着しました。
fukui_kr5.jpg

 ここは道路に面した場所にあり、入場門前に広場はありません。
 今回この福井競輪場でおこなわれる競走は「GIII開設70周年記念 不死鳥杯」
fukui_kr6.jpg

 入場料50円が必要です。それに加え、昨今の事情により入場時はマスク着用必須、さらに係員により体温の測定がおこなわれました。マスクなしや体温37.5℃以上はそこで門前払いです。もちろん私はマスクを着用しています。あとは体温がどうか一抹の不安はありましたが、結果は36.1℃で問題なくクリア。堂々と入場ゲートをくぐれます。
 さて、ゲートの先にはどんな世界が目の前に現れるのか――

(続く)
 

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


ステキに!ブースター

輝く笑顔のふたり 前編・大人への一歩

輝く笑顔のふたり 後編・歯医者さんの魔法

いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ

続・いざなわれてファジアーノ

クリニカ・メモリーズ 前編

クリニカ・メモリーズ 後編

↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (167)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (152)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (7)
舟券勝負2018 (5)
舟券勝負2019 (4)
舟券勝負2020 (3)
舟券勝負2021 (2)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (161)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (10)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (12)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (12)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (18)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (5)
オート車券勝負2018 (3)
オートレース/レース場訪問記 (61)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (17)
山陽 (5)
飯塚 (9)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (49)
岸和田 (9)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
奈良 (6)
和歌山 (4)
名古屋 (3)
福井 (4)
西武園 (1)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (52)
シティライトスタジアム2016 (15)
シティライトスタジアム2017 (15)
シティライトスタジアム2018 (10)
シティライトスタジアム2019 (6)
シティライトスタジアム2020 (2)
シティライトスタジアム2022 (4)
スタジアム訪問記/阪神甲子園球場 (28)
スタジアム訪問記/花園ラグビー場 (12)
スタジアム訪問記/NPB・JWPL (22)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (6)
わかさスタジアム京都 (2)
スタジアム訪問記/Jリーグ (36)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (6)
パナソニックスタジアム吹田 (10)
大分銀行ドーム (4)
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム (4)
Bリーグアリーナ訪問記 (65)
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) (7)
サンエイワーク住吉スポーツセンター (2)
西宮市立中央体育館 (12)
京都市体育館(ハンナリーズアリーナ) (7)
ロートアリーナ奈良(ならでんアリーナ) (9)
おおきにアリーナ舞洲(府民共済SUPERアリーナ) (15)
ジェイテクトアリーナ奈良 (3)
ジップアリーナ岡山 (2)
グリーンアリーナ神戸 (3)
ドルフィンズアリーナ (5)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (20)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (37)
食べまくり! (20)
その他いろいろ (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Template by たけやん