FC2ブログ

2019-09-17

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・後編

 2019年9月15日、おおきにアリーナ舞洲でのアーリーカップ2019関西。第1試合開始前にコート上で様々な催しがおこなわれましたが、その中で、箕面自由学園チアリーダー部による演技披露がありました。これが見ている側を釘付けにするものでした。
 ↓箕面自由学園チアリーダー部のみなさん。かなりの大人数です。
maishima_arena66.jpg

 ポンポンで文字を作る場面も。
maishima_arena67.jpg

 箕面自由学園チアリーダー部のみなさんがやるのは単なる応援にとどまらず、そこから進化した形で体操競技に匹敵するアクロバティックな演技。これの出来のよさを競い合う「競技チアリーディング」なのです。
 競技チアリーディングでは見る者を引きつける演技のひとつ、↓リフティング。
maishima_arena68.jpg

 こうして上へと持ち上げられた人間が跳ね上がり、宙返りしながら下にいるメンバーに受け止められます。そのたびに場内は拍手喝采! 試合前に箕面自由学園チアリーダー部のみなさんが大いに盛り上げてくれて、これから試合を見る側の士気を奮い立たせてくれました。

 そうこうしているうちに、第1試合の開始時刻が迫ってきました。この日は2回戦が2試合おこなわれます。それぞれ勝ったほうが翌日の決勝へ進出です。
 その第1試合の対戦は、

バンビシャス奈良 vs 琉球ゴールデンキングス

 前日、奈良は滋賀レイクスターズと対戦して勝利、B2がB1を下しての2回戦進出となりました。その奈良が強豪琉球を迎え撃ちます。
 結果は、

    奈良  琉球
 1Q   23  28
 2Q   11  20
 3Q   15  24
 4Q   17  19
       66  91

 琉球が圧倒して勝利。やはりB1とB2の差はここで大きく出てしまったようです。

 第1試合と第2試合の間に、コート上でのイベントとして、今回のアーリーカップ関西参加6チームの各マスコットが集まり、彼らが3x3(3人対3人でおこなうバスケットボールの小型版)をおこなうというものがありました。
 着ぐるみのマスコットにバスケをさせること自体に無理があると思いますが、まあこれも余興のうちでしょう。で、この3x3は結局どのマスコットもシュートを入れることができないまま終了とあいなりました。
 ↓マスコットたちが一堂に集合!
maishima_arena69.jpg

 左端から、
  • 今回の大会冠スポンサー・ベラジオ:えがおん
  • 京都ハンナリーズ:はんにゃリン
  • 大阪エヴェッサ:まいどくん
  • 西宮ストークス:ストーキー
  • バンビシャス奈良:シカッチェ
  • 滋賀レイクスターズ:マグニー
  • 琉球ゴールデンキングス:ゴーディー

 そんな愉快な時間が過ぎれば、第2試合の開始が近づいてきました。第2試合は、

大阪エヴェッサ vs 京都ハンナリーズ

 今回アーリーカップに初参加となる京都と、地元大阪の対戦。そのためか、観客の数が第1試合のときよりも多くなっていました。特に増えていたのは、京都ブースター。やはりアーリーカップでの最初の試合を見てみたい思いが強いのでしょう。
 この試合の結果は……
 
    大阪  京都
 1Q   30  18
 2Q   16  26
 3Q   23  16
 4Q    8   18
       77  78

 なんとなんと、1点差での決着。両チーム一進一退の展開を見せて、その末に勝利を手にしたのは京都でした。
 この試合、各クォーターがいずれも「どちらかが大きく点差をつけてリードする」展開となり、それがシーソーゲームの様相をなして、最終的に京都の勝ちとなった、そんな印象を受けました。

 今回からアーリーカップ関西では2日目の5位決定戦がなくなり、多少物足りなくなるかなと思いましたが、とんでもないです。1試合少なくなっても、見るほうを十分に魅了させてくれました。特に第2試合では。この日おおきにアリーナで大いに楽しませてくださった選手たちに感謝です。
 さあ、今年もBリーグのシーズンが始まります。2019-2020シーズン、4度目のシーズンです。

 なお、翌日の決勝・琉球vs京都は京都が勝利。見事アーリーカップ初参加初優勝を成し遂げたのでした。

2019-09-16

Bリーグアーリーカップ2019関西観戦記・前編

 2019年9月15日、私は大阪市此花区舞洲にある、おおきにアリーナ舞洲へと行ってまいりました。
 ここで開催されるのは、今やバスケットボールBリーグ開幕前の恒例行事となったアーリーカップ。全国6地区に分かれ、各地区6チームによるトーナメント戦。関西は昨年まで難波のエディオンアリーナが会場でしたが、今年はおおきにアリーナでの開催となりました。
 今年のアーリーカップ関西、昨年までと同様に琉球ゴールデンキングスが関西として参加、さらに昨年までアーリーカップに不参加だった京都ハンナリーズが、今年ようやく参加です。これで関西の体裁は保てることとなりました。

 やってきました。おおきにアリーナ舞洲。
maishima_arena59.jpg

 この日は開場が11:30の予定でしたが、約5分ずれ込み。入場すると、各チームのチアたちが一斉に観客をお出迎えです。
 そして、入場ホールには↓このような絵が。
maishima_arena60.jpg

 アニメ『あひるの空』のキャラが、アーリーカップ関西参加チームのユニフォームを着ています。今回アーリーカップは『あひるの空』とコラボして、東北・関東・北信越・東海・関西・西日本の各地区において、このような参加チームユニフォーム姿を披露しています。
 ひさびさに目にする、アリーナ内の光景。
maishima_arena61.jpg

maishima_arena62.jpg


 さて、いつものように観戦前に何か食べさせていただくとしましょう。
 まずはおおきにアリーナでの試合ではおなじみ、手羽トロ唐揚げとバスケ串。
maishima_arena63.jpg

 やっぱりこれは欠かせません。
 続いてこれまたおなじみ、『会津屋』のたこ焼き。
maishima_arena64.jpg

 ソースなしで食べるたこ焼き。これを食べるなら、やはり開場から時間のたっていないときが最適です。焼きたてにありつけますから。
 さらに鶏皮ギョウザも。つくね串つきで。
maishima_arena65.jpg

 鶏の皮で包んだギョウザ。鶏皮自体が柔らかくまた油が染み出てくるので、中の肉と調和しての「重ね味」となります。これ、今回おおきにアリーナで初めて目にしましたが、ぜひレギュラー販売してほしいですね。

 この日の第1試合開始は14:00。開場からかなり時間が空いていますが、その間にコート上では様々な催しがおこなわれたのでした。中でも圧巻だったのが……それは後編でつづるとします。
(後編に続く)

2019-09-08

住之江 GI第47回高松宮記念特別競走

●2019年9月7日 住之江 
 GI第47回高松宮記念特別競走 3日目(ナイター)


 ・的中レース
  7R 3連単  450円
  8R 3連単  620円
  10R 3連単  1,180円
  11R 3連単  1,170円

 ・返還
  1R がらみ×2点
 (ピットアウト時の事故による。扱いは出遅れ)

 ・回収率:74.3%

 実にひさびさに住之江ナイターでの舟券勝負といきました。結果はイマイチ、かつ暑くて蒸す気候の中でしたが、存分に楽しい夜を過ごせました。
 この日は場内イベントとして、ダチョウ倶楽部のみなさんが中央ホールのステージへとやってきました。そこでおなじみのリアクション芸を披露。アツアツおでん芸を生で見られたのは収穫でした。ダチョウ倶楽部、彼らがメジャーになりだした頃、頻繁に「聞いてないよ~」の言葉が聞こえていましたね。それももう20年以上昔。現在も元気に活動しています。
 GIやSGのときには、こういったメジャー級の方々がイベントに来場するのも楽しみのひとつですね。

(おまけ)
 ↓住之江場内に、高松宮記念杯が展示されていました。
suminoe_br51.jpg

 右が第25回から使われている現在の高松宮記念杯、左は第24回まで使われていた高松宮杯です。


2019-08-19

実家で見つけた、古い時代のテキスト

 先日の連休、実家へ帰省していまして、そこの本棚に↓こういった本が置かれていたのを発見しました。
citylight_st281.jpg

citylight_st282.jpg

 『LET'S TALK 小学生の英会話』
 昇龍堂出版発行 初版1973年12月20日

 古い時代の、小学生向けの英会話テキストです。

 昇龍堂出版は、主に学習参考書を出版している会社。↓公式サイト。
 https://www.shoryudo.co.jp/

 上記サイトを閲覧してみましたが、この本は現在では絶版となっているようです。Googleで検索してみても、この本に関する情報は出てきません。時代の流れにつれて、ひっそりと消えていった本なのかもしれません。
 そんな本が、実家の本棚にあったのです。実家の本棚はかれこれ50年もの間、我が家で購入したありとあらゆる本を保存してきたので、もっと探せば何かしら掘り出し物が見つかるかもしれませんねえ。

2019-08-18

名古屋競輪場訪問記・3

 名古屋競輪場の場内の食べ物は、わりと充実したほうだと感じました。名古屋メシも期待を裏切らずあります。
 1Fにある『Food's Shop 758』が、名古屋競輪場の主たる供食空間です。ここであらゆる食べ物がバラエティ豊かに販売されています。
nagoya_kr11.jpg

 まずは、名古屋近辺の公営競技場には定番のように販売されている、どて丼。
nagoya_kr12.jpg

 豚汁とお新香もついてきます。これで650円は手頃な値段です。豚汁はやはりこの地域の特徴なのか、味噌の味が濃かったです。
 名古屋メシといえば、忘れちゃいけない味噌串カツ。
nagoya_kr13.jpg
 これはビールを片手に食べると最高です。名古屋競輪場はビールと日本酒が販売されています。
 このほか、寿司や刺身定食も販売されており、今時分の暑い季節だと、カットされて冷やされたスイカまでもあります。
 
 ↓こちら、バックストレッチ側にある台湾ラーメンの店『味仙』の看板。
nagoya_kr14.jpg

 その『味仙』が、今回ここ名古屋競輪場まで出張販売に来ていました。そこで販売されていた、塩台湾ラーメン。
nagoya_kr15.jpg

 以前、常滑へ行ったときに食べた『味仙』の台湾ラーメン。その時食べたのはスープが醤油ベースでした。今回は少し異なる味を体験してみたいと思い、塩をいただきました。醤油と比べるとあっさりめでしたが、それでもピリ辛で食べると汗が噴き出てきます。
 ちなみに、↓これが通常の台湾ラーメン。スープの濃さの違いがおわかりでしょう。
tokoname_br43.jpg

 それと、みたらし団子の店も出張販売に来ていまして、3本買って食べました。
nagoya_kr16.jpg

 名古屋のみたらし団子は、このように1串に団子が5個ささっているのが特徴です。このみたらし団子、さきに紹介した『ぴすとっ☆』動画の中で、ぴすとちゃんが食べていましたね。
nagoya_kr17.jpg


 今回行った名古屋競輪場、名古屋駅からさほど離れていない場所にあり、交通の便はわりとよいほうです。大都市の中にある都市型競輪場といえます。名古屋の隠れた名所といってよいでしょう。
 ここへ来る客は、いわゆる「濃い」ファンが多いようで、バンクに向けてヤジが激しく飛びます。実際私もここで生の名古屋弁でのヤジを耳にしました。この「濃い」空間、一見の客は多少敷居が高いかもしれませんが、思い切って敷居をまたいでみれば、今までに体験したことのない空間を体験できるかもしれませんよ。

2019-08-17

名古屋競輪場訪問記・2

 名古屋競輪場、今回はオールスター競輪開催ということで、イベント広場ではさまざまなイベントがおこなわれました。
 まず、愛知支部の選手たちが飲み物やグッズを販売する『ふとももカフェ』
nagoya_kr7.jpg

 広場内には↓こういった奇妙なものも。
 nagoya_kr8.jpg

 これは2013年にKEIRINグランプリで優勝した、愛知の金子貴志選手の脚を原寸大の模型にしたものです。
 ステージ上では、タレントの早坂好恵さんのトークショー開催。
nagoya_kr9.jpg

 このほか、ステージではお笑いコンビ「どりあんず」のライブや、女子プロ野球チーム愛知ディオーネの選手と競輪愛知支部の選手とのバットリフティング対決もおこなわれました。

 続いて、今回の車券勝負について。例によって、2車単のみで買っていきました。その結果は……

●2019年8月14日 名古屋競輪
 第62回オールスター競輪GI 初日


 ・的中レース(8・9・10Rは購入せず)
  1R 2車単   280円
  4R 2車単  1,820円
  5R 2車単  1,610円

 ・回収率:206.1%

 4R・5Rと続けて的中してから、無駄に金を使わないようにと8Rから10Rは見とし、最後の11Rドリームレースで集中して勝負する作戦に出ました。しかし11Rは的中とはならず……それでも結果は収支プラスとなったので、それはそれでよかったとしましょう。

(続く。次で終わり)


(おまけ)
 名古屋競輪場内のトイレに、↓こんな貼り紙が。
nagoya_kr10.jpg

 公営競技場のトイレ、狙いが定まらず便器そばの床が汚れていることが多いのですよねえ。
 ちなみに、名古屋競輪場ではトイレのことがなぜか「洗面所」と表記されます。

2019-08-16

名古屋競輪場訪問記・1

 2019年8月14日、私は名古屋市中村区にある名古屋競輪場へと行ってまいりました。
 なぜ唐突に名古屋へと行ったのか? それはここ名古屋にて、8月14日から競輪の重賞『第62回オールスター競輪GI』が開催されるからなのです。ファン投票で選出された選手たちが集う祭典。注目度が高い競走です。

 名古屋競輪場は中村公園の中にあり、名古屋市営地下鉄東山線の「中村日赤」駅または「中村公園」駅が最寄り駅です。どちらから徒歩で行っても所要時間にさほど変わりはありませんが、名古屋駅からだと中村日赤駅のほうが運賃が安くすみます。なので私も中村日赤駅で下車して、名古屋競輪場を目指すのでした。
 その中村日赤駅の入り口が↓これ。
nagoya_kr1.jpg

 通常、地下鉄の駅の改札は階段を下りて地下にあるものですが、ここの場合は地上に改札があり、改札を通ってから地下に進む形式をとっています。こういう形式の地下鉄駅は初めて見ました。
 中村日赤駅1番出口から出て左に進むと、中村スポーツセンターへの案内標識がありますので、それに従い進んで行きます。しばらくすると「名古屋競輪場→」の案内標識が見えます。右に曲がって行き、中村スポーツセンターの横を通って公園にさしかかったら、その公園に入り中を抜けていきます。するとたどり着けました。名古屋競輪場。
nagoya_kr2.jpg

nagoya_kr3.jpg

 名古屋競輪場といえば、今から7年前に↓こういった動画を公開して話題となったところでもあります。

 ぴすとっ☆ PVアニメーション


 この動画のサムネイルに、まさに名古屋競輪場の正面入り口が出ています。
 ↓こちら、名古屋競輪場の案内図。ここは400mバンクです。
nagoya_kr4.jpg

 イベント広場の隅っこには、↓こういった滑り台がありました。
nagoya_kr5.jpg

 これ、上記『ぴすとっ☆』の動画の中に出てきたものと、少しばかり似ている気がします。
nagoya_kr6.jpg

(続く)

2019-08-15

Cスタ 2019-08-10 岡山vs大宮・後編

 2019年8月10日、シティライトスタジアムでのファジアーノ岡山 vs 大宮アルディージャ。
 この日はスタジアム前広場に↓こういうものが。
citylight_st277.jpg

 ファジアーノ岡山、天皇杯で2回戦にてジェフユナイテッド市原・千葉に勝ち、3回戦へと進出しました。その3回戦は、8月14日にここシティライトスタジアムにておこなわれ、川崎フロンターレと対戦します。これはその試合の入場券を販売する場所です。
 8月14日にもファジフーズが出店するとのことで、当日やってくる川崎サポさんにとっては、おそらく初のファジフーズ体験となるのでしょう。

 ↓試合前のピッチでは、散水がおこなわれていました。
citylight_st278.jpg

 今回はこどもたちがピッチに来て、この散水用の水を浴びることができるという催しがおこなわれました。この暑い中での水浴びは、さぞかし気持ちよかったことでしょう。
 今回はビアフェスタということで、場内にもビール販売所の案内が。
citylight_st279.jpg

 客席に近い場所でもビールの販売があるということで、私はこれを大いに利用してやりました。夜空の下で飲むビールは、やはり最高です。

 さて、試合はどうなったかといいますと……(試合経過テキスト中敬称略)
  • 前半、岡山は当初大宮に押され気味だったが、中盤から攻めを見せ始め、ほぼ互角の状況に。前半は両者ともに点が取れず。
  • 後半20分、交代して入った大宮FW大前の放ったフリーキックがゴールに入る。 岡山 0-1 大宮
  • その後岡山も必死の攻めを見せるが、得点には結びつかず。そのまま試合終了。

 結果は、
ファジアーノ岡山 0-1 大宮アルディージャ
 でした。
 この日の入場者数は9,193人。スタジアム前広場の人出を目にして「これは1万人いくかいかないか、というところか」と推測していましたが、それは的中しました。大宮サポさんが多めに入ってはいたのですがね。

 この試合のハーフタイムには、環太平洋大学マーチングバンドによる生演奏の披露がありました。
citylight_st280.jpg

 ここで演奏された曲には『燃えてヒーロー』『We are the champ』がありました。『燃えてヒーロー』は、アニメ『キャプテン翼』の主題歌。イントロを聞いてすぐにわかりました。
『キャプテン翼』は、日本のサッカー界の発展に大いに貢献した作品。この作品を直に見ていない今のこどもたちにも、ぜひ見てほしい名作です。

2019-08-13

Cスタ 2019-08-10 岡山vs大宮・前編

 2019年8月10日、私はシティライトスタジアムへひさびさに行ってまいりました。
 この日の試合は、

ファジアーノ岡山 vs 大宮アルディージャ

 昨シーズンのCスタ最終戦カードが、今年はこの日に開催です。

 お盆を含めた連休の最初の日とあって、鉄道は大混雑。岡山駅も人でごった返していました。
citylight_st267.jpg

 大宮サポのみなさんにとっては、この日の試合は岡山への観光旅行を兼ねた遠征でしょうか。
 ↓ここ2試合得点がないファジ、この順位を少しでも上げていきたいところ。
citylight_st268.jpg

 そしてやってきましたCスタ。本日のファジフーズのおすすめは……
citylight_st269.jpg

citylight_st270.jpg

 この日のファジフーズは「ビアフェスタ」を実施、ビールが通常よりも安く飲めるときています。よって食べ物もビールに合うものが勢ぞろい。
 まずは大宮戦限定メニュー、埼玉スタカレー風。
citylight_st271.jpg

 埼玉スタカレーは「カレー」と銘打ってはいますが、カレーではありません。わかりやすく言うと「麻婆豆腐の豆腐抜き」が白飯にかかった食べ物です。つまりこれは中華風の食べ物。あんかけ飯に近いものと言えるでしょう。ピリ辛でしたが、全体的に辛さはひかえめでした。
 続いて期間限定販売の「肉盛スタミナカレー」
citylight_st272.jpg

 こちらは正真正銘のカレーです。具に牛肉と豚肉の両方、さらにニンニク芽がのり、これでスタミナをつければ暑い夏を乗り切れそうな気になってきます。夏バテしないためには、こういうコッテリした食事をとることも必要です。
 今回はビアフェスタということで、販売されているビールにも変わり種が登場していました。それは↓この「桃太郎ビア」
citylight_st273.jpg

 どこが桃太郎なのか? それはビールにピーチシロップを混ぜてあるからです。試しに飲んでみましたが……私はやはり、ビールには何も混ざっていないほうが好みですねえ(でもレッドアイは好きです)。
 お次は定番メニュー「津山ホルモンうどん」これはビールにけっこう合います。
citylight_st274.jpg

 ↓この「とりくし」は、まさにビールの友。
citylight_st276.jpg

 この日は大変暑く、ビールのほかにも冷たいものが欲しくなるもので「ソフテリア コーヒーゼリー」をいただきました。
citylight_st275.jpg

 写真撮った時点で、もう溶け始めていました。それほど暑い日だったということです。

 この日はファジフーズでも試合観戦でも、ビールとともに! そうなる展開となることは必至でした。なにせビアフェスタですから。

(後編に続く)

2019-07-17

ボートレース常滑3度目の訪問・後編

 さて、後編では定番の場内食べ物紹介といきましょう。
 BR常滑といえば、なんといっても↓この「とり伊」の、どて丼。
tokoname_br35.jpg

 私が到着した10時15分時点で、もうこのどて丼を求める人の行列ができていました。私はいち早く並んでこれを手に入れ食べました。どての汁が白飯にからんで、これがウマいのです。
 このどて丼を求める人の行列、昼はもちろんのこと、15時ごろになってもまだ行列ができていました。おそらく売り切れとなったことでしょう。やはりこの手の人気グルメは、早めに食べるのが吉ですね。

 続いて、BR常滑の隠れた人気グルメをご紹介いたします。BR常滑1階には「キャニオン」という喫茶店があるのですが、↓こちらはその「キャニオン」で販売されているカレー。
tokoname_br36.jpg

 味は辛さひかえめのマイルド。しかし甘すぎない優しい味。喫茶店のカレーはこんな感じだよなあと思いつついただきました。どて丼が有名なのであまり表に出てきませんが、こちらもオススメです。
 ちなみに、私がこのカレーを食べているときに「キャニオン」店内へ見覚えのある顔の方がが入ってきました。その方は永島知洋さん。住之江アクアライブの司会や地上波中継のレポーターとして有名な方です。永島さんもここでカレーを注文なさっていました。関係者にも人気の品のようです。
 カレーを食べた後、喫茶店ということで食後のコーヒーもいただきました。
tokoname_br37.jpg

 カップが常滑焼です。そして「キャニオン」では、コーヒーをたのむとピーナッツの小袋もおまけでつけてくれます。

 あと、愛知県に来るとついつい食べたくなるものです、きしめん。
tokoname_br38.jpg

 今回は常滑市の障害者施設で作られたお菓子の販売もあり、そこでは「トコタンクッキー」がありました。
tokoname_br39.jpg

tokoname_br40.jpg

 以前行ったときにも販売されていて買って食べましたが、これは甘さひかえめでおいしいクッキーです。なので今回もまた買いました。アーモンド・ココア・きな粉の3種類。


 目いっぱい楽しんで食べて12Rが終わって、まだ時間があったので、ここから電車で10分ほどのところにある、セントレア中部国際空港へと行きました。
 名鉄中部国際空港駅の改札フロアの下の階には、↓こういう施設があるのです。
tokoname_br41.jpg

 ここは「オラレセントレア」セントレア内にある小規模なボートレース舟券売場です。常滑市観光案内所との併設となっています。
 ↓中では6色の招き猫たちが整列!
tokoname_br42.jpg

 住之江のナイターの発売もしていました。そしてここが国際空港であるという性格上、英語・中国語・ハングルで書かれたボートレースの案内チラシも置かれていたのでした。

 その後、セントレアターミナルビル内にある「味仙」にて、元祖台湾ラーメンをいただきました。
tokoname_br43.jpg

 今まで私が食べた台湾ラーメンと比べ、挽き肉の量が多かったです。辛味がけっこうありましたが、その辛さがおいしく感じるのです。

 以上で「飯テロ」は終わりです(笑)。


プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード