fc2ブログ

スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

西武園競輪場訪問記・3

 2022年8月14日、西武園競輪場のオールスター競輪。レースは進んでいき、準決勝となる9R~11Rの前になると、あたりは薄暗さを帯びてきました。
 準決勝には地元埼玉の平原康多選手が出場します。
seibuen_kr27.jpg

 平原選手は最終11Rに登場。地元選手だけに観客の声援も相当なものでした。しかし……平原選手はゴール前で無念の落車。起き上がりゴールまでは行ったものの、レース後は担架で運ばれていました。観客の期待も大きかったのですが、残念な結果に終わってしまいました。

 ナイター本番の西武園競輪場、三景。
seibuen_kr17.jpg

seibuen_kr18.jpg

seibuen_kr19.jpg

 今回のオールスター競輪で優勝したのは、脇本雄太選手。初日から全レース1着の完全優勝を成し遂げる強さでした。
 実は本来ならば前日が準決勝で、私が行った日は最終日で決勝がおこなわれるはずでした。しかし前日に関東地方へ台風が接近してきたために順延。そのためこの日が準決勝となってしまいました。この日のレース終了後におこなわれる予定だった花火打ち上げも、次の日に順延です。その点は残念に思いましたが、今回十分に私の中では思い出として残りました。

 さて、この日の西武園のレースも終わり、私は東村山に向かいました。今夜はここで一泊です。
 東村山駅の近くに、↓日高屋がありました。 
seibuen_kr20.jpg

 日高屋は、関西ではお目にかかれない中華料理店チェーンなのです。関西民にとっては新鮮に映るこの店、私はここへと入りまして↓大宮担々麺を酒とともにいただいたのでした。
seibuen_kr21.jpg

 一夜明けて、東村山駅の東口に立っている、志村けんさんの銅像を拝見。アイーンのポーズをとる志村さんの姿です。
seibuen_kr22.jpg

seibuen_kr23.jpg

 西武新宿線で東京方面へと向かい、東京某所でいったん下車。そこには、これまた関西ではお目にかかれない「名代富士そば」があったのでした。
seibuen_kr24.jpg

 関東に来たのなら、やはりうどんよりそばですね。私は名代富士そばにて、もりそばとカレーかつ丼のセットをいただきました。カレーかつ丼とは珍しいメニューがあるものです。
seibuen_kr25.jpg

 というわけで、今回の私の旅は「西武園の夜の夢」「ラブライブ!スーパースター聖地巡礼」「志村けん聖地巡礼」「関東ローカル外食チェーン訪問」以上がテーマでした。

西武園競輪場訪問記・2

2022年8月14日、西武園競輪場。今回ここでおこなわれるのは「GI第65回オールスター競輪」ナイター開催ですので、開門は14時。それから20分ほどたってから、私は西武園に到着しました。
 ↓これが西武園競輪場のバンク。ここは400mです。
seibuen_kr6.jpg

 すり鉢状になっている観客席。この構造はここからそう離れていない場所にある、ベルーナドームに近いものがあります。なおこの西武園競輪場の近辺にはベルーナドームや西武園遊園地など、西武グループ傘下の娯楽施設が集まっています。
 初めて訪れるスタジアムでまずやること、それは場内探索。場内を回ってみると↓このような貼り紙を発見。
seibuen_kr7.jpg seibuen_kr8.jpg

 こういう貼り紙があるということは、過去に女性用トイレに入った男性や給茶機で入れ歯を洗った者がいたのでしょう。なかなかにワイルドです。
 遠方に行ったときには、その地でしかお目にかかれないポスター類を見るのが楽しみのひとつです。例にもれず、今回もありました。まずは↓ラグビーリーグワン・埼玉ワイルドナイツの選手たちが出演の、埼玉県警のポスター。
seibuen_kr9.jpg

 最近は警察のポスターに、地元プロスポーツチームの選手を起用することが多いですね。
 次は↓こちら。
seibuen_kr10.jpg seibuen_kr11.jpg

 昔、テレビドラマ「スケバン刑事3」に出演していた、大西結花さんです。同ドラマはもうかれこれ35年前。それを考えると、今セーラー服というのは無理があるのでは……と思ってしまいます。
 では次に、当ブログ恒例の場内食べ物紹介といきましょう。↓この貼り紙に従っていくとたどり着くスナックコーナーでは……
seibuen_kr12.jpg

 ↓このようなラーメンが販売されているのです。可もなく不可もなく、特別おいしいわけではありません。でも食べてみると「これこれ、この素朴さがいかにも公営競技場のラーメンだな」という感想を抱きます。
seibuen_kr13.jpg

 公営競技場らしい食べ物といえば、↓このハムカツもそうです。これが酒によく合うのです。なお、西武園はアルコールには非常におおらかで、場内のあらゆる売店にてビールやチューハイ・酒などが販売されています。
seibuen_kr14.jpg

 ↓モツ串。これまた公営競技場らしさのある、また酒に合う食べ物です。西武園にもあります。
seibuen_kr15.jpg

 また、今回はGI級の大レースが開催されるということで、特別にグルメ屋台が出張販売に来ていました。そのうちのひとつ↓北本トマトカレー。
seibuen_kr16.jpg

 これは埼玉県北本市のご当地B級グルメとのこと。ルーにトマトを加えて煮込み、さらにトッピングでトマトをかける、トマト攻めのカレー。本式の北本トマトカレーはライスにトマトで色をつけるのですが、ここではそれは省略されていました。トマトたっぷりで栄養満点、これはB-1グランプリに出店したなら、かなり受けそうな食べ物です。
 西武園の場内食べ物は、全体的にスナック系が中心で、たいしたものはないなというのが率直な感想です。なお、場内には「むさしの」という、地域色濃い名前の食堂もあります。
seibuen_kr26.jpg

(続く。次で終わり)


西武園競輪場訪問記・1

 2022年8月14日、私は埼玉県所沢市にある西武園競輪場へと行ってまいりました。今年オールスター競輪が開催される西武園。私はちょうどそのとき休みということで、思い立って現地へ向かうことに決めたのでした。
 新幹線で品川まで行き山手線渋谷・新宿方面に乗りかえるのですが、まだ西武園の開門までは時間があるので、途中ある場所に立ち寄ろうと考えました。いったん原宿駅で下車します。
 原宿に何があるのか? ↓ここです。
onden_1.jpg

onden_2.jpg

 原宿駅から徒歩10分ほどのところにある穏田(おんでん)神社です。ここがどういう場所かといいますと、今アニメ2期が放送されている「ラブライブ!スーパースター!!」に登場する神社です。いわば「聖地巡礼」というやつです。
 ↓これが穏田神社の本殿。「これからも無事に生きられますように」と願かけました。
onden_3.jpg

 ここが「ラブライブ!スーパースター!!」に登場したということで、その関連イラスト入りの「痛絵馬」がけっこう奉納されていました。
onden_4.jpg

 その中でも目を引いたのは↓これ! 千砂都とタルるート、どちらもたこ焼きが大好物という共通点があります。そのつながりゆえのコラボですね。
onden_5.jpg

 この穏田神社、アクセスが同社の公式サイトに掲載されています。

 https://onden.jp/access/

 ここに写真入りで行き方が記載されています。これに従っていけば迷うことはそうないでしょう。私は原宿駅から穏田神社へと行きましたが、その際途中で↓この神宮前交差点を通りました。
onden_6.jpg

 ここは↓この「ラブライブ!スーパースター!!」のプロモーション画像で、Liella!の9人が横切っている場所だと、自分が実際に通ったことで気づいたのでした!
onden_7.jpg

 では、寄り道はこのぐらいにして、本来の目的地・西武園競輪場へと向かいます。
 原宿駅から高田馬場駅で西武新宿線に乗りかえます。JR山手線から西武新宿線に乗りかえる場合、高田馬場駅で乗りかえたほうが便利です。JR新宿駅と西武新宿駅は離れているため、新宿での乗りかえは不便なのです。西武新宿線でいったん東村山駅まで行きます。↓西武電車車内でも、西武園オールスター競輪の宣伝広告がありました。
seibuen_kr1.jpg

seibuen_kr2.jpg

 ♪東村山~庭先ゃ多摩湖~、と思わず口ずさんでしまいます。そうです、この東村山はあの伝説のお笑い芸人・志村けんさんが生まれ育った地。志村さんが「東村山音頭」を歌ったことで、東村山は全国的に知名度の高い市となったのです。
 それはさておき。この東村山駅で西武園線に乗りかえます。ひと駅で終点の西武園駅。ここが西武園競輪場の最寄り駅です。
seibuen_kr3.jpg

seibuen_kr4.jpg

 ここから歩いてすぐのところに、西武園競輪場があります。
seibuen_kr5.jpg

 なお「西武園」という駅名なので、ここが西武園遊園地にも近いと思う人がいますが、遊園地はこの駅からだと少し歩かされます(行けなくはない)。もし西武園遊園地へ行くのならば、レオライナーの西武園ゆうえんち駅が最寄りですので、そちらへ行ったほうが得策と思われます。

(続く)

ハミガキ広告風画像ギャラリー

 ここのところの私、昔懐かしいハミガキの画像を描画することが多くなっています。それに関連して、昔の広告を模した画像も何枚も描き、ツイッターに上げる日々が続いています。
 そこで今回は、これまでに上げたそれら画像を、ここに一挙に載せることにしました(一部、ここに初掲出のものもあり)。なおここにある人物イラストは、イラスト提供サイトにあるものを拝借したものでして、私自身が描いたものではありません。あしからず。
(画像提供:デンタルン http://www.dentaln.jp/ イラストAC https://www.ac-illust.com/)

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が出ます)
clinica_mini1.png clinica_mini2.png

clinica106.png clinica118.png

clinica110.png clinica120.png

clinica127.png nica_oyako15.png

nica_oyako16.png nica_oyako17.png

nica_oyako18.png nica_oyako19.png


nica_oyako21.png nica_oyako22.png

nica29.png nica23.png

nica24.png nica25.png

nica26.png nica27.png

nica28.png nica29.png

nica30.png nica31.png

clinica105.png clinica129.png clinica124.png 

clinica130.png nica_oyako10.png nica_oyako11.png

nica_oyako12.png nica16.png nica17.png

nica18.png clinica101.png clinica131.png

clinica59.png clinica74.png

clinica76.png clinica83.png

clinica85.png clinica86.png

clinica67.png clinica73.png clinica75.png

clinica82.png clinica84.png clinica87.png

kilapica19.png kilapica5.png

kilapica20.png

kilapica7.png kilapica11.png kilapica21.png

demute_sunstar5.png demute_sunstar9.png

demute_sunstar8.png demute_sunstar11.png

colgate6.png

mushiba_yobo1.png mushiba_yobo11.png

mushiba_yobo2.png mushiba_yobo3.png

demute_sunstar12.png colgate7.png

demute_mini1.png colgate_mini1.png

mushiba_yobo4.png mushiba_yobo15.png

mushiba_yobo14.png mushiba_yobo12.png

mushiba_yobo7.png mushiba_yobo6.png mushiba_yobo5.png

画像で見るハミガキ「クリニカ」初期・後編

 ハミガキの分野において、かつてはライオンとサンスターが二大勢力でした。1980年代前半、ライオンが新しいムシ歯予防ハミガキ「クリニカ」を世に出した当時、サンスターは「デミュート」をムシ歯予防ハミガキのブランドとして前面に押し出していました。そのデミュートは、青色透明タイプのものも発売されました。
demute_sunstar.png

 デミュートは「(ムシ歯の原因となる)歯垢をつくりにくくする」とのうたい文句はあるものの「歯垢を落とす」効果はそれほどでもなかったようで、その点はクリニカよりも劣った印象でした。
 さらに、ライオンとサンスター、この両者はかつて「土曜20時戦争」の当事者でもありました。どういうことかといいますと……
 1980年代前半、土曜20時のテレビは「8時だヨ!全員集合」と「オレたちひょうきん族」が激しい視聴率争いをしていました。この両番組のスポンサーは、前者がライオンで後者がサンスター。つまり代理戦争の様相をもなしていたわけです。
clinica88.png

 そういえば「オレたちひょうきん族」の出演者のひとりだった北野武(当時はビートたけし)氏は、当時デミュートのテレビCMに出演していましたね。
 その土曜20時戦争は、1985年に「全員集合」が終了したことで、いったん「ひょうきん族」の勝利となりましたが、「全員集合」の後番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」がその後巻き返し、今度はひょうきん族が終了に追い込まれました。
 一方、ライオンとサンスターの戦いはといいますと、ライオンはクリニカが絶好調で同社の主力となりつつありましたが、サンスターのほうはデミュートが急速に姿を消し始めて、90年代にはもう見られなくなっていたのでした。

 ここからは、私のちょっとしたお遊びです。
 昔のクリニカの広告を想像して、独自に広告風の画を作ってみました。
clinica85.png

 クリニカは商品特徴がわりと多いな、と作っていて感じました。
 さらに、クリニカのパロディでフィクションの商品「キラピカ」なるものを作ってみました。これの広告風画もいっしょに。
kilapica17.png

kilapica5.png

kilapica18.png

 思い切り自己満足の画ですが、そこはひとつお許しお願いいたします。


 終わりに、私が書いた小説「クリニカ・メモリーズ」をご紹介します。ダイジェスト画像を添えて。

 クリニカ・メモリーズ 前編 (読むには画像をクリック!)
clinica58_2.png

 クリニカ・メモリーズ 後編 (読むには画像をクリック!)
clinica65_2.png

画像で見るハミガキ「クリニカ」初期・前編

 今回は1980年代~90年代の懐かしい話をひとつ。

 ライオン(株)から販売されているハミガキのブランド「クリニカ」 現在も同社の主力ブランドとして君臨している商品ですが、これの初代が発売されたのは1981年9月のことでした。
clinica63.png

 この形の「CLINICA」ロゴを使ったものは、1994年まで販売されました。その系譜がこちら。
clinica79.png

 いずれもパッケージに「歯垢を分解する酵素配合」の旨が書かれています。まあ、元々それが売りの商品ですから。
 初代の外装箱を見てみると「ムシ歯の原因〈歯垢〉を分解する…」の「歯垢」の部分にルビがふってあります。つまり当時はそれだけ「歯垢」という言葉にも、それの正体が何なのかも世間に知られていなかった、ということになります。
 クリニカは1985年、「クリニカDFC」にリニューアルした際に、新たにこども用が発売されました。
clinica71.png

 このこどもクリニカのパッケージに描かれているキャラクターについて、私が思ったこと。
clinica69.png

 一方で同じライオンの「ライオンこどもはみがき」は、当時パッケージにハローキティやゴロピカドンといったサンリオキャラクターを採用していました。サンリオキャラクターは主に女の子がターゲット。全然「男の子にも女の子にも」の雰囲気はありません。こどもクリニカとは対照的でした。
 ライオンの思惑はこうだったのではないかと推察します。
「こどもたちに使ってもらいたいのはこどもクリニカ。しかし香味1種類だけで値段割高のこどもクリニカより、こどもも親御さんもライオンこどもはみがきを選ぶ人が多いだろう。ならば、こどもはみがきのほうを女の子向けにしよう。そうすれば男の子はこどもクリニカのほうに流れる。そこから使用者を増やしていこう」
 あくまで私の勝手な推察ですので、ひとつご了承願います。
 ↓こちら、こどもクリニカの系譜……なのですが、この中にひとつ、本当は実在しなかったものを混ぜてあります。
clinica70.png

clinica89.png

 1981年の新発売時、クリニカにはまだこども用がありませんでした。でも、ムシ歯予防をうたうハミガキなら、ムシ歯になりやすいこどもたちのために、そのときからこども用を出してもよかったのではないかと思います。

(後編に続く)

 

Cスタ 2022-07-17 岡山vs栃木・後編

 2022年7月17日、シティライトスタジアム。この日ここでおこなわれるのは、

J2リーグ
ファジアーノ岡山 vs 栃木SC

 この日現在で4位と昇格射程圏内にいるファジ。ここは勝ち点を重ねてさらに上位へと行きたいところです。
 今回の試合のファジスタメン。
citylight_st327.jpg

 ひさびさに味わう、ナイターの試合。スタジアムに入った17:00頃には、もう照明が灯っていました。Cスタはメインスタンドが西側にあるので、夕方になるとメインスタンド上の屋根の影で、グラウンドが大きく陰ってくるのです。
citylight_st326.jpg

 現在、声出し応援禁止ということで、このようなハリセンが配布されました。これを叩いて声出しの代わりにするということです。
citylight_st328.jpg

 さて、今回の試合の結果はといいますと……
citylight_st329.jpg

 ……スコアレスドローでした!
 ファジは何度も得点のチャンスをつかみながら、それを生かすことができていなかった印象です。素人目で見てもファジのほうが明らかに優勢に試合を進めていましたが、それでも点に結びつかなければ意味はありません。今回は「残念な引き分け」といったところです。4年前に同じ場所で、ファジが栃木相手に3点差をつけて勝利したのを生で見ただけに、よけいにそう感じました。

 さて、次にサッカーをナイター観戦するのは、いつのことになるでしょうか。

Cスタ 2022-07-17 岡山vs栃木・前編

 2022年7月17日、私は岡山市北区にあるシティライトスタジアムへと行ってまいりました。今回はサッカーのナイター観戦。私にとっては、実にひさしぶりのこととなります。
 Cスタに到着すれば、ますはファジフーズ。これはいつものことです。
citylight_st317.jpg

citylight_st318.jpg


 まずは肉肉スペシャル丼。その名のとおり、ごはんの上に肉がガッツリとのっています。これはボリュームありました。
citylight_st319.jpg

 続いて定番の、津山ホルモンうどん。やはりファジフーズに来ると、食べたくなるのですよね。
citylight_st320.jpg

 次に、温玉キーマカレー。夏に辛さのきいたこのカレーは最高です。
citylight_st321.jpg

 ここまで食べると、何か飲み物が欲しくなるもの。そこでファジレモンサワー。前回Cスタに行ったときに初めて飲んで、その味が気に入りましたので、今回再び飲みました。
citylight_st322.jpg

 今回のCスタでは、スタジアム前広場にて「人権啓発ブース」があり、その一環として入場者に人KENまもる君・人KENあゆみちゃん&ファジ丸のクリアファイル配布がおこなわれました。
citylight_st323.jpg

「発達障害啓発ブース」も。発達障害への理解はこういうところから地道に得ていきたいところです。
citylight_st324.jpg

 この日は「岡山県サンクスデー」その一環として、井原市のマスコットキャラクター、でんちゅうくんがイベントステージにお出ましです。
citylight_st325.jpg

 でんちゅうくん、名前の由来は井原市出身の彫刻家・平櫛田中からです。ただしこのキャラのモデルとなったのは、田中の代表作である「鏡獅子」です。「かがじしくん」でも「しっしー」でもなく、なぜか郷土の偉人の名前がついた「でんちゅうくん」です。
 イベントステージでは、でんちゅうくんがももっち・うらっちとともに「晴れの国体操」を披露していたのでした。

(後編に続く)



画像で見るハミガキ観察

 最近スタジアム訪問の機会が少なくなっているので、今回は少し趣向を変えた記事をお送りいたします。

 私たちが普段毎日使っているハミガキ。現在ではハミガキはほとんどの商品がタテ置き型チューブとなっていますが、一昔前は細長い形の横置き型が主流でした。
clinica63.png

 この横置き型は、とにかく洗面所で場所をとる存在でした。なので置き場所を小さくするために、コップを置いてそこにハミガキを立てるなどの工夫をしていた人もいたようです。
 また、現在ではキャップがつまんで開ける「プッシュポン」型になっているものが多いですが、これも昔はネジ式でキャップをクルクルと回して開ける方式でした。上の「クリニカ」の画像もネジ式キャップです。
white_and_white9.png

 プッシュポン型は最初「ホワイト&ホワイト」にだけ導入されました。おそらくこの商品が当時の主力だったからと思われます。家族で使うハミガキの印象も強かったですし。
clinica68.png

 この両商品、今もなお販売され続けているロングセラーです。
 なおクリニカは1985年に「クリニカDFC」にリニューアルした際に、キャップがプッシュポン型に切り替わりました。
clinica66.png

 そのクリニカは1981年に発売。「酵素で歯垢を分解する」ハミガキということで、当時世間に大いに衝撃を与えた商品でした。他にはない酵素配合のハミガキ。当然広告はその点を売り出しているわけですが、もしも……
clinica67.png


 こんな広告を出していたならば、たちまち大問題になっていたことでしょう。そもそも日本では比較広告があまり好まれませんし。

 ……と、ハミガキの画像ばかり作っていたら、自分でフィクションのハミガキを作ってみたくなりました。それが↓こちら。
kilapica1.png


 銘柄は「こどもキラピカオイラン」いかにもマンガに登場しそうな名前です。このこどもキラピカの広告も作ってみました。
kilapica7.png

 こども用ハミガキということで、幼児雑誌向けの広告も。幼児向けなので、カタカナにルビをふります。幼児雑誌はウラ表紙によくこういうのが掲載されていましたよね。
kilapica11.png


 というわけで、今回は自作ハミガキ画像の大行進でした。


(おまけ)
 ↓現在のホワイト&ホワイト。現在ではこの商品のCMをまったく見なくなりました。
white_and_white3.png

岸和田競輪場、3度目の訪問・後編

 20022年6月18日、岸和田競輪場。第73回高松宮記念杯が開催されるということで、来客は多め。心配されていた天気も、雨は降らずにこの日の競走すべてを終えられました。
 私は例によって、2車単のみで車券を買っていったのですが……無念にもひとつも的中せず。
 さらに、この日の競走はもうとにかく荒れまくり。最初の1Rでいきなり落車を生で見ることとなりました。それだけならまだしも、終盤の準決勝がまた落車の連続。特に11Rは本命視されていた2人の選手がそろって落車。立て続けの事故発生に観客からは悲鳴が上がりました。そんなこともあって、私の車券は当たりませんでした。

 終わりに、岸和田競輪場の場内外で目についたものをいくつかご紹介します。
 岸和田競輪場は、締め切り時間を秒刻みで知らせてくれます。
kishiwada_kr24.jpg

 西入場門付近に↓こういったものが……
kishiwada_kr25.jpg

 えーと、ここ競輪場ですよね? 基本的にギャンブル依存症の要因を引き起こす存在ですよね? そういう場所が依存症相談窓口を設けるというのは、いったいどれほどの説得力があるのでしょうか。例えるならば、大衆酒場がアルコール依存症の相談窓口を設けているようなものです。結局、ギャンブル依存症の人をギャンブル場に近づけないのが一番手っ取り早い手段ではないでしょうか。
 すべての競走が終わり、帰るときは東入場門から出たのですが、そこから春木駅までの道の途中に、競輪マークのオブジェが。
kishiwada_kr26.jpg

 輪がふたつあるだけなのではありません。これは競輪マークです。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


ステキに!ブースター

輝く笑顔のふたり 前編・大人への一歩

輝く笑顔のふたり 後編・歯医者さんの魔法

いざなわれてファジアーノ番外編・ユッカとファジ

続・いざなわれてファジアーノ

クリニカ・メモリーズ 前編

クリニカ・メモリーズ 後編

↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (167)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (152)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (7)
舟券勝負2018 (5)
舟券勝負2019 (4)
舟券勝負2020 (3)
舟券勝負2021 (2)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (161)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (10)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (12)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (12)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (18)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (5)
オート車券勝負2018 (3)
オートレース/レース場訪問記 (61)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (17)
山陽 (5)
飯塚 (9)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (51)
岸和田 (9)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
奈良 (6)
和歌山 (4)
名古屋 (3)
福井 (4)
西武園 (3)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (52)
シティライトスタジアム2016 (15)
シティライトスタジアム2017 (15)
シティライトスタジアム2018 (10)
シティライトスタジアム2019 (6)
シティライトスタジアム2020 (2)
シティライトスタジアム2022 (4)
スタジアム訪問記/阪神甲子園球場 (28)
スタジアム訪問記/花園ラグビー場 (12)
スタジアム訪問記/NPB・JWPL (22)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (6)
わかさスタジアム京都 (2)
スタジアム訪問記/Jリーグ (36)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (6)
パナソニックスタジアム吹田 (10)
大分銀行ドーム (4)
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム (4)
Bリーグアリーナ訪問記 (65)
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) (7)
サンエイワーク住吉スポーツセンター (2)
西宮市立中央体育館 (12)
京都市体育館(ハンナリーズアリーナ) (7)
ロートアリーナ奈良(ならでんアリーナ) (9)
おおきにアリーナ舞洲(府民共済SUPERアリーナ) (15)
ジェイテクトアリーナ奈良 (3)
ジップアリーナ岡山 (2)
グリーンアリーナ神戸 (3)
ドルフィンズアリーナ (5)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (20)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (37)
食べまくり! (20)
その他いろいろ (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Template by たけやん