fc2ブログ

スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

ハミガキ広告風画像ギャラリー

 ここのところの私、昔懐かしいハミガキの画像を描画することが多くなっています。それに関連して、昔の広告を模した画像も何枚も描き、ツイッターに上げる日々が続いています。
 そこで今回は、これまでに上げたそれら画像を、ここに一挙に載せることにしました(一部、ここに初掲出のものもあり)。なおここにある人物イラストは、イラスト提供サイトにあるものを拝借したものでして、私自身が描いたものではありません。あしからず。
(画像提供:デンタルン http://www.dentaln.jp/ イラストAC https://www.ac-illust.com/)

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が出ます)
clinica_mini1.png clinica_mini2.png

clinica106.png clinica118.png

clinica110.png clinica120.png

clinica127.png nica_oyako15.png

nica_oyako16.png nica_oyako17.png

nica_oyako18.png nica_oyako19.png


nica_oyako21.png nica_oyako22.png

nica29.png nica23.png

nica24.png nica25.png

nica26.png nica27.png

nica28.png nica29.png

nica30.png nica31.png

clinica105.png clinica129.png clinica124.png 

clinica130.png nica_oyako10.png nica_oyako11.png

nica_oyako12.png nica16.png nica17.png

nica18.png clinica101.png clinica131.png

clinica59.png clinica74.png

clinica76.png clinica83.png

clinica85.png clinica86.png

clinica67.png clinica73.png clinica75.png

clinica82.png clinica84.png clinica87.png

kilapica19.png kilapica5.png

kilapica20.png

kilapica7.png kilapica11.png kilapica21.png

demute_sunstar5.png demute_sunstar9.png

demute_sunstar8.png demute_sunstar11.png

colgate6.png

mushiba_yobo1.png mushiba_yobo11.png

mushiba_yobo2.png mushiba_yobo3.png

demute_sunstar12.png colgate7.png

demute_mini1.png colgate_mini1.png

mushiba_yobo4.png mushiba_yobo15.png

mushiba_yobo14.png mushiba_yobo12.png

mushiba_yobo7.png mushiba_yobo6.png mushiba_yobo5.png

画像で見るハミガキ「クリニカ」初期・後編

 ハミガキの分野において、かつてはライオンとサンスターが二大勢力でした。1980年代前半、ライオンが新しいムシ歯予防ハミガキ「クリニカ」を世に出した当時、サンスターは「デミュート」をムシ歯予防ハミガキのブランドとして前面に押し出していました。そのデミュートは、青色透明タイプのものも発売されました。
demute_sunstar.png

 デミュートは「(ムシ歯の原因となる)歯垢をつくりにくくする」とのうたい文句はあるものの「歯垢を落とす」効果はそれほどでもなかったようで、その点はクリニカよりも劣った印象でした。
 さらに、ライオンとサンスター、この両者はかつて「土曜20時戦争」の当事者でもありました。どういうことかといいますと……
 1980年代前半、土曜20時のテレビは「8時だヨ!全員集合」と「オレたちひょうきん族」が激しい視聴率争いをしていました。この両番組のスポンサーは、前者がライオンで後者がサンスター。つまり代理戦争の様相をもなしていたわけです。
clinica88.png

 そういえば「オレたちひょうきん族」の出演者のひとりだった北野武(当時はビートたけし)氏は、当時デミュートのテレビCMに出演していましたね。
 その土曜20時戦争は、1985年に「全員集合」が終了したことで、いったん「ひょうきん族」の勝利となりましたが、「全員集合」の後番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」がその後巻き返し、今度はひょうきん族が終了に追い込まれました。
 一方、ライオンとサンスターの戦いはといいますと、ライオンはクリニカが絶好調で同社の主力となりつつありましたが、サンスターのほうはデミュートが急速に姿を消し始めて、90年代にはもう見られなくなっていたのでした。

 ここからは、私のちょっとしたお遊びです。
 昔のクリニカの広告を想像して、独自に広告風の画を作ってみました。
clinica85.png

 クリニカは商品特徴がわりと多いな、と作っていて感じました。
 さらに、クリニカのパロディでフィクションの商品「キラピカ」なるものを作ってみました。これの広告風画もいっしょに。
kilapica17.png

kilapica5.png

kilapica18.png

 思い切り自己満足の画ですが、そこはひとつお許しお願いいたします。


 終わりに、私が書いた小説「クリニカ・メモリーズ」をご紹介します。ダイジェスト画像を添えて。

 クリニカ・メモリーズ 前編 (読むには画像をクリック!)
clinica58_2.png

 クリニカ・メモリーズ 後編 (読むには画像をクリック!)
clinica65_2.png

画像で見るハミガキ「クリニカ」初期・前編

 今回は1980年代~90年代の懐かしい話をひとつ。

 ライオン(株)から販売されているハミガキのブランド「クリニカ」 現在も同社の主力ブランドとして君臨している商品ですが、これの初代が発売されたのは1981年9月のことでした。
clinica63.png

 この形の「CLINICA」ロゴを使ったものは、1994年まで販売されました。その系譜がこちら。
clinica79.png

 いずれもパッケージに「歯垢を分解する酵素配合」の旨が書かれています。まあ、元々それが売りの商品ですから。
 初代の外装箱を見てみると「ムシ歯の原因〈歯垢〉を分解する…」の「歯垢」の部分にルビがふってあります。つまり当時はそれだけ「歯垢」という言葉にも、それの正体が何なのかも世間に知られていなかった、ということになります。
 クリニカは1985年、「クリニカDFC」にリニューアルした際に、新たにこども用が発売されました。
clinica71.png

 このこどもクリニカのパッケージに描かれているキャラクターについて、私が思ったこと。
clinica69.png

 一方で同じライオンの「ライオンこどもはみがき」は、当時パッケージにハローキティやゴロピカドンといったサンリオキャラクターを採用していました。サンリオキャラクターは主に女の子がターゲット。全然「男の子にも女の子にも」の雰囲気はありません。こどもクリニカとは対照的でした。
 ライオンの思惑はこうだったのではないかと推察します。
「こどもたちに使ってもらいたいのはこどもクリニカ。しかし香味1種類だけで値段割高のこどもクリニカより、こどもも親御さんもライオンこどもはみがきを選ぶ人が多いだろう。ならば、こどもはみがきのほうを女の子向けにしよう。そうすれば男の子はこどもクリニカのほうに流れる。そこから使用者を増やしていこう」
 あくまで私の勝手な推察ですので、ひとつご了承願います。
 ↓こちら、こどもクリニカの系譜……なのですが、この中にひとつ、本当は実在しなかったものを混ぜてあります。
clinica70.png

clinica89.png

 1981年の新発売時、クリニカにはまだこども用がありませんでした。でも、ムシ歯予防をうたうハミガキなら、ムシ歯になりやすいこどもたちのために、そのときからこども用を出してもよかったのではないかと思います。

(後編に続く)

 

画像で見るハミガキ観察

 最近スタジアム訪問の機会が少なくなっているので、今回は少し趣向を変えた記事をお送りいたします。

 私たちが普段毎日使っているハミガキ。現在ではハミガキはほとんどの商品がタテ置き型チューブとなっていますが、一昔前は細長い形の横置き型が主流でした。
clinica63.png

 この横置き型は、とにかく洗面所で場所をとる存在でした。なので置き場所を小さくするために、コップを置いてそこにハミガキを立てるなどの工夫をしていた人もいたようです。
 また、現在ではキャップがつまんで開ける「プッシュポン」型になっているものが多いですが、これも昔はネジ式でキャップをクルクルと回して開ける方式でした。上の「クリニカ」の画像もネジ式キャップです。
white_and_white9.png

 プッシュポン型は最初「ホワイト&ホワイト」にだけ導入されました。おそらくこの商品が当時の主力だったからと思われます。家族で使うハミガキの印象も強かったですし。
clinica68.png

 この両商品、今もなお販売され続けているロングセラーです。
 なおクリニカは1985年に「クリニカDFC」にリニューアルした際に、キャップがプッシュポン型に切り替わりました。
clinica66.png

 そのクリニカは1981年に発売。「酵素で歯垢を分解する」ハミガキということで、当時世間に大いに衝撃を与えた商品でした。他にはない酵素配合のハミガキ。当然広告はその点を売り出しているわけですが、もしも……
clinica67.png


 こんな広告を出していたならば、たちまち大問題になっていたことでしょう。そもそも日本では比較広告があまり好まれませんし。

 ……と、ハミガキの画像ばかり作っていたら、自分でフィクションのハミガキを作ってみたくなりました。それが↓こちら。
kilapica1.png


 銘柄は「こどもキラピカオイラン」いかにもマンガに登場しそうな名前です。このこどもキラピカの広告も作ってみました。
kilapica7.png

 こども用ハミガキということで、幼児雑誌向けの広告も。幼児向けなので、カタカナにルビをふります。幼児雑誌はウラ表紙によくこういうのが掲載されていましたよね。
kilapica11.png


 というわけで、今回は自作ハミガキ画像の大行進でした。


(おまけ)
 ↓現在のホワイト&ホワイト。現在ではこの商品のCMをまったく見なくなりました。
white_and_white3.png

50年以上前にもあった、ジュニア用ハミガキの話

 6月4日から6月10日は「歯と口の健康週間」ということで、それにまつわる話をひとつ。
 今年4月に、ライオン(株)から「小・中学生のジュニア向け」と称したハミガキ「クリニカ Jr.」が発売となりました。
clinica21.png

 小・中学生のジュニア期は、ちょうどこどもと大人の中間のような年頃であり、普段使用するハミガキに関しては、こども用を使うか大人用を使うか微妙な時期であります。こども用のフルーツ味のものは甘くてスッキリしないし幼く見られる、かといって大人用はミントの刺激が強くて使いづらい、という悩みが発生しているようです。
 クリニカ Jr. は、そんなジュニア期のために「大人用とこども用の中間」のような仕様となっているハミガキです。「中間」に着目したこのハミガキ、いかほどのものかと思い私は実際に購入して試しに使ってみました(もはやジュニアですらない、いい大人ですが)。ミントですが刺激が少なく、甘さもひかえめでスッキリした香味。これで歯をみがいたあとはサッパリとします。これなら小・中学生にも使えそうだな、そう感じました。ミントが苦手という大人にもいいかもしれません。

 このクリニカ Jr. を使ってみたという人たちの感想が、最近続々とネットに上がってきています。その中で散見されるのが
「こういう大人用とこども用の中間のものは、今までありそうでなかった」
 というものです。クリニカ Jr. が初めてのジュニア用ハミガキなのでしょうか? そう思いいろいろと調べてみましたところ、判明しました。
“クリニカ Jr. が初めてではない”
 実は56年前に、同じくライオンが「ジュニアダイヤフッソライオン」を発売していたのです。
clinica22.png

clinica23.png

 当時のライオンの商品だった「ダイヤフッソライオン」のジュニア用です。つまりジュニア用ハミガキは今に始まった話ではなく、ライオンにとっては今年のクリニカ Jr. の発売は「ジュニア用ハミガキの再発売、復活」ということになります。この50年以上もの長い眠りは謎ですが。
 また、1980年代初頭にも花王(厳密には花王コルゲートオーラルプロダクツ。当時の花王はアメリカのコルゲート社と業務提携していた)から「ジュニアコルゲート」が販売されていました。
clinica24.png

 当時花王から販売されていたハミガキ「コルゲート」は、大人用が「コルゲート」、小・中学生用が「ジュニアコルゲート」、幼児用が「こどもコルゲート」と分かれていました。花王とコルゲート社との業務提携は1985年で解消となり、それに合わせてこのジュニアコルゲートは消滅したようです。
 ちなみに、クリニカ Jr. の祖となる初代の「クリニカライオン」が発売となったのは1981年のこと。そのときすでにジュニアコルゲートはありました。
 しかしクリニカにはジュニア用は設定されず、まだこども用さえもなく大人用のみの発売でした。当時の広告の宣伝文によると、クリニカは「家族みんなでみがける、フルーティなペパーミントの香り」で、比較的マイルドな香味にしていました。クリニカが新発売当時ジュニア用やこども用を設定していなかったのは、最初から「家族で使える商品」を目指していたというのが理由かもしれません。

 ジュニア用ハミガキひとつからも、いろいろなことが見えてくるものです。

豊橋駅周辺を巡る

 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1178.html
 ↑前回、奈良競輪で楽しんだ私。そこから電車で向かった先は、京都でした。今回はこれから帰宅せずに、京都から浜松へと向かい、そこで一泊することにしたのです。行先の浜松で何をしに行くか? もちろん浜松オートレース場でレースを見にです。
 京都から新幹線に乗って浜松まで向かうのですが、私はその手前の駅、豊橋でいったん途中下車しました。豊橋はいつも通過してばかりでしたので、今回一度降り立ってみようと考えた次第です。
 豊橋駅新幹線改札を出ると、まずこの横断幕が目に入ります。
toyohashi1.jpg

 バスケットボールBリーグの三遠ネオフェニックス。豊橋をホームにしています。今シーズンは成績不振にあえいでいる三遠ですが、残りの試合でせめて意地を見せてほしいところです。
 豊橋駅の近くには、豊橋鉄道の新豊橋駅があります。
toyohashi2.jpg

toyohashi3.jpg

 豊橋から南西へ、渥美半島の中部にある三河田原まで行く路線です。
 豊橋鉄道には渥美線のほか、もうひとつ路線があります。それは↓この電車の路線。
toyohashi5.jpg

 これは豊橋市内を走る路面電車、豊橋鉄道東田本線。地元での通称は「市電」です。豊橋駅前停留所に停車中の電車を撮影しました。この路線には「競輪場前」という停留所があり、豊橋競輪場へ行く場合はこの路面電車を使うと便利と思われます。
 豊橋駅前のペデストリアンデッキには↓この光の芸術。これは豊橋市の市章です。
toyohashi4.jpg

 さて、豊橋といえば最近売りとしている名物の食べものがあるのです。それは↓これ! 豊橋カレーうどん!
toyohashi6.jpg

 これは一見すると普通のカレーうどんのようですが、この丼の底には白飯があり、その上にはとろろがかかって、そこにカレー汁とうどんと具が入ったかっこうとなっているのです。食べ始めはカレーうどんとして、そのあとはスープカレーライスとして、1杯で2度の食べ方を味わえる一品となっています。カレー汁と白飯の間にはさまったとろろで汁にとろみがつくのは、よく考えたものだなと感心します。寒い季節だとこの1杯は温まりますね。
 そして、そのあとはデザートとして↓これを買って食べました。
toyohashi7.jpg

 これは「ピレーネ」という菓子。豊橋に本店を置く菓子店「ボンとらや」の看板商品です。これは豊橋の銘菓といってもよいほど、地元では愛されている菓子だそうです。生クリームを柔らかくてフワフワのスポンジケーキで包んだ一品。食べてみると、口の中で優しく溶けていくように、程よい甘さが広がります。この優しい味が、豊橋の地元民に愛されているのだなと感じました。なお、ピレーネは生菓子です。購入後は要冷蔵ですので、その点ご注意を。
 豊橋駅周辺をぶらりと歩き、かつ豊橋カレーうどんとピレーネをいただいたところで、目的地の浜松へと向かいます。豊橋駅はJRと名鉄が乗り入れている駅で、両者は改札が共通となっています(ただし新幹線は別に改札口がある)。JRも名鉄も同じ改札を通り、同じコンコースに入ります。その改札内には、成城石井があるのでした。
toyohashi8.jpg

 1時間ほどの豊橋滞在、豊橋駅周辺を見て回っただけでしたが、実にこれだけの被写体に巡り合うことができました。その意味でも、途中下車して豊橋に立ち寄ってよかったと思います。
 さあ、それでは浜松へと向かうとします。

(続く)

また小説を書きました

 東京オリンピック間近となり、7月22日から連休が始まりました。そのためというわけではありませんが……私はこのたび、また新たに小説を書きました。相変わらずの下手の横好きではありますが。
 ↓こちらです。

 クリニカ・メモリーズ 前編
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/482415494.html

 ライオンから発売されているハミガキ・ハブラシブランド「クリニカ」 これは1981年にハミガキ「クリニカライオン」が発売されたのが最初で、今年2021年で発売40周年となるのです。それを記念してというわけではありませんが、かなり息の長いブランドということで、これをからめた物語を書いてみようかと思った次第です。
 例によって私の好みだけで思うがままに書いた代物なので、ヒマなときに読んでくだされば結構です。

 なお、これはpixiv小説にも投稿しています。こちらのほうが読みやすいかもしれませんので、こちらもご覧いただければ幸いです。
 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15654404

 この続きは現在執筆中です。いつになるかわかりませんが、お待ち願います。

(追記 2021-07-29)
 続き、完成しました。これにて完結です。

 クリニカ・メモリーズ 後編
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/482659285.html

 pixiv小説版はこちら。
 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15702767


真夏の天理奈良訪問記・奈良編

 天理からJR万葉まほろば線で奈良へと移動。JR奈良駅に到着したら、さてどこへ行こうかと思案したところ、やはり東大寺の大仏殿に落ち着きました。私がこの場所を訪れるのは、実に12年ぶりのこととなります。
 JR奈良駅から東へ東へとひたすら歩いていきます。道中、奈良公園を通っていくこととなりますが、そこにいるのは……はい、奈良ではおなじみ、シカの群れです。シカたちと彼らが路上に出したフンに気をつけつつ、東大寺へ向かって歩いて行きます。
 東大寺に着いて大仏殿へ向かうと、その前にそびえ立つのは南大門。そこに屹立するのは、2体の金剛力士像。
tenri_nara10.jpg

tenri_nara11.jpg

 鎌倉時代に造られたこの像は、今に至るまで東大寺南大門の番人として立ち続けています。
 拝観料600円を払って、いざ大仏殿へ。
tenri_nara12.jpg

 何度か訪問している場所ですが、いつ見てもその大きさと荘厳さに圧倒されそうな建物です。ちなみにこの大仏殿、長い歴史の中で何度か焼き討ちにあうなど、けっこう災難に見舞われているのですよねえ。
 では、大仏殿の中へと入っていきます。
tenri_nara13.jpg

tenri_nara14.jpg

tenri_nara15.jpg

 思えば、この大仏が建立された時代、大陸からもたらされた疫病が流行していました。それを鎮める願いを込めての大仏建立でした。
 現在もまた、大陸からのウィルスが流行している時代です。大仏さまのお力がこの時代にも働いて、流行が収束に向かうことを願います。

真夏の天理奈良訪問記・天理編

 2020年8月10日、私は奈良県の天理市と奈良市へと行ってまいりました。
 本来ならばスタジアムへと行ってその訪問記を書くところですが、スタジアムは観客を入れるようになったとはいっても、まだ人数制限が敷かれ入場券がすぐに売り切れ、そう簡単には入場できそうにない状況です。
 そこで今回はその代替として、天理と奈良へと行きそこの名所を訪れることにしました。奈良は何度か訪問したことがありますが、天理は初めてとなります。

 近鉄電車橿原線の平端駅から枝分かれしている天理線。この終点が天理駅。
tenri_nara1.jpg

 天理駅は近鉄とJRが乗り入れる駅です。
 天理市といえば、天理教の本部がある市。街の中心部に天理教の神殿が存在するという「日本のバチカン」といえそうな雰囲気の市です。
 天理駅を出て東方向に歩くと「天理本通」と呼ばれるアーケード街が見えます。この天理本通をひたすら東へ東へ歩いて行けば、天理教神殿へとたどり着けます。その途中にある旅行代理店には↓このような看板が。
tenri_nara2.jpg

 これはいかにも天理と思わせる看板。「おちばがえり」とは、天理教信者が天理の神殿にお参りに行くことです。大祭がおこなわれるときに、全国から信者がこの天理へと集まってきます。
 アーケード街を歩いていると、途中に「天理スタミナラーメン」通称「天スタ」の店を発見。もちろん入りました。
 ↓これが「天スタ」!
tenri_nara3.jpg

 ピリ辛スープとたくさんの具がうれしい一品。天理スタミナラーメンは今や天理教と並ぶ「天理の顔」です。
 天スタを食べ終わり再び天理本通を東へと歩いて行くと、だんだんと経典や天理教系出版社の雑誌を販売する店が目についてきました。これぞ宗教都市の色を帯びていることの証です。
 そして、たどり着きました。↓これが天理教の神殿です!
tenri_nara4.jpg

 なんという荘厳な雰囲気! この神殿自体が芸術といってもいいのではないかと思える造り。伝統と格式を感じます。
 この神殿の南側は↓このようになっていて、ここから車両進入禁止となっています。つまりこの一帯が「聖域」ということですね。
tenri_nara5.jpg

 神殿敷地内には、おぢばがえりに来た信者のための食堂も存在しています。↓こちらがそのうちのひとつ。
tenri_nara6.jpg

 ↓手洗い場もこのように多数用意されており、大祭のときには多数の信者がここに集まることがうかがえます。
tenri_nara7.jpg

 神殿の南方には天理教庁や、天理参考館と呼ばれる施設が存在します。↓こちらは天理参考館。
tenri_nara8.jpg

 この天理参考館では、天理教の歴史や関連の美術品等が展示されています。
 この日は信者のこどもたちによる作品の展示がありました。天理教では「こどもおぢばがえり」という行事が毎年夏におこなわれるのですが、今年は新型コロナウィルス流行のために中止。そのかわりとして全国のこどもたちによる天理教関連の作品がここに展示されることとなったのでした。

 天理でよく目にする言葉が「ようこそ、おかえり」。天理教では信者が神殿に参拝することを「里帰り」であると解釈します。それゆえ歓迎と里帰りが一体となって「ようこそ、おかえり」なのです。

 というわけで、宗教都市・天理を肌で感じ取った私なのでした。では天理からJR万葉まほろば線に乗って、次は奈良へと向かいます。
tenri_nara9.jpg

(奈良編に続く)

エビフライ飯、胃内視鏡検査を受ける

 新型コロナウィルス流行のあおりで、数々のプロスポーツの試合開催が自粛となっています。
 今回はスタジアム感染、もとい観戦ができないことで、別のネタを書くこととします。

 私エビフライ飯は、2020年4月25日に、胃の内視鏡検査を受けました。昨年末から胃に違和感があったことによる検査です。
 今回は、この胃の内視鏡検査をネタに書いていきます。


 胃の内視鏡検査当日、私は朝から何も飲み食いすることなく、検査を受ける医院へと行きました。
 まずは内視鏡でハッキリと見ることができるようにする薬を、待合室で飲みました。次に診療室へと呼ばれ、そこでノドに麻酔をかけるゼリーを口の中に入れられました。そのまましばらく待たされゼリーを吐き出すと、今度はノドに麻酔の薬をスプレーで噴射されました。
 胃の内視鏡検査はノドから内視鏡を入れられるので、こういった処置がなされることは承知していましたが、ここまで徹底しているとは思いませんでした。
 さらに、腕から点滴のように鎮静剤を入れることにより、私は知らないうちに眠りに入り、検査はその間におこなわれました。気がついたら、もうすでに検査は終わっていたのです。なのでひとつも苦痛を感じることはありませんでした。

 検査後、まだ鎮静剤の効き目が残っているため、院内の休憩室で休憩。しばらく体が思うように動かせませんでした。
 ようやく体が落ち着いたら、いよいよ医師から検査結果を聞きます。結果は、
  • 軽度の胃炎
  • ポリープ
  • 十二指腸炎
 でした。ポリープは検査時に除去してもらいました。あとの疾患も薬で治せる程度とのことで、たいしたことなく安心しました。

 このブログは「食」に関しても数多く書いているので、まず胃が健康でなくてはなりません。そういった意味からも、今回の内視鏡検査は意義あるものだったと思っています。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


ステキに!ブースター

輝く笑顔のふたり 前編・大人への一歩

輝く笑顔のふたり 後編・歯医者さんの魔法

いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ

続・いざなわれてファジアーノ

クリニカ・メモリーズ 前編

クリニカ・メモリーズ 後編

↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (167)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (152)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (7)
舟券勝負2018 (5)
舟券勝負2019 (4)
舟券勝負2020 (3)
舟券勝負2021 (2)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (161)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (10)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (12)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (12)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (18)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (5)
オート車券勝負2018 (3)
オートレース/レース場訪問記 (61)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (17)
山陽 (5)
飯塚 (9)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (51)
岸和田 (9)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
奈良 (6)
和歌山 (4)
名古屋 (3)
福井 (4)
西武園 (3)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (52)
シティライトスタジアム2016 (15)
シティライトスタジアム2017 (15)
シティライトスタジアム2018 (10)
シティライトスタジアム2019 (6)
シティライトスタジアム2020 (2)
シティライトスタジアム2022 (4)
スタジアム訪問記/阪神甲子園球場 (28)
スタジアム訪問記/花園ラグビー場 (12)
スタジアム訪問記/NPB・JWPL (22)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (6)
わかさスタジアム京都 (2)
スタジアム訪問記/Jリーグ (36)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (6)
パナソニックスタジアム吹田 (10)
大分銀行ドーム (4)
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム (4)
Bリーグアリーナ訪問記 (65)
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) (7)
サンエイワーク住吉スポーツセンター (2)
西宮市立中央体育館 (12)
京都市体育館(ハンナリーズアリーナ) (7)
ロートアリーナ奈良(ならでんアリーナ) (9)
おおきにアリーナ舞洲(府民共済SUPERアリーナ) (15)
ジェイテクトアリーナ奈良 (3)
ジップアリーナ岡山 (2)
グリーンアリーナ神戸 (3)
ドルフィンズアリーナ (5)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (20)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (37)
食べまくり! (20)
その他いろいろ (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Template by たけやん