ボート&オートレース好きの自閉症者ですが、何か?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、好きなボートレース(旧「競艇」)とオートレースのこと、自身の障害のことを中心につづります。

2017年度ボートレースSG&プレミアムGI開催場発表!

 今日7月9日、ボートレース2017年度のSGとプレミアムGIの開催場が発表されました。次のとおりです。なお、すでに決定している2017年クラシックの開催場もいっしょに掲載しています。

(2017年)
 ボートレースクラシック       児島  3/15~3/20
 マスターズチャンピオン      津  4/11~4/16
 ボートレースオールスター     福岡  5/23~5/28
 グランドチャンピオン        鳴門  6/20~6/25
 オーシャンカップ(ナイター)    丸亀  7/12~7/17
 レディースチャンピオン       芦屋    8/1~8/6
 ボートレースメモリアル(ナイター) 若松  8/22~8/27
 ヤングダービー(ナイター)     蒲郡  9/19~9/24
 ボートレースダービー        平和島 10/24~10/29
 チャレンジカップ(ナイター)     下関  11/21~11/26
 (レディースチャレンジカップを同場同期間並行開催)
 グランプリ                住之江 12/19~12/24
 クイーンズクライマックス       大村  12/28~12/31

 (シリーズ戦は12/26~12/31)

(2018年)
 ボートレースクラシック        浜名湖 3/16~3/21


 鳴門で今年のオーシャンカップに続き、2年連続のSG開催です。やはり改装は大きな効果を呼んだということでしょうか。
 これでSGが長い間開催されていない場は、江戸川と徳山の2場となりました。江戸川は水面特性が特殊なのでSG開催が難しいことはわかります。でも徳山は、もうそろそろSG開催してもよいのでは?と思います。確かにあそこは大型映像装置がないし、施設も全体的に古めです。でもそこにまた味があるとも言えるのではないでしょうか。
 あと、ヤングダービーとチャレンジカップが初めてのナイター開催となります。特にチャレンジカップは、下関がナイターを始めてから初のナイターSGでもあります。
 年の終わりは、2017年も住之江開催のグランプリ、そしてクイーンズクライマックス。ですが最近の私は、グランプリでは舟券を買いはしますが、クイーンズクライマックスについてはそれよりも、12月31日のオートレース・スーパースター王座決定戦のほうを買いたくなるのですよねえ。2015年末に私はSS王座決定戦を買って当てて、そのときクイーンズクライマックスでは優勝戦でフライング発生したときましたから、特にそう思ってしまうのです。


ボートレース住之江の焼きそば店「ライフク」閉店に

 ボートレース住之江のスタンド2階にある焼きそばの店「ライフク」私も住之江に行ったときには、ここの焼きそばをよく食べます。
 ↓これがその「ライフク」の焼きそば。
 suminoe_br20.jpg

 並盛で350円。手頃な値段でボリュームがあり、何より肉入りなのがうれしいです。またこの写真にあるように、ここではコロッケも販売されています。
 この焼きそばは人気があり、開門したならばすぐに店の前に行列ができるほどで、決まって午後には売り切れてしまうのです。これが周年記念や高松宮記念やSG競走のときともなると、昼過ぎにはもう売り切れ、ということもザラでした。

 その「ライフク」が、なんと今年の3月24日で閉店してしまうという情報を目にしました。
 日刊スポーツに載っていた記事によりますと、「ライフク」のご店主は腰を悪くされていて、腰痛の悪化によりもう続けられなくなったとのこと。そりゃ何時間も立ちっぱなしで焼きそばを焼き続けていれば、腰に影響しないほうがおかしいですね。
 以前はスタンド1階2M側に店を構えていて、近年2階へと移転した「ライフク」。ご店主は34年もの間、住之江で焼きそばを焼き続けてきたとのこと。まさにライフワークと呼ぶにふさわしいです。そのご店主は3月24日をもって引退されます。
 住之江の名物のひとつである「ライフク」の焼きそば、これを食することができるのは、もう3/9~3/14と3/19~3/24の間だけとなります。私も3月13日に住之江へと行って、ライフク焼きそばの食べ納めをするといたしましょう。

 船橋オートレースが廃止となるのに加えて、住之江「ライフク」が閉店。3月は別れの季節ですね。

北海道にボートレースが戻ってきた

 2015年9月19日、北海道旭川市にボートレース場外舟券発売所「ボートレースチケットショップ旭川」が開業しました。↓公式サイト。

 http://www.bts-asahikawa.com/

 ボートレースチケットショップ旭川は、現在のところ北海道唯一の場外舟券発売所です。ここはボートレース戸田の場外発売を中心に、モーニングレースやナイターレースの発売もおこなわれるようです。
 公式サイトのトップには「旭川初」と書かれています。確かにここは旭川では初ですが、北海道で初ではないのです。
 実は、これよりも昔に「ボートピア釧路」が存在していたことがありまして、北海道初の場外舟券発売所はこちらなのです。しかしここは、16年前に閉鎖されてしまいました。ヘンピな場所にあったことが災いして売上が伸びなかったためです。
 それから時を経て、北海道にボートレースが帰ってきました。これまで下記の参照記事にて「ボートが北海道へ進出するのか?」と感じる旨を書いてきましたが、これらは今回の旭川開業への足がかりだったのかもしれません。今度は街中で、駅からそう遠くなく、気軽に立ち寄れる雰囲気の施設となっているようなので、まあ大丈夫かなと思います。

 もしボートレースチケットショップ旭川が軌道に乗ったならば、今度は札幌への進出も考えてよいのではないかと思います。札幌ドームの近くあたりに。

 ついに北海道再進出に踏み切ったボートレース。これに倣って、オートレースもそろそろ関西進出を考えてみては?


(参照記事)

 北海道は競艇不毛の地 2010-01-18
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-117.html

 ボートレースファン拡大のために、北海道・沖縄にも進出を 2011-01-18
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-293.html

 ボートレース、本気で北海道進出を目指す? 2012-07-10
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-530.html

 ボートレースアンテナショップin札幌すすきの 2012-08-24
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-547.html

 

『周南萌えサミット2015』がボートレース徳山にて開催!

 ボートレース徳山がある山口県周南市では、毎年『周南萌えサミット』と呼ばれる、いわゆる「萌え」に注目したサブカルチャー祭りがおこなわれます。第1回目は2011年におこなわれ、BR徳山もこのイベントに参加し続けています。

(参照記事) 
『SHUNAN萌えサミット2011』にボートレース徳山が 2011-10-17
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-425.html

 で、今年5回目の『周南萌えサミット』がおこなわれるという情報を、ツイッターの『萌えサミ』公式アカウントにて目にしました。まだ正式には発表されていませんが、日時は2015年11月8日、会場はなんと!ボートレース徳山とのことです! 今まではJR徳山駅前の商店街でおこなわれていましたが、そこから一気に市街地の外へ飛んでいきました。
 BR徳山ならば、この手のイベントをおこなうには実にふさわしい会場でしょう。場内にはイベント広場がありますし、何よりも広大な駐車場を有しています。この敷地を最大限に使用することができるでしょう。
 それにそれに! BR徳山は今年になって『競艇系六色娘 ボートたん!』という萌えキャラをひっさげてきています。

(参照記事)
 徳山がひさびさの萌えキャラ路線 2015-04-30
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-782.html

『競艇系六色娘 ボートたん!』特設サイト公開! 2015-06-13
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-803.html

 今回、この『ボートたん!』がイベントにからんでくるのは、ほぼ間違いないでしょう。果たして、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

 ただ『萌えサミ』をBR徳山でおこなうとなると……ネックになるのは会場までのアクセスですかね。ここはJR徳山駅からでは、とても歩いて行ける距離ではないです。もっとも近い場所にあるJR櫛ヶ浜駅からでも、相当な距離があります。
 そうなると、連絡バス等の交通手段が必要となってきます。主催者はこの点まで考えているでしょうか。当日、徳山駅または櫛ヶ浜駅から臨時バスを運行させることぐらいは、ぜひとも実施していただきたいと思います。

2016年度SG&プレミアムGI開催場決定!

 6月19日、2016年度のボートレースSGおよびプレミアムGIの開催場が発表されました。次のとおりです。昨年すでに決定している2016年平和島クラシックも含めています。

(2016年)
 ボートレースクラシック       平和島  3/16~3/21
 マスターズチャンピオン      びわこ  4/12~4/17
 ボートレースオールスター     尼崎  5/24~5/29
 グランドチャンピオン(ナイター)  蒲郡  6/21~6/26
 オーシャンカップ           鳴門  7/13~7/18
 レディースチャンピオン       津    8/2~8/7
 ボートレースメモリアル(ナイター)桐生  8/23~8/28
 ヤングダービー           常滑  9/20~9/25
 ボートレースダービー       福岡 10/25~10/30
 チャレンジカップ           大村  11/22~11/27

 (レディースチャレンジカップを同場同期間並行開催)
 グランプリ              住之江 12/20~12/25
 クイーンズクライマックス     平和島  12/28~12/31

 (シリーズ戦は12/26~12/31)

(2017年)
 ボートレースクラシック      児島 3/15~3/20

 この中で驚くべきは、何といっても鳴門でのオーシャンカップ開催でしょう。現在改装中の鳴門は来年工事を終えて新装開業します。その記念ともいうのでしょうか、いきなりのSG開催が巡ってきました。
 そういえば、私は以前↓こういったことを書いていたのでした。

 鳴門でSGは開催されるか? 2012-06-02
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-515.html

 これを書いてから3年、ついに鳴門でのSG開催が実現したことになります。ま、実際に開催されるのはあと1年後ですが。

 とにかく来年度SGのいちばんの楽しみは、鳴門でのオーシャンカップ。もうこれが突出しています。もし行けるならば、来年の7月に新生ボートレース鳴門へ、私もぜひ行ってみたいものです。

『競艇系六色娘 ボートたん!』特設サイト公開!

 以前↓ここで取り上げた、ボートレース徳山の企画『競艇系六色娘 ボートたん!』の続報。

 徳山がひさびさの萌えキャラ路線 2015-04-30
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-782.html

『ボートたん!』の特設サイトが公開されていました。↓こちらです。

 http://boatotan.boatrace-tokuyama.com/

 ここに四コママンガが連載されますが、今のところはまだ第1話のみ。これから月1回ペースで1話ずつ増えていくものと思われます。
 今のところの目玉となるコンテンツは「まんがでわかる はじめてのボートレース」ですね。六色娘がマンガで初心者講座をおこなっています。

 しかし『ボートたん!』のサイトが開設されたというのに、本元のボートレース徳山公式サイトには、なぜかリンクが貼られていないのです。私は偶然見つけて知ることができましたが、これだとまだサイトの存在すら知らない人が多いのでは? というわけで、今回ここにお知らせした次第です。

加藤峻二選手、引退

 2015年5月7日。この日衝撃的なニュースが飛び込んできました。
 ボートレース現役最年長選手、73歳の加藤峻二選手が引退を発表したのです。

 加藤選手、引退発表前日まで地元戸田の競走に出場していました。その競走では初日にフライング。それが引退のきっかけとなったとのこと。
 初日こそフライングを切ったものの、それからのレースはすべて3着以内に入る成績を残していました。さらに現役最後のレースとなった前日には1着となったのです。それだけ実力はまだまだあると思われたのですが、本人は引退を決めました。
 毎度、誰かが現役引退したときには決まって発する言葉となりますが……これは本人の意志によるものです。周りがとやかく言うことではありません。

 月並みの言葉となりますが、加藤選手、56年にも渡る長い長い選手生活、本当にお疲れ様でした。あなたは伝説の人です。

 あと、加藤選手引退で、気になることがひとつ。日曜朝のテレビ番組『サンデーモーニング』のスポーツコーナーにて、この引退の件をどう扱うか、これが気になります。
 何せこの番組、以前加藤選手が71歳で優勝を果たしたことに対して、ご意見番の張本勲氏が
「賭けごとだからなあ……でもあっぱれ!」
 などという発言をしたことがあったのです。ボートをバカにしてやしないでしょうか。最近もサッカーのJ2を野球の2軍と同一視するなどして反感を買っている同氏。この加藤選手引退をどう評するか、聞いてみたいものです。

徳山がひさびさの萌えキャラ路線

 いやー、ボートレース徳山が、ひさびさに強力なものを登場させてくれました。↓こちらです。

 http://www.boatrace-tokuyama.jp/modules/news/article.php?storyid=1620

 http://www.boatrace-tokuyama.jp/uploads/info_event/boat_tan.pdf (注:PDFファイルです)

『競艇系六色娘 ボートたん!』と題されたキャラクター。ボートレースの号艇から号艇を擬人化したキャラクターとなっています。6人の名前はそれぞれ、
  • 白波ちゃん
  • 黒霧ちゃん
  • 赤星ちゃん
  • 青流ちゃん
  • 黄花ちゃん
  • 緑河ちゃん
 これ、どう見ても明らかに、最近ちまたで話題を呼んでいる、艦隊を擬人化したキャラクターが登場するゲーム『艦隊これくしょん』を意識しているとしか思えません。体にハンドルとスロットルとモーターくっつけていますし。
 何でも、周南市ではすでにこの『ボートたん』が、市内を走るバスにラッピングされているとか。

 また、BR徳山は『ボートたん』を出演させる4コママンガを掲載したチラシを、月1回発行するとのこと。そして特設サイトが近日開設されて、そこでも4コママンガを閲覧できるそうです。
 これはアニメ・マンガファンや萌えイラスト絵師さんたちが、食いつきそうな予感ですねえ。

今村豊選手、GIで完全優勝!

 今日2015年4月19日、ボートレース児島でおこなわれたGI第16回マスターズチャンピオン(旧・名人戦)にて、今村豊選手が優勝しました。それもただの優勝でなく、出場レースすべて1着の完全優勝です。

 私は今回舟券を買わなかったのですが、優勝戦はテレビで見ました。当初からモーターが抜群によいと言っていた今村選手。それを証明するかのようなオール1着。それをGIで、しかも53歳という年齢でやってのけたときました。この人はまさに「伝説のレーサー」といえるでしょう。
 今村選手、今回児島で初の優勝とのこと。これは意外でした。山口支部の今村選手が、同じ中国地区の児島でまだ優勝していなかったのでした。

 今村選手、まだまだGIどころかSGの優勝も狙えそうな気がします。今なお実力を感じさせる今村選手は、加藤峻二選手のように70歳を過ぎてもまだ現役で走っていそうです。


 さて、ここからは私信です。
 私、来る5月3日~5月5日にかけて、泊まりがけの旅行を予定しています。せっかくの休みということで、今回は関東方面へと行くことにしました。その行き先は次の3ヶ所。
  • 伊勢崎オートレース場
  • 西武プリンスドーム
  • 立川競輪場
 最初に伊勢崎へと行き、そこからほぼ南へ南へと下っていくルートです。もちろん当ブログにて、この旅行の話をのちにつづっていきます。

第1回ヤングダービー、終わっての感想

 今年から新たに始まった、プレミアムGIヤングダービー(戸田)。その記念すべき第1回は、非常に悪い意味で思い出に残るものとなりました。

 まず初日にいきなり3艇一斉フライング発生。出端をくじかれた格好となりました。
 しかしその後は白熱した展開が繰り広げられました。昨年までの新鋭王座決定戦と異なり「出場制限を登録年数から年齢にした」「男女関係なく出場できるようにした」ことで選手層にも広がりがでてきて、その分レースにも多様性が出てきました。昨年まではなかったオール女子戦も組まれましたし。
 このヤングダービーという試みは、まあとりあえず成功か、と思いました。準優勝戦の日までは。

 しかし肝心の優勝戦にて、とんでもない事態が発生してしまいました。優勝戦6艇のうち、なんと3艇がフライングを切ってしまったのです。しかもうち2艇は、コンマ05秒以上早い「非常識なフライング」でした。
 優勝したのは地元埼玉の桐生順平選手。恵まれでの勝利ではありましたが、とにかく初代ヤング王者となりました。とはいっても、このような形では「栄えある初代王者」とは呼びがたいですよねえ。
 せっかくの第1回ヤングダービー、いきなり大量返還発生の暗い出だしとなりました。

 来年、第2回ヤングダービーの開催場は、尼崎です。準地元なので今から楽しみではありますが、くれぐれも今回のような事態は引き起こさないでくださいよ! 頼みますよ!

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるボートレースとオートレースのファン。あと、たまに競輪も。
オートレース大阪ができて、関西にもオートレース熱発生の予感。
大の酒好き。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 高機能自閉症へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (165)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (132)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (1)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (11)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (1)
オートレース/レース場訪問記 (45)
船橋 (10)
川口 (7)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記 (54)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム (5)
QVCマリンフィールド (6)
花園ラグビー場 (6)
シティライトスタジアム (18)
ヤンマースタジアム長居 (4)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (18)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (33)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (83)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん