FC2ブログ

2020-08-15

真夏の天理奈良訪問記・奈良編

 天理からJR万葉まほろば線で奈良へと移動。JR奈良駅に到着したら、さてどこへ行こうかと思案したところ、やはり東大寺の大仏殿に落ち着きました。私がこの場所を訪れるのは、実に12年ぶりのこととなります。
 JR奈良駅から東へ東へとひたすら歩いていきます。道中、奈良公園を通っていくこととなりますが、そこにいるのは……はい、奈良ではおなじみ、シカの群れです。シカたちと彼らが路上に出したフンに気をつけつつ、東大寺へ向かって歩いて行きます。
 東大寺に着いて大仏殿へ向かうと、その前にそびえ立つのは南大門。そこに屹立するのは、2体の金剛力士像。
tenri_nara10.jpg

tenri_nara11.jpg

 鎌倉時代に造られたこの像は、今に至るまで東大寺南大門の番人として立ち続けています。
 拝観料600円を払って、いざ大仏殿へ。
tenri_nara12.jpg

 何度か訪問している場所ですが、いつ見てもその大きさと荘厳さに圧倒されそうな建物です。ちなみにこの大仏殿、長い歴史の中で何度か焼き討ちにあうなど、けっこう災難に見舞われているのですよねえ。
 では、大仏殿の中へと入っていきます。
tenri_nara13.jpg

tenri_nara14.jpg

tenri_nara15.jpg

 思えば、この大仏が建立された時代、大陸からもたらされた疫病が流行していました。それを鎮める願いを込めての大仏建立でした。
 現在もまた、大陸からのウィルスが流行している時代です。大仏さまのお力がこの時代にも働いて、流行が収束に向かうことを願います。

2020-08-13

真夏の天理奈良訪問記・天理編

 2020年8月10日、私は奈良県の天理市と奈良市へと行ってまいりました。
 本来ならばスタジアムへと行ってその訪問記を書くところですが、スタジアムは観客を入れるようになったとはいっても、まだ人数制限が敷かれ入場券がすぐに売り切れ、そう簡単には入場できそうにない状況です。
 そこで今回はその代替として、天理と奈良へと行きそこの名所を訪れることにしました。奈良は何度か訪問したことがありますが、天理は初めてとなります。

 近鉄電車橿原線の平端駅から枝分かれしている天理線。この終点が天理駅。
tenri_nara1.jpg

 天理駅は近鉄とJRが乗り入れる駅です。
 天理市といえば、天理教の本部がある市。街の中心部に天理教の神殿が存在するという「日本のバチカン」といえそうな雰囲気の市です。
 天理駅を出て東方向に歩くと「天理本通」と呼ばれるアーケード街が見えます。この天理本通をひたすら東へ東へ歩いて行けば、天理教神殿へとたどり着けます。その途中にある旅行代理店には↓このような看板が。
tenri_nara2.jpg

 これはいかにも天理と思わせる看板。「おちばがえり」とは、天理教信者が天理の神殿にお参りに行くことです。大祭がおこなわれるときに、全国から信者がこの天理へと集まってきます。
 アーケード街を歩いていると、途中に「天理スタミナラーメン」通称「天スタ」の店を発見。もちろん入りました。
 ↓これが「天スタ」!
tenri_nara3.jpg

 ピリ辛スープとたくさんの具がうれしい一品。天理スタミナラーメンは今や天理教と並ぶ「天理の顔」です。
 天スタを食べ終わり再び天理本通を東へと歩いて行くと、だんだんと経典や天理教系出版社の雑誌を販売する店が目についてきました。これぞ宗教都市の色を帯びていることの証です。
 そして、たどり着きました。↓これが天理教の神殿です!
tenri_nara4.jpg

 なんという荘厳な雰囲気! この神殿自体が芸術といってもいいのではないかと思える造り。伝統と格式を感じます。
 この神殿の南側は↓このようになっていて、ここから車両進入禁止となっています。つまりこの一帯が「聖域」ということですね。
tenri_nara5.jpg

 神殿敷地内には、おぢばがえりに来た信者のための食堂も存在しています。↓こちらがそのうちのひとつ。
tenri_nara6.jpg

 ↓手洗い場もこのように多数用意されており、大祭のときには多数の信者がここに集まることがうかがえます。
tenri_nara7.jpg

 神殿の南方には天理教庁や、天理参考館と呼ばれる施設が存在します。↓こちらは天理参考館。
tenri_nara8.jpg

 この天理参考館では、天理教の歴史や関連の美術品等が展示されています。
 この日は信者のこどもたちによる作品の展示がありました。天理教では「こどもおぢばがえり」という行事が毎年夏におこなわれるのですが、今年は新型コロナウィルス流行のために中止。そのかわりとして全国のこどもたちによる天理教関連の作品がここに展示されることとなったのでした。

 天理でよく目にする言葉が「ようこそ、おかえり」。天理教では信者が神殿に参拝することを「里帰り」であると解釈します。それゆえ歓迎と里帰りが一体となって「ようこそ、おかえり」なのです。

 というわけで、宗教都市・天理を肌で感じ取った私なのでした。では天理からJR万葉まほろば線に乗って、次は奈良へと向かいます。
tenri_nara9.jpg

(奈良編に続く)

2020-04-26

エビフライ飯、胃内視鏡検査を受ける

 新型コロナウィルス流行のあおりで、数々のプロスポーツの試合開催が自粛となっています。
 今回はスタジアム感染、もとい観戦ができないことで、別のネタを書くこととします。

 私エビフライ飯は、2020年4月25日に、胃の内視鏡検査を受けました。昨年末から胃に違和感があったことによる検査です。
 今回は、この胃の内視鏡検査をネタに書いていきます。


 胃の内視鏡検査当日、私は朝から何も飲み食いすることなく、検査を受ける医院へと行きました。
 まずは内視鏡でハッキリと見ることができるようにする薬を、待合室で飲みました。次に診療室へと呼ばれ、そこでノドに麻酔をかけるゼリーを口の中に入れられました。そのまましばらく待たされゼリーを吐き出すと、今度はノドに麻酔の薬をスプレーで噴射されました。
 胃の内視鏡検査はノドから内視鏡を入れられるので、こういった処置がなされることは承知していましたが、ここまで徹底しているとは思いませんでした。
 さらに、腕から点滴のように鎮静剤を入れることにより、私は知らないうちに眠りに入り、検査はその間におこなわれました。気がついたら、もうすでに検査は終わっていたのです。なのでひとつも苦痛を感じることはありませんでした。

 検査後、まだ鎮静剤の効き目が残っているため、院内の休憩室で休憩。しばらく体が思うように動かせませんでした。
 ようやく体が落ち着いたら、いよいよ医師から検査結果を聞きます。結果は、
  • 軽度の胃炎
  • ポリープ
  • 十二指腸炎
 でした。ポリープは検査時に除去してもらいました。あとの疾患も薬で治せる程度とのことで、たいしたことなく安心しました。

 このブログは「食」に関しても数多く書いているので、まず胃が健康でなくてはなりません。そういった意味からも、今回の内視鏡検査は意義あるものだったと思っています。

2019-08-19

実家で見つけた、古い時代のテキスト

 先日の連休、実家へ帰省していまして、そこの本棚に↓こういった本が置かれていたのを発見しました。
citylight_st281.jpg

citylight_st282.jpg

 『LET'S TALK 小学生の英会話』
 昇龍堂出版発行 初版1973年12月20日

 古い時代の、小学生向けの英会話テキストです。

 昇龍堂出版は、主に学習参考書を出版している会社。↓公式サイト。
 https://www.shoryudo.co.jp/

 上記サイトを閲覧してみましたが、この本は現在では絶版となっているようです。Googleで検索してみても、この本に関する情報は出てきません。時代の流れにつれて、ひっそりと消えていった本なのかもしれません。
 そんな本が、実家の本棚にあったのです。実家の本棚はかれこれ50年もの間、我が家で購入したありとあらゆる本を保存してきたので、もっと探せば何かしら掘り出し物が見つかるかもしれませんねえ。

2018-11-17

小説『続・いざなわれてファジアーノ』を書きました

 このたび、新たに小説『続・いざなわれてファジアーノ』を書きました。↓こちらです。

 『続・いざなわれてファジアーノ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/459200105.html

 この話は↓これの続編です。

 『いざなわれてファジアーノ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/445352477.html


 今回の小説は、2018年のファジアーノ岡山を追いかけた内容です。
 今年の岡山は平成30年7月豪雨に見舞われるなど「晴れの国」とは思えぬ荒天が襲ってきました。そういう被災の年もあったということを書き記しておきたい思いもあって、今回の小説を書きました。

 いつものことですが、興味あれば読んでいただけると幸いです。



2018-10-28

小説『いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ』を書きました

『いざなわれてファジアーノ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/445352477.html

 ↑これの番外編となる小説を、このたび書きました。

『いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/462362700.html

 今回の番外編は、ユッカの視点での話となっています。
 なお『いざなわれてファジアーノ』の本編続編は、2018年J2リーグシーズン終了後に完成予定です。

2018-10-01

小説『輝く笑顔のふたり』を書きました

 このたび、新しい短編小説を書きました。タイトルは『輝く笑顔のふたり』今回は前後編に分けての構成としています。

 輝く笑顔のふたり
 前編・大人への一歩
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/461731874.html

 後編・歯医者さんの魔法
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/461937437.html

 今回の小説は、女子中学生の「歯」をテーマにした作品です。いわゆる「歯フェチ」の方は興味津々となるのではないでしょうか? 実際歯フェチ向けのweb小説がネット上にけっこうゴロゴロ転がっていますからね。
 いつものことですが、お気が向いたら読んでいただけると幸いです。

 あと、この際ですのでここでお知らせします。以前書いた小説『いざなわれてファジアーノ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/445352477.html

 これの続編を、J2リーグ2018年シーズン終了後に上げる予定です。実はもう物語の大部分を書いているのですが、シーズンが終了してから完成にこぎつけようと考えています。今年のファジアーノ岡山を振り返る意味もありますので。
『続・いざなわれてファジアーノ』が完成するのは、早くて11月下旬の予定です。

2018-06-28

新作小説「ステキに!ブースター」を書きました

 このたび、私エビフライ飯はまた新しい小説を書きました。

「ステキに!ブースター」
http://ebinovels2.seesaa.net/article/460029007.html

 今回の作品は、バスケットボールの試合を初めて生で観戦した女子中学生の物語です。
 例によって趣味100%で書いた作品ですので、外に見せられるほどの代物となっているかどうかといった出来ですが、おヒマならば時間つぶしにご覧ください。

2018-05-05

東京の秋葉原から神田明神を訪れる

 2018年5月3日、この日千葉市のフクダ電子アリーナへと行き試合を観戦した私は、このまま帰るのは惜しいと思い電車で東京へと向かいました。
 今回向かった先は神田明神。東京の「異空間」秋葉原から西へ行ったところにある神社です。
 JR秋葉原駅を降りて電気街北口から出ると、駅前にはUDXビルが。
tokyo_walk1.jpg

 ここは最近の秋葉原の名所となっているようです。駅から神田明神通りを西へと歩いていけば、↓この鳥居に出くわします。
tokyo_walk2.jpg

tokyo_walk3.jpg

 これこそが神田明神の鳥居。その鳥居のそばには、かつての都電の停留場標識が遺されていたのでした。
tokyo_walk4.jpg

 この付近にも都電が走っていたのですね。鳥居をくぐり本殿入り口へ。
tokyo_walk5.jpg

 朱塗りでなかなか荘厳な面構え。大都会のビルだらけの空間の中にも、こういったものが存在しているのです。
 この神田明神、近年はアニメ・ゲームとのコラボレーションをおこなっていまして、そのポスターが境内に貼られていたのでした。
 ↓まずは『ラブライブ!』
tokyo_walk6.jpg

 ここ神田明神の近くが舞台となっているアニメです。作中にも神田明神が何度か出てきます。ゆえにコラボは必然といったところ。
『ラブライブ!』のファン、通称ラブライバーにとっては神田明神は聖地です。そのためか絵馬の奉納所には『ラブライブ!』のキャラの絵を描いたものが多数奉納されていました。
 ↓続いて『ソードアート・オンライン』
tokyo_walk7.jpg

 ↓次に『ご注文はうさぎですか?』
tokyo_walk8.jpg

 ちなみに、境内では『ラブライブ!』『ご注文はうさぎですか?』のカステラまんじゅうが販売されていました。
 神田明神へと続く道のひとつに「明神男坂」があります。ここは石段となっています。
tokyo_walk9.jpg

tokyo_walk10.jpg

 実はこの石段も『ラブライブ!』作中で登場した場所です。μ'sが練習でこの石段を上り下りしたのです。

 神田明神を訪れたあと、まだ時間があったので歩いて東京駅方面へと行きました。日が暮れ始めたころ、東京駅丸の内口にたどり着きました。
tokyo_walk11.jpg

 夕暮れどきの東京駅。これはこれでなかなか趣がある絵です。上の写真では切れている丸の内北口は↓これ。
tokyo_walk12.jpg

 この東京駅丸の内口も『ラブライブ!』に登場した場所。シリーズ作品『ラブライブ!サンシャイン!!』でもここは登場しました。
 ここの地下へ行ってみれば、東京メトロの乗り場があります。↓その路線図。
tokyo_walk13.jpg

 アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』では、ダイヤが幼少時に東京で迷子になって、↑の写真のような路線図を目にして
「ごちゃごちゃ……ごちゃごちゃ……ごちゃごちゃ……ピギィーーーーーーーーー!!!!」
 と泣き叫ぶ場面があります。
 これは無理もありません。上の路線図だけでも複雑でわかりにくいのに、東京の地下鉄はこれに加えて都営の4路線が存在しています。そうなるともう複雑怪奇。初めて目にする人にとってはまさに「ごちゃごちゃ」の印象でしょう。

 余談ですが、東京メトロはその昔「帝都高速度交通営団」という事業体名だったのでした。

2017-07-22

『いざなわれてファジアーノ』に対する感想がちらほらと

 私が書いた短編小説『いざなわれてファジアーノ』に対する感想が、ツイッター上でちらほらと見られます。

 『いざなわれてファジアーノ』
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/445352477.html


 その感想の一部をここにて取り上げます。

高校生無料招待デーと言えば、エビフライ飯さんのこの小説。素晴らしいです。

こんな小説(?)があったんですね。観戦ガイドとしていかがでしょう。

読んでて引き込まれた。自分自身が初めてファジ見に行ったときの、日常から非日常に突然切り替わった瞬間の衝撃とかを思い出して、なぜだか泣けてきた。

岡山弁が素敵

情景描写がとても上手です!ファジフーズ食べ過ぎだけどw
ファジに惹き込まれる展開が胸熱で、読み終わった時は目から汗出たよ(′;ω;`)

僕も昨日読みましたけど、めちゃ泣けますよね今日二回目読んだときも泣けました

ファジフーズ食べ過ぎ(笑)カレーだけでかなりの量で全部たべれないのに、さらにラーメン\(//∇//)\

がっつり岡山弁でしたね!「もんげー」を全く入れなかったのは評価できます(*´ー`*)



 うれしいではありませんか。そもそもこの作品、私が足をケガしてヒマを持て余し、そのヒマを埋めるために書いた作品だったのです。なので偶然作品を見つけた人に読んでいただければそれでじゅうぶん、その程度に考えていました。それがこのようにいろいろな人から感想をつけてもらえるとは、予想外でした。
 この作品、私が実際に2016年7月16日にシティライトスタジアムへ行った体験をもとにフィクションとして構成したもので、この日が高校生無料デーだったことから、女子高校生を主人公としました。そして主人公の思いを前面に出したいと考えて、場面描写の記述を一人称語り(主人公が「私」「僕」「オレ」と名乗り、その視点で場面が語られる)としました。なのでこれを書いているときは、私は主人公カナになりきっていました。(変態だと思わないでください)

 感想の中でけっこう多いのが「登場人物の会話が岡山弁なのがいい」というものです。この作品、岡山が舞台ということで、とにかく岡山らしさを出したい思いが強くありました。それゆえの岡山弁です。私にとっては岡山は少年時代を過ごした地。岡山弁はネイティブで頭に入っていまして、言語を岡山弁に変換することなどいたって容易でした。
 上記感想の中にもありますが、最近岡山をアピールするのに「もんげー」という言葉が使われるようです。しかし実はこの言葉、実際には地元岡山ではあまり使われないのですよ。同じように使われるとしたら「ぼっけえ」「でえれえ」のほうが頻度は高いです。なので『いざなわれてファジアーノ』でもそれに準拠しています。

 今年7月23日、Cスタでのファジアーノ岡山 vs レノファ山口FC戦、この日また高校生無料デーがおこなわれます。当日Cスタへ行かれる皆さんも自宅で応援される皆さんも、試合を見る前でも見た後でもよろしいですので、ぜひこの『いざなわれてファジアーノ』をご一読よろしくお願いします。

 あと、岡山つながり・ファジつながりで↓こちらもよろしければどうぞ。

 μ's岡山ステージ 【『ラブライブ!』二次創作】
 http://ebinovels2.seesaa.net/article/442752911.html

 ただ、こちらは『ラブライブ!』の二次創作ですので、あらかじめその点をお知り置きください。

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード